【大人の英会話】使える英語を学ぶ、コンテキスト学習と実践法

ねこ君
英語喋れるようになりたいから、まずは単語と文法完璧にするわ!!
ねこ君
この単語帳完璧に暗記したら、話せるようになるでしょ!!3ヶ月でマスターするぞ〜
にゃんこ先生
単語の勉強や文法ばかり勉強していても、なかなか使える英語を身に付けるのは難しいよね。
にゃんこ先生
それは、その単語や文法が、実際の会話の中で、どんな時、どんな風に使われるのかがわかっていないから。
にゃんこ先生
今日は、使える英会話を学ぶための、「王道」かつ「確実」な方法を紹介したい。

 

著者について Miki

ミネソタ在住の大学院生。自分の夢に素直になりたくて、新卒で入社した会社を1年で辞めて渡米。語学で人と人、人と夢を繋ぐ先生になるべく奮闘中。

コンテキスト(状況)を一緒に学ぶことの大切さ

みなさんは独学でどうやって勉強していますか?市販の参考書を買って、とりあえず毎日英語を読んだり聞いたりしている方もいるかもしれません。しかし、単語帳や参考書など、コンテキストから切り離された状態で英語を学ぶことは、「コミュニケーションツールとしての英語」を学ぶという目的を持っている人にとってあまり効率的ではないでしょう。

語学で大切なのは、「どのような状況でその言葉(または文法事項)が使われているか」です。文法や単語をわかっていても、いつ・どうやって使うのか分かっていないと実際のコミュニケーションでは使えませんね。それに、単語や文法はコンテクストが違うと意味も異なるケースもあります。

 

文法・単語学習は無駄ではないけれど・・

大人の学習者の場合、最初は文法の基礎を学ぶことは必須です。しかし、基礎が身についた後は、単語・文法などはそれぞれコンテクストから切り離して学ぶのではなく、使われる状況やその状況でどのようなメッセージを伝達する役割があるのか、ということも含めて学ぶことが大切です。

そして、流暢さを伸ばすにはやはりネイティブスピーカーとの交流が必要不可欠だと思います。英語は発音方法やイントネーション・アクセントなど、日本語と大きく異なるので、やはり慣れも必要だと思います。

日本にいても、ネイティブスピーカーと話す機会は少なからずあると思いますし、今はインターネットもある語学学習者にとってはとても恵まれた時代です。そのような機会を自ら探して挑戦する、といった姿勢も成功する語学学習者の必要条件だと思います。

 

海外ドラマで学ぼう

日本にいながらでも、ネイティブの会話から学ぶことは十分可能です。海外ドラマは、インターネットで気軽に見ることができますね。

私は20歳の時に1年間カナダに留学していましたが、留学前、既にTOEIC750点を持っていましたし、語学学校のクラスもadvancedレベルからのスタートでした。その大きな理由は、海外ドラマが大好きで、高校生の頃からずっと海外ドラマを見続けていたからだと思います。1日1時間、英語字幕をつけて毎日見ていました。

海外ドラマは、英会話を学ぶとっても良いツールなのです。継続することで英語の音に慣れ、リスニング力も上がりますし、文法や単語の知識が実際にどのように使われているのか学ぶことができます。

 

ドラマで学習するメリット

まず、海外ドラマの一話は大体25分程度、長いものでも45分ほどですね。まとまった時間が取れない人でも、スキマ時間にサクッとみることができます。

また、海外ドラマの最大の利点は、自然な英語に触れることができることです。市販の教材は、学習者のために簡略化された英語が使われていたり、日常生活ではあまり使われていない表現が載っていたりしています。対して海外ドラマは、現地で放映されるものなので、言うまでもなく「生きた英語」が使われています。

 

最初はハードルが高いように思うかもしれませんが、英語字幕をつけることもできますし、必要があればポーズすることもできます。また、一度で全てを理解する必要はありません。何度もみるうちにだんだん分かるようになるはずです。

自分の興味のあるドラマなら、楽しく続けられますね。語学は継続が大事です。ぜひ自分の興味のあるドラマを選んで、楽しみながら勉強をしてくださいね!

 

オススメの海外ドラマ

そうはいっても、海外ドラマなんて全くわからない、という方の為に、私の個人的なオススメの海外ドラマを紹介します。

 

Friends

言わずと知れた海外ドラマの王道ですね。彼らのジョークに笑えるようになったら、上級者の仲間入りです!

How I met your mother

こちらもNYの男女仲良しグループのコメディドラマです。主人公のうちの一人が、カナダの出身で彼女のアクセントがネタになるシーンもあるので、北アメリカの英語の多様性を垣間見ることができます。

Modern Family

現代アメリカの典型的な家族の姿をシニカルに、またコミカルに描いたドラマです。私が英語学校に通っていた時代に、このドラマがリスニングのクラスで使われていました。

The big bang theory

難しい専門用語が多く使われるので、少し難しく感じるかもしれませんが、話自体はシンプルでわかりやすいです(専門用語はネイティブでも馴染みがないので、それもジョークの一部として使われています)。

 

私の独断と偏見で選ばせていただいたので、コメディドラマ中心ですが、コメディは一話ごとが短く、わかりやすいものが多いので、英語学習にオススメです。

ドラマでインプットをしたら、次のステップはアウトプットです。

 

おすすめドラマ参考記事

Friendsだけではない!英語学習に最適な海外ドラマBEST10

アマゾンプライムで英語を学ぶ!おすすめ海外ドラマ12選

 

ネイティブスピーカーと話す機会を探して実践しよう

英語力を伸ばすのには、時間がかかります。私自身、学生時代に一年の留学を経て、現在アメリカに住んでいますが、コミュニケーションが円滑にいかないことも、全くないわけではありません。また、ネイティブのコミュニティーに入って行くのは、決して簡単ではありません。

学生時代の留学では、現地の学生のルームメイトを探して一緒に住みました。とにかくネイティブスピーカーに囲まれる環境をつくりたかったので、ルームメイトの友達の集まりや、地域のコミュニティ活動に参加しました。初めは、What?と言われるとひるんでしまい、話すのが怖いな、と思っていた時期もありましたが、実践しないことには伸びないと思い、英語を話す機会を探すことはやめませんでした

失敗を恐れて縮こまるのではなく、英語を話す機会を探して挑戦する、といった姿勢も成功する語学学習者の必要条件だと思います。いくら海外ドラマで英語に慣れたとしても、話さないことには流暢さは身につきません。

 

ネイティブスピーカーと話そう!おすすめツール

日本にいても、ネイティブスピーカーと話す機会はたくさんあります。例えば、オンラインで自分の趣味にあった国際交流コミュニティを探すこともできます。

 

Meet up

Meet up (https://www.meetup.com/) は、同じ趣味の人が集まるコミュニティが探せるサイトです。相手が何人だろうと、友達を見つける一番の手段は、趣味を通じて友達を作ることですね。私も留学時代、よくmeet upを活用して人脈を広げていました。

Tadaku

Tadaku (https://www.tadaku.com/) は外国人の先生の自宅で、料理と言葉を学べるサービスを提供しているサイトです。料理と国際交流どちらも好きな人にオススメです。

Cafetalk

オンラインで知り合った人と会うのはちょっと抵抗がある、という人は、オンラインレッスンがオススメです。Cafetalk (https://cafetalk.com/?lang=ja) では、Skypeで英会話の授業が受けられます。どこに住んでいても英語が練習できる、とても良いサービスだと思います!

 

終わりに

いかかでしたか?文法は海外ドラマなどでコンテクストと一緒に学び、ためらわず実践に移すことが大事です。ネイティブスピーカーと話すのは、ハードルが高い…。通じなかったらどうしよう…。と思うかもしれませんが、自分の殻を破って挑戦する姿勢も、語学においてとても大切なことです。参考書や単語帳を手放して、生きた英語に触れてみませんか?

 

にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。FacebookTwitterから、最新情報を受け取る事が可能だよ。シェアもよろしくね。
 

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。