情報交換掲示板

情報交換掲示板開設の経緯

You need to log in to create posts and topics.

OG12-85問題解説

ユーザーから下記の質問が来た。
「as asに関して、og12の85の以下の問題で、動詞が抜けているものが正解でありました。
2個目のパキスタンのcivilization flourishedとナイルのcivilization flourishedが同時期なので、2個目のasの後にもdoなどの動詞が入るのかなと思い(had は気持ち悪かったのですが、両方ともhadだから起こったタイミングは同じでおかしくはないと思い)bを選んだのですが、正解はaでした。
…As as —-のところで前置詞や主語、述語などが省略される場合とされない場合があるようでその差があまりクリアーになっておりません。」
問題文:
Salt deposits and moisture threaten to destroy the Mohenjo-Daro excavation in Pakistan, the site of an ancient civilization that flourished at the same time as the civilizations in the Nile delta and the river valleys of the Tigris and Euphrates.
(A) that flourished at the same time as the civilizations
(B) that had flourished at the same time as had the civilizations
(C) that flourished at the same time those had
(D) flourishing at the same time as those did
(E) flourishing at the same time as those were
結論から言うと、
- 比較の文の中で、前後が同じ動詞かつ同じ時制の場合、二つ目の動詞は代わりにdoを使うか、省略するか、どちらでもいい。(同じ動詞を重複して使うのは良くない)
例えば、
Mary runs as fast as Jim. 〇
Mary runs as fast as Jim does. 〇
Mary runs as fast as Jim runs. ✖
- 省略の条件:文法的に曖昧さがあっても、比較対象は合理的(意味が通じる)ものであれば、省略して良い。
下記、詳しく見てみよう。
【As .. as..】
皆さんご存知のように、as.. as..の文型は、二つ目のas の後ろが比較の対象(何と比較しているのか)となり、一つ目のasの後ろは比較の内容(何のaspectを比較しているのか)となる。
下記の例も、比較の対象が違ったり、比較の対象のas節で省略したりしているが、全部正しい例文となる。
例:
Sand road costs as much to build as stone road.
② Sand road costs as much to build as to maintain.
③ Sand road costs the government as much to build as the residents.
※もちろんここで、the residents とsand roadを比較してもいいのでは?という文法上の曖昧さがあるが、その場合意味が通じなくなるため、この文には曖昧さが存在しない。
比較対象の省略はさまざまだが、上記例③のように、文法的に曖昧さがあっても、比較対象は合理的(意味が通じる)ものであれば、省略して良い。
これはas..as..の場合も、more/less..than..の場合も通用します。
例:
- Jim played basketball as often as (Jim played) football.
動詞省略可。
文法上はJim played basketball as often as football (played basketball)とありうるが、意味が通じないので動詞を省略しても曖昧さがない。
- I like money as much as my boyfriend (does).
ここのdoesは省略不可。
文法上はI like money as much as (I like) my boyfriend.もあり、しかも両方とも意味が通じるため、動詞を省略してはいけない。
選択肢Aに戻ると、...an ancient civilization that flourished at the same time as the civilizations in the N. D and the river valleys of the T & E.
ここでthe civilizationsは比較の対象となり、(パキスタンにある)an ancient civilizationと比較されている。did/flourishedは省略されたが、その省略によって何も曖昧さが生じていないので、OK。
【選択肢B】
実は、B 二個目のhadの使い方(構文上)は間違ってはいない。
通常の構文:
...an ancient civilization that had flourished at the same time as the civilizations in the N. D and the river valleys of the T & E had (flourished)
倒置になった構文:
...an ancient civilization that had flourished at the same time as had the civilizations in the N. D and the river valleys of the T & E.
flourishという動詞を2回使うことを避けるため省略。また、as節の主語(the civilizations)の後の修飾語(in Nile...and T & E)が長すぎるので、倒置を使って「had」をthe civilizationsの前に持ってきたのは正しい。
でも、このhadはもともとflourishedと一緒に省略可能なものなので、Official Guideの解説では、このhadが「redundant & unnecessary」と書いてある。
Bのポイントは、過去完了形はこの文脈に合わないということ。
過去完了形は通常、過去の出来事よりさらに過去の出来事を表現するため使う時制です。
ここの文脈は、主節(Salt deposit and moisture threaten to destroy…)で、現在形を使っていて、過去の出来事(flourished)は単純な過去形を使えば良い。