英語が苦手なママも大丈夫!英語で子育てを始める3ステップ

child-rearing-in-english

これまで「子供と始められる英語」や「英語で子育て」について、いろいろ記事を書かせてもらいました。

しかし、いくら子供と始めるといっても、「学生の時の一番の不得意科目が英語だった。」というママには腰の重い課題ですよね。どこから何を始めていいかわからないし、どう続けていいかもわからない。

 

さらに言えば、英語が苦手な私がめちゃくちゃな英語・発音で話しかけていいのかと不安になりますよね。

そこで、誰でも簡単に英語で子育てに挑戦できる、シンプルな手順とポイント+ママの英語を上達させる簡単なアドバイスをシェア出来たらなと思います。

 

この記事の著者BOB先生

留学経験と児童英会話教室での講師経験を活かして、子供が英語を楽しく学べる環境作りや、接し方など紹介させて頂きます。

現在3人の子供の子育て中です。

ステップ1子育て英語の本を手に取ってみる

そうです。自分で英語のフレーズを作る必要なんてないのです。インターネットでも検索すればいろいろ出てきます。「起きなさい 英語」とやれば”Get up!”などと出てきます。

ただ、これだとかなりきつい言い方になり、10代の子供に言うような感じが出てしまいます。ニュアンスの違いは、留学経験があってもなかなかわからないものです。

小さな子に話しかける場合ですので、ここでは”Time to get up, sweetie.”のようなフレーズになります。インターネットでここに辿り着くには、かなりコツがいります。

 

そこでおススメなのが、やはり「子育て英会話」ばかり載っている本になります。読んでみると、普段自分が言っているフレーズばかりで面白いですよ。

 

普段よく言っている言葉を思い返してみる

まずさらっと読んだところで、本をヒントに普段自分が良く言っている言葉を思い返して下さい。私の場合「早く片付けなさい。」「おトイレ?」「シートベルトした?」などです。

他にも子育てをしていて使うフレーズはたくさんありますよね。場面だけでも、食卓で・出かける準備で・公園で・お風呂でなど。指示語に限らず、誉め言葉や注意する一言でも大丈夫です。

「よくできたね!」「偉いね!」「危ないでしょ!」「静かに!」などです。

 

落ち着いて話せる場面を思い出す

まずは、落ち着いて言える場面を選びましょう。

例えば上記で言うと、「おトイレ?」や「危ない!」「静かに!」などのとっさに出る言葉、もしくは感情的になっているときの言葉を英語で言うのは難しいです。

そこで選ぶべきは、食卓の準備が出来たら「ご飯だよ。」片付ける前に「お片付けしよう。」おトイレに行ったら「手を洗おうね。」といった場面です。

 

英語の声掛けについては、下記の記事でも紹介しています。是非参考にしてみてくださいね!

» 英語で子育て挑戦!日常生活での子供への声掛け3つのポイント

 

ステップ2使えるものをピックアップ

自分のよく使うフレーズ、落ち着いて使えるシチュエーションを見極めたらいよいよ本を開いてみて下さい。ポイントは気になったフレーズを声に出して読んでみることです。

日本語という母国語を、生まれてから幼少期に聞いて真似して話せるようになったのと同じです。

頭で読んでいるだけでは身に付きません。まずは、自分が真似しやすかったものを選んでみてください。

 

まずは2~3フレーズから始めてみる

子育ては24時間ですね。子供の話しかける時間にしても10~14時間くらいありますね。そんな長い時間の中で、たった2~3フレーズでいいの?と思いますよね。初めは、それくらいからで大丈夫です。

なぜなら、ステップ1で選んだのは、自分がよく使うフレーズだからです。1フレーズを1日1回しか言わないなんてことはないはずです。慣れてきて、もう口から滑り出てくるようになったら次のステップです。

“Time to clean up.”「お片付けしようね。」に慣れてきたら、次は”Put it away.”「ここへ入れようね。」”We can play again more tomorrow.”「明日また遊べるからね。」など続けて使えそうなフレーズに挑戦しましょう。

 

選ぶフレーズのポイント

例えば「お着換えフレーズ」で紹介すると、”Let me help you putting a shirt on”「シャツを着ようね。」では長すぎるので、”Let’s get dressed!”「お着換えしようね。」から始めてみましょう。

Let’sのフレーズはなんだか親しみありませんか?これだけで色々な衣類単語を使う必要もなく、お着換えの時ならいつでも使えますね。こんな感じで、短く言いやすそうなものをピックアップしてみて下さい。

 

ご飯の時に使いたいフレーズなら、”Dinner is ready!”「ご飯できたよ。」お片付けの時なら”Time to clean up!”

それに加えて、簡単な誉めフレーズも2~3つ足すとぐっと口は慣れてきますよ。”Excellent!””Good boy/girl!””Well done!”など。

 

使う場所にメモ書きを張る

誉め言葉は頑張って何度も声に出し、インプットしましょう。それ以外はまず意識してみないとなかなか発声できないかもしれません。

ですから、”Dinner is ready!”はキッチンや食器棚に貼っておく。”Time to clean up!”はリビングやお片付けエリアに。”Let’s get dressed.”は着替えを出すときに意識して使えるようクローゼットや洋服タンスに貼っておきましょう。

目につけば言うようになるはずです。

 

ステップ3何度も繰り返し使って定着させる

実はこれが一番難しいのですが、根気よく頑張りましょう。自分で定着してるなと思うまでは何度メモ書きを見ても構いません。

短いフレーズならすぐに暗記できると思います。子供相手、それも我が子ですので何も緊張することはありません。最高の練習相手と思って下さい。

 

誉め言葉をどんどん増やそう

praisewords

子供はやはり褒められるのが何より嬉しいです。そして、誉めフレーズを増やすメリットは子供もわかりやすいので反応してくれるということです。

例えば、もう言葉が理解できる2~3歳ころから英語で育児に挑戦しているとしましょう。その場合、初めは”Time to clean up.”と言っても「???」とされてしまうかもしれません。

もちろん、おもちゃを片付けながら言えば、勘のいい子供はすぐ反応してくれるようになります。

 

が、誉め言葉ならママの表情や声のトーン、状況で子供も褒められているとすぐ判断できます。

お片付けが出来たら、頭をなでて”Good boy!”「いい子ね!」や”You did it!”「よくできました!」と言ってあげたら子供はきっと嬉しそうな顔でママを見てくれますよ。

 

英語の褒め言葉については、下記の記事も参考になりますよ。

» 【英語の声掛け】子どものやる気を促そう!英語を使った褒めワード

 

子供に返してもらえるフレーズ

ここからは、英語で子育てを頑張っているママが一番期待したいところをお話ししますね!

「子供にもどんどん英語を発してもらいたい。」ママに真似て、またはつられて英語でキャッチボールが出来たら素敵ですよね。

ですから、子供が一言で返せるようなフレーズをここでいくつか紹介したいと思います。

 

“Whose turn?”「誰の番?」”My turn!”「僕/私の番!」

“Time to clean up!”「お片付けしよう。」”Okay,mommy.”「はーい」

“Can you do it?”「できるかな?」”I can do it!”「できるよ!」

“What do you want to eat?”「何が食べたい?」(おやつがいいですよ)”Cookies!”「クッキー!」など

“Can I have that?”「それちょうだい?」”Here you are.”「どうぞ。」

 

ママの英語を少し上達させる方法

最後に「英語初心者の私が英語で話し掛けていいの?」という不安に一つだけ切り口を紹介しまします.

ママがいつまでもカタカナ英語にならないようにする方法です。それはやはり発音と英語独特のイントネーションを意識することです。

今更直せないと思っているママも多いかもしれませんが、少しづつ矯正していくことが出来ます。それは、「フォニックス」をマスターすることです。

 

フォニックスとはもともと英語圏の子供たちが、読み書きを習得するために作られた法則です。例えば、私たちはアルファベットの”U”は「ユー」と読みましたね。それをネイティブの子たちは「アッ」と読み”Umbrella”(傘)と読みます。

フォニックスを使うと、英語本来の正しい発音を学ぶことが出来ます。これについては次の記事で詳しく紹介していきますね。

 

まとめ 英語育児を始めよう!

いかがでしたか?ゆっくりステップを踏んで挑戦すれば、少しづつ英語で子育てを楽しんでいけると思います。英語アレルギーも、子供と一緒にまっさらな気持ちで始めてみてはどうでしょう?

子育て英語には、不可解な文法も難解な単語もありません。本に書いてある英文を声に出すだけですから。

使わない英文をひたすら書いたり読んだりするのではなく、毎日使うフレーズを子供と一緒に声に出してみましょう。

 

BOB先生の子供英語特集

» プロが解説!子供の英語教育を成功させる3つの術

» 子供と一緒に!ママが英語を上達させる10の勉強法

» 幼児を夢中に!プロが教える英語絵本の選び方・読み聞かせ方

 

 

ねこ君
この記事が気に入ったら「👍いいね」ちょうだい!ありがとう!!
にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
ねこ君
にゃんこ先生をTwitterでフォローしよう!!英語学習・留学に役立つ情報が満載だ!!
   

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。