ディズニーの英語教材は本当は安い!おすすめの絵本・CD8選

disney-english-for-kids

大人も子どもも大好きなディズニー映画。映像の美しさやストーリーの面白さ、個性的なキャラクターなどで、幅広い年齢層に親しまれている。

お馴染みのミッキーやミニーだけでなく、最近ではディズニーのプリンセスが好きという女の子もたくさんいる。ディズニーを通じてであれば、子どもたちの家庭での英語学習もはかどるかもしれない。

ディズニーの英語システムなど、値段が80万以上するようなものもあるが、高価な教材を買う必要はない。ディズニーは英語の絵本やCD、無料のYouTubeチャンネルなど、英語のネイティブが楽しむようなものがたくさん提供している。

ということで、今回は子どもの英語学習に使えるリソースを紹介する。

ディズニーを英語教育に取り入れよう!

子どもの英語学習にディズニーを取り入れる場合、一番気になるのが作品の長さだろう。映画や、ストーリーに忠実な絵本は、子どもが集中するには長いし、英語を理解しきれない可能性が高い。

そこでまずは、子ども向けに簡略化された絵本などがおすすめだ。英語の読み聞かせが難しいと感じる保護者は、CD付きの絵本がいいだろう。

その場合も、できるだけ中身を確認し、英語の難易度や長さが子どもの英語力に合っているかを見極めるようにしよう。

 

また、今回は紹介していないが、ディズニーの歌のCDもたくさん販売されている。ふつうの子ども向けの英語の歌に比べると難易度は高めだが、普段から聴いたり口ずさんだりすることで、英語の発音に慣れることができるだろう。

特に好きなキャラクターがいる、という場合は、それだけで学習のモチベーションになるはず。上手に取り入れて、家庭で英語に触れる機会を増やしていこう!

 

子供におすすめのディズニー教材

絵本:Ocean of Color


絵本概要

Disney/Pixarの映画『Finding Dory』をベースに作られた絵本。フレンドリーだけど忘れっぽいドリーと大好きな仲間たちとの再会、そして家族がテーマの物語である。絵本にはシールもついてくる。

(値段:約600円)

 

著者紹介

Bill Scollon

Bill Scollonは児童書作家である。Disney Press、Studio Fun、DreamWorks、Pixarといった様々なスタジオに作品を提供している。共同執筆した本のシリーズもある。

 

May先生おすすめの理由

この絵本はStep into Readingという絵本シリーズのなかの1冊である。シリーズには理科や算数を扱ったものから物語まで様々な絵本が含まれており、今回紹介している絵本のようにディズニー作品も多い。

Step into Readingは5つのレベルに分けられ、子ども達が徐々に自分で英語の文章を読めるようにと作られている。30年以上もの歴史を誇り、教育者からも信頼の厚いシリーズである。

 

ここで紹介している絵本はそのステップ1レベルである。文字が大きく、簡単な単語で構成されており、絵を見ながらストーリーを理解しやすいように工夫されている。

英語の知識がそれほど多くない子どもであっても、英語を聞いて理解しやすく、と同時に、英語力に不安のある保護者でも読み聞かせしやすいはずだ。

また、アルファベットを覚え、自分で単語を読みたいという子どもが、朗読の練習に使うのにもぴったりな絵本である。

 

絵本:The Little Mermaid Step into Reading


絵本概要

ディズニー映画『リトル・マーメイド』をもとに、魔法の世界を体感できる絵本。ディズニーのプリンセスの中でも人気が高いアリエルが主人公である。

(値段:約600円)

 

著者紹介

Ruth Homberg

Ruth Hombergは児童書作家兼編集者。10年以上の実績があり、児童書分野のマーケティングにも携わっている。Step into Readingシリーズの絵本も数冊手掛けている。

 

May先生おすすめの理由

先ほど紹介したStep into Readingシリーズの1冊。こちらの作品はステップ2レベルである。このレベルの作品は基本的な単語と短い文章で構成され、物語がシンプルなことが特徴である。読み聞かせることで基本的な単語を教えてあげることができる。

また、リトル・マーメイドの映画を観たり、映画の内容そのままの絵本を読み聞かせたりするとあまりにも長いが、この絵本ならば物語がシンプルになっているので子どもでも集中して取り組むことができるだろう。

よく使う単語を自分で読むことができ、新しい単語も少し手伝えば読むことができるという子の朗読用にもおすすめだ。

 

絵本:Walt Disney’s Alice in Wonderland


絵本概要

1951年に製作されたディズニー映画『ふしぎの国のアリス』をもとに作られた絵本である。

この絵本はLittle Golden Bookという絵本シリーズのなかの1冊である。Little Golden Bookは1942年に出版を開始した歴史ある絵本シリーズである。

 

まだ質の高い絵本は高価なものだった時代に、Little Golden Bookは当時の価格で1冊25セントという安さで販売し、センセーションを巻き起こした。

シリーズには多くの著名な児童書作家の絵本が含まれ、現在でも多くの人々に愛されている。本の金色の背表紙が特徴。

(値段:約600円)

 

May先生おすすめの理由

1ページに4-5文あり、少し難しい単語も使われているので、ある程度英語を学習している子ども向け。とはいえイラストも分かりやすいし、有名なお話なので大体のストーリーを知っているという子どもも多いかもしれない。

そういう場合は多少英語が難しくても飽きずに聞ける可能性もあり、知らない単語を耳から学習したり、長い英語の文章を聞いて理解したりする練習になりそうだ。

 

絵本:M is for Mickey

絵本概要

ミッキーとその仲間たちが登場するアルファベット学習用の絵本。各ページに1つのアルファベットという構成。絵の部分を持ち上げることができる仕掛けがついており、そのアルファベットから始まる単語を学べる仕組みになっている。

(値段:約1,900円)

 

May先生おすすめの理由

子ども達が好きなミッキーや仲間のキャラクターがたくさん登場し、仕掛けもついている絵本なので、楽しくアルファベットや単語を学ぶことができそうだ。

ページには大きく太くアルファベットが書いてあり、書き順も示されているので、アルファベットを教えながら指でなぞるといいだろう。

 

単語もappleなど基本的な単語からartなどちょっと難しいものまで様々で、100以上の単語が出てくるので、語彙が広がりそうだ。

保護者は絵を指さしながら「What’s this?」と質問して答えを教えてあげればいいので、英語力に少し不安があっても一緒に楽しむことができる。

 

絵本&CD:Disney*Pixar Board Book & CD Treasury Box

絵本・CDの概要

Disney*Pixar 映画でお馴染みの『Finding Nemo』『Toy Story』『Cars』をベースにした3冊の絵本とその朗読CDのセット。Nemoと釣りゲームをしたり、Woodyとロデオをしたり、Lightning McQueenとレースに参加したりと、楽しいストーリーばかりである。

(値段:約1,600円)

 

May先生おすすめの理由

文章はそれほど長くないのだが、多少難しい単語も含まれているので、少しは英語の学習歴のある子どもの方が楽しめそうだ。単語の意味など、説明を加えながら読み聞かせをしてあげるといいだろう。

この商品の最大の魅力は朗読のCDがセットになっていること。英語の発音が不安な保護者でも、子どもに英語絵本の読み聞かせをしてあげることができる。

CDを使う場合でも、そばについて分からないところは補足してあげよう。同じシリーズで『ふしぎの国のアリス』や『バンビ』をベースにした商品も販売されている。

 

絵本&CD:Minnie Saves Christmas

絵本・CDの概要

クリスマスイブに、ミニーやミッキー、その仲間たちが、サンタクロースが抱える問題を解決する、というストーリー。はたしてミニーたちは無事にクリスマスを迎えることができるのか? ミッキーやミニーが歌うジングルベルもCDに収録されている。

(値段:約1,100円)

 

May先生おすすめの理由

こちらもCDがセットになった商品なので、安心して絵本の読み聞かせをすることができる。クリスマスがテーマの絵本なので、使用できる時期は限られてしまうかもしれないが、クリスマス前は大活躍してくれるはず。

絵本の文章は少し長めである。ある程度英文を聞き慣れている子どもの方が理解しやすいだろう。

クリスマスに関する英単語(Santa、presentなど)は日本語でも使うものが多いが、CDを使用することで英語らしい発音を身につけることができる。

 

YouTubeチャンネル:Disney Junior

YouTubeチャンネルの概要

これは、Disney Juniorというアメリカの有料テレビネットワークのyoutubeチャンネルである。

テレビのDisney Juniorではテレビ用のアニメシリーズなどを放映しており、このyoutubeチャンネルでもマペットやミッキーなどが登場する動画を視聴することができる。

(料金:無料)

 

May先生おすすめの理由

歌やアニメなど多くの動画を観ることができる。

ディズニー映画は長いので、子どもが通しで観るのは難しいが、このチャンネルにアップしてある動画はほとんどが1-2分ととても短いので、ダラダラ観るのを防ぐことができる。

動画は映像で楽しませる要素が強く、英語の分量はそれほど多くないので、英語学習歴が浅い子でも飽きずに観ることができそうだ。ディズニーキャラクターの声は慣れないとちょっと聞き取りにくいのが難点かもしれない。

 

DVD:マジック・イングリッシュ

DVDの概要

マジック・イングリッシュはディズニーが販売しているDVDの英語教材である。ディズニーのキャラクターが登場し、発音したり歌ったりしながら楽しく英語を学習できるように製作されている。

今回紹介しているのはDVDがすべてセットになっているものだが、DVDをそれぞれ単品で購入することもできる

(料金:約22,000円)

 

May先生おすすめの理由

家庭でもきちんと時間を取って英語を学習させたいという場合には、こうした英語学習教材を使用してみるのはいかがだろうか?

各DVDは、あいさつ、動物、食べ物、家、身体、色、数など、子ども達にとって身近なテーマで構成されている。そしてそのテーマごとに歌やゲーム、word playなどのメニューがあり、無理なく英語を学習できるようになっている。

 

それぞれのテーマに合うディズニー映画のシーンを、英語学習に取り入れているのが特徴だ。DVDなら1つのメニューだけを選択して学習することができるので、短い時間でも効率よく学習できる。

家ではあまり英語学習に取り組んでくれない子どもでも、ディズニーなら楽しんで学習してくれるかもしれない。

 

この記事の著者:May先生

みなさん、こんにちは。Mayです。 これまでに、留学したり、独学で勉強して英検1級を取得したり、幼児英語教育に3年間携わったりしてきました。 英語はなかなか短期間で身につくものではありません。 でも自分に合った学習方法を見つけてどんどん上達していく人を、たくさん見てきました。 みなさんが英語をより楽しく身につけられるように、私の経験や知識をお伝えできればと思っています。

 

May先生の子ども英語シリーズ

小学生の英語教材におすすめ!英語絵本を活用しよう

子ども向けオンライン英会話徹底検証!7つの比較ポイント

歌う絵本で英語を育もう! 子供におすすめ絵本

どの資格を受けさせる?子供向け英語試験のメリットと目的

小学生の英語教育にぴったり!家で実践できる教材・ツール集

 

にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。FacebookTwitterから、最新情報を受け取る事が可能だよ。シェアもよろしくね。
 

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。