ママが英語に触れて、子供の世界を広げる6つの方法【おうち英語】

mama-english

子供に英語を始めさせたい、またはペラペラになって欲しいと思うママパパたちの理由は様々だと思います。

自分自身が、「若いころ英語につまずき苦手になってしまった。」「英語は好きだったけど、話すまでに至らなかった。」「英語に興味はあるけど、何から始めていいかわからない。」「子供には将来、世界で活躍して欲しい。」「子供には楽しく英語を学習してほしい。」などいろいろあると思います。

 

お金さえあれば、子供にはインターナショナルスクールに行ってもらったり、留学させるのが手っ取り早いし確実なのかもしれません。

しかし、誰もがそんなこと出来るわけないので、ここでは子供が一番身近に感じ信頼し大好きな相手、「ママ・パパ」を通して英語に興味を持ってもらう。または世界を広げてもらう方法を紹介していきたいと思います。

 

それは、ママパパ自身が英語に触れてみることです。

時間がない、英語アレルギーだから!などさまざまな事情があるかと思いますが、たくさん紹介する中の一つでも「これくらいなら・・・」と思うものを見つけてもらって実践してもらえたらと思います。英語嫌いなママパパも、これを機に子供と一緒に一から学習!もいいと思います!

 

この記事の著者BOB先生

留学経験と児童英会話教室での講師経験を活かして、子供が英語を楽しく学べる環境作りや、接し方など紹介させて頂きます。

現在3人の子供の子育て中です。

ママパパが英語に触れる目的

まずは、目的を明確にしたいですね。特に日本人は目的やゴールがはっきりしていたほうが始めやすかったりします。

ですので、私自身高校生の時に留学した以外は、ずっと日本で英語に触れ続け、留学していた当時より断然話せるようになった経験と、たくさんの子供たちに英語を教えてきて感じたことや、3人の子供を育てていて実践したことを基に、英語に触れる目的をシェアしたいなと思います。

 

ママパパが夢中になってやっていることは子供に伝わる

「ママ、何してるの?」「ママ、どこへ行ってきたの?」うちの子供たちがそれはそれはよく口にするセリフです。

ご飯を作ったり、洗濯掃除をしているときは聞いてこないのに、携帯を触っているときや、Youtubeで海外ドラマを見ながらヘアセットしていると聞いてきます。

あと、たまに本を読んでいるときや英語サークルへ出かけたときなんかも聞いてきますね。

 

いわゆる、「ママらしくないことをしているとき」は子供も気になるようです。ママが自分をそっちのけでやっていることはどんなことなんだろうという興味につながっているようです。

ただ、3人の子供たちの中でも、真ん中の息子だけはクールだったりしますので、「どの子も」というわけではありません。

しかし、テレビ好きの息子は私と一緒に英語で海外ドラマやアニメを観ます。その子それぞれ興味の持ち方や持ち度は違いますが、少なからず影響があるようです。

 

ママが新しく始めたこと、夢中になっていること、続けていることはかならず子供の興味を惹きます。

 

ママの時間を堂々と主張して、英語学習を頑張る姿をアピール

子育てをしていて一番大切だと感じるのは、メリハリだと思っています。ママはどうしても家事子育てに専念して自分の時間を犠牲にしがちですが、私自身24時間子供といると子供たちとじっくり触れ合う時間をわざわざ作らなくなりました。

しかし、そこで「この曜日は英語のサークルに行く。」「この時間はスカイプレッスンをする。」「洗濯をたたんでいるときは、ママの海外ドラマの時間。」と堂々と習慣づけると「サークルの後は公園に行こう。」「スカイプレッスンの時間までは、一緒にトランプしよう。」「ママに時間くれてありがとう。次、何がしたい?」と心に余裕が持てるようになりました。子供に笑顔で接する時間も増えました。

「子供がいて、英語の勉強をするなんて絶対無理!」と思っているママたちも、堂々と自分の時間を主張してみて下さい。頑張る・楽しむママを子供は割と優しく見守ってくれるかもしれません。

それと同時に、ママとやりたい・共有したいという気持ちを育み、英語に興味を持つ最初の一歩に繋がると思います。

 

英語に触れる方法

ここからは、具体的にどんなことが始められるかを紹介していきたいと思います。

海外ドラマや映画を英語で観る

これは、まさに自らのリスニング力も上げる方法です。なかでも「グリー」や「ボーイミーツワールド」など子供と観られるドラマがお勧め。

特に、BSのDilferディズニーチャンネルで放送しているドラマは子供向けのドラマが多いです。映画なら「ハリーポッター」やディズニーが手掛ける「魔法にかけられて」や実写版「シンデレラ」など大人も楽しめるものが、満載!

とにかく、ママパパが楽しめるものが良いでしょう。映画よりドラマのほうをお勧めする理由は、日常会話で使われる表現が何度も繰り返し聴けるところです。私は刑事ものも好きなので、一緒に観ていた息子はいつの間にか”Copy that!”「了解!」(無線用語)を日常で使っています。笑


 

絵本を読む

見た目の可愛い本、または日本語で読んだことのある絵本を手に取ってベッドに持っていってみて下さい。「腹ペこあおむし」や「Dear Zoo」のような仕掛け絵本もいいかもしれません。

初めは日本語を交えて意味を理解させながら読んで、そのあとは、言えそうな単語を言ってもらうよう、お手伝いを頼んだりします。例えば、腹ペコあおむしなら”One apple”や”ice cream”など馴染みのありそうなものは言ってもらいましょう。

Dear Zooではあえて、動物の名前ではなく”big”や”tall”のようなあ形容詞を暗記させて担当してもらいましょう。子供は覚えて褒められるのが大好きです。

 

 

スカイプレッスン

子供にやらせてみるより、まず自分がやってみようということでスカイプ英会話を始めました。25分、子供にテレビを見せたりしてやっていましたが、何をしているのか気になるようで寄ってきます。

「自分の知らない言葉が存在する」「ママが英語で話している」それだけ感じるだけでも十分だと思います。「習い事」ではないところで英語に触れることは、「必要性」を意識させるのに不可欠です。

 

英語のサークルなどに参加してみる

親向けでも親子向けでも構わないと思います。私は両方ですが、親子向けは特によく目にしますよね。

英語で手遊びをしたりゲームをしたり、季節のイベントに触れてみたり、子供が中心の楽しいものとなります。たくさんの子供の英語の曲を知ることが出来、お家でもやってあげられます。

 

もう一つは、大人向けのものです。私が通っているものは、英語好きが集まり知り合いの外国人の先生を交えておしゃべりするといったものです。地域の広報誌などに掲載されているものは「英会話教室」とは違い参加費も少ないものが多いです。

私は3歳の息子が10か月の時から通っています。1時間半の間コロコロ好きなことをしています。それでも英語のシャワーは浴びていますし、小さいころから連れて行っていたことで「ママのえいご」という認識で当たり前のように今もついてきています。

 

ですから、知らない間に教えてもいないのに英語で名前が言えたり、お教室で先生やメンバーにお菓子などもらったときなど、自然と‟Thank you!”と言ったりするのでビックリします。

それでも、その日本人メンバーでランチに行ったときなんかは「ありがとー」に変わっているので、息子の中で英語を使う場所を認識できているのだと感心します。

 

英語ボランティア

探してみると意外とあるのが、英語を必要としたボランティアや日本語ボランティア。観光地に近い場所なら、観光地の案内やパンフレット作成など。外国人研修生や労働者が多い地域では、おもてなしやお出かけボランティアにホストファミリーも見つかると思います。

私が実際やったのは、外国人研修生を迎えるパーティーの料理だしや、ちょっとした通訳のお手伝いでした。娘もつれていき、大勢の日本人と外国人研修生が持ち寄った料理に料理名を書いた紙を添えました。

この料理はどこの国の、何の名前の料理だろうと話しながら調べたり、研修生と日本語で会話したりしながら娘と作業を進めていきました。

 

日本語を学びに来た研修生たちに娘もゆっくり日本語で話したり、逆に料理の名前を現地の言葉で教えてもらったりしていました。

家に帰って、あのときのあの料理を作ってみたいと言ったり、話した相手の国を地図で探したりしていました。娘にとってとても良い体験と刺激になったと感じました。

 

ホストファミリー

国際交流のひとつが留学生のホストファミリーになることです。他人を家族の一員にすることはかなり難しく、日本人にはかなりハードルが高いかと思います。

ですから、家族の一員としなくても「おもてなし」の心を持って、短期間「ゲスト」として迎えるのもありだと思います。実際私も週末だけホストファミリーをしたことがあります。

 

子供も小さいため、何も特別なことはしてあげられませんでしたが、子供たちは留学生と楽しそうに、折り紙やテレビゲームで交流していました。

どちらともそんなに英語を使わなくても楽しめたようでした。しかし、わが子たちはそのあとすぐその留学生ともう一度会いたい、彼らが住んでいる国にいってみたいと興味を持ちました。

 

まとめ

いかがでしたが?今すぐ手軽に始められそうなことから、少し勇気と気合がいることまで紹介してみました。わが子に、将来世界で活躍して欲しいと思えば、世界に目が向けられる子に。

英語を楽しく学習してほしいと願うなら、「英語が楽しい!」と感じられる機会を、子供たちに与えられるのは、間違いなく私たち親だと思います。

小学校で英語を学ぶ、習い事で英会話教室に通うより、もっと現実的に夢のある方法で子供たちに英語の魅力を伝えられたら素敵だと思います。

 

にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。FacebookTwitterから、最新情報を受け取る事が可能だよ。シェアもよろしくね。
 

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。