英語を効率良く学ぶための重要要素 イントネーションを学ぶ

にゃんこ先生
ねこ君、イントネーションって知ってる?

ねこ君
疑問文では最後にちょっとトーンを上げるみたいなやつ?

ねこ君
Do you have a pen⤴️?

にゃんこ先生
間違ってはいないよ。今日はそこにちょっと踏み込んでみよう。

 

イントネーションとは、音声言語において文または発話全体につけられた音の高低(音高)のパターンを言う。 音調(おんちょう)や抑揚(よくよう)とも言われる。

出典 wikipedia

意味の区切り/イントネーションの重要性

英語を学ぶ上で、イントネーションは重要である。

英語はリズム、意味の塊ごとに前から理解しくことが重要と言われたことがあると思う。

 

実は、この”意味の塊”の作り方には基本ルールがあり、これはイントネーションとも関係している。

意味の塊と、イントネーションの基本ルールを理解し、それを意識して学習を進めることで、英語の処理能力をアップすることができる。

 

学校で習わないイントネーション

意味の塊の作り方

意味の塊の作り方(文章の切れ目)には大きく5つのルールがある

前置詞で切る
Taro met Hanako / at a cafe.

 

接続詞で切る
Taro met Hanako / at a cafe / and went to a theater.

 

be動詞で切る
The movie theater / was far / from the cafe.
関係代名詞で切る
The movie / they watched / was boring.
2語以上の主語で切る
My friend Taro / could not keep the relationship / with Hanako.

にゃんこ先生
意味の区切りのところで、一呼吸おくっていうイメージだよ。

 

イントネーション

① 意味の塊の最後の言葉は、強調する。

にゃんこ先生
強調っていうのは、ちょっと声を大きくするっていう意味ね。
Taro met Hanako / at a cafe.
Taro met Hanako / at a cafe / and went to a theater.
The movie theater / was far / from the cafe.
The movie / they watched / was boring.
My friend Taro / could not keep the relationship / with Hanako.

② 複合単語(2つ以上の単語からなる言葉)は最初の単語強調する

girlfriend
movie theater
Tokyo station
university student
English school

 

最後に

TOEFL/IELTSのリスニングだけでなく、ネイティブの会話も、基本的にはこれらのルールにそって話が進む。

もちろん、意味の区切りは人によって異なり、ここで紹介したイントネーションのルールは、あくまでベーシックなものである。

短期的に英語力がアップするものでないが、ルールを知り、リーディング、リスニング、スピーキングの際に意識するだけでも、長期的には学習効果アップを期待できる。

 

にゃんこ先生
いろんな人が意味の塊が重要だとか、英語は前から理解しろとか言っていたけど、このベーシックな考え方を教えてくれた人はいなかった。
にゃんこ先生
ある時、ネイティブの先生からこれを聞いた時には、目から鱗が落ちた感じだったよ。
にゃんこ先生
けど、あまり深く考えて泥沼にハマることはない。

にゃんこ先生
ルールをたまに思い出しながら学習を続ければ良いのだ。

 

英語の発音を学ぶ

発音はイントネーションと同様に非常に重要な要素である。

こちらの記事を参考にして正しい英語の発音を学ぼう。

 

 

にゃんこ先生
一緒に日本の英語教育を変えていかない?広告なしでサイト運営を続けるため、寄付を募集しているよ。PaypalBaseでご飯代をくれると嬉しいな。
にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。Facebookから、最新情報を受け取る事が可能だよ。応援よろしくね。

コメントを残す