子どもの英会話スクールを選ぶ7つのポイント

このブログをお読みの保護者の方々の中には、子どもを英会話スクールに通わせたいがどこを選べばいいか迷っている、という方もいらっしゃるかもしれない。

今回は、実際に子ども向けの英会話教室で講師をしていた私が、講師という目線で教室選びのポイントをお伝えする。

目的を具体的に定める

まずは教室選びを始める前に、そもそも子どもにどうあってほしいのかを考えてみよう。この時、ただ「英語が話せるようになってほしい」ではなく、具体的に考えるのがポイントだ。

 

「日本語も英語も流暢に使いこなせるバイリンガルになってほしい」

「幼児のうちから英検などの検定に合格してほしい」

「外国人と物怖じすることなく話せるようになってほしい」

「海外の文化や習慣を学び、広い視野を身につけてほしい」など。

 

こうした思いがはっきりしていないと、教室選びに迷うだけでなく、入会したけれど何かが違うということになりかねないからだ。では、教室選びの際に考えてほしい7つのポイントを見てみよう。

 

子ども向けの英会話教室選びのポイント

  1. レッスン内容
  2. 外国人講師 or 日本人講師
  3. 大手英会話教室 or 個人経営
  4. グループレッスン or プライベートレッスン
  5. 保護者と講師のコミュニケーション
  6. 講師が頻繁に変わらないかどうか
  7. プラスαの要素

レッスン内容

ひとえに子ども向けの「英会話クラス」といってもその内容は様々だ。

歌やアクティビティーを中心に楽しく学ぶことに重点を置いている教室もあれば、4技能(聞く、話す、読む、書く)をまんべんなく強化することに重きを置いているところもある。最近ではタブレットやパソコンを取り入れるクラスもある。

 

パンフレットやホームページを見たり、説明を聞きに行ったりして、まずはカリキュラムをしっかり把握しよう。そして「子どもにこうあってほしい」という思いに合うクラスはどんなものなのかを考えてみよう。

検定を受けることを考えているのなら、専門のクラスを受講するのもおすすめだ。

 

外国人講師 or 日本人講師

外国人講師が担当するレッスンの利点は、やはりネイティブの発音のもとで学習できることだ。ただ同じ英語とはいえ、講師の出身国によってアクセントが違うことは頭に入れておこう。

日本では外国人と接する機会がいまだに少ないので、外国人に対して身構えてしまう日本人はまだまだ多い。幼いうちから外国人講師と時間を過ごすことで、そうした苦手意識を植え付けないようにすることができる。

 

その反面、外国人講師の中には教え方が甘くなってしまう人もいるようだ。英語が母国語でない子どもなのだから完璧に話せなくても仕方ない、と感じてしまうらしい。

しっかり指導してほしいと考えているのなら、その思いをきちんと伝えるか、日本人が苦手とするポイントを肌で理解している日本人講師に頼むという選択肢もある。

 

例えば、週2日通わせて、1日は外国人講師、もう1日は日本人講師と分けてもいいかもしれない。

また、検定対策であれば、やはり専門知識のある日本人講師に指導してもらった方が良いだろう。

 

大手英会話教室 or 個人経営

大手英会話教室のいいところは全国各地に教室があり、同じカリキュラムを採用しているところだ。

引っ越し先に同じ英会話スクールがあれば、どのクラスにいたかを伝えるだけですぐに移行できるし、教室間でやり取りしてその子のレベルを把握してくれるところもあるので、転勤族の家庭にはおすすめだ。ただ、大手の教室では、入会後も折々で様々なキャンペーンなどの勧誘を受ける場合もある。

 

個人経営の教室はその規模にもよるが、スケジュールの調整やレッスン内容など、融通が利く場合が多い。一方、カリキュラムや教え方のうまさは完全に先生次第なので、レッスンの質はしっかりと見極める必要がある。

 

グループレッスン or プライベートレッスン

特に幼児の英会話レッスンは様々なアクティビティーをしながら進むので、グループレッスンの方が盛り上がりやすく楽しいという面がある。

プライベートレッスンの利点はなんといっても1対1で集中して見てもらえることだ。

 

グループかプライベートかの選択はその子どもの性格にもよるだろう。グループでお友達と一緒の方が声を出せるという子もいるし、逆に人がたくさんいると恥ずかしがるのでプライベートの方がいいという子もいる。

 

低年齢の子どもなら、保護者も一緒に受講するタイプもある。この場合、保護者が子どもに英語で接する方法を学べるので、家庭で応用ができて便利だ。

 

保護者と講師のコミュニケーション

幼児の習い事全般に言えることかもしれないが、保護者と講師がしっかりコミュニケーションを取れる教室を選ぼう。

外国人講師のレッスンを受講させるなら、必要に応じてスタッフがきちんと保護者と講師間の通訳してくれたり、メッセージを伝えてくれたりしているかを確認しよう。

 

また、子どもが受けているレッスンを保護者が見る機会があるかどうかも確認しておいた方がいい。

授業参観だと子どもが緊張してしまって本来の様子があまり分からないことが多いので、時にはビデオを撮って見せてくれたり、教室の外からそっと覗かせてくれたりするなど、配慮してくれる教室なら安心だろう。

 

講師が頻繁に変わらないかどうか

これは入会しないとなかなか分かりにくいのだが、やはり講師が頻繁に変わらない教室を選びたい。担当講師が変わる度に引き継ぎが行われると、子どもの英語力向上に影響が出る可能性がある。

また、そもそも最低でも1年間くらいは担当した生徒の英語力を伸ばそうという責任感のある講師を選びたいものだ。そういう点では個人経営の教室は途中で講師が交代することがないので、安心感がある。

講師については口コミなどで情報を集めるしかないが、入会までに出来る限りリサーチしておきたい。

 

プラスαの要素

これは普段のレッスン以外に何を求めるか、あるいは求めないかで変わってくる。

 

例えば、小学生高学年くらいから長期休暇に希望者は海外研修に参加できる制度を設けている教室もあるし、季節ごとにクリスマスやハロウィーンパーティー、英語でのバーベキューやキャンプなどを開催しているところもある。

語学だけでなく海外の文化なども経験させたいという方は、こうした活動を行っている教室を検討するのもいいだろう。

 

逆に行事ごとはちょっと、という方はもともとそういう企画がないところを選んでおいた方が、後々気を遣わずに済むので良いようだ。

 

まとめ

いかがだっただろうか?あらかじめ「子どもにどうあってほしいのか」を明確にしておくと、7つのポイントも考えやすかったのではないだろうか。

 

これらのポイントを考えたら、通える範囲内にある教室の資料を集めて比較検討してみよう。そして気になる教室が見つかったら、子どもと一緒にぜひ体験教室へ行ってみてほしい。色々な条件はあれども、一番大切なのは子どもが楽しいかどうかだからだ。

そして初めから、あなたが求めることを教室に伝えておこう。誠実な教室であれば保護者の思いに応えようと努力するはずだし、それが教室の運営に全く合わないことであれば入会前に伝えてくれるはずだ。

 

幼児期に通った英会話教室で楽しく英語を学習できれば、その後の英語学習にとっても必ずプラスになる。保護者の皆さまには、今回のヒントを活用して、ぜひ思いに合った英会話スクールを子どものために見つけてあげてほしい。

 

この記事の著者:May先生

みなさん、こんにちは。Mayです。 これまでに、留学したり、独学で勉強して英検1級を取得したり、幼児英語教育に3年間携わったりしてきました。 英語はなかなか短期間で身につくものではありません。 でも自分に合った学習方法を見つけてどんどん上達していく人を、たくさん見てきました。 みなさんが英語をより楽しく身につけられるように、私の経験や知識をお伝えできればと思っています。

 

May先生の子ども英語シリーズ

読み聞かせ絵本のすすめ(2~6歳)

歌う絵本で英語を育もう! 子供におすすめ絵本

楽しく英語を覚えよう!幼児向けアルファベット学習絵本

英語絵本でもっと行事を楽しもう!クリスマスやハロウィーンなど!

遊びながら学ぼう!幼児の英語教育におすすめのおもちゃ・教材

 

にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。FacebookTwitterから、最新情報を受け取る事が可能だよ。シェアもよろしくね。
 

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。