英語おもちゃ8選|おもちゃを英語教育に活用するコツ

english-toys

最近では、ベビークラスを開講する英会話教室が増えてきた。子どもができるだけ小さいうちから英語に触れさせたい、という需要が増えているのだろう。

英会話教室でのレッスンだけでなく、家庭でも英語を取り入れたいという保護者の方も多いのではないだろうか。でも、小さな子どもに集中して学習させることは難しいし、厳しく英語を教えればいいというものでもない。

今日は、家庭で気軽に英語学習できるように、赤ちゃんや幼稚園低学年の子どもでも楽しく遊べる英語のおもちゃを紹介する。

おもちゃを英語教育に活用するコツ

しかし、おもちゃを与えるだけでは子どもはただそれで遊ぶだけ。英語の学習にはほとんどならない。保護者が側にいて、英語を聞かせてあげたり、質問してあげたりすることが大切だ。

たとえ、英語を流暢に話せなかったとしても、まずは単語レベルから子どもに英語を聞かせてあげよう。

 

一番身近な保護者が英語を話すことで、子ども達もより自然に英語を身につけることができる。

今回はおもちゃの紹介だけでなく、そのおもちゃで遊ぶ時に英語を話すヒントも一緒に書いているので、困ったときは参考にしてみてほしい。1つのおもちゃでも、子どもが興味を持って遊べるように、使い方を色々と工夫してみよう。

 

まだ発話してくれない赤ちゃんや小さな子どもに英語を教えていると、効果がないのではと不安になる時もあるかもしれない。子ども達は聞いていないように見えても、意外と聞いて学習しているもの。普段の子育てと一緒で、根気よく続けていこう

 

おすすめの英語おもちゃ8選

英語の布絵本

商品紹介

布でできた赤ちゃん向けの英語絵本の6冊セット。汚れたら水で洗うことができる。布の合間に入れられた別素材によって、カサカサという音がする仕掛けになっているので、赤ちゃんの興味を引きやすい。

絵本のテーマは牧場の動物、食べ物、数、海の生き物、くだもの、アルファベット。1ページに1つの絵とその単語というシンプルな構成である。

 

遊び方のヒント

赤ちゃんが絵本で遊び始めたら、絵を指さして、単語を言ってあげるようにしよう。『sheep』『pig』『banana』『peach』など基本的な単語ばかりなので、気軽に英語を取り入れられるはず。

赤ちゃんなので、長時間1つの絵本を見ていることはないだろうし、あまり聞いていないかもしれない。でもこうした遊びを続けて習慣化すると、子どもが大きくなってから英語絵本を読み聞かせても、抵抗なく聞いてくれるはずだ。

 

Hape(ハペ) アルファベット アバカス

商品紹介

横棒に通されたパーツがくるくる回るようになっている木製のおもちゃ。パーツの片面にはアルファベット、反対面にはそのアルファベットから始まる物の絵と英単語が描かれている。

指先をしっかり動かすことは脳の発達にも良いとされているので、発達面からもおすすめのおもちゃである。

 

遊び方のヒント

最初のうちは子どもに自由に遊ばせつつ、大人が横について子どもが興味を示した絵の単語を教えてあげよう。子どもが英語を覚えて発話できるようなら、絵を指さして「What’s this?」と質問して、答えを促そう。

さらにアルファベットも覚えられるようなら、アルファベット面を見せて「What’s behind A?(Aの後ろにあるのはなに?)」のように質問することもできる。記憶力も鍛えられそうだ。

 

ウンチョン ABCパズル アルファベット パズル

商品紹介

厚紙でできた台座に、木製のアルファベットをはめ込むタイプのパズル。アルファベットそれぞれに台座が1枚ずつあるので、アルファベットを個別に学習できて便利だ。

それぞれの台座には、そのアルファベットから始まる単語の絵が描かれているほか、台座の裏にはアルファベットの書き順も示されている。

似たようなパズルで、大文字と小文字がセットになったものもある。

 

遊び方のヒント

アルファベット1つずつのパズルなので、小さな子どもでも遊びやすい。子どもは単純にパズルとして遊ぶと思うので、大人が横についてその英単語を教えてあげよう。

単語は『alligator』『butterfly』『zebra』など、子ども達にお馴染みの動物で構成されているので、教えやすいはず。もちろんアルファベットを教えてあげることもできる。

パズルが出来たら「Which one is an elephant?」といった質問をして正しいものを選んでもらうなど、色々な遊び方ができそうだ。

 

アンシャンテのアルファベット表

商品紹介

A3サイズで防水加工が施されたアルファベットポスターである。防水加工なので子どもが汚れた手で触っても掃除しやすい。大文字と小文字、そのアルファベットから始まる単語と絵が描かれている。

難しい単語は出てこないが、念のため日本語も書かれているので、英語が苦手な保護者も安心だ。

 

遊び方のヒント

小さな子供の場合、長時間集中して英語を学習することは難しいので、普段の遊びや生活の中に英語をインプットできる環境を整えたいものだ。

子どもの目につく所にアルファベット表を貼っておくと、ちょっとした隙間時間に英語を教えてあげることができる。

ある程度単語のインプットができたら、「Where is an apple?」など質問をして子どもに絵を指さしてもらうと、ちゃんと理解しているか確認することができる。

 

アルファベットキューブ

商品紹介

8cm四方のサイコロ状のおもちゃである。それぞれの面にアルファベットか数字が書かれている。軽い素材で、角もないので、小さな子どもが多少乱暴に遊んでも安全。ここで紹介しているおもちゃの色は赤と青だが、他の色の商品も販売されている。

 

遊び方のヒント

色々な遊び方をしながらアルファベットを学習できるおもちゃである。

積み木のように積み上げながら、合間にアルファベットを教えてもいいし、サイコロみたいに転がして、出たアルファベットを教えてもいいだろう。

小さいうちから遊びながらアルファベットを覚えておくと、後から本格的に英語を学習する際に楽になる。

 

紐通し アルファベット大文字

商品紹介

アルファベットの形をしたピースに穴が空いていて、紐を通して遊ぶおもちゃである。

ピースは260個も入っており、64cmの長さの紐も15本入っているので、子どもが複数名いても取り合いになったりせずに遊べるはず。

小文字バージョンもある。

 

遊び方のヒント

まだアルファベットを覚えていない場合は、遊びながら使っているピースのアルファベットを教えてあげよう。

アルファベットを覚えている子であれば、「Which one is C?」など質問をして、正しいアルファベットを選んでから紐に通すこともできる。

アルファベットを紐に通して単語を作るゲームなどにも応用できるので、年齢を問わず使えるおもちゃである。

 

壁掛け ポケットチャート アルファベット

商品紹介

大きさ約72cm×86cmのポケット付きの壁掛けである。ポケットはAからZまであり、アルファベットの大文字と小文字が書かれている。

絵カードが156枚とアルファベットカードが付いてくるので、それらをポケットに入れて遊ぶことができる。

 

遊び方のヒント

まずは、アルファベットはあまり気にせずに、絵カードの単語を教えてあげよう。子どもが単語を覚えたら、ポケットの中に絵カードを隠して「Where is a zebra?」など質問をして探す、といった遊び方ができる。

絵カードを複数枚隠しておいて正しいカードを見つけることができれば、きちんと単語を覚えているかどうかのチェックをすることができるというわけだ。

単語を言えるようになったら、ポケットから出した単語を言うように促してあげよう。

 

100 Singalong Songs for Kids

商品紹介

3枚組のCDセット。『BINGO』『Old MacDonald Had a Farm』など日本でもお馴染みの子ども向けの英語の歌から、英語圏の幼稚園などでよく歌われる『Wheels on the Bus』『Dry Bones』などが100曲も収録されている。

 

遊び方のヒント

英語の歌は子どもが小さなうちから、ぜひ日常生活の中に取り入れたいもの。歌のCDなら、たとえ保護者があまり英語に自信がなくても、子どもにたくさん英語を聞かせてあげることができる。

CDを流しっぱなしにしてもいいのだが、きちんと歌えるようになるためには、1曲ずつ練習した方がいいだろう。どれも有名な歌ばかりなので、歌詞や日本語訳もインターネットで検索できるはず。

 

この記事の著者:May先生

みなさん、こんにちは。Mayです。 これまでに、留学したり、独学で勉強して英検1級を取得したり、幼児英語教育に3年間携わったりしてきました。 英語はなかなか短期間で身につくものではありません。 でも自分に合った学習方法を見つけてどんどん上達していく人を、たくさん見てきました。 みなさんが英語をより楽しく身につけられるように、私の経験や知識をお伝えできればと思っています。

 

May先生の子ども英語シリーズ

歌って踊って英語教育!幼児におすすめの英語ソング

幼児の英語教育に最適!おすすめYouTubeチャンネル

歌う絵本で英語を育もう! 子供におすすめ絵本

楽しく英語を覚えよう!幼児向けアルファベット学習絵本

遊びながら学ぼう!幼児の英語教育におすすめのおもちゃ・教材

 

ねこ君
この記事が気に入ったら「👍いいね」ちょうだい!ありがとう!!
にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
ねこ君
にゃんこ先生をTwitterでフォローしよう!!英語学習・留学に役立つ情報が満載だ!!
   

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。