プロ翻訳家が教える「話すための」英単語の勉強法

english-vocabulary-learning
ねこ君
この単語帳完璧に覚えたら、TOEICも900超えて、英語ペラペラになれるよね!
にゃんこ先生
うーんどうかなぁ、単語は単純に暗記するだけでは、なかなか会話やライティングで使いこなせるようにはならないよ。
にゃんこ先生
リーディングのみが目的なら、暗記だけで良いのだけど、話せる・書けるボキャブラリーを増やしたいのであれば、いつもと違った勉強法してみよう。
にゃんこ先生
アメリカのMBA卒、プロの翻訳家でもある著者が、使える英単語の覚え方を解説するよ!

本稿はいかに効果的に英語のボキャブラリー・語彙を増やすか、について論じてみたいと思います。とにかく覚えるしかない!!という根性論があり、確かにそれは当たっているのですが・・・

 

ここで言う「効果的」には、

  • 時間・労力的にどう効率的に語彙数を増やすか
  • どう「使える」語彙を習得するか

という二つの意味合いがあります。

1の方は色々なメソッドが紹介されています。本稿はあまり着目されていない2の方にむしろ焦点を当てております。

 

想定する読者としては、❶受験にいそしむ中高生から、❷TOEICスコアアップを目指す社会人まで幅広い層が対象です。

英語の学習では文法(構造把握)が一番大切ですが、その次に装填する弾=単語です。

語彙が無いと入試問題やTOEICの長文の意味がまず分かりません。さらに読んで分かるだけでなく、どうせなら書く・話すのアウトプットにも役立つように。

 

この記事の著者: Tempest

  •  横浜在住、40歳台前半の男性
  •  米国のMBAを取得、専攻は金融
  •  投資銀行マン等を経て、財務・法務系の翻訳家として独立(言語は英語・タイ語)
  •  Tempestの英語学習の記録

語彙の種類「話すための」単語力とは?

recognized vocabulary vs retrievable vocabulary

語彙には大きく「認識語彙」=recognized vocabulary というものと「運用可能語彙」=retrievable vocabularyという区分けがあります。

見て意味が分かるという1次レベルのものが前者で、すぐアウトプット出来るという2次レベルのものが後者です。

単語をいっぱい知っていても英語をあまり話せない日本人は前者に留まっているのが原因です。

 

例えば、”emancipation”という言葉を見て単語帳で覚えたので「市民戦争の奴隷解放」のことだ!と分かる勉強熱心な人がいるとします。ここで1次レベルには行っています。受験やTOEICには最低これで十分です。

では何かを英語で書いたり話したりしている際、逆に「奴隷解放」って何と言うのかと考え、奴隷はslaveだが、あの単語なんだっけ、となる場合です。これでは2次レベルに到達していません。

emancipationとすぐ思い浮かんでもヨシ、駄目でもfreeing of slavesと組み合わせて出て来るならもっとヨシですが、オタオタしてしまっては実用の域に達していません。

 

この差を私はよく筋肉の嵩ばかり上げる無酸素運動・筋トレと、使えるしなやかな筋肉を付ける有酸素運動・ウォーキングやダンス等に喩えます。

数ばかり増やしてもいざ出て来ないならあまり使えない、ということですが、あまり良い比喩ではありませんね。

もう少し実際にあった極端でコワイ例を挙げます。筋肉ばかり付けて使えない実際の人物です。

 

教育を受けた=大卒以上の英米人の語彙数は3万5千~5万と言われます。こちらはほぼ1&2次レベルに達しています。一方、とある日本の翻訳家は職業柄英単語を6~7万は1次レベルで知っています(私です)。

では、英語の運用について、一般の知的な英米人と私を比べてどちらが上でしょうか?書くはともかく話すはそのような英米人の方がはるかに上でしょう。

これはやはりこの語彙の習得度・練達度の差にあります。話すだけなら英米の小中学生に負けます。

 

さらにコワイ例を挙げますと、昔NHKラジオ講座でサブ講師をしていたある英語教師が、語彙数25万語と豪語していましたが、付き添いのネイティブと英語で話すと日本語発音でしかもかなりつっかえています。

ライブでもないのに。何度か収録し直してもその程度しか行かない・・・というコワイ話です。筋トレだなぁ・・・と。

 

使える英単語を学ぶ!勉強法

examples

このため、数が多いほどいいのは間違いありませんが、認識語彙に留まらないよう、なるべく運用も出来るようなボキャビルの勉強法を紹介します。

コンテキストによる記憶

昔からターゲット1400等を片手に赤いフェルトペンで単語を塗ったものに緑のセロハンシートのようなもので隠して覚える、という方式が電車で散見されますが・・・私もやりました・・・漢字と同じで「見ているだけではダメ」です。

  • 「例文」のついている単語集を買う。単語の羅列だけはダメ。
  • 単語を何度か書いた後、例文も一回写す。
  • 時々、その単語を用いて別の文を自分で書いてみる。

 

例を挙げます。

中学生・高校生レベルの例

  • 単語: Blind
  • 品詞: 形容詞
  • 意味: 盲目の

まず何度か3~5回ほどこの単語だけを要らない紙に書いて、意味を脳に、スペルを手に覚えさせます。

 

  • 例文: Love is blind./恋は盲目。

まず意味を確認し、文章全体を一度写します。すると、単に意味だけでなくどういうコンテキストや構造の中で使うのか自然と覚えるようになります。

 

  • 作文: He is so blind that he has chosen her as his girlfriend instead of me./彼はとても盲目なため、私の代りに彼女を恋人に選んでしまった。

自分で文を考えて書いてみることにより、2次レベルのアウトプット・応用力も鍛えられます。

 

大学生・社会人レベルの例

  • 単語: Controversial
  • 品詞: 形容詞
  • 意味: 異論ある・議論を引き起こす(ような)

 

  • 例文: Trump administration’s proposal to double its budget to construct walls alongside the Mexican border has been controversial enough to stir such hefty demonstrations by its “own nationals” in states neighboring to the country such as California for waste of taxes levied and possible shortage of cheaper workforce.
  • 意訳: Tトランプ政権によるメキシコ国境に壁を建設するために予算を二倍にするという提案は、血税の無駄遣いや低廉な労働力が不足する可能性があるという理由で、カリフォルニア等同国に隣接している州の「自国民」による激しいデモを引き起こすほど異論の多いものであった。引用: Wall Street Journal(ウソ。私の自作です)

 

  • 作文: My boyfriend’s public declaration yesterday of having made another girlfriend without telling me first and hence wanting to leave me made in our classroom was controversial enough to cause a big laughter among my classmates, and make me flash and kick his buttocks, literally (and I kicked him out as my boyfriend anyways).
  • 意訳: 私のカレは昨日クラスで(アタシに先に告げずに)新しいカノジョが出来たのでアタシと別れたいと堂々と宣言したが、これはクラスメートが失笑するほど「異論のある」発言で、アタシも赤面して一応ヤツの尻をキックしておいた(そしてもちろんカレとしてもこちらからキックアウト!!)。

 

単語の品詞も覚える

practice

さて、単語を覚えるポイントとしては「品詞」も覚える、ということがあります。

特に他動詞と自動詞の区別は重要です。日本人がよくやる誤りに、”discuss about the issue”というものがあります。discussは他動詞にしかならないので正しくは”discuss the issue”です。

つまり、前置詞無しで目的語が直接後ろに来ます。逆に自動詞のtalkの場合は”talk the issue”とはならず、”talk about the issue”です。

 

もっと簡単な例で、「中国へ行く」は”visit China”か”go to China”です。前者は他動詞=直接目的語をトル、後者は自動詞=前置詞を伴うです。

覚える際に、visitは「~を訪問する・~へ行く」、goは「行く」(~へ、はtoが担う)とします。「~へ」があるか無いかの違いです。

 

その他に、何故go to homeでなくgo homeか、について例として解説してみます。

まず名詞としての「家」にはhouseとhomeがありますが、同じ家でもhouseは単に構築物としての家、homeは家族内の温かさやいがみ合い等の中身を含む「家庭」寄りです。

ここで、houseは家にしかなりませんが、homeは「家へ」という副詞にもなります。つまり、「~へ」を含んでいるため”go back to my house”が”go back home”とtoが取れて変化するのです!やや理屈っぽいですが。

 

このように、まず「とにかく書く」ことで時間・労力面で覚えるスピードが上がります。赤いマーカーのは電車内での復習用にして下さい。スマホでゲームしているよりはエライです。

さらに、単に単語の意味とスペルだけではなく(1次レベル)、文脈と文法にも気を払い意識することで運用面(2次レベル)の力も付いてきます。

作文については、恋愛系とかテーマを決めると書き易かったりもします。内容は何でも構わないのですが、いわゆる「五文型」をなるべく崩さないよう、この点だけ意識して下さい。

 

まとめ

個条書きで行きます。

  • 語彙には1次レベル=認識レベルと2次レベル=運用レベルの2階層あり、受験やTOEICには前者レベルでOK、チャットやいわゆる英会話には後者レベルが必要。
  • 見てるだけではダメで、ひたすら書いて覚える。例文を写すと文脈も分かり、作文するとアウトプット力もアップ。
  • 品詞にも注意。文法、案外大切です。

 

付録(追加で練習しよう!)

例題です。

  • talkative
  • 品詞: 形容詞
  • 意味: おしゃべりの

3回単語だけ書いて下さい。

 

  • 例文: Stop being talkative and be a doer./お喋りをやめて「実行する人」になれ。

1回写して下さい。

 

  • 作文: 恋愛をテーマに何か一つお願いします。

解答例: In my humble opinion, someone talkative like you is not apt for so-called love./私の謙虚な意見では、あなたみたいにお喋りな人はいわゆる恋には向いていない。

 

Tempestの英語学習おすすめ記事

» MBA留学経験者が語る、「真の」英語学習法とは?四技能編

» 英語ペラペラへの道。本気で上達させたい人以外は読まないでください!!

» なぜ日本人は英語ができないのか?言語学の観点から徹底分析

 

 

ねこ君
この記事が気に入ったら「👍いいね」ちょうだい!ありがとう!!
にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
ねこ君
にゃんこ先生をTwitterでフォローしよう!!英語学習・留学に役立つ情報が満載だ!!
   
にゃんこ先生
👆Audibleが期間限定で二冊無料!リスニング学習にすごく便利なので、この機会に是非。おすすめ洋書はこちら

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。