高校生が1年で20点台から80点まで上げたTOEFL対策

こんにちは、高校でアメリカに留学し、現在は日本の大学に通うケンです。

大学に通う傍ら、塾で大学受験英語やTOEIC・英検などを指導しています。TOEFL102点を2年前に取得して、英検1級も保有しています。

 

留学する前、私は都内の中高一貫の学校に通っていましたので、英語は全くできないわけではありませんでした。

中学3年生のときには英検準2級を取り、海外への短期留学などもしていましたので、初めてTOEFLを受けたときには50点くらいは取れるのではないか、と軽い気持ちで臨んだことを今でも覚えています。

 

結果はもちろん悲惨でした。

スピーキングの対策はもちろんのこと、リスニングの対話の問題ですら聞き取れず、TOEFLのレベルの高さを身を持って知りました。

その後、高校生になって、アメリカへの長期留学を決めたのですが、それはまた機会があればお話しできたらと思います。

どうやって1年でTOEFLを20点から80点にあげたのか?

今日は、私が、いかに1年でTOEFLスコアを60点上げたのかについて、勉強法や経験をお話しながらご説明していきたいと思います。

 

TOEFLを初めて受けた後、私はアメリカの高校に通っていましたので、日頃から英語には触れておりました。

しかし、1年後の長期夏休みに日本に帰国したときには、自分の英語力が本当に伸びているかも実感はなく、実際帰国してすぐお試しにTOEFLのPractice Testを受けたときには、50点にも満たない程度でした。

 

あるTOEFL専門の塾の先生にご相談したところ、「いけてもこの夏は60点じゃないか?」と言われたのを覚えています。

それでも私はあきらめきれず、夏休みの2か月を活用し、TOEFLのスコア83点を取ることに成功しました。

 

さて、前置きがとても長くなってしまいましたが、出来る限り簡単に重要なポイントをご説明していきます。

 

知っておくこと

まずは自分の実力とTOEFLの難しさを知ること

TOEFLの受験は決して安くありません。一度の受験料はUS$235(日本円約2万5000円)です。英検やその他の英語能力を測る試験の中で特にTOEFLは受験料が高いです。それだけよくできており、世界的に認められているテストでもあります。

もちろん、一度受験して、TOEFLがどのくらいレベルでどんなテストなのかを知るということも大事ですが、これだけの受験料の高さなら、それを避けたい方は多いと思います。そこでよく使われるのが、TOEFL公認のPractice Testであったり、他の英語試験とのスコア換算表です。

TOEFLIELTSTOEIC英検
118–1209
115–1178.5
110–1148L&R 945~
S&W 360~
102–1097.51級
94–1017
79–936.5L&R 785~
S&W 310~
準1級
60–7862級
46–595.5
35–455L&R 550~
S&W 240~
準2級
32–344.5
0–310–4L&R 120~
S&W 80~
3級

参考元①:http://stepeiken.org/comparison-table

参考元②:https://www.ets.org/toefl/institutions/scores/compare/

 

これによって、もし今自分がTOEFLを受けたらどのくらいの点数がとれるのか、ということをある程度知ることができます。やはり、まずは自分の実力を知らないと、今後どうやってどのくらい勉強すれば目標とする点数がとれるのかもわからないですよね。

 

関連記事

TOEFLの申し込みをする前に必ず知っておきたい10のこと

 

TOEFL特有の問題形式・傾向を知る

私が初めてTOEFLを受験したときは、あまり対策もせずに本番に臨んだため、どんな形式の問題が出るかもなんとなくしか把握していませんでした。TOEFLはよくできたテストですが、すべてのセクションの形式はだいたい決まっており、とても対策しやすいテストでもあります。

参考本などを買い、まず、TOEFLはどういった問題が出るかをすべて頭に叩き込むことが一番初めにやるべきことでしょう。

 

関連記事

おすすめTOEFL iBT対策の教材/単語帳 ETS出版3冊以外は遠回り?

 

取りやすいセクションで確実に点数を取る

TOEFLは、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4つのセクションに分かれています。留学未経験者の日本人の方がとても苦労するのがリスニング、スピーキングです。しかし、リーディングとライティングセクションであれば日本人でも十分点数がとれるところです。

TOEFLで100点とるためにはリーディングで25~30点、リスニングで23~25点、スピーキングで20~23点、ライティングで25~30点を取ることが日本人にとっては一番良い点数の取り方です。

すべてのセクションの対策は必要ですが、まずは取れるところで安定した点数を出せるようになることが高得点への道へ繋がります。

 

にゃんこ先生
リスニングは確かに難しい。80点を目指す場合、リスニングは半分ぐらいしか理解できてないかもしれない。
にゃんこ先生
個人的には、100点を目指す場合、リスニングで28点ぐらいとる覚悟をしておいた方が良いと思う。
にゃんこ先生
リスニングができないと、リスニングの比重が高いスピーキングとライティングで高得点を取るのも難しくなるからさ。

 

セクション別の対策

リーディングは多読・パラグラフリーディング

特に日本人にお勧めしたいリーディング対策は、多読・パラグラフリーディングです。

多読というのはその名の通り、英語を多く読むことです。リーディングは特に大学の授業レベルの専門的でアカデミックなトピックのものがでます。

 

TOEFLは、ネイティブスピーカーであるアメリカ人が解いても80点ほどが平均です。普段英語に触れている彼らでさえ読むのが難しい文章が出ます。それを英語を第二言語に持つ私たちが読むわけですから難しいのは当たり前です。

ですから、TOEFLレベルの文章にまずは慣れることが大事です。

 

多読の材料

よく多読する際に本を読むべき(小説など)という方がいますが、私はそれより新聞や海外の科学などに関する情報を扱っているサイトの記事を読むことをお勧めします。

確かに洋書を読むことは読解力の向上に繋がりますが、TOEFL対策を始めたばかりの方には敷居が高いですし、私自身も読書は大好きですが、洋書を読むとなるといつも後回し後回しになってしまい、なかなか進まないことが多いです。

いくつかお勧めのウェブサイトを紹介しておきます。

Mental Floss (サイエンスセクション)

http://mentalfloss.com/section/science

New York Times (サイエンスやテクノロジーセクションがお勧め、オピニオン記事もとてもよい勉強になります)

https://www.nytimes.com/

National Geographic

https://www.nationalgeographic.com/science/

 

にゃんこ先生
賛成!80点を目指す段階では、なかなか難しい洋書にチャレンジするのは勇気がいるし、すぐに嫌になってしまう可能性が高い。
にゃんこ先生
もちろん、上のウェブサイトも簡単ではないけど、一つずつ読み進めればそこまでストレスにならないだろう。

 

パラグラフリーディング

そして、私が最も意識してほしいことが「パラグラフリーディング」です。段落ごとに内容を理解し、最終的に記事全体の内容の流れを理解することです。

この段落ごとの読み方で気を付けないといけないのが、筆者がどのような論理パターンで読者を納得させるのか、もしくは、「筆者が何を読者に伝えたいのか」をくみ取ることが大事です。

 

例えば、よく使われるのが、抽象的な内容から初めて、具体的にそれを説明していく論理パターンや、逆接の情報を述べそれを使って結論に導いていくなど。

特に英語の文章はこういったパターンが限られており、それも顕著に現れます。接続詞や副詞などに注意し、段落ごとに筆者の論理展開に注目することが大事です。特にTOEFLでは段落ごとに内容を問う問題も出ますので、そういったものの対策にもなります。

 

<逆接の例>

日本の大学の学費は高い⇒欧州の大学の学費は低い

結論:よって日本の学費は海外諸国に比べてとても高いので、政府は何かしら対策を考えていくべき。

 

<抽象 → 具体の例>

2010年に入り、かつての恐竜に対する学者の見解が修正され始めてきている。

(具体例1)恐竜の皮膚は実は体毛で覆われていた。

(具体例2)恐竜の絶滅の本当の原因は~。

 

普通に読んでいれば、無意識にこういった内容を理解していると思います。しかし、これを意識的にやることで、難しい文章でわからない単語などが出てきた場合でも、ある程度ここで筆者が何を言いたいのかを予想できることができます。

 

難しい単語が出てきていても、すぐあきらめてはいけない

リーディングだけでなく、リスニングでは数分間に及ぶ講義の問題が出ます。そこで必ずといってもよいのが、教授が専門的な言葉を必ず言うということです。

リスニングに慣れていない方によくみられるのが、その専門的な言葉が出てきた瞬間に集中力が切れてしまい、その後の説明を全て聞き逃してしまうということです。

 

ここでのポイントはTOEFLは決して受験者に専門的な知識を求めていないということです。

なので、一般的に使われないアカデミックな用語がでてきたときは必ずそのあとに丁寧に説明してくれます。そこを聞き逃してはいけないということです。これはリーディングにもあてはまります。

 

スピーキングはまずは型を覚える

スピーキングの対策は一人ではとても難しいです。しかし、一人でもできることはいくつかあります。その一つが型を覚えるということです。

先ほども触れましたが、TOEFLの問題形式は決まっていて、スピーキングもある程度このような問題が出るということは予想できます。なので、問題ごとに「こう答えればいい」というような型を作り、それをまずは頭に叩き込むことが大事です。

そうすれば、本番の準備時間にやることは問題に対してどう答えればいいのではなく、どんな内容を言おうか、ということに集中できます。

 

関連記事

TOEFLスピーキング勉強法 テンプレートを捨てる勇気

非帰国子女が一発で24点を取ったTOEFLスピーキング完全対策

 

ライティングは難しい単語を使う必要はない

私はライティングを書く際、スタイリッシュな文章・難しい単語を使えば点数が上がるのではないかと思っていました。しかし、これは大間違いで(勿論単語力なども少なからず採点には影響します)、必要なことは採点する人に「自分は英語で文章を書けること」を見せることです。

なので、変に難しい単語や複雑な英文を書くより、ストレートに聞かれたことを自分の経験などを使って説明することが何よりも大切です。

 

そして、ライティングはやはりスピーキングと同じく一人で対策をするには限界があります。

最近では添削を自動的にしてくれるサイトなど、無料で利用できるものがとてもたくさんあり、これはTOEFL受験者にとってはとても有難いことです。そういったものを活用するのも一つですし、有料で第三者に添削を頼むのも時には必要です。

添削を繰り返すことで自分の欠点を見つけ、さらに良い文章を書けるよう練習し続けることがライティングには大切でしょう。

 

 

関連記事

TOEFLライティング対策スコアアップに必要な3要素/勉強法

無料で英語ライティング添削、文法改善 “Grammarly”の使い方

 

最後に

長くなりましたが、最後に私からは「諦めずに頑張ってください!」

 

にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。FacebookTwitterから、最新情報を受け取る事が可能だよ。シェアもよろしくね。
 

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。