幼児を夢中にさせる英語絵本の選び方・読み聞かせ方

今回は、子供には自分が苦手だった英語にとにかく慣れ親しんで欲しい!小学校で英語が必須化するから早めに始めたほうがいいんじゃないか?と思われている親御さんにおすすめ。

お子さんが大好きな絵本から英語に「興味を持つ、聴く、発話する」という体験をさせてあげられますよ!

そんな、子供を夢中にさせる本の選び方と読み聞かせ方を紹介したいと思います。

 

この記事の著者BOB先生

留学経験と児童英会話教室での講師経験を活かして、子供が英語を楽しく学べる環境作りや、接し方など紹介させて頂きます。

現在3人の子供の子育て中です。

まず絵本の読み聞かせのような短い時間からでも○

子供3人を育てていて、私が大切にしているのは寝る前の絵本の読み聞かせです。

我が子に英語を楽しんでもらいたいし、慣れ親しんでもらいたいと思う親御さんは多いのではないでしょうか?

 

ただ、英語に触れさせたり英語で話しかけたりなんてとてもハードルが高い気がします。それどころか、子育ての日常に追われ英語で子育て〜なんて言っていられないのが現実。

でも、絵本の読み聞かせならどんな家庭でも持つことの出来る時間。この少しの時間からなら英語に触れて、親しむのには十分なスタートだと思います。

 

絵本で英語に触れて、楽しんで、声に出してみよう

絵本選びのポイント

まずは絵本選びから。どの年齢の子に読むかによって違ってくるかと思いますが、ここでは幼児のくくりで紹介していきます。

まずは、文が長すぎないこと。ポイントは、同じような言い回しを何度も使ってあるような本です。エリックカールさんのPolar bearなんていい例ですね。

 

次に、絵がシンプルなものです。見開きページにごちゃごちゃと幾つもの場面が描かれているものは子供の集中力が散漫になってしまうでしょう。

 

最後に、日常生活に馴染みのある場面が描かれているお話。子供たちはすぐに何でもマッチングさせるのが好きですよね。親近感が湧き、食いついてきてくれるばかりか、理解しやすく、さらにそのフレーズが使えるチャンスにもなります。

イタズラばかりしている悪い男の子が、ママに注意されている様子を描いた「No David!」が良い例です。

 

あえて1回目の読み聞かせは日本語も交えて

バイリンガルに少しでも近づいて欲しい!と願うばかり、英語のみで一生懸命読んでいてことが私もありました。

ただ、日本の両親の元に生まれ日本で生活している以上、それは難しいことですよね。

 

訳の分からないまま進められていく内容に、子供も集中力が途切れてしまいます。ですから、初めて読む絵本はまず日本語を交えて読むのがおススメです。

有名どころだと”Five little Monkeys“を例にしてみます。

5匹のお猿さんがベッドでジャンプしていると、1匹落ちて頭をぶつけます。

この場面は挿絵でなんとなくわかりますが、その後母猿がお医者さんに電話して、お医者さんから”No more monkeys jumping on a bed!”「もうベッドで跳ねちゃいけないよ!」と言われるシーンは英語だけで話してもなかなか分からない部分となります。

 

そこで、こんな風に読んでみます。

Five little monkeys jumping on a bed. One fell off and bumped his head. 痛〜い!お猿さんがベッドから落ちて頭ぶつけたね。ママが心配してすぐお医者さんに電話したよ。The mama called the docter and the doctor said.そしたらこう言われたの。No more monkeys jumping on a bed!もうベッドでジャンプしちゃいけないよ!

こうした具合になります。

 

すると、まずは内容がつかめて夢中になり、また次読むときは英語だけでも物語に集中してもらえます。

 

絵本の中の表現を一緒に言ってみる

次は、一緒に簡単なフレーズを言ってもらうよう子供を誘ってみましょう。上記で例に出したFive little Monkeysの場合は”No more monkeys jumping on the bed.”の部分になります。

リズムが取りやすく、感情を入れやすいセリフが子供も真似しやすいし、夢中になるはずです。しっかりその役の声になりきって言うことが、子供心をくすぐります。

 

楽しく読んで、いつの間にか言えるフレーズが!

子供は、同じ本を何度も飽きずに読んで欲しいものです。ですから、仕上げは思い切って子供が言えるところは読んでもらいましょう。そしてたくさん褒めてあげてください。

ママが喜んでくれると、子供はとても嬉しいものです。英語を発することが楽しさに変わる瞬間だと思います。

 

するといつの間にか、ベッドで跳ねている弟たちに”No more monkeys jumping on the bed.”と言う我が娘です!

音から入った英語は一生ものです。”on the〜”「〜の上」という前置詞は感覚で身につけてしまうものだと思います。

 

まとめ

  • 英語に触れる時間をママと一緒に作ろう
  • 絵本を選ぶときは繰り返し出てくるフレーズが多いものを
  • 英語は声に出すのが楽しいと感じてもらおう
  • ママも一緒に楽しむのがベスト!

絵本の読み聞かせは、始めて英語に触れて楽しんでもらえる方法として、かなりオススメです。

その訳は、絵本が子供の身近なものであること。英語が音やリズムで入ってくること。短い英語を繰り返し声に出すことで、いざ話そうという年齢になったとき、すごい力を発揮すること。

 

日本人が英語を話すことを苦手とするのは、普段から発話していないことへの自信のなさから来るのだと思います。

発音なんて、ネイティブだって地域によって訛りがあったりして、映画俳優たちが話しているようなカッコイイ英語じゃなかったりするのです。だから、恥ずかしがる必要はないのですが、普段使っていない口の筋肉を使って話すのはハードルが高い。

ですから、口の筋肉が柔らかい(まだ数年しか日本語を話していない)子供たちにはぜひぜひ絵本と一緒に、英語を楽しんで欲しいのです。

 

自分が英語を話せないのに、子供に英語を教えたり話したりなんて出来ない!と思っている親御さんたちも、絵本から始めてみて下さい。

子供に読む前に、予習も練習も出来ますし!読むことだけはしっかり勉強してきた私たちです。長文読解とは比べものにならないくらい短い絵本なら、少し気楽に始められますよ。

 

にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。FacebookTwitterから、最新情報を受け取る事が可能だよ。シェアもよろしくね。
 

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。