おうちで英語絵本を読み聞かせする5つのコツ

picture-books

おうち英語を始めているご家庭が増えていますね。

私が運営する英会話教室に入る子ども達の大半は、すでに家庭内で英語に触れているようです。そのような子達は英語に対して抵抗感がないため、何も英語に触れてこなかった子ども達に比べ、より楽しく教室に通うことができています。

 

「でも英語は苦手だし、子どもと話す自信がない・・・」

そう思っているママ・パパ達が多いのも事実です。そんな方々に私がオススメしているのは英語絵本の導入です。

まず、英語絵本を取り入れる上でのメリットについてお話しします。

 

この記事の著者: 高田一穂(たかだかずほ)

千葉県内で子ども向け英語教室運営。

子どもの言語習得には保護者の協力が不可欠であるという考えに基づき、保護者向けのレッスン・講座も開講している

高校・大学共に英語専攻。専門は「SLA(第二言語習得)」と「児童英語」。

絵本読み聞かせを英語教育に導入するメリット

  • コミュニケーションの基本である「聞く」から始められる。
  • 絵本の絵から情報を読み取れるので「聞いてわかる」体験をさせやすい。

絵本の読み聞かせをするなら、まだ「話す」に至らない子どもでも「聞く」という大切な体験をすることができます。子どもは聞くことにより英語独特の音やリズムに気がつきます。

そして絵本は絵がベースとなっているので、文字を読まなくても世界観を楽しむことができます。ただ絵を見ているだけでもワクワクドキドキするような絵本はたくさんありますよね。ストーリーを楽しめると英語を聞くことに負担を感じなくなります。

 

こちらの動画は実際に親子で英語絵本を楽しんでいる様子です。


子どもは絵本の世界に入り込み、ママと一緒に動物の声真似をしています。

 

このママは私が開催する英語絵本読み聞かせ講座に参加してくださっています。娘さんはまだ英会話スクールに通っていませんが、流暢に英語を話せるようになっています。

このように絵本で英語を家庭に取り入れるだけでも、お子さんの英語はめきめきと上達します。ご家庭で英語に接している子どもと、全く英語に接していない子どもには、英会話教室での英語学習スピードに雲泥の差がありますよ!

 

英語絵本読み聞かせのコツ

では実際に英語絵本読み聞かせをする点で、どんなことに注意すればいでしょうか。私が実践している英語絵本読み聞かせの5つのコツをご紹介します。

  1. 自分が理解できるものを選ぶ
  2. 文字ではなく絵を追う
  3. ジェスチャーや表情をつける
  4. 意味ある質問をする
  5. オリジナル絵本を作る

自分が理解できるものを選ぶ

世の中にはたくさんの絵本があります。表紙だけ見ると全部楽しそうに見えますよね。

でもそれだけで絵本を選んでしまうと「英語が難しくて理解できない、、、」「単語を調べる時間がない、、、」という事態に陥る可能性があります。

 

まずは中身をチェックし、自分の英語レベルに合っているかを確かめましょう

私がいつも使っているのはYouTube。絵本の名前を検索すると読み聞かせをしている無料動画がたくさん見つかります。

 

【The Very Hungry Caterpillarの読み聞かせ動画】


絵本は子どもと絵本の世界を共有することが大切です。ですから、親が絵本の世界観を理解しなければ、子どもはその世界を楽しめません。

自分にとって無理のない絵本を選び、もし分からない単語がある場合は事前チェックしておきましょうね。

 

参考記事

子供のための英語教育 読み聞かせ絵本のすすめ(2~6歳)

子供のための英語教育 読み聞かせ絵本のすすめ vol.2

 

文字ではなく絵を追う

how-to-read-picture-books

時として忘れてしまいそうな事実ですが、幼児は英語を「読めません」。ですから文字が書いてあったとしても、そこに注目させないようにしましょう。

大人はついつい文字を読んで、視線をそこに送ってしまいます。最悪なケースは指を当ててしまうことです。文字ばかりに注意を引き、絵本を全く楽しめなくなります。

 

そう言う私も気をつけないと文字を追ってしまう向があります、、、ですから、定期開催している英語絵本の読み聞かせイベントでは、文章は必ず事前に頭に入れておきます。

もちろん英語絵本を楽しむ上で「暗記」は必須ではありません。大切なのは、文字を「ないもの」と思って読むことです。文字を完璧に読む必要はない、というマインドも大切ですね。子どもと一緒に絵をじっくり観察し、ストーリー自体に興味を引かせること。それが目的ということを覚えておきましょう

 

ジェスチャーや表情をつける

英語に接するのが初めての子どもには、ストーリーを理解させるためのジェスチャーが必要です。

以下はジェスチャーがつけられる表現の例です。

  • It was a big house!「大きなお家でした!」

(bigのところで両手を大きく広げる)

  • He ate three pieces of cake.「彼はケーキを3切れ食べました」

(ateで食べる動作。threeで指を3本立てる)

  • Let’s go and find the bear!「さあクマを探しに行こう!」

(go!で腕を振り上げ歩く動作。Findで手の平を額に当てて探す様子)

 

また感情や状態を表す場合は、表情と声色を変えることができます。

  • The witch was very angry!「魔女はとても怒っていました」

(angryで怒っている表情。怖い声で)

 

恥ずかしがらずオーバー気味に!!

まとめるとポイントは以下の4つです。

  • 動作は必ずジェスチャーをつける
  • 数は指で数える
  • 大きさや形状は手や指で表現する
  • 感情は表情と声色で表現する

私がボランティアで子ども達に絵本読み聞かせをするときは、相当の体力を消耗します。それだけ全身の筋肉を使っているのだと感じます。

家庭内での読み聞かせでは聞いているのは子どもだけですので、恥ずかしがらずオーバー気味にやっちゃってください!

 

意味ある質問をする

言語はインプットだけでは習得に繋がりません。しっかりと交渉することによって話せるようになります。

その点「質問」は必須になります。質問をして会話を作り、英語がコミュニケーションツールであることに気づかせましょう。

私も絵本を読むときはたくさんの質問をします。よく使う表現をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

 

質問の例

  • What’s this?(これ何? ※複数は「What are these?」)
  • What color is this?(これ何色?)
  • How many ~~ do you see?(〜〜はいくつあるかな?)
  • How does a ~~ say?(〜〜さんは何て鳴くかな?)
  • Do you like ~~ ?(〜〜は好き?)

 

もし上手に答えられたのなら、次のように褒めてあげましょう。

  • That’s right!(その通り!)
  • Very good!(よくできました!)
  • Yes, it is ~~ !(そう、〜〜だね)

このように英語でのやりとりを繰り返すことで、英語が言語として子どもの頭に馴染んでいきます。そのうち質問を言い終える前に、答えを言ってくれるようになりますよ!

でも、この表現やジェスチャーを一つ一つ覚えていくのは大変、、、そんな風に感じるなら、ぜひ次の方法を試してみてください。

 

オリジナル絵本を作る

練習中に「ここでこの表現を言いたい」とか「ここでジェスチャーを入れたい」などと気づくことがあります。それを本番で実践するための秘策があります。

それは「絵本に書き込む」という方法です!

言うセリフやするジェスチャーを絵本に書いておけばいいのです。意識としては、ただメモを書くというよりオリジナルの絵本を作るという意識で書き込んでみてください。様々な色を使うと、絵本が一層可愛く仕上がります。

 

例えばこちらの動画ではシールを貼ってオリジナル絵本を作っています。とってもかわいい「The Very Hungry Caterpillar(はらぺこあおむし)」の絵本が出来上がっていますよ。

シールのよい点は「書き込みにくい背景でもメモできる」「覚えたら剥がすことができる」ということです。


工夫次第で読み聞かせがぐんと簡単になりますよね!

 

まとめ

今回ご紹介した読み聞かせのコツをまとめると、

  1. 自分にあったレベルの絵本を選ぶ(中身はYouTubeで検索する)
  2. 文字に意識が行かないよう気をつける(絵をじっくりと楽しむ)
  3. ジェスチャーや表情で伝える(数、感情、形状、動作などは必ず)
  4. 質問したり褒めたりする(聞きやすい質問を覚えておく)
  5. 読みやすいように絵本をオリジナルにする(シールがオススメ)

この5つを実践するだけで、お子さんと一緒に英語絵本の世界を楽しむことができます。しばらくすると子どもの口から英語が出るようになり、しっかりストーリーも理解できるようになるはずです。

 

それぞれの絵本には特徴があり、楽しむためのポイントがあります。今後はオススメの英語絵本を1冊ずつ取り上げ、読み方のコツをお伝えします。

お子さんの未来のために英語絵本のレパートリーを増やしていきましょう!

 

ねこ君
この記事が気に入ったら「👍いいね」ちょうだい!ありがとう!!
にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
ねこ君
にゃんこ先生をTwitterでフォローしよう!!英語学習・留学に役立つ情報が満載だ!!
   

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。