子供に英語を身近なものにする5つの術【自宅の英語環境作り】

アジアの中で特に英語を苦手とするのは、私たち日本人。読み書きはさほど不得意ではないのですが、実践的なリスニングや会話になるとしり込みしてしまいます。

多くの人が英語を苦手とするのは、初めてやった中学の英語教育が原因なのだと思います。今でこそ、グローバル化に向け小学校から英語の授業が必須化となりましたが、多くの親世代が英語は中学の時初めて見て聴いたのだと思います。

今回は、なぜ私たちが英語を苦手とするのかを紐解きながら、「わが子たちにはぜひ英語を楽しんで、好きになってもらいたい」という想いで私が実践している方法を紹介したいと思います。

 

この記事の著者BOB先生

留学経験と児童英会話教室での講師経験を活かして、子供が英語を楽しく学べる環境作りや、接し方など紹介させて頂きます。

現在3人の子供の子育て中です。

なぜ、私たち大人は英語に苦手意識があるのか

私自身、英語は中学まで嫌いな教科の一つでしたし成績も中の下。それは間違いなく「英語」が何の予告もなく始まった、全く得体の知れないものだったからだと思います。

馴染みのなかったアルファベットに、聴き取りにくいアクセント、発音できない”R”などの音たち。極めつけは、なぜ日本にいる私たちに英語が必要なのかという疑問がついて回り、英語に対して初めから苦手意識がありました。

疑問に思う前から始まった理科や社会、生活に根付いている国語や算数と違い「英語」はやはり特殊だったのではないかと思います。そして、あの頃は英語を学ぶ目的や魅力を誰も教えてくれなかったのです。

 

しかし、私が中学3年の時に出会った塾の大学生講師が留学についてとても楽しそうに話してくれました。加えて英語ができることへの楽しさを語りながら教えてくれました。それをきっかけに私自身英語を勉強することが楽しくなりました。

そんな経験から、そのまま英語にのめり込み留学や英語科への進学を経て、子供たちに英語を教える仕事に就きました。そんな私が3人の子供たちを育てながら思うことは、英語をもっと身近に感じて楽しんで欲しいということです。

 

子供に英語を身近なものにする5つの術【自宅の英語環境作り】

子供たちが、周りの大人の話す言葉から言語を習得したり、絵本を読んでもらうことから文字に興味を持ったり、遊びを通していろんな表現を覚えるように、英語教育も生活の中に溢れさせることが出来ます。

決まった声掛けを英語でしてみたり、一週間に7冊読む本のうち2冊を英語の絵本にしてみたり、思い切ってママが英語に触れる姿を見せてみたり。

たくさんの教え方がある中で、自分にできそうなことから始めてみるのがおすすめです。これから本や歌、子育て中の英語表現などを紹介しながら、わが子たちの様子も書いていきますね。

 

子供への声かけ

英語なんて話せないのに、英語で子供に声掛けなんて出来ない!と思ってしまいますよね。ですが、思い返してみて下さい。日本語でも子供たちに言う言葉って、結構決まっていたりしませんか?

「ご飯だよ~」「靴履くよ~」「貸してあげようね」「お片付けしようね」など。

ですから、自分でこのフレーズだけは英語でしようと決め、書き出して実際使ってみましょう。参考になるサイトや本もありますよ。

もちろん、忙しい子育ての中日本語がどうしても先に出てきてしまうのは仕方がありません。そこで私は、余裕があって自分自身準部ができる声掛けがいいのかなと思います。

出かける準備に忙しい中、”Put your shoes on!”と言ったり、兄弟げんかをしている最中に”Let’s take turn!”「順番こしよう!」なんてなかなか出来ないですよね。

そこで、例えば、”Dinner is ready!”や”Time to clean up!”のような落ち着いて言えるシチュエーションの声掛けから始めてみてはどうでしょう?

 

詳しい声掛けの方法は、下記の記事でもまとめているので参考にしてみてくださいね。

»  英語で子育て挑戦!日常生活での子供への声掛け3つのポイント

 

絵本や歌の活用


次に挑戦したいのは、絵本や歌で英語を楽しみ方法です。

ここでは歌の紹介をしていきますね。実は、日本語の手遊びや歌で馴染みの曲が英語でもあるんですよ。例えば、「グーチョキパーで何作ろう」や「おいでおいで」でお馴染みの「パンダ うさぎ コアラ」などです。

 

これらの曲に関しては、わが子たちは日本語より先に英語で聴かせて一緒にやっていました。すると、初めて日本語で聴いたときには驚いた顔をしていたほどです。そして、今でもこの辺の曲は英語で歌っています。

子供は小さければ小さいほどどんな言葉も受け入れて自分のものにするのが得意です。英語ばかりやっていたら幼稚園などで日本語で歌えないのでは?というような心配もすることなく、子供たちは難なく両方簡単に習得していきます。

»  参考:幼児を夢中にさせる英語絵本の選び方・読み聞かせ方

»  参考:歌を使って、子供と一緒に英語表現を身に付ける方法

 

ミュージカルを観せてみる


次のお勧めは、ミュージカルを見せることです。

私個人的には「サウンドオブミュージック」や「マイフェアレディ」のような名作から、ここ数年人気があった「グレイテストショーマン」などもよいと思いますが、小さい子の食いつきが良いのはやはりディズニーだと思います。

 

ディズニーの作品は、ストーリーもわかりやすく、キャストが可愛らしいのが魅力です。

「ハイスクールミュージカル」や「ディセンダント」は娘たちも4歳ごろから見入ってダンスや歌をまねています。耳が良いので聴こえたまま歌うことが出来るので、わが子ながら感心します。

 

更に、ドラマの中で小学生の娘にはアメリカ特有の文化の話もしてあげたりします。例えば高校の卒業時にあるダンスパーティーの話や、スクールバスの話。学校では見ることのできない世界を知ることが出来ます。

ミュージカルを楽しみながら、他の国のことに興味を持つきっかけとなればなと思います。私はそれだけでも価値があると思っているので、楽しめるなら日本語でも見せたりします。

 

それでも歌の部分は英語なので。ママやパパも楽しんで一緒に出来る教材の一つだと思います。

» 子供も意外と楽しめる!ミュージカルから始める英語

 

ママが英語に触れてみる

根本的なところになりますが、まずはママが「英語を楽しむ」ところを見せるのが、子供の英語教育を進めていくうえで不可欠なことだと思います。子供はやはりママが大好きなわけですから。親子で参加できる親子英会話のサークルに参加してみるのも良いです。

手遊びや歌を英語でやってみると家でもやりやすくなります。自分ももう一度英語に挑戦してみたい!というママは、思い切ってスカイプ英会話レッスンを始めてみるのは如何でしょうか。

私自身は、アメリカ人講師を招いてやる地域の英語サークルに息子を連れて参加しています。思い切って外の世界へ出て、英語を楽しんでいる人から言語学習の魅力を教えてもらうのもいいかもしれません。

» ママが英語に触れて、子供の世界を広げる6つの方法【おうち英語】

 

小学生からは世界を意識させてみる

私が教える小学生クラスでは、レッスンの最後にランダムで地図に指を当て国を決めます。そして、クラスで決めたその国について調べてきてもらいます。国旗を調べてくる子、挨拶を調べてくる子、名物を調べてくる子などと分けて次のレッスン時に日本語で発表させています。

それによって、他国の位置や地図上での日本の大きさなどを意識します。そして、最後に先生からタブレットでその国のあらゆる画像を見せます。個人的には、なるべくインパクトのあるものを選びます。

 

テクノロジーが発展した今だからこそ、実際に行かなくても日本以外の国の魅力を見せることが出来ます。

レストランや電車の中などで子供たちにYoutube動画を見せる中のほんの初めに、親子で世界を見てみるのもとても楽しいと思います。旅行の計画を立てている気分になりますよ。

 

まとめ

話せるようになってほしい!将来世界で活躍してほしい!とわが子に期待を寄せるママから、小学校で英語が必須化になるけど自分は教えられないからやらせないと不安、とにかく楽しんでくれればと思っているママまで様々です。

しかし、どの望みにも有効なのが「世界を知り、英語を学ぶことへの魅力と必要性を大好きなママから教わる、または感じることだと私は思います。

 

BOB先生のおすすめ記事

»  幼児を夢中にさせる英語絵本の選び方・読み聞かせ方

»  歌を使って、子供と一緒に英語表現を身に付ける方法

» 子供も意外と楽しめる!ミュージカルから始める英語

 

 

にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。FacebookTwitterから、最新情報を受け取る事が可能だよ。シェアもよろしくね。
 

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。