プロが教えるMBA留学準備 推薦状の概要とポイント

ねこ君
おれのMBA準備も終盤・・。次の心配事は推薦状!推薦状なんて書いてもらったこともないし、誰に頼めば良いのか・・何を書いてもらえば良いのか・・

にゃんこ先生
推薦状は日本ではそこまで普及していないから、確かにどこからスタートすれば良いかイメージがわかないよね。

にゃんこ先生
今日は、この道15年以上、プロが教えるMBA留学準備シリーズ第9弾!MBA出願のための推薦状の概要について語ってもらうよ!

にゃんこ先生
それでは、Future Education Centerの田山先生、よろしくお願いします。

 

Tayama
こんにちは。MBA留学カウンセラーの田山裕丈です。今回は推薦状についてお伝えします。
Tayama
MBA留学準備において、推薦状は、推薦者がMBAプログラムの入学審査委員会に出願者について伝える重要な書類です。
Tayama
推薦状については、良い推薦者を選定することが鍵になります。
  

推薦状とは?

推薦状とは、推薦者が、第三者の視点から、MBAプログラムの入学審査委員会に出願者の人物像を伝える書類です。

 

良い推薦状とは?

良い推薦状とは、推薦者が、出願者を強く推薦しているだけではなく、出願者がMBAプログラムに参加するに値する内容を具体的に記載している書類です。

MBAプログラムの入学審査委員会に出願者の魅力が適切に伝わる推薦状を作成していただくために、推薦者にMBA留学を目指す理由を明確に伝えることをお勧めします。

 

推薦状の構成

基本情報、質疑応答、人物評価、総合判断、本人確認などから構成されます。

基本情報

推薦者の所属先、推薦者の連絡先など、基本情報についての記入欄です。

 

推薦者の所属先

会社名、肩書など、推薦者の所属先の項目になります。

 

推薦者の連絡先

電話番号、Eメールアドレスなど、推薦者の連絡先の項目になります。

 

質疑応答

推薦者と出願者の関係、出願者の長所、出願者の短所、出願者のポテンシャル、特記事項など、質疑応答についての回答欄です。

推薦者だからこそ知っている出願者の具体的なエピソードを推薦者に記載していただくことが望ましいといわれています。

 

推薦者と出願者の関係

推薦者と出願者の関係についての質問になります。

推薦者が出願者を知っている期間や推薦者と出願者が交流している頻度についての質問の場合もあります。

 

出願者の長所

出願者の長所についての質問になります。

出願者の優れた能力や出願者の素晴らしい個性についての質問の場合もあります。

 

出願者の短所

出願者の短所についての質問になります。

出願者に改善の余地がある分野や推薦者が出願者に建設的なフィードバックを提供した機会についての質問の場合もあります。

 

出願者のポテンシャル

出願者のポテンシャルについての質問になります。

出願者が将来のリーダーになる可能性や出願者が将来活躍すると思われる分野についての質問の場合もあります。

 

特記事項

推薦者にその他の場所に記載していただく機会のない事柄についての質問になります。

 

人物評価

能力、ハードスキル、ソフトスキル、マインドセット、個性など、人物評価についてのチェック欄です。

例外的に凄い、素晴らしい、良い、平均的、良くないなど、出願者と一緒に仕事をしている職場の同僚のような比較可能な母集団を基準にして、推薦者に相対的に評価していただくことになります。

MBAプログラムによっては、推薦者に絶対的に評価していただく場合もあります。

 

能力

知力、創造力、数量力など、能力についての項目になります。

 

ハードスキル

分析スキル、課題解決スキルなど、ハードスキルについての項目になります。

 

ソフトスキル

リーダーシップスキル、チームワークスキル、組織運営スキル、英語コミュニケーションスキルなど、ソフトスキルについての項目になります。

 

マインドセット

プロ意識、モチベーションなど、マインドセットについての項目になります。

 

個性

誠実さ、柔軟さ、ユーモアのセンスなど、個性についての項目になります。

 

総合判断

強く推薦する、推薦する、条件付きで推薦する、推薦しないなど、総合判断についてのチェック欄です。

 

本人確認

署名、日付など、本人確認についての記入欄です。

 

推薦者とは?

推薦者とは、第三者の視点から、MBAプログラムの入学審査委員会に出願者の人物像を伝える人です。

良い推薦者とは?

良い推薦者とは、出願者を心から信頼し、適正に評価し、熱く応援してくださる人です。

 

ねこ君
質問!推薦者が英語苦手な場合はどうすれば良いのかなぁ?
Tayama
入学審査委員会は、推薦者が英語で推薦状を作成することが難しい可能性があることを理解しているといわれています。
Tayama
状況によっては、翻訳会社に推薦状のドラフトの翻訳を依頼することを検討してみてはいかがですか?

 

推薦者の選定範囲

推薦者の選定範囲は、現場、組織、社外になります。

家族、親戚、友人を推薦者に選定することは回避することが望ましいといわれています。

現場

直属の上司、部門の管理者、同僚など、出願者の仕事現場を理解している推薦者になります。

 

組織

代表取締役、取締役、人事部長など、出願者の所属組織を理解している推薦者になります。

 

社外

取引先の担当者、NPOの代表者、大学の教授など、出願者の社外活動を理解している推薦者になります。

 

推薦者の選定基準

推薦者の選定基準は、直属、直近、長期になります。

直属

出願者の実務を理解している推薦者が望ましいといわれています。

 

直近

出願者の近況を理解している推薦者が望ましいといわれています。

 

長期

出願者の成長を理解している推薦者が望ましいといわれています。

 

ねこ君
一般的には直属で現場の上司が望ましいのかな?けど、会社辞めるって言ったら、推薦状書いてもらえるかどうかわからない・・。
Tayama
入学審査委員会は、出願者が現在の上司に推薦状の作成を依頼することが難しい可能性を理解しているといわれています。
Tayama
状況によっては、推薦者として相応しい他の候補者に推薦状の作成を依頼することを検討してみてはいかがですか?

 

推薦状の確認ポイント

推薦状の確認ポイントには、推薦状の数、推薦状の回答欄の文字数制限、推薦状の提出方法、推薦者選定理由の補足説明、推薦者への依頼時期などがあります。

推薦状の数

1通、2通、3通など、推薦状の数は、MBAプログラムにより異なります。

推薦状の提出を必要としないMBAプログラムもあります。

 

推薦状の回答欄の文字数制限

最大250文字、最大500文字など、推薦状の回答欄の文字数制限は、MBAプログラムにより異なります。

 

推薦状の提出方法

オンライン送付、郵送など、推薦状の提出方法は、MBAプログラムにより異なります。

 

推薦者選定理由の補足説明

MBAプログラムの推薦状のガイドラインに沿って推薦者を選定することが難しい場合には、オプショナルエッセイなどにおいて、独自に推薦者を選定した理由について補足説明することが望ましいです。

 

推薦者への依頼時期

MBAプログラムの出願期限までの時間の余裕を持って、多忙を極める推薦者に推薦状について依頼することが望ましいです。

 

今日はここまで

Tayama
今回も読んでいただき、ありがとうございました。MBAプログラムにより異なるため、推薦状のガイドラインを確認することが重要です。

Tayama
推薦者に、MBAプログラムごとにカスタマイズしながら推薦状を作成していただくことをお勧めします。

Tayama
もし、内容に関して質問等があれば、いつでもコメント欄で質問してくださいね。

Tayama
Future Education Centerでは、MBA留学の相談に関して、無料のプライベートセミナーも開催しておりますので、興味のある方は是非ご連絡よろしくお願いいたします。

 

ねこ君
この記事が気に入ったら「👍いいね」ちょうだい!ありがとう!!
にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
ねこ君
にゃんこ先生をTwitterでフォローしよう!!英語学習・留学に役立つ情報が満載だ!!
   

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。