MBA留学日誌 不安と緊張、そして・・33-34週目

オレ
春休みから、いきなり学校が始まり、先週今週はかなりくたびれてしまった。
オレ
SVPのアプリケーションの締め切り+グループワークのプレゼンが重なり、睡眠時間を削っての作業・・。
オレ
日本で仕事をしていた時以上に、追い詰められている感覚がした。英語だからかな・・?

 

SVP再申請

オレ
この2週間で、1番の山はサマーベンチャーの再申請だったと思う。
オレ
週明けにSVPのプロフェッサーに会い、再申請に向けて何をしたら良いのかFeedbackをもらい、学業の傍、アプリケーションの作り込み・打ち合わせやその他のことを行った。おかげで学校の予習がほとんどできずに、今期のGPAは全く期待ができない笑。それはいいんだけど。
オレ
実は、心の中では、ビジネスは人に学ぶものではなく、自分で経験するものと思っており、プロフェッサーに会うのは建前的な感じで考えていたが、もらったアドバイスはすごく建設的で役に立った。
オレ
特に、「これを知りたいのであれば、この人、この教授に話を聞いてみな」ということがバブソン(アメリカ?)では多い。一人味方を作れば、そこからどんどん繋がりが増えていく。

 

オレ
一度SVPに落とされてからの2週間は、もっとも生産的で、これまで以上に前進することができた。

 

不安と緊張

オレ
なんか、ここ最近少し憂鬱だったんだよね。
オレ
SVPの申請準備もしていたけど、結局どうなるかわからないし、色々うまく行かなかったらどうしよう?みたいな。英語の実力もなかなか思うようには伸びないしさ。いつまでたってもわからない、わからない、みたいな感じが続くんじゃないかなぁみたいな。
オレ
本当に言葉っていうのは数ヶ月ではほんの少ししか上達しないし、大きな第一歩というよりも、1%1%を時間をかけて育てていくしかない・・。こういうのは言葉だけじゃなくて、ビジネスでもなんでも一緒かもしれないけど。
オレ
まぁ、いくら不安になっても、結局今できることを100%やって、待つことしかできないんだけどさ。

 

オレ
実は、今日SVPの書類申請の結果発表があったんだ。
オレ
結果は、・・・ダメだった。色々と文句はあるんだけど、ここで言っていいのかな?笑
オレ
いや、今日は言い訳はしないことにする。何があっても、やるしかない。やって、結果を出すしか、証明する方法はないんだ。

 

MBAの学生生活はどんな感じ?

オレ
以前とったアンケートで、MBAの学校生活ってどんなスタイルなの?という質問があったため、今更ながらここで簡単に紹介したい!
オレ
バブソンの1年目はこんな感じ。年間は2セメスターから構成され、1セメスターの中に2つのモジュール(学期)がある。1つのモジュールはだいたい1.5~2ヶ月程度。
オレ
セメスター1はもっとも忙しく、月から金まで毎日2コマずつ授業がある。朝8:30〜12:30は教室で受ける授業。そして、その後に授業で課されたグループワークを1:30から5時ぐらいまで(時には7時や8時)まで行う感じである。グループワークはだいたい週に2回ぐらいはあるだろう。
オレ
その後、次の日の授業の予習を行う。これが意外と大変で、真面目にやろうとすると、1教科3~5時間ぐらいかかる。つまり、全ての予習を行うことは物理的に不可能だ。もちろん、学校で勉強だけやろうと思っている人にはできるかもしれないが、勉強以外のことを充実させたい人にとっては、結構難しい。全部やろうとすると、睡眠時間を削って、学校のことしかできない留学生活になってしまう。
オレ
そのため、いかに予習をサボり、しかし授業でパティシペーションをおろそかにしない、あるいは最低限のGPAを維持するということが、MBA生活を楽しむキーとなってくるのではないだろうか。

 

オレ
例えば、オレは、統計に関しては予習をしても全くわからず、授業も何を言っているのかわからない、かつパティシペーションは成績の5%程度だったため、予習は一切しないことにした。会計やファイナンスに関しても、1~2回程度予習をしたが、予習をしなくても授業についていけることがわかり、ほとんど予習はしていない。
オレ
そのため、パティシペーションが重要となる授業を中心に、宿題や予習をしっかりやり、それでも発言が難しいのであれば、教授にお願いして授業中に発言する機会を貰うようにした。
オレ
試験勉強も、一人で抱え込むと試験前にパニックになるような量なので、できるだけ人と協力して、教え・教えあうことが、効率的にMBAを乗り越えるために必要だと思う。試験の裏技として、2年生から過去問を入手するというのはとても良い。レイジーな教授は、半分ぐらい問題を変えずに出してくることもあるため、そうなればしめたものである。

 

オレ
そんな感じで、自分のやりたいことをやる時間を確保しながら、それなりの成績を維持するのが、マルチタスクをこなさなければならないMBA生の宿命なのではないだろうか。

 

お誕生日会

オレ
さて、今日はこの日記を書きあげ、グループメンバーの誕生日会へ参加する。ラテンアメリカ系のクラスメートだ。ラテン系のパーティへ参加したことがなかったため、どんな感じになるのか想像できない。噂では、彼らは週2-3回パーティをやってるとかやっていないとか・・?
オレ
なんか、飲んだ次の日って調子が出ないよね?頭が働きづらいというか・・。1杯ならいんだけど、5杯ぐらい飲むと次の日のまぶたが重い。
オレ
実は昨日もちょっとした飲みがあり、週末は色々とやることがあり今日は休みたかったのだが、グループのメンバーの誕生日は行った方が良いだろう。あの事件を起こさないように節度を持って楽しみたいと思います。

 

オレ
最近日記がマンネリ化してきているような気がするが、これで良いのだろうか?何か特に書いて欲しいことがあればコメントして欲しい。
オレ
なかなかやる気が出ないこともあるかもしれないけど、そういうときは一休みして、また英語の勉強頑張りましょう!

 

にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。FacebookTwitterから、最新情報を受け取る事が可能だよ。シェアもよろしくね。
 

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。