子供向けオンライン英会話比較のポイントとおすすめスクール8選

子どもに英語を学ばせたいと考える保護者が増えたことで、子ども向けの英会話教室はかなり一般的なものとなった。その中で最近特に増えているのが、子ども向けのオンライン英会話レッスンである。

そもそもオンライン英会話レッスンとはどういったものなのだろうか。オンライン英会話とは、主にSkypeなどを使って講師の顔を見ながら英会話レッスンを受けるものである。

つまり、パソコンとそれにつなぐ(もしくは内臓の)カメラとマイク、インターネット環境とSkype設定があればレッスンを受けることができるのだ。

 

Skypeやテレビ電話を個人的に利用した、あるいは遠隔地を結んだ会議などで使用したという方はいらっしゃると思う。しかし、子ども向けの英会話レッスンに活用するとなると、不安に感じられている方も多いのではないだろうか?

従来の教室型と同様に、オンライン英会話もその特徴は提供元によってさまざま。きちんと調べて子どもに合ったレッスンを選びたいものだ。

今回の記事では、子どもオンライン英会話の特徴、比較のポイントに合わせて、おすすめのオンライン英会話スクールも紹介したい。

子供向け英会話比較のポイント

というわけで今回は、子ども向けオンライン英会話に関するさまざまなテーマについて検証してみた。それぞれの学校を比較する上で参考にしてみて欲しい。

英会話レッスンを選ぶ基準はお子様の性格や家庭事情によってさまざま。各テーマにおいてメリットとデメリットを挙げているので、レッスンを選ぶ上で何を重要視するのかを考えながら読んでみよう。

一概にオンラインレッスンがいいとか、教室型がいいとはいえないが、それぞれの性質を考えて、ご自分のお子様と状況に合ったレッスンを選んであげてほしい。

 

授業料・受講料金

オンライン英会話レッスンの大きな魅力の1つが価格の安さだ。

オンラインの場合レッスン時間が25分程度と短いからという理由もあるが、ほとんどの場合、教室型レッスンの3分の1以下の料金でレッスンを受けることができると言われている。

例えば、週1回のレッスンは2,200円〜、週4回でも月謝7,800円程度と、比較的安価に英会話を学ばせることができる。

 

語学の習得において、その言語を使用する頻度は多ければ多いほど学習効果が高くなる。1レッスンの価格が安ければそれだけ回数を多く受講することができるので、これは大きなメリットだ。

また、基本的にすべてがオンラインで完結するので、他の教材費がかからないというところもある。

 

しかし、そもそもどうしてそんなに安いのだろうか?

次の項でも解説するが、多くのレッスンでフィリピン人講師が現地採用されているからという理由がある。サービスによっては他の国の講師を選ぶとレッスン代が高い場合もあるようだ。

 

ネイティブ講師 vs 非ネイティブ講師

先ほども簡単に触れたが、オンラインレッスンの講師の多くはフィリピンなどのアジア圏に住んでいる。

例えば、フィリピンの公用語は英語だが、普段はカダログ語を話すという人は多いので、日本人が思うネイティブ英語とは違うと感じる人も少なくないだろう。

もちろん、非常に流暢な英語を話す、質の高い講師も多く活躍している。

 

そして、グローバル化が進む現代においては、訛りのない英語というものに出会うことの方が実は少ないと言えるのかもしれない。

様々な人びとが暮らすオーストラリアなどでは、みんな中国語アクセントやインドアクセントの英語などを話して普通にコミュニケーションをとっているし、聞き慣れていないとイギリス英語は聞き取りにくかったりもする。

さまざまなアクセントに慣れながら英語を学ぶほうが、現実的と言えるのかもしれない。

 

自宅受講 vs 通学型

オンラインレッスンの大きな魅力の1つが子どもを教室に送迎しなくて済むことだ。年齢によっては1人で通うことも可能だが、状況によっては必ず送迎が必要になる。

働いている保護者などは、この送迎が大変で通わせるのが困難になるケースは少なくない。

 

その点、オンラインなら自宅で受講できるし、固定スケジュール制でないところがほとんどなので、空いた時間を利用してレッスンを受けさせてあげられるので便利だ。

中には朝早くからレッスンを受講できるところや、開始時間直前にレッスンを予約できるところもある。

 

ただし、受講したい時に先生が空いていることが条件だ。

そして、教室型のように何曜日の何時と決まっていないぶん、保護者がしっかりスケジューリングしてレッスン時間を確保してあげなければならない。

また教室型とは違い、習い事を通じて友達を作れないことや、自宅だと他のことに気が散りやすいというデメリットもある。

 

マンツーマンレッスン vs グループレッスン

オンラインレッスンはそのシステムの関係でマンツーマンレッスンのところがほとんどである。

やはりマンツーマンレッスンだと1人を徹底的に見てもらえるし、長い時間話すことができる。他の生徒の進捗に合わせる必要もないので、わかるまでじっくり教えてくれるだろう。

 

ただし、1対1だと緊張するという子には不向きだ。また、子ども向けレッスンではゲームやアクティビティーを多く取り入れる傾向にあるので、グループレッスンの方が楽しいという場合もある。

グループレッスンでは他の子が言っていることを真似して言ってみるということもできるが、マンツーマンレッスンだとそれは難しい。

 

講師を選ぶことができるかどうか

先ほども少し触れたが、固定スケジュール制でないところがほとんどなため、レッスンを予約するときに好きな講師を選ぶことができる。

教室型だと1年間講師を変えられない場合が多いが、オンラインレッスンだと子どもに合った講師を選んであげることができる。

 

子ども自身が「英語を学習しなければ」と考えていることは稀で、レッスンが楽しいから英語をするという場合がほとんどのはず。

そういう意味で、楽しく上手に英語を教えてくれる講師を選ぶのは重要なのである。

ただし、楽しく上手に英語を教えてくれる講師というのはもちろん人気が高い。人気の高い講師はなかなか空いていないというのも現実のようだ。

 

レッスン時間・頻度

価格のところにも書いたが子ども向けオンラインレッスンの授業時間はだいたい25分くらいだ。これは教室型に比べるとかなり短いと言える。

この理由としては、オンラインレッスンはマンツーマンレッスンなので時間が短くても集中して教えられることがある。

 

教室型であれば途中にアクティビティーを交えて身体を動かしたりするが、オンラインでは基本的に画面の前に座ったままになるので、子どもの集中力を考えると25分くらいが限度かもしれない。

この25分をちょうどよいと見るか、物足りないと見るかは分かれるところだ。

レッスンの冒頭であいさつや英語モードに切り替えるアクティビティーをして、本題に入ったらすぐに終わりという感じにはなるだろう。逆に短い時間で回数を増やしたいという方にはぴったりだ。

 

その他オンラインならではのデメリット

これまで見てきたものの他に、オンラインならではの注意点がある。

 

まず、画面で講師の顔は見えるが細かい表情までは分かりにくい可能性があるということだ。

新たに覚える言語だからこそ、表情が分かりにくいのはデメリットとなる。レッスン中に大きな動きを交えたアクティビティーが行いにくいという面もある。

 

また、回線の不具合が起きたときの問題がある。

一時的に画面が乱れたときに子どもだけでは対処できないかもしれないし、音声と映像がずれると英語を理解しにくい場合もある。また、レッスン開始後に回線があまりにも乱れてレッスンが成り立たない、などの状況が発生した場合に、その後どのような対応をしてくれるのかは事前に確認しておこう。

 

最近始まったオンライン英会話サービスが多いために、カリキュラムが充実していないところもあるようだ

なかには長年英会話教室を運営してきた会社が行っているサービスもあるので、カリキュラムに関しては事前の下調べが重要となるだろう。ただし、今後もオンライン英会話の発展が見込まれており、カリキュラムは必然的に充実してくるはずだ。

 

子供向けのオンライン英会話の選び方

以上、子供向け英会話の比較のポイントを上げてきた。

オンライン英会話レッスンのメリットとデメリットをしっかり検討してから、お子様とご家庭に合った英会話レッスンを探してみよう。

 

レッスンの実際の進め方などは、説明よりも実際に体験して比較するのが一番だろう。ほとんどの所が体験レッスンを行っているので、決定する前にぜひ受講して、子どもが楽しめるレッスンを選ぼう。

レッスンで重要視していること、講師の質、料金、頻度、オンラインならではのサポート体制など、気になる点は事前にしっかり確認・比較しておこう。

 

これからは8つの子ども向けオンライン英会話スクールを紹介する。

レッスンや、講師、料金、サポート体制などに関して『そこならでは』という特徴を挙げてみた。

そういった特徴を踏まえて、どんな方におすすめかも合わせて紹介しているので、レッスンを選ぶ参考にしてみてほしい。

 

おすすめ子供向けオンライン英会話8選

リップルキッズパーク

レッスンの特徴

  • オンライン英会話の老舗のレアジョブが運営
  • スカイプによる子ども専門のオンライン英会話レッスンを日本で初めて開始したスクール。
  • レッスンは9段階にレベル分けされ、独自のレッスン方法を確立しているので、まったく英語を知らない子どもでも受講が可能だ。
  • 1レッスンは25分で、市販教材とオリジナル教材を併用している。英検コースや、英検二次試験対策(3級、準2級)も行っている。
  • 講師も子どもを教えることに特化して選び、しっかりと研修を行っている。

 

料金

入会金は無料で、週1回から5回までレッスンプランを選ぶことができ、料金はプランによって月謝3,065円から9,772円まで。

 

サポート

復習に役立つようにとレッスンレビューか毎回届いたり、先生にリクエストを伝えることのできるレッスン要望機能があったりと、サービスにも工夫している。

電話によるリアルタイムのサポートなど、スカイプでトラブルが起こった際のサポート体制も整っている。

 

こんな方におすすめ

オンライン英会話レッスンで不安なことの1つが、機械的なトラブルでレッスンが中断されてしまうこと。

その点、リップルキッズパークはオンライン英会話を専門に行ってきたということで、レッスン中に機械的なトラブルが発生したときのサポート体制がしっかりしているので安心感がある。

 

DMM英会話

レッスンの特徴

  • マンツーマンレッスンで、講師が子どものレベルや理解度、興味を考慮してレッスン内容を決定するので、子どものペースに合わせたレッスンが可能である。
  • 子ども向けレッスンを得意とする講師が多数おり、日本語が話せる講師も多いので、英語が話せない子どもでも安心して受講できる。
  • また、初めてで外国人講師だと不安という方は日本人講師を選ぶこともできる。レッスン以外にiKnow!という英語学習アプリも提供している。

 

料金

料金プランは3種類で25分レッスンを1日1回のプランから1日3回のプランまで選ぶことができ、料金は月5,980円から13,980円まで。

使用する教材はオリジナル教材も市販教材もすべて無料である。

 

こんな方におすすめ

1日に複数回レッスンを受講できる料金プランがあることが特徴的。

オンラインレッスンの場合1回のレッスンが25分と短めなので、朝夕1回ずつ受けさせたい、などレッスン回数を増やしたい方にはぴったりだ。

 

ECCオンラインレッスン

レッスンの特徴

  • 子ども英会話に長年携わってきた経験と独自のメソッドがあることがECCオンラインレッスンの強みだ。
  • 対象年齢は小学校1年から6年生まで。
  • 講師はECCの厳しい採用基準をクリアし、教えるスキルや子どもを楽しませる方法も身につけている。
  • レッスンで使用される教材には日常生活のシーンのイラストを盛り込んで、子ども達がイメージしやすいように工夫されている。
  • レッスンには、クイズなどゲーム的な要素も取り入れている。
  • 開講時間は曜日やネイティブ講師、フィリピン人講師によって異なるが、朝から深夜までと幅広い。

 

料金

フィリピン人講師とネイティブ講師でレッスン料金は異なるが、月に何回レッスンを受けるかも選ぶことができ、月3,000円から12,520円くらいまで。

 

こんな方におすすめ

オンライン英会話と聞くと最近始まったシステムという印象があり、指導方法や経営に不安を感じる方も少なくないと思う。

このECCオンラインレッスンなら、ECCとしての長い実績があるのでカリキュラムや講師に安心感を持てるだろう。

 

Sレッスン

レッスンの特徴

  • 東京の池袋と埼玉の川越にあるニッセイト英語専門教室が、スカイプを使用して子ども向けのオンライン英会話レッスンを行っているのが、このSレッスンである。
  • 実際の英会話教室での経験を踏まえたスカイプレッスンを行っており、文章で話すことと質問する練習に力を入れている。
  • もっとも一般的なレッスンが長期的なカリキュラムに基づくレギュラーコースで、発話量が増えるように工夫されており、レッスン時間は25分。
  • 年齢などによって細かくレベル分けがされている。
  • このほか、日本人講師が行うフォニックス学習のレッスンや、学校の英語試験、文法、英検、入試対策レッスン、英語学習メソッドmpiの公式研修を受けた講師によるレッスンや、おまかせコースなど、さまざまなレッスンを選択することができる。
  • また、英語学習カウンセラーがおり、スカイプなどで保護者からの学習相談にのり、アドバイスを行っている。

 

講師

講師は日本人とネイティブがおり、全員が教室で1年以上教えた経験のあるプロの講師である。

話す、聞く、読む、書くの英語4技能を教えるために、アメリカ、イギリス、オーストラリア人のネイティブ講師とバイリンガルの日本人講師がそれぞれの強みを活かしてレッスンを行っている。

 

料金

レッスンはポイントでの支払い制となっており、1円が1ポイント。講師によってレッスンを受講するポイントが異なる。

月額プランとスポットプランがあり、月額プランは月3,000円から。3,000円が3,100ポイントになる。

入会金は無料。希望講師の時間枠を優先的におさえるVIP予約優先券というシステムもある。基本教材のフラッシュカードなどは無料でダウンロードが可能だ。

 

こんな方におすすめ

日本人講師とネイティブ講師との連携や、日本人による学習カウンセリング、レッスンの幅広さなど、通学型の英会話教室の形態をそのままオンラインにした印象だ。

従来の英会話教室のようなサービスを希望するなら、こちらがおすすめ。

 

オンライン英会話Talking Time

レッスンの特徴

  • 学研が行っているオンライン英会話で、レッスンは25分間のマンツーマンレッスンである。
  • 歌やゲームを取り入れて、子どもが飽きない工夫をしている。
  • 陰山式という独自のレッスンで発話量を増やし、達成する目標を示すことによって子どもが達成感を味わい、やる気を持てるようにしている。
  • フレーズをそのまま覚えて繰り返し、さらには自分で考えて答えられるようなレッスンを行っている。
  • 4レッスンごとには確認のテストが行われる。
  • テキストは学研独自のもので、全3巻を終えたときには英検4級相当の英語力が身につくようになっている。
  • 希望すれば親子レッスンも可能だ。

 

講師

講師はフィリピン人で、英語教授法であるTESOLを講全員が取得している。子どもに教えるためのトレーニングも実施している。

 

料金

レッスン料金は月4回で月3,500円。毎日1回受け放題のプランなら月17,800円である。

 

こんな方におすすめ

オンライン英会話レッスンは通学型に比べるとまだ歴史が浅く、その分カリキュラムが不安な場合もある。

このTalking Timeは学研が運営しているので、学研がこれまで積み重ねてきたノウハウが活かされており、カリキュラムに独自の工夫が見られる。体系化されたカリキュラムを求める方におすすめ。

 

LEARNie(ラーニー)

レッスンの特徴

  • 小学生向けのオンライン英会話グループレッスンを行っている。
  • 講師はネイティブの日本人である。
  • 英語を楽しむということを大切にしてレッスンを行っているので、継続しやすい。
  • 英語がまったく分からない子どもでも受講することができる。
  • 各レベルで複数のクラスが開講されているので、都合に合うクラスを選ぶことができる。
  • レッスンは月曜日から金曜日は17時から21時まで。土日は10時から21時までレッスンが行われている。

 

料金

週1回60分の授業で授業料は月6,000円。入会金も教材費もかからない。

 

こんな方におすすめ

ほとんどの子ども向けオンライン英会話レッスンがマンツーマンなのに比べ、ここのレッスンはグループレッスンである。

子どもによってはマンツーマンレッスンが苦手という子もいるので、その場合は絶対にこちらがおすすめ。

一緒に学ぶ仲間がいること、ほかの子が英語を話しているのを聞いて学ぶ、などグループレッスンならではの良さをオンラインでも得ることができる。

 

ハッチリンクジュニア

レッスンの特徴

  • 対象年齢は3歳から15歳までで、スカイプを通じてレッスンを行っている。
  • 1レッスン25分のマンツーマンレッスンである。
  • レッスンは8段階にレベル分けされ、子どもに合わせたカリキュラムを提供しているので、英語初心者から受講可能だ。
  • レッスンではリスニング、ライティング、リーディング、スピーキングをまんべんなく学習する。
  • レッスンの予約は開始1時間前まで、キャンセルは2時間前まで可能だ。

 

講師

講師はフィリピンにあるHatchlink-Learning Centerに勤務するフィリピン人である。

採用率は約5%と厳しい基準を設けており、講師は子どもに教えることを専門としたトレーニングを受ける。幼児教育課程の修了者や小学校の教員も多い。

 

講師はオフィススクールからレッスンを行っており、高速光回線を導入しているので、安定したインターネット回線を確保している

担任制ではなく、スケジュールを確認して希望の講師を選ぶことができる。講師が変わっても、レッスン記録は引き継ぎが行われる。

 

料金

入会金は無料。プランは月4回から30回まで選ぶことができ、月謝は2,980円から12,00円まで。

オリジナル教材は無料。希望に応じて市販教材でのレッスンも可能だ。

 

こんな方におすすめ

オンライン英会話レッスンは低価格を実現するためにフィリピン人講師を採用している所が多い。

講師がそれぞれフィリピンから通信を行うことや、欧米からの講師でないことに不安に感じる保護者の方もいるかもしれない。

このハッチリンクジュニアは講師の質にこだわりが見られ、安定したインターネット回線のものでスクールからレッスンを行うなど、安心して受講できる仕組みが整えられている。

 

英会話のジオスが運営する【ジオスオンライン】

ジオスオンライン

レッスンの特徴

  • 実績のあるジオスのカリキュラムを使い、英語4技能をバランスよく教えている。
  • レッスン時間は1回25分で、4段階にレベル分けがされている。
  • 実際に使える英語力を身につけることが目標で、フォニックスの学習も行う。
  • 同じ表現が場面を変えて繰り返し出てくるスパイラルメソッドを用いているので、学習内容が定着しやすい。
  • また、ダイレクトメソッドという英語だけで行われるレッスンを実施しており、英語を英語のまま理解するよう指導している。
  • オリジナル教材を使用しており、子どもが興味のある内容を通じて国際理解やコミュニケーション能力を育てている。
  • テキストが終了すると実力診断テストを実施。
  • 上達のために日本人による無料カウンセリングを受けることもできる。
  • 外国人講師は厳しく選考を行い、研修も行われている。

 

料金

さまざまな料金プランがあり、週1回からの予約プランは月謝3,800円から、1日1レッスンの毎日プランは月13,800円である。
この他にもきょうだい毎日プラン、固定プランがあり、日数を選ぶことができる。

 

こんな方におすすめ

ジオスという長い実績と評判があるので、オンラインレッスンといえどもカリキュラムにこだわりが感じられる。しっかり英語を定着させたい、英語のみでレッスンを受けさせたい場合に向いている。

カウンセリングで学習のアドバイスも受けられるので、子どもの学習効果をきちんと感じたい方にはぴったりだろう。

 

この記事の著者:May先生

みなさん、こんにちは。Mayです。 これまでに、留学したり、独学で勉強して英検1級を取得したり、幼児英語教育に3年間携わったりしてきました。 英語はなかなか短期間で身につくものではありません。 でも自分に合った学習方法を見つけてどんどん上達していく人を、たくさん見てきました。 みなさんが英語をより楽しく身につけられるように、私の経験や知識をお伝えできればと思っています。

 

子ども英会話シリーズ

幼児・小学校入学前からの英会話 子供に合った学校を選ぼう!

幼児英語講師が厳選!大手英会話スクール8選|幼児・小学生向け

 

ねこ君
この記事が気に入ったら「👍いいね」ちょうだい!ありがとう!!
にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
ねこ君
にゃんこ先生をTwitterでフォローしよう!!英語学習・留学に役立つ情報が満載だ!!
   

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。