歌を使って、子供と一緒に英語表現を身に付ける方法

今回は、親子で無理なく楽しく英語表現を使えるようになるための、お手伝いができたらなと思います。

ここでは、歌を使った英語表現の身に付け方のコツを書いていきます。歌と言っても何でも良いわけではありません。例えば、日本人もよく知っている「きらきら星」や「愉快な牧場」(”Old MacDonald had a farm, E-I-E-I-O”という歌です)を歌えても、実際英会話で使えるかと言ったら難しいですよね。

ただ歌で覚えた英語表現は、リズムの中で発話しているので、無理なく日本人が苦手としている英語独特のアクセントも言えてしまえる、という利点があります。更に歌うことで親子で、楽しく英語を覚えることができます。

そこで、いくつかおすすめの歌を例に出し、一緒に子供たちが夢中になって口ずさめる方法を紹介したいと思います。

 

この記事の著者BOB先生

留学経験と児童英会話教室での講師経験を活かして、子供が英語を楽しく学べる環境作りや、接し方など紹介させて頂きます。

現在3人の子供の子育て中です。

聞き慣れない言葉 ”Nursery rhyme”

「Nursery rhyme」ナーサリーライムとは、いわゆる童謡のことです。またはマザーグースとも言います。日本でいうと、「犬のおまわりさん」や「ぞうさん」は有名ですね。もちろん、英語の童謡もあります。

「ロンドン橋落ちた」や「森のくまさん」など、日本で人気のある歌ももともとは英語の曲なんですよ。ただ、歌というのはやはり歌詞もポエムっぽいので、直訳したりはたまた日常会話で使ってみるのはなかなか難しいですよね。

ですが、実用的な話し言葉の入った歌を選んで、繰り返し定着させることで、楽しく英語表現を身に付けることができるのです。

 

歌の選び方

まずはママである自分が好きになれそうな曲探しです。

Youtubeで「英語 歌 子供」などと検索してみて下さい。英語の歌をかわいい動画でアップしている”PINKFONK“や”SuperSimple“がおすすめです。

リズムもママが聴いていて心地がいいものや、わが子が好きそうな曲調を選びましょう。そのためには、とりあえずBGM代わりに流し続けるのがいいですよ!「時間がない!」ってママのために、記事中にいつかおすすめの歌を紹介していくのでご安心を。

 

あと選ぶポイントとしては、短い指示語が入っているような歌や、絵本選びの時と同様、同じ表現が繰り返されている歌を選ぶといいと思います。

これらは、ママの問いかけの練習になり、習慣づけの良いきっかけになります。幼児にはリスニングの練習にもなります。

 

The Bath Song

例えば、”The Bath Song”というお風呂の曲。”Can you wash your hair?”「自分の髪の毛を洗えるかな?」というママの問いかけに対し、”I can wash my hair.”「洗えるよ。」と子供が返すやり取り調の歌となっています。そのままhairの部分がfeet足、face顔などに替わって進められます。

 

Do you like Broccoli Ice Cream

あと、”Do you like Broccoli Ice Cream?”という曲です。こちらも、”Do you like Brioccolies?”に対して、”Yes, I do.”で答えていくやり取りです。好きでないものには、”No, I don’t.”と答えるようにもなっています。

これは、簡単な文章ですのですぐ日常に取り入れられるいのではないでしょうか?そして、子供たちも単純な意味なので理解も早いです。食べ物などのバリエーションを増やして、スーパーなどでも問いかけてあげる練習にもなりますね。

 

参考記事

歌って踊って英語教育!幼児におすすめの英語ソング

歌う絵本で英語を育もう! 子供におすすめ絵本

 

歌の進め方と表現の練習

次に歌の進め方です。

やはり、ただ歌っているだけでは会話につなげていくのは難しいです。ママもどうやったら子供が言ってほしい部分を真似してくれるようになるか悩みますね。

なんとなく歌うのではなく、先ずは惹きつけどのように内容を理解させ、声に出してもらい実践につなげるのかポイントを押さえながら紹介していけたらと思います。

 

導入

これは、歌を始める前にどのような内容かを紹介、または想像してもらうのに必要だと思います。特に親子ともに聞き慣れない曲は親しみを持つために、ここをおろそかにするとまず興味を示してくれなくなります。どんな歌かな?と興味を注ぐ導入をしましょう。

 

How’s the Weather Song

例えば、”How’s the weather?”というお天気を聞くやり取りの歌があります。当然子供は、突然ママが”How’s the weather?~It’s sunny~”と楽しく歌ったところで意味はわかりません。

ですからここでは、まず窓の外を指さします。思い切って「今日のお天気はどうかな?」「晴れてるね。」などと日本語で聞きながら、腕を上げて大きな丸をつくり晴れのジェスチャーをしてみましょう。

 

リズムの取り方

ここでいうリズムとは、英語最大の特徴とも言える「アクセント」のことです。例えば、「私の名前は花子です。」と日本語で言う時は、特に強く読む部分もなくフラットな音となります。しかし、これを英語で言うと”My name is Hanako.”と、太字の部分を強く読むことになります。これがアクセントです。

ですから歌の中では、この太字部分で手を叩いたり、子供の肩などをポンポンっと触ってアクセントを意識させます。上記で紹介した”How’s the weather?”では、天気を聞くのはまずママのパートとなりますので、”It’s sunny.”と答える部分だけリズムをとってあげます。”It’s sunny.”のアクセントで”I”の部分で両手ガッツポーズのような動作でワンアクセント取ります。続けて”su”のところでまるっと腕を上げ、まるを作ります。この二動作で2か所のアクセントを意識します。

 

うまく繰り返してもらう方法

これもテンポよく、リズムよくやるのがコツです。決して同時に言わせてはいけません。よく聴かないでなんとなく真似していると、うまく発話できず子供もストレスを感じます。

まずは必ず「ママの後に真似してね。」と伝えます。それから、言って欲しいタイミングを合図します。ママ”It’s sunny,one two” 子供”It’s sunny. ”といった具合です。”one two…”とリズムをとってあげるだけで、言いやすくなります。

 

バリエーションを増やし、楽しんでもらう方法

子供は、同じような話や歌にも変化があった方がやる気が上がります。何より楽しめます。おなじみの曲の歌詞を変えて替え歌にしてしまう感じです。

まずは、言う順番を変えてみたり、兄弟で分けてみたりです。「sunnyはお兄ちゃんに言ってもらおうかな?cloudyは○○ちゃんに言ってもらおうかな?」とか、「ママと順番に言ってみようか?」といった感じです。

または、お天気のバリエーションを増やしてみても楽しいと思います。stormy(あらし)やbreezy(そよ風)など。

 

日常での定着のさせ方

何度か歌えば、子供は勝手に口ずさむようになっていることでしょう。そこを見逃さず、やり取りにしてあげることが大切です。

わが子が一人で難なく、一曲歌ってしまっているのも可愛いですが、それは結局歌を歌っているだけとなり、実際会話へ繋がっていきません。

ですから思い切って、リズムや音楽抜き話し言葉で”How’s the weather?”と聞いてみましょう。お風呂に入っているとき”Can you wash your hair?”と聞いてみて下さい。子供が小さければ歌のまま聞いてみてもいいと思います。

聞き慣れた歌にのってくれること間違いなしですよ。

 

まとめ

英語を日本で学ぶ上で大切にしたいのは、「英語を楽しむ」ということです。

親世代の私たちが英語に対して苦手意識を持っているのは、習い始めた頃からすでに「勉強」だったからだと思います。幼い時から、少しでもネイティブの子と同じように絵本や歌から英語を大好きなママと始められたら、「英語は楽しい!」と感じてくれるのではないかなと思います。

 

にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。FacebookTwitterから、最新情報を受け取る事が可能だよ。シェアもよろしくね。
 

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。