今日から始める漫画で英語リーディング!難易度別学習ガイド

ねこ君
リーディングって難しくてすぐ挫折しちゃう。
ねこ君
何かいい方法はないのかな?
にゃんこ先生
この前教えてあげた、英語翻訳された漫画を使った勉強法もダメだった?
ねこ君
実は漫画も試したけど挫折したんだ。。
にゃんこ先生
それはきっと、自分の英語レベルに合った漫画を選んでいないからだよ。
にゃんこ先生
まずは、今の自分に合った漫画を探してみよう!

漫画は英語学習の道具

日本の漫画は世界でも非常に有名で、海外でも翻訳されて多くの人に愛読されている。そして、これらの英語に翻訳された漫画は、リーディング学習にも使うことができる。

普通に洋書を読むよりも簡単で、内容も面白いものばかりなので、楽しみながらリーディング力をつけたいという人にオススメだ。

 

漫画には日常的に使われるカジュアルな表現も含まれており、普段の英語学習で学べない表現も学ぶことができるのが一つの特色でもある。

また、セリフが基本的に大文字なため、大文字で英語を読むことにも慣れることができるだろう。

 

全ての漫画が読みやすい訳ではない

英語を漫画で勉強すると聞くと、とても簡単で楽しそうな気がするが、実際は選ぶ漫画によって難易度が非常に高くなる場合もある。

洋書と同じで、選ぶ漫画を間違えてしまうと、語彙や文法のレベルが自分の英語能力に合わず、挫折の原因になってしまうこともあるのだ。

 

大事なのは、自分に合った漫画を選ぶこと。今回は、レベルごとにオススメの漫画ジャンルを紹介する。

 

初級編:中学卒業レベル

まず紹介するのは漫画の中でも比較的簡単なジャンルだ。例外もあるが、以下のジャンルに分類される漫画は、中学卒業レベルの英語がマスターできていれば楽しんで読めるはず。

 

少年漫画の王道:アクション・バトル漫画

「王道漫画」と言われるようなワンピースやドラゴンボールなどのアクション系漫画は、読みやすい場合が多い。

アクションシーンが多いため、長い文章を読み続けなければいけない、というようなことはない。語彙のレベルも比較的低いので、テンポ良く読み進めることができる。

リーディングに慣れていない時は、まずは英語の文章に慣れることが大切。まずはアクション・バトル系の漫画で、漫画を使ったリーディングに慣れていこう。

 

にゃんこ先生
簡単さでいえば、「ワンパンマン」がおすすめだ。

 

 

日常が舞台:恋愛漫画・少女漫画

恋愛系の漫画は、学校などの身近な場所が舞台のことがほとんどで、内容も主人公たちの「心情」を描く描写が多い。そのため、専門的な用語が使われることが少なく、少ない語彙力でも難なく読み進めることができる。

また、日常的に使うような表現が多く登場するため、日常会話の勉強にはとっておきだ。

加えて、海外の人と交際する時に使えるフレーズもたくさんあるはずなので、国際恋愛を目指している人には恋愛漫画は必見。

 

ねこ君
ニセコイとかアオハライドを試してみようかな。

 

 

中級編:高校中級レベル

次に紹介するのは英語レベルがある程度高くないとあまり楽しむことができないジャンルだ。高校中級レベル(英検準二級)ほどの英語力があれば、以下のジャンルの漫画は趣味として楽しんで読むことができるだろう。

 

専門性の高いバトルもの:スポーツ漫画

スポーツ漫画は、各スポーツについて技術面での解説などが入ることもあり、初級編で紹介したような漫画よりは語彙に専門性が増す。そのため、ある程度単語力がついた段階で挑戦することを推奨する。

しかし、同時に試合のシーンなど、セリフが少ないシーンも多く、話によっては気楽に読み進められるのもスポーツ漫画の特徴だ。

 

もちろん、扱われている特定のスポーツに関してある程度知識がある場合は、英語レベルが少し低くても挑戦してみていいかもしれない。

中には絵を見るだけで内容がわかるものもあるが、これは英語学習なので、しっかりと文章を飛ばさず読もう。

 

ねこ君
テニス漫画のベイビーステップなんかは説明が多くて少し難しめかも。

 

 

英語で笑う:ギャグ漫画

ギャグ漫画の面白みは笑えるということ。なんて当たり前のことを言ってるんだと思うかもしれないが、これは非常に大事なポイントだ。

いくら漫画とはいえ、もともと子どもから大人まで楽しめるように作られているため、内容は絵本のように簡単ではない。

そんな中、ギャグ漫画を笑いながら読むためには、一つ一つのギャグを理解できるだけの英語力が最低限必要。そのため、漫画で使われる語彙のレベル自体はそれほど高くはないが、ギャグ漫画を読むのはある程度英語力が上がってからにするのをオススメしたい。

 

にゃんこ先生
ギャグ漫画の中でも難しいものから簡単なものまで様々ある。
にゃんこ先生
「日常」などは非常に簡単で、中学卒業レベルでも十分楽しめそう。

 

 

上級編:高校卒業レベル

最後に紹介するのは、漫画の中でも最も英語面で難しいと思われる二つのジャンルだ。基本的には高校卒業レベル、またはそれ以上の英語力があれば読むことができるだろう。

 

語彙の専門性が高め:職業漫画

職業漫画は語彙のレベルが非常に高い場合があり、文章量も普通の漫画より比較的に多くなる。その中でも、医療系など、日本語でも理解が難しいような専門用語の多い漫画は、非常に高い英語力を要する。

自分の英語力に自身がない場合は、教師などの身近な職業ものから始めるのがいいだろう。

慣れてくれば、宇宙飛行士や料理人などの専門的な職業についての漫画も難なく読めるようになるはず。

 

ねこ君
漫画家が主人公の「バクマン。」は結構読み応えがあるなぁ。

 

 

より難解な内容に挑戦:サスペンス・ミステリー

サスペンスやミステリーは完全に内容がわかっていないと、物語の途中で迷子になってしまい面白くない。つまり、このような謎解き系の漫画を読む場合は、単語一つ一つを理解していることが大切だ。

この特徴は、他のどのジャンルの漫画とも決定的に異なる。一般的に漫画は絵がメインの場合もあるので、単語がいくつかわからなくても大体話の内容が理解できる。

しかし、ミステリーやサスペンスは、説明を文字に頼ることが多い。そのため、理解できなければ挫折するのも時間の問題だ。ある程度リーディングに自身が出てきてから挑戦するようにしよう。

 

にゃんこ先生
デスノートは分かれば非常に面白いし、海外でも大人気だからおすすめだ。

 

 

漫画を使った学習の注意点

さて、漫画を使った英語学習には注意点もある。

 

オリジナルと英語版の見比べは基本的にNG

漫画はもともと日本で描かれたものであり、英語に翻訳する段階で、文化の違いや語数の関係で、英語圏の読者にとってより読みやすいように文章の内容が変えられている場合がある。そのため、オリジナルの漫画を英語版の直訳として使用することはおすすめできない。

また、オリジナルの漫画を英語版と並行して読むことも避けてほしい。

リーディングする上で大切なのは、文章から内容を推測する力を鍛えること。実際に読んで見ると、語彙力があってもわからない文章があることもある。しかし、わからないからといって、すぐに元の日本語で書かれた漫画を読んでいては、実践的な英語力は身につかない。

 

楽しむことを意識

漫画を使った学習は一般的な英語学習法とは違い、あくまで趣味のようなものなので、「楽しみながら読む」という感覚を優先することが大切。

わからない言葉があっても、毎度辞書を引いて意味を確かめるのではなく、内容を予想しながらどんどん読み進めていこう。毎回辞書を引いていれば、そのことが挫折の原因になってしまう。

 

もし、辞書を引かなくては漫画が理解できない場合、その漫画は自分のレベルに合っていないと思われる。その場合、一旦その漫画は置いておき、その漫画より少しレベルの低そうな漫画に挑戦してみよう。

まずは自分に合った漫画を選んで、楽しく英語を学習していこう!

 

にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。FacebookTwitterから、最新情報を受け取る事が可能だよ。シェアもよろしくね。
 

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。