英語初心者のための東京オリンピック英会話対策講座 第1弾

ねこ君
東京オリンピックももうすぐだし、外人も日本にいっぱいくるよね。結構話しかけられることも多くなるんじゃないかなぁ。。
ねこ君
英語なんて喋ったこともないし、HelloとThank youぐらいしかとっさに出てこないよ。。
にゃんこ先生
けど、声をかけられたらちょっと親切にしたいし、コミュニケーションを取りたいのが日本人だよね。
にゃんこ先生
このシリーズでは、オリンピックでありそうなシチュエーションを英語ビギナーがどうやって乗り切るのかを紹介していく。
にゃんこ先生
今日は、英語で声をかけられた時の受け答えを学ぼう!

いよいよ2020年に東京オリンピックが開催され、たくさんの外国人が来日すると見込まれてるが、海外の人と交流する準備はできているだろうか。オリンピックの前後では、多くの外国人が東京以外の都市や地域に来ることも予想されるため、まだ余裕のある今のうちに英語を勉強し、しっかり対策しておくことが望ましい。

今回から始まる『英語初心者のための東京オリンピック英会話対策講座』では、英語が全然ダメという人でも外国人の対応に困らないために、オリンピックでのあらゆるシチュエーションを想定して、英会話のあれこれを紹介する。

今回の講座:外国人に声をかけられたときの対応

今回の講座で学んでいくのは、外国人に声をかけられたときの対応についてだ。オリンピック期間には、外国人に道を聞かれたりすることも増えるだろう。そんなときに、焦って何もできないというようなことが無いよう、まずは基本的な英語での受け答えを学んでいこう。

 

ステップ1:声のかけられ方を知る

まずは、声のかけられ方から学んでいこう。ここでは主な例を紹介する。

 

第一声はほぼ “Excuse me?” か “Hi”

海外の人が日本人に声をかける際、ほとんどの場合 “Excuse me?” か “Hi” と言って会話を始める。 “Excuse me?” は「すみません」という意味で使われ、返答する際には “Yes?” と言うのが自然で好ましい。”Hi” は「どうも」というような軽い挨拶であり、同じように “Hi” と返すのが一般的だ。この他にも、”Hey” というような、よりくだけた挨拶をする人もいるかもしれないが、その場合でも “Hi” と答えておけば無難だろう。

ちなみに、 “Excuse me?” と “Hi” に関しては、自分から外国人に声をかける際にも役立つ。覚えておこう。

 

外国人
Hi
ねこ君
は、はハイ!

 

ステップ2:質問を聞き取る

次に学ぶのは、質問を聞き取るコツだ。いざ英語で質問を聞かれると焦ってしまうかもしれないが、まず以下のことを覚えておけば、なんとなくでも相手の質問内容が掴めるだろう。

 

疑問詞をしっかりと聞き取る

疑問詞は、質問の内容を理解する上で最もわかりやすいキーワードとなる。疑問詞とは、”What”、”Why”、 “How”  などの疑問を表す単語であり、多くの質問ではこれらが文の冒頭に来る。

現時点で知っておくべき疑問詞は “What(なに?)”、 “When(いつ?)” 、 “Where(どこ?)”、 “Which(どれ?)”、 “Why(なぜ?)”、 “How(どうやって?)” の6つだ。特に、 “When” や  “Where” などを含む質問は、 “When” なら時間に関する質問、 “Where” なら場所に関する質問だということが分かるので、他のいくつかの単語が聞き取れれば、大体の内容を察することができる。

ただし、 “What” や  “How” で始まる質問に関しては、それだけでは内容が推測しにくいため、少し難易度が高くなる。 “What” なら「何か」について知りたい文章を、 “How” なら「どうのように」もしくは「どのように」が文頭に来る文章を想定し、他の単語をいくつか聞き取ることに集中しよう。

 

ねこ君
声かけられたら最初に超集中だな。。

 

疑問詞の無い質問

疑問文には、疑問詞を用いないものもある。一つは一般動詞を使う疑問文で、 “Do” や  “Does” で始まる。例としては、 “Do you know Kosuke Kitajima?(北島康介って知ってる?)”  というような質問で、「はい(Yes)」か「いいえ(No)」で答えれば良い。

もう一つは “is” などのBe動詞を使った疑問文で、こちらも「はい」か「いいえ」で答える内容となっている。 “Are you Kosuke Kitajima?(あなたは北島康介なの?)” といった風に使われ、Be動詞の後に続く単語(例文の場合 “you” と “Kosuke Kitajima”)が「=(イコール)」で結べるかどうかを聞いているだけなので、答えるのは比較的簡単だ。

 

外国人
Do you know Kosuke Kitajima?
ねこ君
い、イエス!

 

ステップ3:質問がわからない時の対処法

上記のことを理解していても、いざ質問をされると聞き取れずに終わってしまうこともある。ここからは、そんなときの対処法を3つ紹介する。

 

理解できていないという意思表示をする

相手の質問が聞き取れなかったときに重要なのは、自分が理解できていないということを相手に伝えること。まずは英語で「何を言っているのか理解できていません」と言えるようになろう。この意味に該当するフレーズはいくつかあるが、その中でも使いやすい二つを紹介する。

まず一つ目は、シンプルな “I don’t understand” だ。直訳で「理解できません」という意味になるが、簡潔でわかりやすいので使い勝手が良い。

二つ目は、 “I don’t get it” という表現で、同じく「理解できません」という意味を持つ。これも学校で習う表現だが、日常会話でも良く使われるので覚えておこう。

この二つのフレーズに言えることだが、冒頭に “I’m sorry” を付けると丁寧になるので、できるだけ付けるようにしよう。

 

外国人
○!※□◇#△! ◎△$♪×¥●&%#?! Okay??
ねこ君
I don’t get it!!

 

質問を聞き返す

質問の聞き返し方として、学校では “Pardon?” という表現を習ったのではないだろうか。実はこの表現は、「失礼します」というような非常に改まった言い方であり、日常的にはそれほど使われない。

今後はより自然な聞き返し方として、 “Pardon?” の代わりに “Excuse me?” や “Sorry?” を使おう。このどちらも、 “Pardon?” とほとんど同じ使い方ができるので、今まで “Pardon” を使っていたという人でも難なく使うことができる。ちなみにその意味は「すみません」や「ごめん」に当たるのだが、意訳としてはそれぞれ「すみません、もう一度お願いします」や「ごめん、もう一回お願い」という形になる。実際に使うときは、語尾を上げること忘れずに。

 

これに加えて、実際に「もう一度言ってください」という意味を持ったフレーズも紹介する。まず、フォーマルな表現として、 “Could you say that again?” がある。日本語訳は「もう一度言ってもらえませんか?」だ。冒頭に “I’m sorry” などを付けるとより丁寧になる。

カジュアルな表現としては、 “What did you say?” がある。こちらは「何て言ったの?」という風なよりくだけた言い方だが、相手が親しげに話しかけてきた場合は、このフレーズを使っても差し支えないだろう。

 

外国人
○!※Tokyo◎△$♪×¥restaurant●&%#?? 
ねこ君
Sorry? Could you say that again?

 

ゆっくり言い直してもらう

聞き取れなかったときは、ゆっくり言ってもらうのも一つの手だ。「もう少しゆっくり言ってもらっても良いですか?」という言い方だと、 “Could you speak more slowly?” となる。基本的にはこのフレーズ一本を知っていれば問題ないが、この前後どちらかに “please” を付けるとより丁寧な表現になり、一層良い。

 

外国人
How◎△$♪×¥●Station&%#?
ねこ君
Could you speak more slowly please?

 

声をかけられたら焦らず落ち着いて

ここまで様々な対応の仕方を紹介してきたが、最も大事なのは、声をかけられたときに落ち着いて対応することだ。焦ってしまっては、せっかく覚えたことも実戦で生かすことができない。今回紹介したことを覚えていれば、大きな失敗をしてしまうことも無いはずなので、外国人に声をかけられても怖がらずに自信を持って対応しよう。

 

にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。FacebookTwitterから、最新情報を受け取る事が可能だよ。シェアもよろしくね。
 

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。