【図解】英語の子音24個の発音のコツを全部解説!【動画で学ぶ】

英語の発音は、口の形舌の位置で決まってくる。

今日から、発音の理論を知るシリーズとして、 BBCの動画を利用して、発音記号の読み方を何回かに分けて解説したい。

本日のお題は、子音

動画を再生しながら、練習ワードをマスターしよう。

英語の子音の発音のコツ学ぶ

TH(voiceless)

理論

発音記号:θ

スペル:th

舌の先上の歯下の歯の間に挟む

:力入れない

:続けて出す

Voiceなし

 

練習ワード

thin

throw

thumb

author

healthy

birth

path

 

混同しやすい発音

F、S、T

 

TH(voiced)

理論

発音記号:ð

スペル:th、the

舌の先上の歯下の歯の間に挟む

:力入れない

:続けて出す

Voiceあり

 

練習ワード

then

this

there

that

others

smooth

 

混同しやすい発音

Z、D、S、T

 

にゃんこ先生
同じスペルのthでも、2つの発音がある。
にゃんこ先生
2つとも、口の形と舌の位置は同じで、歯と歯の間にベロを挟むのがコツ。voiceがあるかどうかの違い。
にゃんこ先生
THのvoiceがあるかどうかは、日本語でいうと濁点(“)みたいなものなんだけど、説明が難しい。
にゃんこ先生
さとざ、ぱとばみたいなもの。これだけは動画をみてなんとなく理解してほしい。

 

L

理論

発音記号:l

スペル:l、ll、le

舌の先を上の前歯の裏つける

:力入れない

:続けて出す

 

練習ワード

light

valley

bell

level

light

led

 

混同しやすい発音

R、W

 

にゃんこ先生
RとLは混同しやすいけど、実はLは超簡単。
にゃんこ先生
Lを発音するとき、舌を上の歯の裏にくっつけろ。以上。

 

R

理論

発音記号:r

スペル:r、rr、rh、wr

くるっと上に曲げる(下図参照)

:イメージは口を少し開けたアヒル口、筋肉使う

:続けて出す

 

練習ワード

right

wrong

sorry

arrange

royal

 

混同しやすい発音

W、L

 

にゃんこ先生
Rは、図の通り巻き舌を意識。
にゃんこ先生
口の形は動画も見てね。楕円になってるよ。
にゃんこ先生
あひる口の、口をちょっと開いているバージョンで伝わらないかな?

 

P

理論

発音記号:p

スペル:p、pp

:何もしない

:一回口を閉じて、息を一気に出す

:止める

Voice : なし

 

練習ワード

pack
pan
copy
happen
hop
pop

 

混同しやすい発音

B

 

にゃんこ先生
Pは簡単。
にゃんこ先生
一回口を閉じて息を勢いよく吐きながら、「PA!!」って言う。
にゃんこ先生
PとBは、口の形は一緒だよ。

 

B

理論

発音記号:b

スペル:b、bb

:何もしない

:一回口を閉じて、息を一気に出す

:止める

Voice : あり

 

練習ワード

back
bag
hobby
habit
job
bob

 

混同しやすい発音

V、P

 

にゃんこ先生
Bの発音は簡単。
にゃんこ先生
一回口を閉じて、息を勢いよく吐きながら、「BA!!」って言う。
にゃんこ先生
PとBの、口の形は一緒だよ。

 

F

理論

発音記号:f

スペル:f、ff、ph、gh

:力入れない

上の歯下唇噛む

(出典:teachingtruffles.comより)

:続けて出す

Voiceなし

 

発音練習ワード

fat

coffee

rough

fluff

fan

leaf

混同しやすい発音

P、H

 

V

理論

発音記号:v

スペル:v、f

:力入れない

上の歯下唇噛む

(出典:teachingtruffles.comより)

:続けて出す

Voiceあり

 

練習ワード

very

heavy

move

verve

vault

believe

live

混同しやすい発音

B、F

 

にゃんこ先生
VとFは、口の形と舌の位置は同じなんだけど、voiceがあるかどうかだけ違う。
にゃんこ先生
voiceがあるかどうかは、日本語でいうと濁点(“)みたいなものなんだけど、説明が難しい。
にゃんこ先生
ふとぶ、ぱとばみたいなもの。これは動画をみてなんとなく理解してほしい。

 

S

理論

発音記号:s

スペル:s、ss、sc、c、ce、ps

舌の先上の前歯の裏に持ってくる。(歯にギリギリくっつけない。)

:力入れないで少しだけ開ける

:続けて出す

Voiceなし

 

練習ワード

soon

mister

hiss

cease

hiss

course

place

gross

 

混同しやすい発音

Z

 

Z

理論

発音記号:z

スペル:z、zz、ss、s、sth、x

舌の先上の前歯の裏に持ってくる。(歯にギリギリくっつけない。)

:力入れないで少しだけ開ける

:続けて出す

Voiceなし

 

練習ワード

zero

music

buzz

roses

buzz

rise

 

混同しやすい発音

S

 

にゃんこ先生
SとZは口の形、舌の位置は一緒。voiceがあるかどうかだけの違い。
にゃんこ先生
舌を上の歯にギリギリくっつけないところがコツ。

 

T

理論

発音記号:t

スペル:t、ed、ght、th、tt、tw

舌の先上の前歯くっつける

:力入れないで少し開ける

:止める

Voice : なし

 

練習ワード

tin

button

get

tight

tin

to

 

混同しやすい発音

D

 

D

理論

発音記号:d

スペル:d、dd

舌の先上の前歯くっつける

:力入れないで少し開ける

:止める

Voice : あり

 

練習ワード

dame

ladder

odd

did

dame

doom

 

混同しやすい発音

T

 

にゃんこ先生
DとTも口の形と舌の位置は一緒。voiceがあるかどうかの違い。
にゃんこ先生
舌の先をを上の前歯に軽くくっつけることを意識すれば大丈夫。

 

W

理論

発音記号:w

スペル:w、o、wh

:上にも下にもつけない。

キス

:続けて出す

 

練習ワード

wet

one

when

beware

quick

queen

混同しやすい発音

R

 

にゃんこ先生
Wはキスと覚えよう。口をキスの形にすることを恥ずかしがらないで。
にゃんこ先生
キスをするときの舌は、まぁ落ち着ちつかせてれば大丈夫。

 

M

理論

発音記号:m

スペル:m、mm、mb、gm、mn

:力入れない

閉じる

:鼻から出す

 

練習ワード

more

hammer

sum

mime

sum

rum

混同しやすい発音

N、NG

 

にゃんこ先生
Mは、口を閉じて「ムー」って言う感じ。カタカナは使いたくないけど。

 

N

理論

発音記号:n

スペル:n、nn、kn、pn、gn

舌の先上の前歯の裏につける。

:力入れないで少しだけ開ける

:鼻から出す

 

練習ワード

nice

funny

son

none

son

pin

 

混同しやすい発音

なし

 

にゃんこ先生
Nは意識しないでもできることが多いと思う。
にゃんこ先生
舌の位置にだけ気をつけよう。

 

NG

理論

発音記号:ŋ

スペル:ng、ngue

舌の先下の前歯の裏につける

:力入れないで少しだけ開ける

:鼻から出す

 

練習ワード

rung

anger

rung

tongue

wing

 

混同しやすい発音

N

 

にゃんこ先生
学校で~ingってイングって習わなかった?あれって嘘なんだよ。グっていらないの。カタカタ使いたくないけど。
にゃんこ先生
nとngの違いは、舌を上の歯の裏につけるか、下の歯の裏につけるかっていうこと。

 

CH

理論

発音記号:tʃ

スペル:ch、tch、t

:力入れない

:丸めて少し開ける(タコをイメージ)

:止める

Voice : なし

 

練習ワード

choke

teacher

match

church

choke

chunk

 

混同しやすい発音

SH

にゃんこ先生
Wとまでは行かないけど、CHを発音するとき、口を開けたキス、あるいはタコをイメージするのがコツかな。

 

J

理論

発音記号:dʒ

スペル:j、dge、g、gg、dge

:力入れない

:丸めて少し開ける(タコをイメージ)

:止める

Voice : あり

 

練習ワード

joke

lodger

bridge

judge

junk

 

混同しやすい発音

J、D

 

にゃんこ先生
CHとJは、口の形と舌の位置が一緒。voiceがあるかどうかの違い。
にゃんこ先生
口をすぼめて丸くすることを忘れなければ大丈夫。

 

K

理論

発音記号:k

スペル:k、c、ck

:舌を口の上側に軽く寄せてから通常の位置に戻す

web.cn.eduより引用

:力入れないで少しだけ開ける

:止める

Voice : なし

 

練習ワード

came

lucky

sick

clock

came

back

cage

混同しやすい発音

g

 

にゃんこ先生
Kは、日本人はそこまで苦労しないと思う。
にゃんこ先生
舌の位置を言葉で説明しようとすると難しそうだけど、音は大丈夫でしょう。

 

G

理論

発音記号:g

スペル:g、gg、gue

:舌を口の上側に寄せてから通常の位置に戻す

web.cn.eduより引用

:力入れないで少しだけ開ける

:止める

Voice : あり

 

練習ワード

glue

struggle

bag

gig

glue

ghost

log

混同しやすい発音

K

 

にゃんこ先生
GはKの兄弟。違いは、voiceがあるかないかの違いだけ。
にゃんこ先生
Gは、Kと口や舌の位置は全部一緒だよ。

 

H

理論

発音記号:h

スペル:h、wh

:何もしない

:力入れないで少しだけ開ける

:続けて出す

 

練習ワード

hear

hot

hello

ahead

height

hedge

 

混同しやすい発音

なし

 

にゃんこ先生
Hは難しくないんだけど、すっごく聞き取りづらい。
にゃんこ先生
ちょっと息を吐くぐらいのイメージ。

 

SH

理論

発音記号:ʃ

スペル:sh、ch、s、ss、ti

上の歯近くに置くが、歯にはつけない

Wasabiより引用

:丸める

:続けて出す

Voice : なし

 

練習ワード

ship

sure

nation

fish

shush

ship

 

混同しやすい発音

S、 CH

 

にゃんこ先生
Sheとseeって最初は意外と混乱するんだよね。
にゃんこ先生
SHとSの違いは口と舌だから、動画を見ながら研究して見てね。

 

ZH

理論

発音記号:ʒ

スペル:s、g

上の歯近くに置くが、歯にはつけない

Wasabiより引用

:丸める

:続けて出す

Voice : あり

 

練習ワード

leisure

pleasure

vision

beige

 

混同しやすい発音

SH、J

 

にゃんこ先生
SHとCHは、口の形と舌の位置は一緒。voiceがあるかどうかの違い。
にゃんこ先生
SHとCH、ZHとJは違いがわかりづらいから、音と舌の位置をよく比較して。
にゃんこ先生
イメージ的には、ZHはSH+Jの感じ。

 

Y

理論

発音記号:j

スペル:y、u、e

:舌は口の中で上にあげる前歯にはつけない

Wasabiより引用

:ほとんど閉じる(わずかに開ける)

:続けて出す

 

練習ワード

yet

use

yellow

useful

beauty

few

 

混同しやすい発音

W、L、J

にゃんこ先生
これ、発音記号はjなんだけど、発音はyなんだよね。
にゃんこ先生
Yは厳密に意識しなくても、なんとなくできちゃう人が多いかもしれない。

 

発音記号を学ぶシリーズ

にゃんこ先生
母音の発音は下記にまとめたよ!

英語の母音10個の発音のコツを徹底解説!

 

理論を実践

理論を学んだだけでは、発音は上達しない。

スポーツや楽器と同様、反復的な練習を通じて無意識のうちに体が動くようにしなければならない。

練習方法はこちらのページを参照してほしい。

英語の発音を学ぶおすすめ参考書・練習法 〜カタカナ英語の脱出〜

 

発音練習アプリ

にゃんこ先生
このアプリは発音のチェックに使いやすい。無料でも結構使えるから試してみてね。

英語の発音練習・チェックに使えるおすすめ無料アプリ”発音博士”

 

ねこ君
この記事が気に入ったら「👍いいね」ちょうだい!ありがとう!!
にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
ねこ君
にゃんこ先生をTwitterでフォローしよう!!英語学習・留学に役立つ情報が満載だ!!
   

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。