あなたもできるIELTS Speaking 7.0+対策パッケージ 生徒募集中!

ielts speaking online-school

日本人にとって一番苦手なセクション:スピーキング

対策方法は二つしかありません。

  • 純粋なスピーキング力を伸ばすこと
  • 各パートの回答戦略を熟知し、事前にある程度答えを用意しておくこと

知らない人も多いですが、IELTSのスピーキングセクションには、決まった問題プールがあり、4ヶ月に一回更新されます。

より効率よく準備対策を進め、スコアアップを目指すべく、IELTS Speaking 7.0+ のサービスをローチしました!

IELTS Speaking 7.0+ オンライン講座の特徴

  • 95%当たるPart 1, 2問題プール完全収録
  • 140ページ以上のオリジナル高得点回答例
  • 個別にスピーキング練習のフィードバック指導
  • IELTS 8.0講師+ネイティブ英語博士 (PhD in English)が模範解答を担当

 

95%当たるPart 1, 2問題プール完全版

IELTSのスピーキングの問題プールは年に3回更新され、1~4月、5~8月、9~12月のそれぞれの期間で同じ問題が使われます。

1月、5月、9月に、各関連機関や世界中の受験生が共有したSpeaking問題を毎日集め、完全に収録・整理した問題プールを収録。IELTSスピーキング試験の本番のPart 1とPart 2で聞かれる問題を全てカバーします。

さらに、Part 2に基づいて試験官個人で出題されるPart 3の想定問題もおまけに差し上げます。ネイティブ目線でPart 2の延長線上に聞かれるであろう数多くの問題と回答のポイントを収録し、ブレインストーミングの手助けにもなります。

 

140ページ以上のオリジナル高得点回答例

ご存知のように、IELTS Speakingの採点は「Fluency and Coherence (流暢さと内容の一貫性)」「Lexical Resource (語彙力)」、「Grammatical Range and accuracy (文法知識と正確さ)」、「Pronunciation (発音)」という四つの基準があります。

私たちのオリジナル回答例(Part 1 & 2)は、「内容の一貫性」「語彙力」「文法知識と正確さ」において8.0の採点基準に準じて作成しております。

「発音」と回答の「流暢さ」は受験者の皆様次第になりますが、私たちの回答戦略と回答例に沿って準備しておけば、「発音」と「流暢さ」で若干減点されても7.0の取得は確保できるはずです。

出典:IELTS Speaking Band Descriptors

 

個別にスピーキング練習のフィードバックと指導

毎週一回、最新の問題プールから講師が宿題(Part1、2、3一問ずつ)を出題します。提出期限までに回答の録音を提出することで、講師より指導・改善のフィードバックがもらえます。

 

IELTS 8.0講師+ネイティブの英語博士が担当

Chaoyi (チャオイー): 中国人。アメリカでマーケティング修士号とMBAを取得。Forté Foundation奨学金獲得者。IELTS 8.0 (Speaking最高点7.5)、TOEFL 107

Olivia (オリビア): アメリカ人。ワシントン大学 (University of Washington)で英文博士(Ph.D. in English)を取得し、同大学でESLの講師を8年間経験、第二外国語として英語を学ぶ学生にライティングとスピーキングを教授。

 

サービス内容

  • IELTS Speaking 7.0対策講義:1時間(ビデオ)
  • Part 1の問題プール完全版+模範解答:38トピック244問(PDF)
  • Part 2の問題プール完全版+模範解答:52トピック20ストーリー(PDF)
  • Part 3予想問題:51トピック270問(PDF)
  • スピーキング回答練習指導:5回/期(メール)

サンプル

2020年第一期(2−4月)の資料より抜粋。

Part 1

Part 2

 

 

Part 3(おまけ)

 

 

 

下記は受講される方々のみご覧いただける内容となります。

IELTS Speaking 7.0+対策講義ビデオ

採点基準と各パートの回答戦略を解説します。(言語:英語)

講義資料のダウンロードはこちらからとなります。

 

問題プール完全版及び回答例

メールにてご送付します。

 

スピーキング練習指導

  • 1回の練習にあたって、Part 1, Part 2, Part 3からそれぞれ1問を選び、作成してください。
  • 提出方法は、録音でも文字(スクリプト)でも構いません。
  • 講師より72時間以内にフィードバックいたします。

 

受講料

3万円(税込)/1期、5万円(税込)/2期

※第一期:2-4月、第二期:6-8月、第三期:10-12月のIELTS本試験に適用されます。1月、5月、9月はコンテンツ作成の期間となり、問題プールと回答例はご提供できません。

【受講料改定のお知らせ】
この度運営者が日本へ帰国するため、税制上の関係で、8月1日より受講料に消費税分の10%が上乗せられることになること、予めご了承いただければと思います。2020年7月31日(金)までにお申し込みいただく場合、現時点表示されている金額が適用されます

 

こういう方におすすめ

  • 目標点の達成のためスピーキングで7.0(少なくとも6.5)を超えたい
  • その場でアイディアが浮かばない
  • 独学(予備校)で勉強しているけどスコアが一向に上がらない
  • 短期間でスピーキングのスコアをアップしたい
  • スピーキング練習にフィードバックが欲しい

 

期待される効果

  • 「内容の一貫性」「語彙力」「文法知識と正確さ」を強化し、4ヶ月、又は8ヶ月でスピーキング7.0を目指す
  • 効果は元々の英語力、個人の努力によります

 

クラスへの申し込み

下記リンクより申込手続きをお願いいたします。

 

 

よくあるQ&A

問題プールと回答例の資料はどう活用すれば良いの?回答例をそのまま暗記しても良いの?

本試験で暗記した本回答例のをそのまま復唱してはいけません。必ずご自身の答えを用意してください。

本回答例の目的は、受験者がIELTSスピーキングセクションで高得点を取れるように、レベルの高いフレーズや構文、自然な表現等を蓄積、採点基準を理解し、思考回路を広げることです。

本回答例は多くの受験生に利用されていますので、全員が回答例を暗記して使うと、本試験で似ているような答えが複数出てきます。試験官があなたの回答を疑い、レビュー審査に提出した場合、スコアが無効になる可能性があります。

そのため、回答例をそのまま暗記することはお控えください。

 

なぜ100%当たるのではなく、95%なの?

Part1、Part2の問題プールは1月、5月、9月に更新され、1-4月、5-8月、9-12月で同じ問題が使われます。

それぞれのシーズンの終わりの1週間程度では、次の期の問題に少しずつ入れ替えが行われるため、95%としております。

それ以外の期間は100%当たるとお考えください。

 

どうやって自分の答えを作れば良いの?

回答例にある高得点に繋がるフレーズと自然な英語表現を書きとめ、ご自身のストーリーで書き直すことがおすすめです。

例えば、 回答例では、サッカーが好きだということであれば、同様の表現や言葉遣いを使って、 野球や水泳などに書き換えたり、友人と一緒に食事するのが楽しいという答えを、図書館で本を読むことが楽しいというように書き換えることができます。このように回答例をアレンジしながらご自身の回答を作っていきましょう。

内容の真偽は採点対象ではないため、ご自身の経験ではなくても構いません。

回答作りのポイントについてはビデオの中でも詳細をご説明しております。

 

なんでPart 2の52トピックに対して、20ストーリしかないの?

IELTSのPart 2では、全てのトピックカードに一つ一つのストーリを用意する必要がありません。いくつかのトピックに使い回せるようなストーリを用意して臨機応変に対応することで暗記量が減ります。

もともと出題される問題がわかっているので、あるストーリーをどの問題に適応するかについては事前に考えておきましょう。

 

IELTS Speakingのスコアは4.5だけど、本講座の受講は可能なの?

この講座や資料を下記のように活用していただければ、4.5→6.0を目指すことは可能ではないかと思います。

  1. 問題プールと模範解答を読み、知らない単語や表現・文法の使い方を調べて覚える。
  2. 模範解答を真似して一貫性のある回答を作り、ある程度暗記する。回答の作り方はビデオも視聴する。
  3. 毎日オンライン英会話等でスピーキング練習をし、流暢さと発音を向上する
  4. 週一回宿題を提出し、講師のフィードバックに基づいて、採点基準になる4項目(上記太字)を改善していく

効果に関しては結局、日頃の練習と努力に大きく左右されますので、この対策パッケージは皆様の努力を正しい方向に導き、その努力の結果を最大化するためのツールと考えていただければ幸いです。

 

発音と流暢さも採点対象になるけど、発音改善のためおすすめのリソースはある?

発音の練習に関して、下記の動画がおすすめです。

シャドーイングを通じてスピーキングの流暢さを向上するビデオ:

発音に関して、Lisaという、大手企業の外国人社員やハリウッドの外国籍俳優に発音や英語の指導をしてきた専門家のチャネル(Accurate English)はおすすめです。

また、一人で練習すると、間違っても気づかないことがあるので、毎日、少なくとも週3回以上のオンライン英会話を(可能であればネイティブスピーカーと)行うことがおすすめです。

オンライン英会話については、こちらの記事(オンライン英会話25社徹底比較)をご参考ください。

 

お問合せ先

  • コース内容のご質問
  • 学習のご相談
  • その他お問い合わせ

など、お気軽に下記よりご連絡ください。

 

ねこ君
この記事が気に入ったら「👍いいね」ちょうだい!ありがとう!!
にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
ねこ君
にゃんこ先生をTwitterでフォローしよう!!英語学習・留学に役立つ情報が満載だ!!
   

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。