タダで留学!?海外有名大学の無料オンライン英語講座 ベスト10

ねこ君
英語全くできなけど、留学したい。語学留学でもいいから海外行ってみたい。英語をできるようにしたい!!
ねこ君
けど、語学留学はお金もかかるし、バイトしてもそんなに貯めることできない・・。英会話教室だって安くはないし・・。
にゃんこ先生
お金の問題で英語を諦めるのは絶対ダメ。
にゃんこ先生
今すぐに海外に行くことはできないかもしれないけど、語学留学するのと同レベル、あるいはそれ以上のクオリティの英語クラスをインターネットで無料で受講することができるんだよ。
にゃんこ先生
アメリカのMITやイギリスのケンブリッジ大学の英語クラスを受けたいか!?

MOOCとは

今の時代、インターネットさえあれば、誰でもどこでも有名大学のクラスが受けられる。そうしたクラスはMOOC “Massive Open Online Course”として知られている。

こうしたオンラインコースは、「誰でもどこでも制限なくハイクオリティの教育を受ける環境を作ること」を目的に作られており、インターネットさえあればどこからでもアクセスできる。クラスルームの人数制限や立地の制限がなく、非常に多くの生徒を許容できることから、”massive”(とても大きい)と呼ばれている。

多くの世界の名門大学が、誰もが楽しめるような、無料かつ質の高いMOOCを提供している。今日は、そんなMOOCの中から、おすすめのコースをいくつか紹介したい。

 

にゃんこ先生
MOOCには、歴史やビジネス等の大学の授業をベースにしているものもある。今日は、英語学習のコースに限って紹介するよ。

 

MOOCを始める前に知ってほしい7つのこと

  1. ほとんどのコースが無料。しかし、コースの中には有料なものや、証明書発行のためにお金がかかる場合がある。
  2. 一般的に、MOOCは質の高い教育コンテンツを低価格で提供している。
  3. MOOCは多くの場合、ビデオやプレゼンテーションが含まれている。
  4. MOOCの大部分は、自習型であり、生徒が始めるタイミングや休憩時間、ペース配分を決めることができる。
  5. MOOCでは、途中でクラスを辞めてしまう人が多いのが現状で、ほとんどの生徒がコースを終えられない。MOOCは自分から進んで学習をすることができる人に向いている。
  6. きちんとコースに参加するためには、コンピュータスキルも必要である。
  7. ほとんどの場合、MOOCは大学の公式単位や認証取得には使えない。

 

英語のMOOCの4つの成功の秘訣

オンライン学習は誰にでも向いている訳ではない。MOOCの多くは自習型なので、途中で投げ出してしまう人が多いのは事実である。そこで、コースの選び方と時間をどう使ったらいいかのコツを紹介したい。

 

  • 学習する曜日と時間を設定する。オンラインコースに登録したら、自分の一貫したスケジュールを組むことが大事である。勉強する曜日と時間を書き、カレンダーにきちんと加えよう。
ねこ君
確かに、時間が空いたらクラスを受けようと思っていると、なかなかクラスを受ける気にもならないよね。人間強制されないとなかなか重い腰が上がらない・・(おれ猫だけど)。よし、毎週日曜日の10時に受けようかなぁ。

 

  • まずは基本から始めること。お金のかからない、1週間に1ー2時間程度の最低限の学習時間のコースを選ぼう。オンライン学習が自分に合っているかどうか試してみよう。
ねこ君
そりゃそうだ、MOOCは無料なのがメリットだから、無料で負荷が少ないクラスから初めて、まずは1ヶ月続けて見ることが重要だよね。

 

  • グループディスカッションに参加すること。MOOCの多くでは、グループディスカッションや討論がコースの重要なパートとなっている。義務ではなくても、グループディスカッションに積極的に参加することで、同じく英語を勉強する友達ができるかもしれない。
ねこ君
ライティングが苦手だからディスカッションに参加するのを躊躇しがちだけど、意外とやって見ると楽しいのかなぁ。ライティング力も少しずつ上達するかな。

 

  • 現実の経験を通して、オンライン学習を補強すること。英会話グループやスカイプ英会話を活用して、モチベーションを維持すること。学んだことを実際の生活で活かしたり、毎週勉強のやる気をキープしよう。
にゃんこ先生
週に数時間のMOOCだけでは足りないから、英会話をして学んだことを使ってみたり、洋書を読んだり、動画ポッドキャストを聞いて基礎的な英語力を伸ばすことはいつでも必要だよね。

 

おすすめの英語コース10選

How to write an essay

コース概要:このコースでは英語でのアカデミックライティングについて学んでいく。基本的な文法用語や、文や段落の構成、イントロダクションや結論の書き方などを中心に勉強する。

提供大学:カリフォルニア大学バークレー校

コース期間:5週間

勉強時間の目安:週に5-6時間ほどの学習

コース費用:認証取得する場合のみ49米ドル必要

受講に必要な英語レベル目安:大学の導入レベルの講義に参加できる程度の英語力

プラットフォーム:edX

 

Conversational English skills

コース概要:このコースでは英会話能力の向上を目指している。ダイアログを聞いたりグループディスカッションを行ったりしながら英会話能力を高めていく。

提供大学:中国北京市にある清華大学

コース期間:10週間

勉強時間の目安:週に4時間ほどの学習

コース費用:認証取得のみに49米ドルが必要

受講に必要な英語レベル目安:初級

プラットフォーム:edX

 

Essentials for English speeches and presentations

コース概要:このコースでは英語でのスピーチやプレゼンテーションの方法などを学ぶ。アカデミックな場面だけではなく、就職活動やビジネスでも役に立つのがこの「話す力」である。国際的な視野や異文化間のコミュニケーション力も身につけることができる。

提供大学:北京大学

コース期間:8週間

勉強時間の目安:週に2-4時間ほどの学習

コース費用:無料

受講に必要な英語レベル目安:中級から上級

プラットフォーム:coursera

 

English Composition I

コース概要:このコースでは大学レベルのライティングの基礎を身につけることができる。どうやったら効果的に自分の主張を書けるか、引用や参考文献の正しい書き方など、英語特有のライティングの特徴を学ぶ。

提供大学:アメリカノースカロライナ州にあるデューク大学

コース期間:10週間

勉強時間の目安:週に3時間ほどの学習

コース費用:無料

受講に必要な英語レベル目安:初級

プラットフォーム:coursera

 

Exploring English: Language and Culture

コース概要:このコースでは毎週違うトピックのショートビデオを通して、いまや世界言語である英語やイギリス文化について学ぶことができる。コース全体を通してクイズやディスカッションにも取り組むよう工夫されている。

提供大学:大学ではないが、ブリティッシュカウンシルが提供しているので、イギリス英語や文化に触れたい方には特におすすめ!

コース期間:4週間

勉強時間の目安:週に2時間ほどの学習

コース費用:無料

受講に必要な英語レベル目安:中級

プラットフォーム:British Council

 

Write Professional Emails in English

コース概要:このコースでは主に英語でのビジネスメールの書き方を学ぶ。メールでのコミュニケーション力の向上を図るため、さまざまなタスクが用意されている。このコースでは、全体を通して4-5つのメールを完成させ、加えて理解度クイズや他の生徒のメールも添削も行う。

提供大学:アメリカのジョージア工科大学

コース期間:5週間

勉強時間の目安:週3-4時間ほどの学習

受講に必要な英語レベル目安:中級

コース費用:無料

プラットフォーム:coursera

 

English for Career Development

コース概要:コースは主に国際的な場面で働きたいと考えている非英語ネイティブの人に向けて作られている。アメリカにおける職探しやアプライ、面接などを学ぶ。どうレジュメを書いたらいいか、カバーレターや面接対策など、海外で仕事を得るために必要なことばかり!

提供大学:アメリカのペンシルベニア大学

コース期間:5週間

勉強時間の目安:週5-6時間ほどの学習

コース費用:無料

受講に必要な英語レベル目安:中級から上級

プラットフォーム:cousera

 

English for the workplace

概要:コースでは働くために必要な英語力を身につけることができる。海外で働いてみたい方はぜひチャレンジしてみてほしい!

提供大学:イギリスのケンブリッジ大学

コース期間:4週間

勉強時間の目安:週に2時間ほどの学習

コース費用:無料

受講に必要な英語レベル目安少なくとも簡単な日常会話ができるレベルの英語力が必要

プラットフォーム:FutureLearn

 

Learning English for academy purposes: first steps

概要: コースでは大学で学ぶために必要な英語力やスキルを学ぶことができる。読み書きに必要なボキャブラリーやノートの取り方、プレゼンテーションで使われる言葉などを紹介していく。

提供大学:ケンブリッジ大学

コース期間:6週間

勉強時間の目安:週に4時間ほどの学習

コース費用:無料

受講に必要な英語レベル目安IELTS5.5程度で、大学に通い英語で学びたいと考えている人向け

プラットフォーム:FutureLearn

 

Listening, speaking, and pronunciation

概要:コースでは、正しい英語の発音、早口の英語も聞き取れるリスニング力、ネイティブが使う英会話表現にフォーカスして、中級からさらに上のレベルの英語力を身につけることを目的にしている

提供大学:アメリカのマサチューセッツ工科大学

コース期間:全部で24つのレクチャーを自分のペースで進めていくことができる

勉強時間の目安:おすすめは週に2つずつ(約3時間)

コース費用:コース自体は無料だが、3冊の本をAmazonなどから購入しなければならない

受講に必要な英語レベル目安中級以上で、大学・大学院レベルに相当

プラットフォーム:マサチューセッツ工科大

にゃんこ先生
ハンドアウトなどは全てダウンロードができるのため、参考になると思うけど、現在授業は最後の4回しか公開されていない。

 

 

にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。FacebookTwitterから、最新情報を受け取る事が可能だよ。シェアもよろしくね。
 

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。