英語で子育て挑戦!日常生活での子供への声掛け3つのポイント

talk-to-your-kids-in-english

今回は、英語教育に興味のあるお母さんなら一度は思ったことがあるであろう「英語で子育てしてみたい!」に役立、例文や方法を紹介したいと思います。

「英語で子育て」と聞くととてもハードルが高そうですが、何も24時間だけが「英語で子育て」する訳ではないですよね。

 

英語で24時間子育てしようと思ったら、やはり必然的にママがペラペラでなければならなくなります。そんなことを言い出したら、ほとんどのママにチャンスがなくなってしまうように聞こえますね。

でも、「英語で声掛け」なら誰でも挑戦できると私は思います。

 

この記事の著者BOB先生

留学経験と児童英会話教室での講師経験を活かして、子供が英語を楽しく学べる環境作りや、接し方など紹介させて頂きます。

現在3人の子供の子育て中です。

英語で声掛けチャレンジ!3つのポイント

わかりやすい場面を選ぼう

まずは子供の生活に定着している場面から、声掛けは選んでみるといいですね。

0~3歳児なら、あいさつや、手洗い、トイレに行くときの声掛け。保育園や幼稚園に通うようになったら、指示語や園に関することも入れていくといいですね。

例えば、「帽子をかぶってね。」とか「バスが来るよ。」など。

 

小学生になったら手をかけてやることも少なくなってくるので、私の場合は「~したの?」とか「~やってくれる?」とお手伝いを頼んだりを英語でしています。

もちろん、”Did you do your homework?(宿題は終わったの?)”の後は「今日の宿題なに?」や「もう終わったの?えらいじゃん!Good!」と日本語で話しています。

 

こんな風に子供たちが抵抗なく、すっと意味が理解できるような声掛けができる場面を選ぶのがお勧めです。

 

子供から帰ってくる言葉は日本語が当たり前

もちろんですが、子供からは日本語が返ってくるでしょう。しかし、私は耳を育てるだけで十分だと思っています。

一生懸命、英会話教室に何年も子供を通わせているお母さんには少しがっかりかもしれませんが、週一の英会話教室だけではなかなか英語が話せるようにはなりません。留学へ行ってもなお、話せないこともあるのが現実です。

 

でも、小さいころから「毎日」「少しずつ」でも英語に触れることで耳が育ちます。それは、将来聞き取りに有利になったり、留学した際耳慣れするのに時間がかからなかったりという結果につながります。

英語を抵抗なく聞けるというのは、実は日本人にとってかなり大きなリードポイントだと思います。

 

お勧めは誉め言葉

長い文は思いつかない、とっさに出てこない!というママのお勧めは子供への誉め言葉です。

トイレに行けたら、”You did it!”「やったね!」。お皿が空っぽに出来たら、”Good boy/girl!”「お利口さんね!」。上手に絵が描けたら”Very good!”「とっても上手!」など、短い言葉でもバリエーションはたくさんあります。

また下でも紹介していきますね。

 

日常で使える声掛け英語

朝起きてお出かけまで

まず起きた時のご挨拶。3歳までの子にならやっぱり”Good morning!”「おはよう!」これに、sweetheartやmy sunshineのような「愛しい子」という意味合いを込めて子供を呼ぶ単語を入れると、ぐっとネイティブっぽくなりますよ。

もう少し大きくなったら幼稚園や学校のために起きなければいけないので、「起きる時間よ」”Time to get up!”と起こしてあげるのもいいですね。

 

それから、ご飯を食べたり歯を磨く際に”Eat your breakfast.”「ご飯食べなさい。」”Brush your teeth.”「歯を磨きなさい。」などの指示の声掛けをしてみます。

その中で、きれいに食べられたり歯をきれいに磨けたら、先ほどの”You did it!”や”Good boy/girl!”で褒めてあげられるといいですね。

 

いよいよお出かけの準備です。ママが一番焦って余裕がなくなる時ですが(私だけかな?)ここは、何度もそれだけ繰り返して英語で言っていると口癖になりますよ。子育てと同じように、これも習慣です。

“Put your jacket on.”「上着羽織ってね。」”Turn off the TV.”「テレビは消してね。」”Are you ready?”「準備できた?」

 

公園へ行ったり買い物へ行ったとき&幼稚園・保育園から帰ってきたとき

公園は子供の興味の引くものばかり!お友達もいたりすると、なかなか堂々英語で声掛けは恥ずかしかったりしますよね。そんな時お勧めなのは単語を教えてあげること。

シーソー”a seesaw”滑り台”a slider”ブランコ”a swing”。鳥やお花、ワンちゃんなどなら英語苦手だったママでも教えてあげられそうですよね。

知りたがりの年齢の我が子に聞かれて分からなかった言葉は、「ママもわからないからお家で調べてみようね!。」と素直に提案してみるのもありですよ。そこからますます興味を持ってくれたら一石二鳥!

 

声掛けが出来そうなら、”Look! A puppy!”「見て!ワンちゃんがいるね。」や遊具に挑戦してみる際”Let’s try!”「やってみよう!」”Good try!”「頑張ったね!」と声をかけてみて下さい。

スーパーへ行った時も同じ感じです。野菜や果物の名前を英語で言ってみたり、”Do you like banabas? Yes, you do!”「バナナ好き? だよね!」のように聞いてみたり、”Can you get that for mummy?”「それ、ママに取ってくれる?」と棚のものをとってもらうのも毎回使えそうですね。

 

そして、帰ってきたら”Wash your hands.”「手を洗おうね。」”Let’s take a little nap with mummy.”「ママと少しお昼寝しよう。」と声を掛けてみましょう。

保育園・幼稚園から帰ってきた子には”How was your day?”「楽しかった?」と聞いてみて下さい。英語にはあまり「おかえり」といった直接的な言葉はなく、この”How was your day?”に「おかえり」的な意味も含まれています。

 

夕食&お風呂から寝る前まで

さて、落ち着く間もなくママは夕食の準備やお風呂の準備でまだまだ忙しいですが、ここでも英語で声掛けができる場面がいっぱいです。

夕食が出来たら、”Dinner is ready!”「ご飯できたよ!」”Take a plate.”「お皿出して。」や「おいしい?」と催促するときは”Good?”の一言だけでいいんですよ。

 

お風呂へ入ったときは、”Can you wash your hair?”「髪の毛洗えるかな?」”Wash, wash, wash!”「ごしごしごし」。上手に出来たら、その都度誉め言葉もかけてあげるといいですよ。”Good going!” 「上手ね!」”Well done!”「よくできたね。」

 

寝る前は歯を磨く時の声掛けをまた言ってあげられますね。”Put on your PJ.”「パジャマを着ようね。」”It’s time to go to bed.「寝る時間よ。」”Let me read you a story.”「絵本を読んであげましょうね。」絵本はぜひ、英語の絵本を読んでみて下さい

そして、寝る前には”Good night, my princess.”「おやすみ、可愛いお姫様。」”Sleep tight, honey.”「ぐっすり寝てね。」とネイティブ風に言ってみましょう。

 

子育て英語がたくさん紹介してある本もありますよ。

 

まとめ

英語が得意なママなら、すぐにでも始められる声掛けばかりだったのではないでしょうか?英語は苦手なママも、ぜひこの機会に自分で出来そうな声掛けを選んで毎日繰り返してみて下さいね。

子供と2人きりだとついつい独り言が増えませんか?それを英語にしてみると、ちょっと頭を使うのでマンネリから抜け出せるかもしれません。そして、同時にわが子の英語耳を育てましょう。子供が小さければ小さいうちほど、このたまにの声掛けでも子供は当たり前のように受け入れます。

 

実際わが子たち3人は、バイリンガルとは程遠いJapanese Kidsですが、このくらいのペースの声掛けをするだけでも確実に耳が育っています。

“Good morning, kids!おはよ~Look, it’s rainy today!”と起こすと「うそ~雨やだ~。」と言って起きる小学生の娘。「急いで!バスくるよ!Did you get a hanky?」と息子に言えば、「あ!忘れてた!」とハンカチを取りに行きます。

一番下の息子と買い物に行くと、私が独り言で「今日なに作ろうかな~?」と言っていても「ママ!キャベツってえいごでいって!」「ママ!バナ~ナは?」と英語を楽しんでくれているようです。

 

英語に慣れるのに大切なのは、量でなく毎日聞くことだとも思います。留学へ行ってせっかくある程度話せるようになっても、帰ってきて聞く機会も使う機会も失ったら、話せなくなったのも私の経験です。

ぜひ、毎日少しづつでも英語に触れる機会を作ってあげてください。

 

にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。FacebookTwitterから、最新情報を受け取る事が可能だよ。シェアもよろしくね。
 

2 件のコメント

  • はじめまして。坂本と申します。

    2歳2ヶ月の娘の英語教育について色々と調べています。今は保育園に通っています。園では週一回英会話教室の先生が来て英語を教えてくれ、娘も楽しんでいます。また自宅では赤ちゃんの時からDVDで英語の歌を見て聞かせていたのでABCその他の歌を歌える程度です。
    今年4月からは幼稚園(4年保育クラス)に通いますが、年少さんクラスまでの一年間は英語教育はないとのことでした。これまでとても楽しそうに英語と触れていたので残念です。その分自宅でフォロー出来ないかと考えています。

    我が家は一般的なサラリーマン家庭です。経済的なこともありますが、調べれば調べるほどあまりお金を掛けて勉強させることに魅力を感じなくなりました。

    こちらを拝見してお勧めのYouTubeチャンネルを早速登録しました。幼児用の歌とアニメを見て聞かせようと思っています。また併せて『起きてから寝るまで子育て英語表現600』を取り入れたいと考えています。

    前置きが長くなりましたが、この勉強法で娘は楽しく英語を学び英語力が身に付いていきますでしょうか。
    また『起きてから寝るまで子育て英語表現600』に関してはまずは私が努力をして語学を身に付けようと思っています。付属CDの内容は無料でダウンロードできたので、本は買わないで勉強しようと思います。そこでご教授下さい。私の勉強法ですが、リスニングしながらノートに書き込んで分からない単語は調べてと思っていましたが非効率でしょうか。やはり本を購入した方が効率的に学べますか。どのように勉強するのが良いか教えて頂けたら幸いです。
    お忙しいところ恐縮ですがご指導のほどよろしくお願い致します。

  • はじめまして、著者のBOBです。コメントありがとうございました。お嬢様の英語教育にとても熱心に取り組んでいらっしゃいますね。私の記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

    ご紹介しました本の音声がダウンロード出来たと言うことで、まずはシャドーイングをお勧めします。影(shadow)を追うようなイメージで、音声を聞きながら1秒あとくらいから耳だけで聞いて発話します。(文字は見ないで)これは、実際に通訳者や英語講師などがやっているトレーニング方法です。英語は声に出して自分のものにする方法が一番効率が良いです。そして、坂本様が仰ったように分からない単語だけ書いて調べるのはアリだと思います。どうしても、文字を見てしまうと日本人特有のアクセントや発音になってしまいます。英語がカタカナに見えてきてしまうんですね。でも、ご自身が負担だと感じできたらテキストを購入することもお勧めします。文字があった方が安心するのも本当です。何より、楽しくやっている姿を娘さんにも見せてあげて下さいね。

  • コメントを残す

    名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。