洋書初心者におすすめ 大人が読んでも面白い児童書8選

ねこ君
ハァ。。洋書の多読が効果的だって聞いて、ハリーポッターのペーパーパック買ってみたんだけど、2-3ページ読んで挫折しそう・・。

Shan
お久しぶり、ねこ君。洋書の初心者には、ネイティブの子供が読む児童文学なんてどうでしょう?
Shan
私も小さい頃は、ガリバー旅行記とか、対訳付きの本を読んだものですよ。やっぱり、多読を始めたばっかりの時は、自分の英語力にあった、比較的簡単なレベルの洋書を選ぶのが継続の秘訣です。
Shan
今日は、大人でも楽しみながら英語の学習をできる、児童書をいくつか紹介します。最近はKindleでも読めるみたいで、無料から数百円で読めるものもあります。

Shan
紹介する作品は、英検一級を取得して、3年間小さい子どもたちに英語を教えていたMay先生が選んでくれたものです。

Shan
さて、それぞれの本について、May先生のおすすめの理由はなんでしょうか?

洋書に挑戦してみたいという英語学習者は多いのではないだろうか。

洋書を読むことの英語学習への効果はいろいろとあるが、一つには、英語を英語のまま理解するようになる、ということがある。英語を日本語の語順に置き換えることなく理解する練習になるのだ。そしてなにより、英語で本を1冊読み切ることができれば、自分の英語力に大きな自信を感じることだろう。

とはいえ、洋書を読むのはハードルが高いと感じている人も少なくはないはずだ。もしくは、読んでいるうちにだんだん内容が分からなくなって、読むのを諦めてしまったという人はいないだろうか?

そんな人におすすめなのが、英語で書かれた児童文学作品である。

なぜ児童書が多読におすすめなのか?

今さら児童文学なんて、と思わないでほしい。

今回紹介した8作品はどれも、子ども向けとはいえ文学的価値が高く、一般教養としても一度は読んでおきたい名作ばかりである。子どもの頃に日本語で読んだ記憶と照らし合わせながら洋書を読んでいけば、途中で内容が理解できなくなることもなく、最後まで読み通せるはずだ。

 

今回は、それぞれの作品紹介の欄にLexile指数というものを記載した。

Lexile指数とは、単語数や英語の難易度、構文の複雑さを数値化したもので、現在ではアメリカの教育現場の他、世界165か国で使用されている。指数は1番下の「0L」から、専門書などであれば「2000L」を超える。アマゾンのサイトではこの指数を目安に洋書を探すこともできる。

 

関連記事(Lexile指数とは?)

自分のレベルにあった難易度の本を探す

 

今回紹介した児童書は、どれも様々なバージョンが出版されているが、ここでは特に指数が低く、洋書初心者におすすめの本を取り上げた。自分の英語のレベルに応じて適切な本を選んでほしい。

洋書を読むにあたって1つアドバイスするとすれば、少しくらい分からない単語があっても、全体的な内容の理解に困るほどでなければ、一々辞書で調べずに読み進めること。日本語の本であっても知らない言葉が出てくることはあるはずだ。単語の学習は別の機会にと割り切って、ぜひ作品を楽しんでほしい

 

おすすめ洋書8選

20,000 Leagues Under the Se / 海底二万マイル

著者紹介

Jules Verne。ヴェンヌ(1828-1905)はフランスの小説家、詩人、劇作家。主な作品にJourney to the Center of the Earth (1864) Twenty Thousand Leagues Under the Sea (1870) Around the World in Eighty Days (1873)などがある。

 

作品概要

この作品の邦題は『海底二万里』。海洋生物の調査をしていて海に投げ出されてしまった博士たちは、新鋭の潜水艦ノーチラス号とその船長モネに救助された。そのまま一行は潜水艦でさまざまな場所を巡ることになるのだが……。SF冒険小説の草分け的作品。

 

May先生おすすめの理由

今回紹介している本のページ数は96ページ。Lexile指数は440L。

1つの文が短く、主語・動詞がはっきりとしていて読みやすい。潜水艦が舞台ということで、海や船に関わる単語が多く出てくるのが特徴。

この作品だけではないが、本を読んでいると大文字で始まる単語がいろいろと出てくると思う。それらは人や場所の名前であるのはもちろんのこと、その物語における特定の固有名詞の場合もあるので、その可能性も心に留めておくと理解しやすくなる場合がある。

 

Little Women / 若草物語

著者紹介

Louisa May Alcott。オルコット(1832-1888)はアメリカ人作家であり、特に児童書作家として知られている。また、女性の権利や奴隷制度廃止の支持者でもあった。1868年に書かれたLittle Womenはオルコットの自伝的小説で、大成功をおさめた。

 

作品概要

この作品の邦題は『若草物語』。南北戦争時代のアメリカを舞台に、マーチ家の4姉妹の暮らしを描いた。父親が従軍して家庭を離れているあいだ、美しい長女メグ、ボーイッシュな性格で才能あふれる次女ジョー、内気で病弱な三女べス、おしゃまな四女エイミーは、貧しいながらも仲睦まじい生活を送りながら、次第に成長していく。

 

May先生おすすめの理由

今回紹介している本のページ数は112ページ。Lexile指数は460L。

1つの文はそれほど長くなく、主語・動詞がはっきりしていて文法的にも分かりやすいので、読みやすい文章となっている。19世紀後半のアメリカを舞台にした作品ということで、日本の現代生活にはないようなことを英語で理解するのは難しいかもしれないが、その当時を想像しながら読み進めていきたい。

作品中には会話が多く出てくるが、こちらも現在の英語圏の人びとのカジュアルな会話というよりも、文学作品の中での会話というふうに捉えた方がいいかもしれない。

 

Great Expectations / 大いなる遺産

著者紹介

Charles Dickens。ディケンズ(1812-1870)はイギリス人作家。工場で働くために学校を続けることができなかったにも関わらず、数々の作品を残した。作家業のみならず、子どもの権利や教育、社会改革のためにも熱心に活動した。

 

作品概要

この作品の邦題は『大いなる遺産』。物語は、主人公の少年ピップがある日、脱走した囚人と墓地で出会い、食べ物などを持ってくるように頼まれるところから始まる。その後ピップはエステラという女性に恋い焦がれるようになる。しばらくして、ピップは巨額の遺産を受け取ることになると知らされたのだが……。

 

May先生おすすめの理由

今回紹介している本のページ数は112ページ。Lexile指数は460L。

文法的に多少分かりにくいところがあるかもしれないが、内容を理解するのに困難なほどではないだろう。1860年ごろの作品ということで、現在の日常生活ではあまり見かけないようなものや、英語の言い回しも出てくるが、そういった英語表現を感じることができるのも古典作品の面白さである。物語の展開が早く、飽きることなく読めそうな作品だ。

 

The Adventures of Tom Sawyer /トム・ソーヤーの冒険

著者紹介

Mark Twain。トウェイン(1835-1910)はアメリカ人作家である。アメリカ、ミズーリ州で育ち、そこがThe Adventures of Tom Sawyerやその続編であるThe Adventures of Huckleberry Finnの舞台となった。

 

作品概要

この作品の邦題は『トム・ソーヤの冒険』。1840年頃のミズーリ州を舞台に、主人公のトム・ソーヤが仲間のハックルベリー・フィンたちと共に、さまざまな冒険を繰り広げるエピソードが描かれている。

 

May先生おすすめの理由

今回紹介している本のページ数は112ページ。Lexile指数は480L。

1つの文は長くなく、複雑な文法もそれほど出てこないので読みやすい。いたずらっ子のトムを描写するのにさまざまな形容詞や表現が出てくるのが面白いところだ。

作品中の会話には現在の英会話のも応用できそうな言い回しが多く使われていて勉強になる。特にトムを叱るときのポリーおばさんの言い方は、そのまま真似できてしまいそうだ。

 

The Wizard of Oz / オズの魔法使

著者紹介

L. FRANK BAUM。ボーム(1856-1919)はアメリカの児童文学作家。劇場や新聞社などでさまざまな仕事をした後、1900年にThe Wonderful Wizard of Ozを出版して、一夜にして成功をおさめる。ボームはこの他にも9つのファンタジー作品を執筆した。

 

作品概要

この作品の邦題は『オズの魔法使い』。アメリカ・カンザス州に暮らす主人公のドロシーは愛犬のトトと家ごと竜巻に吹き飛ばされ、オズの国にたどり着いた。故郷に戻る唯一の方法はオズの魔法使いに頼むことだと知らされたドロシーは、オズの魔法使いが住むというエメラルドの都を目指す。

 

May先生おすすめの理由

今回紹介している本のページ数は112ページ。Lexile指数は570L。

文法が多少複雑なところもあるが、1つずつの文はそれほど長くないので理解に困るほどではないだろう。どんな洋書を読む場合でも、出てくる単語を全て知っているというのはなかなか難しいが、特に動詞は語彙力があればあるほど全体的な内容が理解しやすくなる。

この本は特にさまざまな動詞が出てくる印象を受けるので、ストーリーを追いながら動詞の語彙力を強化できるだろう。

 

Gulliver’s Travels / ガリバー旅行記

著者紹介

Jonathan Swift。スウィフト(1667-1745)はアイルランドのダブリン出身で、人生のほとんどをそこで過ごした。風刺作品や随筆、詩を書いたほか、政治パンフレットも作成し、司祭でもあった。Gulliver’s Travelsで大成功を収めた。

 

作品概要

この作品の邦題は『ガリバー旅行記』。もともとは風刺小説であり、児童文学として書かれたものではなかった。主人公のガリバーが、小人が住むリリパット国や、巨人が住むブロブディンナグ国などを旅する旅行記である。

 

May先生おすすめの理由

今回紹介している本のページ数は112ページ。Lexile指数は590L。

多少複雑な文法も出てくるが、1つの文がそれほど長くないので、落ち着いて読めば理解するのは難しくないはずだ。出版は1700年代初期であるにも関わらず、文章からは古めかしい印象を受けることもなく読みやすい。現代の小説にも出てくるような英語表現も豊富に含まれている。

この作品のみならず、洋書には日本では使用しない単位が出てくることがよくあるので、その単位がどの位の大きさなのかを調べると、イメージが掴みやすくなる。

 

Mysteries of Sherlock Holmes / シャーロック・ホームズ

著者紹介

アーサー・コナン・ドイル。ドイル(1859-1930)はイギリスの作家。もともとは医者であった。シャーロック・ホームズを主人公とした探偵小説で有名であり、これらの小説は犯罪フィクション小説における大きな節目とされている。

 

作品概要

今回紹介している本は、シャーロック・ホームズを主人公としたThe Adventure of the Blue Carbuncle(青い紅玉)、The Adventure of the Speckled Band(まだらの紐)、The Red Headed League(赤毛連盟)の3作品で構成されている。貴重な青い宝石を飲み込んだガチョウの秘密とは? 女性は密室でいかに殺されたのか? なぜその連盟は赤毛の人だけを受け入れるのか?

 

May先生おすすめの理由

今回紹介している本のページ数は96ページ。Lexile指数は690L。

推理小説を読むのが好きで、シャーロック・ホームズを原文で読むことに挑戦したいという人は多いのではないだろうか。ただ、大人向けの本はなかなか難しい。理解できない部分があると、肝心な推理の場面に影響がでるからだ。

その点、今回紹介している本なら、推理小説とは言ってもそれほど難しくないので、理解しやすいはずだ。物語の面白さは残したまま、推理小説を読む良い練習となるだとう。

 

The Secret Garden / 秘密の花園

著者紹介

Frances Hodgson Burnett。バーネット(1849-1942)はイギリス生まれだが、アメリカへ移住し作家になった。多くの児童書を残し、特にLittle Lord Fauntleroy(小公子)A Little Princess(小公女)そして本作が有名である。

 

作品概要

この作品の邦題は『秘密の花園』。おじの屋敷に預けられたメアリー・レノックスは、ある日、花園に続くドアを見つけた。そこは、おばが亡くなって以来10年間も閉ざされたままだったのだ。さらにメアリーは、屋敷の他の部屋からは離れた場所で暮らしている、いとこのコリンに出会うのであった。

 

May先生おすすめの理由

今回紹介している本のページ数は112ページ。Lexile指数は870L。

文法は多少複雑で、1つの文も長めになる。あまり馴染みのない単語も出てくるので、少し難しいと感じる部分もあるかもしれないが、じっくり読んでいけば理解できるはずだ。

文章からは全体的に、古典的な文学作品という雰囲気を感じる本であり、これからどんどん大人向けの洋書を読んでいきたいという人には良い練習となるのではないだろうか。

 

この記事の著者:May先生

みなさん、こんにちは。Mayです。 これまでに、留学したり、独学で勉強して英検1級を取得したり、幼児英語教育に3年間携わったりしてきました。 英語はなかなか短期間で身につくものではありません。 でも自分に合った学習方法を見つけてどんどん上達していく人を、たくさん見てきました。 みなさんが英語をより楽しく身につけられるように、私の経験や知識をお伝えできればと思っています。

 

May先生のおすすめ洋書シリーズ

オーディオブックと洋書で英語力総合強化!おすすめ8選

リーディング学習に、英語で伝記を読んでみよう!

テスト対策にも!目標を定めて洋書を読もう!TOEIC600点〜

なぜ英語雑誌はリーディングに最適!?おすすめ雑誌8選

 

Kindleのすゝめ

にゃんこ先生
ちなみに、洋書にチャレンジする時には、Kindleを導入してみることをおすすめする。
にゃんこ先生
単語もワンタッチで調べられて、辞書を引く手間もストレスを相当減らすことができる。洋書を紙で買うよりも、Kindleの方が大幅に割引があることも多い。
にゃんこ先生
できればデバイスが欲しいけど、Kindleはスマホでも無料でダウンロードできるから試してみてね。

 

にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。FacebookTwitterから、最新情報を受け取る事が可能だよ。シェアもよろしくね。
 

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。