海外大学院出願のエッセイとは?情報収集・構成から書き方まで

ねこ君
大学院出願準備もあと半分、IELTSもようやく終わりが見えてきた。次なる敵は、Personal Statement!!
ねこ君
英語でエッセイなんて書いたことないし、どうしたらいいんだろう・・・。

にゃんこ先生
恐れることなかれ。やったことのない課題でも、一つ一つ着実に進めればできないことはない。それはエッセイだって一緒だ。
にゃんこ先生
今日は、日本の大学からストレートにイギリス大学院進学を果たしたうりぼーが、エッセイの書き方を丁寧に解説してくれるよ!

 

著者について うりぼー

日本の大学を卒業した後に、2015年イギリスのリーズ大学の修士課程に進学し、翌年に卒業。在英中に就職活動を実施し、現在は日本の外資系IT企業で働いております。純ジャパニーズ(海外の長期滞在経験0)でありながら大学時代に一念発起し、イギリス大学院進学の準備をはじめ、大学卒業後にストレートで進学した経験をもとに、皆さんへ勉強法・出願プロセス・現地での生活等をシェアしていきたいと思います。

エッセイとは

Personal Statementとは、一般的に、欧米の大学院では入学に必要な書類の一つとして、志望動機書が出願者に課されます。アメリカやイギリス、または各大学によって、単にEssayと呼ばれていたり、Statement of Purposeと呼ばれたりしています。

私の出願時は、Personal Statementと呼ばれていました。日本の大学入試では、学力試験のみの場合が多いですが、面接などを含むAO入試や推薦入試などでは、「なぜ○○大学を志望しますか」と聞かれることもありますので、Personal Statementもそのイメージに近いと言えます。

 

ひとえにPersonal Statementといえど、何を書くかは大学ごとにRequirement(必要な情報)を設定しているケースもあれば、指定が一切ない自由書式の場合もあります。Requirementや大学指定のフォーマットがある場合であれば、それに従って推敲すればよいのですが、自由書式ですと困りますよね。

もし、皆さんが複数校へ出願するならば、一番細かいRequirement・指定を求めている大学のフォーマットに合わせ、あとは大学ごとに変更が必要な箇所(大学名やコースなど)を変えるやり方がよいかと思います。私も4校程度出願し、Requirementが細かい1校で、自分独自のフォーマットを作成、添削をお願いし、残りの3校は一部をアレンジする方法をとりました。

 

問われる題材の事例

では、具体的にどのようなRequirementを求められたか、私の事例をもとにご紹介しますね。

前提として、私が出願した大学院のコースはMaster of Science Managementという経営学を学ぶコースであり、職務経験が2年以下の人を対象としたものです。

そのため、大学で何を学んできたか、大学の専攻と異なる場合、なぜ専攻を変えようと思ったか、課外活動(ボランティア 等)は何をしたか、あなたの将来のキャリアと大学院のコースはどのように関係しているか、あなたが大学院に入ったのちに、コースやコースメイトにどのように貢献できるかについて、記述することを求められました。

 

上述した中に、課外活動とありますが、こちらに職務経歴書(CV)で書いた内容について、事細かに記述する必要はありません。私がPersonal Statementの添削をお願いしていたスーパーバイザーによると、アルバイト経験等もCVに記載するため、Personal Statementで記載する際には、○○アルバイトで得たリーダーシップといった表現のみで、詳細は記載する必要がないとのことでした。

書く文量もA4用紙2枚程度までなので、他の書類で補完できない部分について記載するようにしましょう。

 

エッセイの構成・情報収集

ここまでの内容でPersonal Statementにだいたいどのような内容を記載すべきかイメージがついたかと思います。それらについては、ある程度、インターネットでも情報を得ることができると思います。私がPersonal Statementを書く際に一番困ったのが文量でした。

どの程度の長さのものを作成すべきかという情報は、意外とネットでも言及されていなかったことが多かったです。少なくとも私が留学準備をしたときは、文量についての情報がなかなか得られなかった記憶があります。

前述のように、文量が各大学のホームページでRequirementとして、書かれている場合はそれに従いましょう。出願したい大学のいずれにも、Personal Statementの文量に関わる情報がないときは、以下3点ほどのやり方があると私は考えています。

 

入試スタッフに問い合わせ

一つ目は、大学のホームページに記載されている入試スタッフ(Administration Staff)に直接連絡をすることです。一般的な情報しか教えてくれない可能性もありますが、どのようなフォーマットで受け付けているか、など問い合わせ自体は可能です。

 

大学の卒業生に問い合わせ

2つ目は実際に大学の同窓生や留学経験者に問い合わせる方法です。知人の方にその大学の出身者がいらっしゃれば、直接お問合せするのがよいかと思います。周りにそのような知人がいらっしゃらない、現状をより詳しく知りたい場合は、SNSを駆使するのが良いかと思います。

日本でもポピュラーになりつつありますが、LinkedInを使うとよいかと思います。ビジネス関連のSNSとして使用されるLinkedInですと、欧米のビジネススクールの学生は登録しているケースも多く、大学名をキーとして、検索をかけ直接コンタクトをとることも可能です。

Personal Statementの情報に限らず、大学のコースや、授業自体について、大学教授やLecturerに直接コンタクトを取りたい場合にもLinkedInは非常に有効な手段ですので、ぜひ登録して、使い倒してみることをお勧めします。少なくとも、情報は自分で取りに行くということが留学してからは求められますし、現地の学生たちにとってもそれは一般的なアクションとして認知されておりますので、自ら行動を起こすことも重要です。

 

留学エージェントを利用

3つ目は、日本で営業している留学エージェントを利用する方法です。ひとえに留学エージェントといえど、語学留学を強みとする会社、アジア圏の留学を強みとする会社など会社によって得意分野は異なります。そのため、正規留学に強みをもつエージェントをまず探してください。

私の場合はイギリスの大学院留学に絞り、現地とコネクションのある2社にサポート・情報収集を依頼しました。無料の面談を受け付けている会社も多く、実際に現地の入試担当を交えた説明会やWebinarを開催していますので、それらを利用して積極的に情報収集してください。

エージェントさんを利用する強みとしては、英語力が求められないことです。留学前で英語に多少の不安があるとしても、エージェントさんが多分にサポートして下さるので、日本語で自分の思うことをたくさん聞けるはずです。

 

執筆開始から、完了まで

ここまでで、Personal Statementとは何か、何を書く必要があるか、どのように情報収集すべきかについて、説明してきました。では実際にPersonal Statementを書き始めてから、提出までどの程度のリードタイムが必要なのかについても解説します。 あくまで私の経験則に基づくものですので、人によってリードタイムは異なると思います。

 

構成を考え、ドラフトを作る

まずは構成を考え、何を書くべきか骨子をつくります。ここが一番重要で、キーセンテンス(Paragraph一行目のカギとなる文章)をまず書きだします。1日で骨子をつくり、大体1週間くらいかけて、肉をつけていきます。最初のドラフトとしては1週間くらいで完成できるかと思います。

お仕事をされている方ですと、平日の帰宅後、土日を使って書くことになりますから、2週間くらいかけて作るイメージになるかと思います。そこから、文章を練りに練って、自分の中での完成には2週間くらいかかるでしょうか。情報収集を終えて書ききるのであれば、2週間で完成できるかもしれませんが、あちこちに情報収集をしながらといった状況だと、だいたい1ヶ月くらいは執筆に時間がかかるかもしれません。

実際に私が作成したPersonal Statementは以下のような構成です。

 

<構成イメージ>

  1. 冒頭
    • なぜそのコースに応募しているかなどを含む全体のサマリ
  2. Body1
    • 大学で何を学んできたか
    • 志望しているコースと今までがどうリンクしているか 等
  3. Body2
    • 課外活動等で何をしてきたか・学んできたか
    • 様々なアクティビティを通して、これからどうコース・学校に貢献していけるか 等
  4. まとめ
    • 将来のキャリアなどを含め、サマリと同様の内容を表現を変えて念押し

 

文法・スペルミスのチェック

自分自身で納得できるドラフトができた段階で、まずは文法やスペルミスがないかチェックしましょう。後々添削に出すことを考えると、スペルミスの指摘が来るのは非常にもったいないですし、本質的ではありません。Windowsのwordで文書を作成している場合はF7キーを押下し、すぐ確認しましょう。

あとは、オンラインの自動文法チェックシステムもお勧めです。筆者が使用していたのは、こちらのサイトです。Google Chromeのアドオン機能として、無料でチェックできるのでぜひ使ってみてください。

 

添削を依頼

ここまで終われば、専門家への添削を依頼しましょう。周りのお友達にいるネイティブスピーカーではなく、エッセイ添削を専門としているエージェントやそこに属しているネイティブスピーカーに依頼することが望ましいです。

大学への出願である以上、アカデミックな視点で、一貫性を持って添削してもらうことができなければ、あまり意味がありません。そういった意味では、TESOL資格(欧米の大学で得られる英語教授法の専門学位)を有しているネイティブスピーカーなどが望ましいかと思います。

無料の添削を数多く受けることもよいかもしれませんが、Personal Statementの一貫性・自分らしさを保つためには、一人に継続的に何度も添削してもらうことがベターです。私自身は3回チェックしていただいて、合計で1ヶ月半くらいかかりました。執筆開始から、合計するとだいたい3か月くらいは準備として費やしました。思ったよりも時間がかかるので、余裕をもった準備をしましょう!

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。私の経験をもとに、Personal Statementの書き方をここまで解説してきました。

最後になりますが、一番私が苦戦した点はアカデミックな表現でPersonal Statementを書くことでした。英語で文章を書くことができても、果たしてそれがアカデミックな表現として適切なものなのか、稚拙ではないか、端的で分かりやすいかは第三者に添削してもらわなければ、わからないものです。

皆さんもエッセイを書く際はたくさん情報収集し、十分に準備して臨んでくださいね。

 

にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。FacebookTwitterから、最新情報を受け取る事が可能だよ。シェアもよろしくね。
 

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。