あなたのGPA正しい? 留学のための GPA計算方法

ねこ君
海外留学のために、GPAを大学に提出しないといけないよね?けど、GPAってなに?おれの大学、そもそもGPAなんてなかったんだけど・・

ねこ君
なんか、ネットに乗ってる計算方法で算出したら、GPAがめっちゃ低いぞ・・?2.8?

ねこ君
アメリカの大学院に行くためには、 GPA3.5以上必要なの?じゃあ、もう海外留学できないの・・?

にゃんこ先生
そのGPAの計算方法あってる?そもそも日本はGPAのシステムが最近できたばっかりだから、世代によってはGPAがない人も多いよね。

にゃんこ先生
しかも、アメリカのGPAの基準と日本の基準がかなり違ってて、ネットに乗ってる計算方法を使うと、すごく低いGPAになってショックを受けることもある。

にゃんこ先生
今日は、GPAの計算方法を見直してみよう。

GPAとは?

how to calculate gpa

GPA(Grade Point Average)とは、各科目の成績から特定の方式によって算出された学生の成績評価値のこと、あるいはその成績評価方式のことをいう。 欧米の大学や高校などで一般的に使われており、留学の際など学力を測る指標となる。 日本においても、成績評価指標として導入する大学が増えてきている。

wikiより

にゃんこ先生
アメリカの大学入学には、高校の成績、大学院入学には大学の成績が審査書類のひとつとなる。今日は大学成績評価(GPA)の話をしよう。
にゃんこ先生
GPAは該当学生の学力を示す重要な指標なので、GPAが高ければ高いほど、奨学金を獲得するチャンスも大きくなる。

 

海外大学・大学院留学で必要なGPA

アメリカの大学のTop100校への入学には、2.7以上。Top50校3.0以上で、名門大学(Top20)に入学するには3.5以上必要だと言われる。

例えば、ハーバードビジネススクールの合格者の平均GPAは3.7以上だ。詳細は自身の志望校・志望学部/研究科のホームページで確認しよう。

 

にゃんこ先生
自分のGPAが志望校の基準より若干低くても、他の書類(TOEFLやGMAT、職歴あるいは研究歴、自己PRなど)で補えそうであれば可能性は全然ある。諦めるな。

 

GPA計算方法(日本の大学を例に)

japan

さて、日本の大学はどんな方法でGPAを算出するのか?いくつか例を見てみよう。

早稲田大学

例えば早稲田ではこう記載してある。

科目の成績評価に対して Grade Point と呼ばれる換算値(A+は 4 点、A は 3 点、B は 2 点、C は 1 点、不合格は 0点)が決められています。それぞれの「科目の単位数」と「成績評価の Grade Point」の積の総和を「総登録単位数」で割って、スコア化したものが GPA(Grade Point Average)です。総登録単位数には、不合格科目の単位も含まれます。

これを式で表すと、次のようになります。

(A+修得単位数×4) + (A 修得単位数×3) + (B 修得単位数×2) + (C 修得単位数×1) + (不合格科目単位数×0)/総登録単位数(不合格科目を含む)

※GPA は、小数第 2 位まで表示します。(小数第 3 位は、四捨五入とします。)

引用先:早稲田大学公式サイト

 

京都大学

京大は平成28年(2016年)からGPA制度を導入し、下記の算出方法となる。

成績評価は下表に基づきGPに変換します。

評語A+ABCD
GP4.34.03.02.01.00.0

引用先:京都大学公式サイト

 

東大

東大では、そもそもGPAの算出はしていない。

東京大学ではGPAを算出していません。ご自分の成績が協定校の要求するGPA基準を満たしているかどうか判断する場合、日米教育委員会(フルブライト・ジャパン)が示す換算表http://www.fulbright.jp/study/schedule/index.html(STEP4「留学に必要な条件」)等を利用し、大まかな参考値を算出してください。ただし、成績の判定は各協定校が独自の換算方法により行うため、最終的な成績計算は協定校に一任することになります。

引用先:東京大学公式サイト

 

にゃんこ先生
このように、日本ではGPAの計算方法が統一されておらず、学校ごとの成績の比較は難しい。

 

アメリカのGPA制度と換算方法

成績評価/評語(Letter Grade) 
A (excellent)
B (good)
C (average)
D (passing)
F (failing)

得点率(Percentage)* 
90 – 100
80 – 89
70 – 79
60 – 69
0 – 59

評価点(Grade Point) 
4ポイント
3ポイント
2ポイント
1ポイント
0ポイント

引用先:フルブライトジャパン/日米教育委員会

多くのアメリカの大学では、成績評価は A、B、C、D、F の5段階となる。A は4ポイント、B は3ポイント、C は2ポイント、D は1ポイント、F は0ポイントだ。

それぞれの成績に数値ポイントが与えられ、このポイントと、科目の単位数から GPAが算出される。GPA は0.0~4.0のスケールとり、オール A の学生であれば GPA は4.0、オール F であれば 0.0 となる。

 

一般的なGPA換算表の問題

他のウェブサイトも上記の一般的な算出方法を掲載しており、良く目にすることだろう。しかし、この計算方法で算出したGPAは過小評価になってしまうことが多い。

自分はまあまあ成績良かったけどなんでGPAこんなに低いの?」と疑問を思う人は続けて読もう。

 

まず伝えたいのは、出願者自身で計算したGPAや、出身校が計算したGPAなどを、アメリカの大学はほとんど参考にしないこと。

通常、アメリカの大学院に出願する時、フルバージョンの成績証明書を提出する必要がある。この成績証明書に基づいて、アメリカの大学院はそれぞれの評価基準に従ってGPAを計算する。

つまり同じ成績表を出しても大学によってGPAが異なり、それは自分で計算したGPAとも異なっている。

 

ねこ君
マジで!!なんか希望が見えてきたぞ!あのGPAは本当のGPAじゃなかったんだ!!

ねこ君
けど、そしたらアメリカの大学はどうやって、日本の大学のGPAを計算しているの・・?おれの本当のGPAって何・・?

 

より正確なGPA計算方法

それでは、実際どうやって計算すればより正確なGPAを計算することができるのだろうか?

一つ参考にできるのはWES (World Education Services)という団体の計算方法。

WESはアメリカとカナダで勉強/仕事しようとする留学生や移民の資格認定評価を提供する非営利団体。一部のアメリカの大学は、アメリカ国外の成績表認証・GPA計算等の業務をWESに委託している。

 

WESのGPA算出方法はこれだ:

評価グレードGrade Point
A4.00
A-3.67
B+3.33
B3.00
B-2.67
C+2.33
C2.00
C-1.67
D+1.33
D1.00
D-0.67
F0.00

 

にゃんこ先生
もし自分の成績表にはABCDではなく、100点満点の点数評価になっている場合、下記の表を参考にしてね。
評価点数評価グレードGrade Point
94以上A4.00
90-93A-3.67
87- 89B+3.33
84- 86B3.00
80- 83B-2.67
77- 79C+2.33
74- 76C2.00
70- 73C-1.67
67- 69D+1.33
64- 67D1.00
60- 63D-0.67
59以下F0.00

 

GPA計算式

(換算したGrade Point×単位数)の合計÷総単位数

 

WESのGPA自動計算ページも活用しよう。

https://applications.wes.org/igpa-calculator/

 

にゃんこ先生
もう一度強調するけど、GPAの計算方法が統一されていない日本の大学の成績表を元にいくら頑張ってGPAを計算しても、確実に正確なGPAを算出することはできない。
にゃんこ先生
出願した大学側で改めて計算し直すことになるので、自分では一番高く算出されるGPAを出しておけば良いのでは?
にゃんこ先生
大学によっては、WESのような所定のGPA認定機関を通じてGPAを提出・出願をすることもあるんだよ。

 

GPAは留学のすべてではない

まず、GPAが志望校の基準と比べて低くても、TOEFL、GMATで高スコアが出せれば可能性はある。

さらに、GPAだけでなく、国内で上位の大学出身はGPAより学力を証明できる。例えば、良く分からない私立大学のGPA3.7よりも東京大学のGPA3.0の方が評価される。

GPAが低くても諦めず、大学のランキング等も考慮しながら志望校の選定をすることも重要だ。

 

関連記事

低いGPAでMBAを諦める必要はある?

 

さて、GPAについて理解できた。留学に必要なのは、GPAだけではない!!TOEFL、IELTS、GMAT、エッセイ、インタビュー等、多くの要素が留学の実現に関わってくる。

このサイトでは、留学に必要な各要素についての情報をたくさん提供している。是非記事を最大限活用して、留学準備を効果的にすすめてほしい!

 

にゃんこ先生
留学準備で是非参考にしてほしいカテゴリーを下記に紹介しておくね!一緒に頑張っていこう!!

 

ねこ君
この記事が気に入ったら「👍いいね」ちょうだい!ありがとう!!
にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
ねこ君
にゃんこ先生をTwitterでフォローしよう!!英語学習・留学に役立つ情報が満載だ!!
   

20 件のコメント

  • まずGPA2.7で入れるとこはバカ大学しかないぞ。バーバードも3.7以上は甘い、3.9以上な。嘘の情報流しちゃダメだぜ

  • 日本の大学で、全く分野の違う学部から今の学部に編入しました。また、大学院によってはrequirementとしてGPAの最低ラインが設けられています。このような場合、通常は最低ラインをクリアしているかどうか、どのGPAによって判断されるのでしょうか?前の大学の成績証明書が必要なのは知っているのですが、この判断の際にも、以前通っていたGPAも考慮されてしまうのでしょうか?

    • 基本的には通った大学のすべての成績からGPAを計算するよ。でも、専攻と関連している科目の成績のみでGPAを見る場合もある。
      そのあたりのやり方は、個別に大学のアドミッションオフィスに問い合わせた方が正確に知ることができるよ。

  • 大学の学士入学希望ですが、テストがとても難しく、学年一位を取っても平均80点あたりです。そうなると一般的なgpa換算をすると、とても低く出ます。不利になることはあるのでしょうか。

    • 質問ありがとう。
      結論から言うと、特に不利になることはないよ。
      GPAが低いけど学年の順位が高いという場合、必ず自分が「学年のTOP○○%」という情報を入れよう。
      アプリケーションに補足の情報を入れるところがあるはずなので、そこで理由や背景を説明すればよい!

    • ゼロではないね。なんども言っているようにGPAは学校が考慮する一つの要素でしかない。GMATやTOEFLが素晴らしくて職歴もピカピカならGPAが低くても総合力では他の候補者に勝てる可能性も全然ある。MBAや大学も腐る程あるし、ヨーロッパはアメリカよりも競争率が低く入りやすいということもある。GPAだけで諦めずに、他の要素で補完する努力を続ければ、最終的にはどうにかなるものだよ!

  • 日本の大学から海外の大学に編入する場合、日本でとった単位がすべて編入先での単位として認められるわけではないと思いますが(関連する分野のみとか)、gpaを変換する際はすべての単位が計算されるのですか?それとも認められる単位のみですか?

    • pdさん

      質問ありがとう。ここで議論しているのは、基本は日本の大学から海外大学院に進学する場合のGPA計算だね。
      大学の編入の場合、日本の単位がどこまで認められるか、GPAの計算方法はどうなるかに関して、それぞれの編入先の大学や学部のポリシーを確認する必要がある。詳細は学校に問い合わせてみよう。
      アメリカの場合、現地のコミカレや大学から他の大学に編入することが一般的で、日本の大学から海外の大学へ直接編入することはあまり聞いたことないけど。。

  • 京大卒でMBAを目指している者です。
    僕が学部生の頃はGPAが導入されておらず、成績表にも不可の科目は載らないのですが、それでもGPAは不可も含めて計算されるのでしょうか?

    • こんにちは!そもそも英文の成績表に記載がなければ、計算のしようがないのでGPAには含めなくて良いと思うよ!

  • 旧帝大の工学部で土木系の学科にいるのですが、将来アメリカのIT企業に入るためにアメリカの大学院の情報系の博士課程に入りたいと思っています。
    まったく専攻が違うからでもGPAが良ければ有名な大学院に入れるのでしょうか?
    また、修士課程を東大大学院の情報系に入ってそこでGPAをあげて研究で実績をあげればもっとよい大学院にいけるのでしょうか?

    返信よろしくお願いします

    • wakanaさん

      質問ありがとう!

      まず、GPAはあくまで選考書類の一つしかないので、良いGPAだけで名門大に入れる!または悪いGPAだけで名門大に入れない!ということは一切ない、と理解しておいて欲しい。

      そして、直接に留学するのと、東大の情報系修士(同時にGPAと実績をあげる)を経てから留学すると、どちらがより良い大学院に行けるのかを考えてみよう。

      ①GPA:学部のGPAは望ましくないと想定。そしたら、国内の修士課程に行って極力GPAを上げられれば、条件としては今よりましなはず。
      ②研究実績:今はない。国内の修士課程に行って実績を作れば、今よりましなはず。
      ③推薦状:国内の修士課程に行って関連分野の教授から推薦状がもらえるので、今の条件よりましなはず。
      ④エッセイ:国内の修士課程に行ってから、自分が具体的にどんなこと(情報系と言っても細分された学科や専攻がたくさんあるので)を研究したいのか、なんでそれをやりたいのか、についてより明確になるはず。
      ⑤残りはTOEFL/IELTSスコアとGREスコアだね。これは単純に高ければ高いほど良い。

      もちろん今大学1年、2年生であればGPAを挽回したりTOEFLやGREで高いスコアを獲得する時間はあるはずなので、大学卒で直接留学を目指すか、日本の大学院を経てから目指すか、自分の状況から総合的に検討してみよう!

  • 先程質問したwakanaです。
    返信ありがとうございました!とてもわかりやすく、今大学1年生ですが、大学院の修士課程に行った後の方がよい大学院にいけると思ったのでそうしようと思います!

    もう1つ質問があります。現在、外国語の単位のGPAが悪くて全体のGPAが2.8程で、GPA3.2ほどが目標として現実的だと感じています。この記事でトップのアメリカの大学院に行くにはGPAが3.5必要と書いてありましたが、まったく専攻が違う学部のGPAが3.2ぐらいで、修士号で挽回したり、研究で成果を出したら名門大学院に入るのは可能でしょうか?

    また、現在AIアプリを作っているのですが、こういうのは大学院に入るのにプラスになるのでしょうか?それよりもインターンをした方がよいのでしょうか?

    度々の質問すみませんが返信よろしくお願いします。

    • Wakanaさん
      まだ一年生ならGPAを挽回するチャンスがいくらでもある。今は2.8であれば、これからの3年間全部3.8以上目指せば良い。今からTOEFLの勉強を開始してTOEFLで100~を取れば、英語力の証明はできるし、GREは時間はかかるけど、勉強すればするほどスコアも取りやすいので、早めに勉強を開始しよう。

      繰り返しになるけど、大学院の選考は総合的に候補者を判断するため、GPAと研究実績だけが全てではない。GPAがちょっと低いけど他のスコアやエッセイが素晴らしくて名門校に入れた人も、GPAも試験スコアも職歴等もかなり優秀だけどトップスクールに落ちた人も、たくさん見てきた。

      そのため「私のGPAはxx点、TOEFLがxx点、こういう実績を持っている・・・だから、名門大学院に入る可能性があるのか」という質問に拘らないで欲しい。他の人から「あなたは無理だろう」または「絶対受かるだろう」と言われても無視して欲しい。

      努力する人、自分と真剣に向き合ってきた人であれば、誰にでも可能性がある。その可能性は自分の手にある。

      アプリに関しても、「なぜ(どんな問題意識を持って)そのアプリを作っているか」「アプリの実績」「今後この経験を生かしてどんなことにチャレンジしたいのか」みたいなストーリーを作ることでプラスになっていく。インターンも考え方は一緒で、どちらの方が良いということはないよ。

      海外大学院に入るために「アプリを作る」「インターンする」のではなく、根本的に「将来何を実現したい」、そのために今こういう「アプリを作る」「インターンする」、次のステップとして海外の大学院で〇〇を磨く、という考え方に変えてみよう。

  • 京大の経済の大学院に所属しているものです。学部のときのGPAがとても低く、院でリカバーしようとしているのですが、院を卒業してからMBAに出願することになったら学部時代のGPAも評価の対象になってしまうのでしょうか?

    • goriさん、質問ありがとう!
      院卒の場合は、MBA出願時学部と院の成績表を両方提出する必要があるので、学部のGPAも評価対象になるね。ただ、GMAT/GREやTOEFL/IELTSスコア、職歴、エッセイ等他の出願書類と比べるとそこまでの比重でもないので、変えられないことで悩む必要はないかと!他にできることを頑張って欲しい!

  • 多摩大学の新一年生です。
    この大学は経営学に特化しており、将来アメリカの大学院に行くのでどこでもいいと思って入りました。
    ここで質問なのですが、アメリカ有名なビジネススクール(経営学部)に入るのは可能でしょうか。
    gpaは3.5以上保ちます。
    ボランティアでアフリカにいったり、マニラに子供を助けるボランティアも行く予定です。
    英語は、外国人の友達も多いため、人並み以上にできます(TOEIC 850点)
    現実的アドバイスお願いします。

    • こんにちは、コメントありがとう。
      まずはアメリカのビジネススクールの入学基準を理解しておこう。

      出願に必要な書類として以下のようなものがある。
      ❶TOEFL・IELTSのスコア
      ❷GRE・GMATのスコア
      ❸PS(Personal Statement)、エッセイ
      ❹推薦状
      ❺大学の成績、GPA

      そのため、まずはTOEFLやIELTS、GRE、GMATでトップスクールが求める基準のスコアを得ることで、合格の可能性を高めることができる。
      試験のスコアメイクに想像以上に時間がかかるので、早めに対策を開始しよう。必要なもの(試験対策、学校選び、準備スケジュール、出願等)は全てこのサイトで紹介しているよ。

      ボランティア活動をやるのはいいけど、「アメリカの大学院に入るためにボランティア活動をする」ことはおすすめしない。なんのためにやるのか、大学時代にする活動が将来やりたいことにどういうふうに繋がるのか(そもそも将来なにやりたいのか)をよく考えてみよう。

  • コメントを残す

    名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。