1ヶ月で3000語!?最短最速で英単語を暗記する5つの方法

英単語の覚え方
ねこ君
もーやだ、単語覚えたくない・・。やってもやっても忘れるし、無理ゲーだよ。。
ねこ君
しかも、海外の大学院に進学したくて、GREっての準備してるんだけど、問題集を開いたら、半分以上の単語がわからない!!!題も読めない!選択肢の半分以上は見たこともないマニアック単語だよ!?
GREとは、海外の大学院・MBAに進学したい人が提出する必要がある英語のテストである。

にゃんこ先生
GREだけじゃなく、TOEFLでもTOEICでも、高校から大学受験まで、単語を大量に覚えなければいかない時はよくあるよね。

にゃんこ先生
生活や、学校、仕事で使える単語なら、まだ覚えようとするモチベーションがあるけど、普段全く使わない単語を無理やり覚えるのは、つらい

にゃんこ先生
世の中、「一番いい記憶術」はない。単語の覚え方は人それぞれ、試行錯誤しながら自分に合うやり方を探してみよう。

さて、受験対策のため、短期間で大量の単語を効率的に覚えるコツはあるのだろうか?

今日はいくつか単語の勉強法を紹介していきたい。

語源学習

英単語の大部分は、語根と接頭辞、または接尾辞に分解できる。

 

簡単な例を挙げると、「見る」を意味する単語「view」に、「もう一度」を意味する接頭辞「re」をつければ「review(見直す)」になり、「人物」を意味する接尾辞「er」をつけると、「viewer(視聴者)」になる。

接尾語意味
-able〜できるavailable(利用可能な)、capable(有能な)
-arium (orium)〜のための場所aquarium(水族館)、auditorium(講堂)
-cide殺すことhomicide(殺人)、suicide(自殺)
-ee受け取る人nominee(候補者)、employee(従業員)
-eer〜に従事する人engineer(エンジニア)、volunteer(ボランティア)
-emia血液関係anemia(貧血)、leukemia(白血病)
-en〜でできたwooden(木製の)、golden(金製の)
-log話すことdialogue(会話)、monolog(独白)
-ology~学meteorology(気象学)、psychology(心理学)
-pathy気持ちsympathy(同情), apathy(無気力)
-phobia恐怖症acrophobia(高所恐怖症)、claustrophobia(閉所恐怖症)
-scribe/script書くtranscript(記録)、describe(描写する)
-sphere地球atmosphere(大気)、hemisphere(半球)
-ward方向backward(後方に)、eastward(東方へ)
-ware同一種類の品hardware(金属製品)、kitchenware(台所用品)
-wise向きclockwise(時計回りの)、lengthwise(縦に)

出典:DMM英会話公式ブログより

 

ある程度の語根、接頭辞と接尾辞を覚えたら、初対面の単語もなんとなく意味を推測できるので、これはとても効率的な方法。また、語源を知っていれば、単語を覚える時も、記憶に残りやすくなる。

特にTOEFLやGREなど、抽象的な言葉や学術的な言葉の多い試験の対策のために有効だ。1万2万の単語を一個ずつ覚えるより、数百の接辞を覚えたほうが楽

 

ただ、語源学習にも限界がある。

単語を正しく分解し、語根、接頭辞と接尾辞も理解できたからといって、必ずしも正しい意味を推測できるとは限らない。複数の意味を持っている語源もあるし、約3分の1の英単語は語源学習で使えないものである。

 

にゃんこ先生
語源をすべてマスターすれば単語は完璧になるって言うほど、世の中甘くない。

にゃんこ先生
けど、単語がどのように作られているのか、そのパーツの意味を知ることで、辞書なしでも新しい単語の意味が推測できることは多いから、少し勉強しておいても損はない。

 

 

大量記憶と記憶曲線で復習

大量記憶

一日20個の単語を覚えたいなら、1日で100個の単語を覚える努力をしよう。一日100個の単語を覚えたいなら、500個の単語を暗記してみよう。

人間の記憶は限られているので、20語だけやって20個全部覚えるというわけではない。100語、500語を暗記しようとして、実際に20語や100語覚えるのが、現実の話である。

覚えていない単語は次の日の計画に入れて、続けていく。 短期間に多数の単語を覚えるには、「量をこなす」必要がある。

 

記憶曲線で復習

さて、前日の単語は計画通り覚えた。次の日、早速新しい単語を覚えるのではなく、まずは5分10分でも使って前日の復習をしよう

エビングハウスの忘却曲線によると、短期記憶のものは1週間経てば約8割忘れてしまうそろそろ忘れる頃に復習し、記憶に刺激を与えるのは一番効果的。この忘却曲線に合わせた記憶曲線について、色んな説があるが、個人的にはこの復習の時間軸は一番現実的でおすすめだ。

 

最初:覚えたい単語リストを暗記

1回目復習:数時間後(お昼ぐらいに一度覚えた単語を、夜寝る前に復習)

2回目復習:2日目

3回目復習:4日目

4回目復習:8日目

5回目復習:15日目

 

これで、ほとんどの単語(他の知識でも同じ)は長期的な記憶として保存されると言われている。

 

分かりやすくするため、下記の画像を添付する。各listとは、単語リストのことで、それぞれの勉強目標に合わせて単語量決めればいい。大体1つのリストに50ぐらいの単語を入れ込めば良いだろう。

例えば、1-3の単語リストで150個の単語を1日目に勉強し(List1-3)、当日また復習(※List1-3)する。1-3の単語リストは翌日、4日目、8日目、15日目にまた復習するスケジュールになっており、忘却曲線に合わせて効率的に暗記ができる。

英単語学習サイクル

50単語✖50リストを作れば、1ヶ月と少しで2,500個の単語を暗記することができる。1000個覚える必要のある人は、1リストあたりの単語量は20個で良い。

 

にゃんこ先生
それぞれの日のノルマは、練習の時に、リストの単語をその時だけは暗記すること。単語を見るだけじゃなくて、暗記だよ。忘れた頃にまた出て来るから、長期記憶に刷り込みやすくなる。

にゃんこ先生
単語を覚えるのが辛いのはわかってる。まずは、1ヶ月やってみよう。闇雲に前から暗記していくよりも、効果は高いはず。

にゃんこ先生
ここで言いたいのは、「1日30個を覚えて、3ヶ月で3000個!」って言うのは、絶対にうまくいかないからやめておけ。人は忘れる生き物だからな。

 

分類と連想

言葉を分類して覚えるのもいいかもしれない。一般的な分類方法は、同義語と反意語、スペルが似ている単語等。

例えば、笑うという言葉だけで、chortle(満足げに声高な笑う),chuckle(含み笑い),guffaw(ばか笑い),snortle(鼻で笑う),snigger(忍び笑い),simper(作り笑い)などいろいろがある。このような「単語家族」をカテゴライズできたら、複数の単語を一気に覚え、その使い分けも把握できる。

 

発音やスペルが似ている単語になると、想像力を使って覚えよう

例えば、vernal(春のような)とvenial(許される、許すべき)は、発音もスペルも似ている。「r」があるか「i」があるかの違いである。

個人的には、「i」は人間みたいな形。それで、人間はだれでも誤りを犯すでしょ?じゃあ、「i」のあるvenialは、「誤りを許す」意味になる。連想ゲームみたいだね。

vernalについては、vernalってcanalに似ている。お花見船でcanal(運河、水路)周遊する一番いい時期は、「春でしょう」という感じな覚え方。

 

「こじつけ」のようだが、自身の経験と習慣に応じて、クリエイティブに連想すれば、退屈な単語は少しでも楽しくなるのではないだろうか。

 

にゃんこ先生
英語以外の試験勉強でもやったことがあるような、どうしても覚えられない時にゴロを作ったり、連想ゲームみたいな感じで覚えることもあったと思う。

にゃんこ先生
英単語だって一緒だぜ。

 

カスタマイズ単語帳

中学生や高校生の時はよく単語カードを作っていた?少ない数ならいいんだけど、なんでも単語カードにしたら、何千枚になってしまうので、結局どれが重要かも分からなくなる。

TOEFLやGREなどのボキャブラリー対策として、やはりどうしても覚えられない単語、或いは過去問を練習した時よく出てきた難しい単語だけ、単語カード(表は英語、裏は日本語訳、可能であれば例文も)を作って、持ち運べるカスタマイズ単語帳にするのはどうだろうか。

 

単語カードを作る時、覚えやすいように少し工夫してもいい。

例えば、bereavementという単語はどうしても「死別」って覚えられない、連想もできない。そしたら単語カードを作る時、単語の横に「♰(十字架)」を書いておこう。

loquacious(おしゃべりな)の「o」を口のように描いて見るのも良いだろう。

 

 

また、最近は携帯で作れるフラッシュカードアプリもある。たくさんのアプリがあるが、単語ボックスと言うアプリは、単語帳をPCで作り、携帯アプリで練習できるためおすすめだ。基本無料で使いやすい。

にゃんこ先生
人間って絵と一緒だと覚えやすいって言うよね。

にゃんこ先生
どうしても覚えられない鳥の名前とかも、googleでイメージ検索して、鳥のイラスト簡単に書いておくと覚えやすいかもしれない。

 

その他方法

最後の最後、強制的に体で覚えさせていく方法もあるが、すべての人におすすめするものではない。時間ばかり浪費して、覚えられないと言うこともよくあるはずだ。

  • 大きい声を出して読んで覚える。
  • 紙で何十回も同じ単語を書いて覚える。
  • 電車の中でもジムの中でも単語のCDやMP3音声をひたすら聞く。
  • 家中(冷蔵庫もトイレも壁も)に単語カードを貼って、何をやっても1個2個の単語が頭の中に入るような環境を作る。
  • トイレ専用の単語カードを設置する、終わるまで出てこない。

 

これらの方法を、忘却曲線に合わせて試して見るのも良いかもしれない。

 

にゃんこ先生
できれば、単語を覚える時に発音やアクセントも一緒に覚えるのが良いんだけど、発音記号の読み方を知らない人も多いよね?
にゃんこ先生
発音を学習したい人は、こっちのシリーズも読んでみてね。アプリもあるよ!

 

まとめ

上記で紹介した方法を以下のように組み合わせて使うのが効果的だと考える。
  1. まずは記憶曲線のメソッドで丸ごと暗記(1カ月半で3000~5000単語は行ける)
  2. 次は単語カードと語源のメソッドで覚えづらい単語に重点を置いて復習
  3. 新たに出会った知らない単語を単語カードにし、カスタマイズ単語帳を充実させていく。

 

にゃんこ先生
このような短期集中で大量に単語を覚える方法は、受験対策に最適。
にゃんこ先生
ただ、本当の英語力を身につけるには、普段から洋書を読んだりニュースを聞いたりして、文脈の中で言葉を理解していく必要があるよ。

にゃんこ先生
みんなはどんな方法で単語を覚えてる?ぜひコメント欄で是非共有してね!!

 

にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。FacebookTwitterから、最新情報を受け取る事が可能だよ。シェアもよろしくね。
 

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。