英語リスニング勉強法ワースト5と上達のためのおすすめ勉強法

ねこ君
えっと、今日のりすにんぐトレーニングは音読、シャドウイング、そして黙読とスラッシュリーディングを組み合わせて・・

ねこ君
ふぅ、1セットやるだけでも1時間。これは絶対英語のリスニング力アップするぞ。

ねこ君
先生も本もその練習方法を進めてるから、これを信じて頑張ろう。

にゃんこ先生
時間の無駄。

 

英語リスニング勉強法の常識

世の中には、英語のリスニングのためのトレーニングとして、”如何にも“効果がありそうなおすすめ勉強法がたくさんある。

ディクテーション、シャドウイング、スラッシュリーディング、横文字で何か英語力がアップしそうな響きがないだろうか。

 

そして、多くの本や、予備校がおすすめするリスニングの勉強法は、所詮この横文字の組み合わせなのである。

今日は、これらの学習方法を全て解説し、本当のリスニング力をつけるための方法を提案したい。

 

英語リスニング勉強法ワースト5

リスニング学習法は大きく分けて以下の5つにわかれると言われている。

  1. 黙読
  2. 音読
  3. スラッシュリーディング
  4. ディクテーション
  5. シャドウイング

黙読

スクリプトを声に出さずにを読む。

目的(と言われるもの):リスニング内容が聞いてわからなかった場合に、内容を目で見てわかるようにする。

 

音読

スクリプトを声に出して読む。

目的(と言われるもの):英語のスピードについて行くための初歩練習。

 

スラッシュリーディング

スクリプトの意味の塊ごとに線を引き、意味の塊ごとに一呼吸起きながら黙読又は音読する。

目的(と言われるもの):意味の塊ごとに文章を前から理解する英語脳を培う。

 

ディクテーション

聞いた英語を全て紙やPCに書き取る。

目的(と言われるもの):自分で聞き取れない英語を把握する。

 

シャドウイング

英語を聴きながら、同時に口で追いかける。

スクリプトを見ながらのシャドウイングと、スクリプトを見ないでシャドウイングする2パターンが存在する。

目的(と言われるもの):英語スピードについて行くため。

 

ねこ君
そうそう、このメソッドを自分のリスニングの弱点に合わせてカスタマイズして、とにかく練習するんだ。

ねこ君
どういう組み合わせが効率的なの?

 

常識を疑う心

にゃんこ先生
時間の無駄。

にゃんこ先生
横文字を並べ立てて、ありそうな目的をくっつけたって、意味がない。

にゃんこ先生
リスニングを学習する目的は、「意味を理解すること。」それだけしかない。

ねこ君
・・・・・・へ?

にゃんこ先生
教えてるフリなんだよ。そりゃ、まったくの初心者は何やったってリスニング力はある程度つくよ。

にゃんこ先生
けど、最終的に残るのは、何を何回やったっていう満足感。やった気になるだけ。機械的に作業をしても英語は伸びない。

にゃんこ先生
日本人は真面目。言われたことをありがたく信じて、できなかったら自分のせい。いや、あなたができないのは、教え方、教育が悪いから。

 

英語リスニングおすすめ勉強法

本当のリスニング力をつけるための方法は、本当はとてもシンプル。

  1. 聞く
  2. 読む
  3. ①、②を繰り返す

聞く材料は目的別。次項のおすすめ教材をチェックしよう。

① 聞く

1度聞いてわからなくてもがっかりする必要はない。それがあたりまえ。

軽く1〜2回聞いてに進もう

にゃんこ先生
意味を理解することに重点を置こう。

 

② スクリプトを読む

①で挫折してはいけない。聞いてわからなければ、スクリプトを読めばいいじゃない。

スクリプトを読んで、文章を100%理解しよう。そして、②に戻ろう。

 

にゃんこ先生
理想は100%の理解だけど、80-90%でも可。なぜなら、次のステップがあるから。

 

③ ①/②を繰り返す

①、②を繰り返して行うことで、自分の聞き取れない部分/聞いて理解できない部分を洗い出そう。

そして、その苦手部分だけにフォーカスして音源を聞き倒そう。1日ですべて理解できる様になる必要なんてない。次の日、来週、来月、時間を置いてまた聞いて、理解度を少しづつ深めよう。

わからなければスクリプトを確認して意味を理解しよう。そして、また音源を聞こう。

 

にゃんこ先生
①、②を繰り返すことで、文章の理解度を増して行く。聞いてわからなかったら、読んで理解して。

にゃんこ先生
で、また聞く。繰り返して、聞いて意味がわからない部分を、減らす。

にゃんこ先生
これで、上で言ってた全ての勉強法の目的が達成される。

にゃんこ先生
なんで、学校とか本ではそういうこと言わないかって?教えてるフリ、しないと金もらえないでしょ。

 

英語リスニングのおすすめ教材

おすすめ教材は、あなたの目的別にわかれてくる。

しかし安心してくれ。リスニング力アップのための方法は、全て同じだ。

教材は、それぞれの試験の制作会社が出版しているものを使おう。

 

TOEIC・英検の教材

にゃんこ先生
英検は過去1年分の過去問を無料で公開しているよ。音声+スクリプト付き。ここをチェック。

にゃんこ先生
ちなみに、TOEIC、英検を勉強している人は、レベルをあげてTOEFL、IELTSにチャレンジするのをおすすめしたい。

にゃんこ先生
TOEIC、英検は日本の就活には役にたつけど、将来留学したいなら、TOEFL、IELTSに今から手を出した方がベター。

 

TOEFL、IELTSの教材

おすすめTOEFL iBT対策の教材/単語帳

おすすめIELTS対策の教材/単語帳

にゃんこ先生
TOEFL、IELTSで迷ってるなら、TOEFLを勧める。なぜなら、IELTSよリスニングが難しいから。

 

 

さらに上を目指す

にゃんこ先生
ネイティブレベルの英語はネイティブの英語を聞くしかない。私も勉強中。

 

 

頻度は、短く、多く

机に座って1時間リスニングをするよりも、1回10~20分のリスク二ングを一日3~5回やったほうが効果がある。

イメージは、日本語から英語に切り替える瞬間をたくさん作る感じ。トイレの中で、風呂の中で、ストレッチ中、食事中、電車の中、リスニングは隙間時間の強い味方である。

にゃんこ先生
漠然と聞いちゃダメ。意識して意味を理解するようにする。

 

にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。Facebookから、最新情報を受け取る事が可能だよ。イイねくれると嬉しいな。

コメントを残す