Friendsだけではない!英語学習に最適な海外ドラマBEST10

ねこ君
いい加減、教科書を使って英語を勉強するのも飽きてきた・・

ねこ君
何回おんなじフレーズを音読すればいいんだよ・・。

にゃんこ先生
教科書を使っての勉強だけが、英語の勉強ではないよ。やっぱり、勉強ってやりたくないじゃん?

にゃんこ先生
英語の勉強に飽きたら、アメリカのドラマを見ればいいじゃない。

にゃんこ先生
教科書に乗ってない、ネイティブにとって自然な表現を学んだり、スピードの早い本当の英語を理解できるようにするためには、ドラマを見ることが一番だよ。

にゃんこ先生
今日は、アメリカのドラマの中から、英語学習に最適なシットコムをいくつか紹介したい。

なぜシットコムが英語学習に最適なのか?

シットコムとは?

シチュエーション・コメディ(英: situation comedy)の略。コメディのジャンルのひとつであり、登場人物の置かれる状況によって観客や視聴者を笑わせるコメディ。 Wikiより

にゃんこ先生
簡単に言うと、会話で進むコメディのことだね。アクションとかホラーとかより、とにかく会話が多いからリスニングの機会が多い!

 

英語学習におすすめな理由

実用的な英語

英語の先生はおすすめしないかもしれないが、教科書の英語に比べて、シットコムの英語は、毎日の実生活で使われる実用的な英語が学べる。

リスニング力の向上

様々なアクセントに触れることでリスニング力を向上させることができる。また、言葉だけでなく、その国や言葉の文化的背景を学ぶことができる。

シリーズもの

一つのシットコムを見続ければ、映画のように新しいキャラクターや、背景を理解する必要がない。また、シットコムは他のドラマよりも、(笑いを誘うのが目的のため)次にどんな言葉がくるのか想像しやすい。そのため、物語が理解しやすい。

楽しい

大好きな番組を見つければ、英語を学ぶことを忘れて楽しめる。しかし、英語は学んでる。一石二鳥。

会話力の向上

リスニング力を向上させ、新しい表現を覚えて会話力を上げることができる。

 

シットコムベスト10

Sex and the City (1998〜2004)

ニューヨークに住む30代独身女性4人の生活をコミカルに描く。

50回以上にも及びエミー賞にノミネートされ、7回受賞している。ゴールデングローブ賞でも24回ノミネートされ、8回受賞している。その人気は社会現象となり、放送終了後も世界中で幾度となく再放送される、関連グッズが発売されるなど根強いファンを持つ。

Sex and the Cityで使われる英語はシンプルで、たくさんのイディオム(簡単な動詞と前置詞の組み合わせ)を使う。こららのイディオムはネイティブと話す時の、難しい表現を理解するのに役立つ。

また、使われる英語は、物語の舞台であるニューヨークの英語であり比較的理解しやすい。ストーリーは、近代のニューヨークの文化や若者の興味を知るため、また、ニューヨークと他のアメリカの州との違いを学ぶためにはちょうど良い。

Huluに動画あり。「セックス・アンド・ザ・シティ」で検索。

 

The Big Bang Theory (2011〜)

2人合わせたIQが360という二十代の仲良しオタクコンビ、レナードとシェルドンはカリフォルニア工科大学の物理学者。カリフォルニア州パサデナにあるアパートで同じ部屋に住むルームメイト同士でもある。

2人揃って頭脳は明晰で、博士号を得るほど賢いが、どうも世間からズレていて友人もみんな変わり者。しかもルックスがイマイチなので女性にモテる気配もない。

そんな2人の部屋の向かいにある日、キュートなブロンドの独身美女が引っ越してきたことから始まるコメディ・ドラマ。

ビックバンセオリーは面白い。全ての会話を理解できなくても、何が起こっているのかは推測できる。発音もはっきりしており聞き取りやすい。また、状況に応じた日常的なスラングをたくさん使われる。

また、科学に興味を持っていれば、科学関連の難しい単語やトピックを知ることができる。物語は大学のキャンパスを中心に繰り広げられ、アメリカの大学や学生がどのような言葉を使うのかを学ぶことができる。

Huluに動画あり。「ビッグバンセオリー」で検索。

 

How I Met Your Mother (2005〜)

2030年、ある息子と娘の父親であるテッド・モズビーは、自分がいかにして母親と出会ったかを話し始める。物語の始まりは2005年、彼の親友であるマーシャルとリリーが婚約したことで、テッド自身も結婚を意識し始め、いつものバーで見かけた女性ロビンに一目惚れをするところから始まる・・・。

本シリーズは、ニューヨークに出て来た若きテッドが、いかなる変遷を経て子供たちの母親と出会うに至ったかを、親友たちとの交流と共に愉快に描き上げる物語である。

時間軸は若干理解しづらいが、一度物語の概要を理解すれば、わかりやすいストーリー。ナレーターがシリーズを通じて、逐一何が起きているのか説明してくれる。

アメリカの文化や恋愛模様を理解するのには良いドラマ。また、たくさんのユーモアに関連する言葉が使われる。

 

Ugly Betty (2006〜2010)

ベティ・スアレスは、大学を優秀な成績で卒業したちょっと頑固だけれど、家族想いで性格も頭もいい女の子。出版業界で働くことが夢であるが、容姿の醜さとファッションセンスの悪さからどこも雇ってくれない。

ある日、編集長フェイ・サマーズが急死したファッション誌モードの新編集長としてブラッドフォード・ミード会長の息子ダニエルが就任。

しかし、ダニエルは有名な女たらしであり、アシスタントに手を出すことは間違いなかった。そこで会長であるブラッドフォードは、絶対手を出さないアシスタントとして、面接にやってきていたベティを採用することを思いつく。

その一方、ウィルミナの会社の経営をのっとろうとする陰謀がひそかに進行していた…。

ベティとベティの家族を中心に物語が進む。ベティの家族は、英語が第二外国語のため、ネイティブの英語よりも理解がしやすいはず。

また、このドラマはファッションや雑誌、出版に関連するボキャブラリーを学ぶのには丁度良い。

 

That ’70s Show (1998〜2006)

1970年代のアメリカのウィスコンシン州ポイント・プレイスが舞台で、フォアマン家の地下室を中心に物語が展開するレトロネタのシットコムである。

フォアマン家のエリックを中心とし、その仲間ドナ、スティーブン、マイケル、ジャッキー、フェズ、さらにエリックの両親レッドとキティが、毎回恋愛やらドジやらでくだらない日常のドタバタ劇を演じる。

面白いだけでなく、現実的で10代が生活の中で使う言葉がたくさん使われる。

若者が毎日の生活で使う英語を学ぶだけでなく、英語が母国語でない人(登場人物の一人である交換留学生)が、どのような英語を使うのか、どのような面白い間違いをするのかを学べる。

 

Grey’s Anatomy (2005〜)

タイトルは、医学書『グレイの解剖学』をもじったもの。

シアトルの大病院で働く若い外科医たちの仕事と恋愛、そして苦悩と成長を、インターンとしてスタートする時点から描く。

たくさんの人間関係の中で、異なった登場人物による2人で行われる会話が多く、グループでの会話が中心のドラマよりも理解がしやすい。多くの会話を通じて、自然なイディオムや表現を学ぶためにはとても良い。

また、ヘルスケアや医療関係の関わる専門的なボキャブラリーを学ぶことができる。どのような状況で、どのような専門用語が使われるのか、正しい医療用語を学習しよう。

Huluに動画あり。「グレイズ・アナトミー」で検索。

 

Friends (1994〜2004)

いわゆるジェネレーションX世代である「社会に出てもなかなか大人になれない」登場人物たちの、都会的なライフスタイル、友情や恋愛を、オフ・ビートなユーモアでコメディに仕立てあげている。

テンポよくジョークを交えてストーリーが進みため、必ずしも全ての英語が理解できなくても楽しめる。性格の違った登場人物から、仲の良い友人と、英語でどうコミュニケーションをするのか学ぶことができる。

会話のスピードは他のシットコムよりも若干遅めではっきり発音するため理解しやすい。英語学習者にはおすすめの作品。

Huluに動画あり。「フレンズ」で検索。

 

Glee (2009〜)

オハイオ州ライマにある架空の学校、ウィリアム・マッキンリー高校の合唱部を中心に描かれる、ミュージック・コメディ・ドラマである。

プロのダンサーやミュージシャン、ブロードウェイでの舞台経験などを持つ実力派のキャストたちが、1930年代~90年代のスタンダードから最新のヒットソング、著名なミュージカル・ナンバーなど、毎回幅広いジャンルから名曲をカバーするパフォーマンスが見どころのひとつ。

洋楽を聞くことは英語学習者にとって、一つの勉強法である。音楽を何度も聞き、歌詞を繰り返し口にすることで新しい単語や表現を覚えることができる。

グリーを見ながら、洋楽を口ずさむことで、発音の向上、そして、歌を通じて、会話中心のドラマよりも、効率的に英語表現を覚えられるのではないだろうか。

Huluに動画あり。「グリー」で検索。

 

Gossip Girl (2007〜2012)

米国・ニューヨーク市マンハッタン、セントラルパークの東側に位置する高級住宅街、アッパー・イースト・サイドを舞台とし、名門私立学校に通う富裕層の高校生を中心に描いた恋愛群像劇。

ゴシップガールは、ナレーターがドラマの最初の最後に説明してくれるため、ストーリーを追いかけやすい。

使われる英語はカジュアルで、アメリカの若者がどう英語でコミュニケーションするのか学ぶことができる。

Huluに動画あり。「ゴシップガール」で検索。

 

Desperate Housewives (2004〜2012)

郊外のウィステリア通りに住む“お盛んな”女性たちが巻き起こす波瀾万丈なエピソードの数々を、サスペンス、ミステリー、コメディ、お色気の要素を交えて強烈に描くコメディ・タッチのドラマ

アメリカの自然で口語的な毎日の英語を学ぶためには良いドラマ。

ナレーターの説明(フォーマルな英語)と会話(インフォーマルな英語)が交互に繰り返されるため、フォーマルな英語と会話表現両方のリスニング力を鍛えることができる。

Huluに動画あり。「デスパレートな妻たち」で検索。

 

にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。FacebookTwitterから、最新情報を受け取る事が可能だよ。シェアもよろしくね。
 

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。