純ジャパでも大丈夫!MBA面接準備のポイントと質問例

MBAプログラムの合否判定はGMAT / TOEFLのようなテストスコアから、履歴書(大学時代のGPA・職務経験)・志願動機エッセー・推薦状等提出する書類まで、様々な要因を勘案して総合的に判断されますが、さらに「面接」というものがあります・・・。

さて、私がMBAを取得したのはひと昔前で、当時各学校の方針にもよりますが基本面接は必須ではなく向こうから指定してくる「オプショナル」なもので、「ボーダーライン」に居る人を判定する際に使われる場合が多かったようです。

そして時代は移り変わり、昨今は面接「必須」となっている場合が多く、案外重要とのことでした。そこで、私も過去こういう不要な苦労をしておりますため、面接をうまく切り抜ける方法を本稿でご紹介したいと存じます。

 

この記事の著者: Tempest

  •  横浜在住、40歳台前半の男性
  •  米国のMBAを取得、専攻は金融
  •  投資銀行マン等を経て、財務・法務系の翻訳家として独立(言語は英語・タイ語)
  •  Tempestの英語学習の記録

MBA出願における面接の役割

面接の目的は、履歴書・志願動機エッセーを読んだだけでは分からない・・・往々にして紙数的に簡潔なため・・・部分を補完的に質問・確認する、というものかと思います。また、国際学生の場合、英語のオーラル面の力を見る(聞く、か)、ということもあると思います。

私は今ではMBAのお陰でかなりペラペラですが、当時はしどろもどろではっきりと「英語、下手だね」と言われました。正直なアメリカ人の「良い」癖ですが、これが恨みをさらに増強しています。

ただでさえ英語で、電話となると相手の姿が見えず、母国語でもニュアンスが分かりにくい・・・意思疎通にはノン・バーバルな要素もかなり重要となる、とMBAのコミュニケーションの授業で余計なことを教えられましたが(そんなこと言われているのはさすがに知っとるわ!)・・・のに非母国語というのは大変です。

 

現地に視察のために行ってその際面接も受けてしまう / そのためにわざわざ来るんだから心象もいい、という人もあるようですが、普通は航空費・時間面でのコスト的にボンボンでなければそこまではしません。では、やはり恐怖の英語 & 国際面接を余儀なくされます。

なるべくスムーズに大過なく進めるには、履歴書・志願動機エッセーを元に「想定問答集」を作っておく、というのが賢いでしょう。

 

答えを用意しておいた質問が来たら、シメシメと手元に要したカンペでその部分を読み上げればいいだけです。流暢な英語でなくとも、はっきり大きな声で喋れば通じます。

但し、向こうも大抵の学生がネイティブですら想定問答集を手元に用意しているのは重々知っていますが、いかにも「読み上げている」という感じにならないようには気を付けましょう。

 

インタビュー質問の例

本サイトではよくある面接の際の質問、というものをご用意しています。

かなりの分量ですが、これだけ予め用意しておけばどんな質問でもどれかには該当します。時間は少々掛かるでしょうが、数校は受けるのが普通で、使いまわしが出来るため苦労に見合うかと思いますし、英作文の勉強にもなります。

そうすれば、内容面はあまり気にする必要はなく、英語の発音に集中出来ます!

 

 

想定問答集・回答例

カテゴリーがいくつありますので、その「意図・主旨」をまずご説明します。志望動機書の敷衍・補則ですので内容的には重なるところも御座いますが・・・。

また、重要度: 〇(重要), △(まずまず) 頻度: 〇(来る可能性が高い), △(来ることも来ないこともある)

という大まかな指標も示し想定問答集を用意するに際しての力・時間の掛け方のご参考になるようにしています。

 

その上で、履歴書志願動機エッセーの際例を示すために使った架空のIT営業マン、木下氏という人の設定で実際の応答例を挙げます。やや長くなってしまいますが、木下氏の履歴書・志願動機エッセーは興味があればリンク先でご確認くださいませ。

その上で上記の各カテゴリーにつき典型的な質問を一つ(Q)、それに対して模範解答例(A)・・・かなりの量ですので全ては無理ですが・・・和訳付きで挙げたいと思います。

 

Undergrad (大学時代)

重要度: △

頻度: △

主旨:

MBAは実学的なプログラムですが、やはり学校ですのでアカデミックな面も重要視します。このため、大学時代の専攻について聞かれることがあります。

大学→これまでの職務経験(過去・現状)→MBA(転機・ステップアップの踏み台)→将来のキャリア(卒業後)

というアカデミック面・キャリアの連鎖という連続性を審査では重視しており、志望動機書・面接では全般にこの点に関する一貫性・論理性を見てきます。こちらはこの出だしの部分となります。

とにかくMBAにつながるようにしたいのですが・・・直接ビジネスに関連する政経法商なら単にありのまま述べればいいでしょう。理工や教育・文学等の場合、次の職務経験とかぶりますが、これを勉強してこういう職についたとこの時点でも述べ、MBAに関連付けるのも手です。

 

例:

Q: Why did you choose your undergraduate major?

何故大学時代その専攻を選んだんですか?

 

A1: 模範解答: Because I had been long interested in how accounting / financial figures were related to stock prices. Thus, I majored in accounting and financial computing to statically analyze the relationship for my research theme.

長く、会計・財務数値がどう株価に関わっているか興味があったためで、このため会計学・金融関連コンピューティングを専攻し、リサーチ・テーマ(ゼミ)でその関連性を統計的に調べました。

 

A2: As I wanted to make the world a better place as a technician, I majored in civil engineering / software science and started to work for an IT company that helps build up the financial infrastructure for its clients and the society in general.

技術者として世の中をより良くしたいという想いがあったため、都市工学とソフトウェア・サイエンスを専攻し、自身の顧客と社会一般のために金融インフラを築くIT会社に就職しました。

 

Career progression (これまでのキャリア)

重要度: 〇

頻度: 〇

主旨:

大学→職務経験→MBA→将来のキャリア

のうち二つ目で、MBAの直前・現在であり、MBAを検討にするに至った主な経緯を構成するため重要です。何故MBAか? という含みを持たせて次の何故MBAか・うちの学校かにつながるように論ずるのが賢いです。

 

例:

Q: Why did you take your first job?

何故その最初の仕事を選んだんですか?

 

A: I have picked the IT company whose major clients are financial institution, where I thought my strengths in finance / computing would be beneficial for me and the company, and among all my clients.

そのIT会社を選んだのは、大部分のクライアントが金融機関であり、自身と同社そして中でもクライアントにとって私の財務・コンピューティングの力が生きると思ったからです。

 

Current job / work experience (現在の仕事・職務経験)

重要度: △

頻度: 〇

主旨:

上記と同じですが、より具体的な内容を聞いてきます。

 

例:

Q: Tell me what you do in your job.

仕事でなさっていることを教えて下さい。

 

A: I continually develop systems that would best cater to my clients with SEs AND implement one to them by MYSELF as a sales rep who can also perform SE tasks, as such, to best serve their needs as I know them better than my SEs.

自身のクライアントに最も適するシステムをSE陣と常に開発し続けるかたわら、クライアントに対し(営業兼SEとして)、SEよりクライアントを知る私が「手ずから」導入しております。

 

Why MBA? (何故MBA?)

重要度: 〇

頻度: △

主旨:

大学→職務経験→MBA→将来のキャリア

のうち三つ目で「何故ここに来てMBA」か「MBAを架け橋として挟むのか」という重要な内容です。これまでの職務経験からそう思い至り、将来こうこうしたいため、という「ブリッジ的」な内容にします。

MBAの受験なので一番肝要な部分です。が、なお、これは「MBA一般」(受験している学校に限らない)についてであり、次の何故「この学校(MBAプログラム)」とかぶっているためそちらで合わせて聞かれる場合 / 特に分けないことも多いようです。

 

例:

Q: Why the MBA?

何故(他の学位でなく)MBAでしょうか?

 

A: While I want to learn IT management for my goals, as I do not want to be a pure technician like an SE, I have decided on this degree which can also provide me with half technological / half managerial aspects of that.

ITマネージメントも自分の目標のために学習したいと思っており、一方で純技術屋のSEにはなろうとは思っておらず、半分テクノロジー・半分マネージメントの関連内容を提供してくれるこの学位が一番だと感じました。

 

Why school? (何故この学校?)

重要度: 〇

頻度: 〇

主旨:

上記と同じですが、何故特に本校か、とより具体的になっています。

正直なところMBAプログラムはなべて同質化しており、特に上位ランクのプログラムはどこも似通っています / あるいは何でも大抵のことは学べます。なので実際はどこでも良い場合が多く、このような「ユニークネス」を語るのは中々難しいです。

が、当該プログラムの得意な分野につき、HPで謳っている内容・分野別ランキングを見て、この学校でないとダメ感を無理やり出すようにして下さい。

 

例:

Q: Why the school?

何故本校でしょうか?

 

A: As written out in my Statement of Purpose, I believe your MBA program will help fill up what I still lack to do what I hope to achieve, BEST without doubt in the entire world, or universe for that matter.

志望動機書に書かれている通り、貴校のMBAが、私が達成しようとしていることに対しなお欠くところを全世界で(あるいは宇宙で)「間違いなく一番」満たしてくれると確信しているためです。

 

Other MBA topics (他のMBA関連話題)

重要度: △

頻度: △

主旨:

こちらはさして重要ではありません。が、MBAって何する所かしっかり把握してます? と予習度合いを試すためのもので、ある程度しっかり答えられないとボロが出ます。

 

例:

Q: Has the application process helped you reflect?

出願課程は過去を振り返るのに役に立ちましたか?

 

A: Greatly. It also has helped me solidify and make more specific my goals.

それはもう。また、自身の目標を固めより具体的にするのにも大きな手助けとなりました。

 

Personal characteristics (個人の資質)

重要度: △

頻度: △

主旨:

「資質」と言ってもお花や小動物が好きな心優しい人間、というような一般論ではなく「ビジネスマン(ウーマン)」としての資質を問うものですので。それに関係のあることをポジティブに述べて下さい。

 

例:

Q: Tell me who you are.

ご自身はどんな人間だと思われますか?

 

A: Someone cunning who conspires to make the world far better, not just better, through his own work.

自身の仕事を通じて世界をベターどころでなく超ベターにしてやろうと企む悪い人間です。

 

Career aspirations (キャリア上の目標)

重要度: 〇

頻度: △

主旨:

大学→職務経験→MBA→将来のキャリア

のうち四つ目で、MBAは目標が具体的で野心的な人間を好むため、重要です。

一方本丸のMBAよりやや未来の話なので、面接ではあまり時間を割かないこともあるようです。

 

例:

Q: What aspires you about the field you are interested in?

今働いている分野で何が貴殿をワクワクさせますか?

 

A: The possibility that I can boost Japan lagging behind in the field onto a global stage (level).

同分野で立ち遅れている日本をグローバルなステージ(レベル)に自ら押し上げられる可能性です。

 

General leadership (リーダーシップ一般)

重要度: 〇

頻度: △

主旨:

MBAはマネージメントを学び経営者を養成する虎の穴ですので、非常に重要な内容です。

志望動機書で必ずしも述べる内容ではないため、面接でもし聞かれたらアピールするチャンスです。

下記の例のように、「どうチームメンバーをポジティブな方向に感化出来る人間か」というような才能をにおわせるものがベターです。

 

例:

Q: How do you define success?

「成功」というものをどう定義されますか?

 

A: How my clients will be satisfied with my services, not my monetary records as a sales rep’s.

どう自身のクライアントが私のサービスに満足するかで、営業員ながら金銭的営業成績のみとは思っておりません。

 

Leadership stories (リーダーシップに関する逸話)

重要度: 〇

頻度: △

主旨:

上記と同様です。

MBAに応募される方は一般に20歳台中盤~30歳台前半ぐらいの方が多く、管理職になって部下がすでにいる・下記のA1の例のようにプロジェクトを完全に「主導」しているような場合は少ないと思われます。

その場合、大学でクラブの主将を務めた、というビジネスシーン以外の例でも構いません。

 

例:

Q: Tell me about a time you helped someone else succeed.

他の誰かを成功に導いてあげた例があれば。

 

A1: A client of mine has boosted her sales by about 5% and cut costs by about 10% SOLELY due to the system I implemented for her.

ある私のクライアントは、純粋に私が入れて差し上げたシステムのお陰だけで売上を約5%伸ばし、コストを約10%削減することに成功しました。

 

A2: I have led a soccer club as its captain in my undergraduate days and meticulously planned and implemented training programs to my teammates including basic physical trainings like jogging, dietary aspects and mental toughness and helped it win the intercollegiate championship in Eastern Japan.

大学の頃サッカークラブをキャプテンとして率い、綿密なトレーニング・プログラムを制定、メンバーに実行させました。これには、ジョギングのような基礎体力トレーニングや食事指導、メンタル面など縁の下的な内容も含みます。その結果、同チームは東日本大学対抗リーグでチャンピオンとなりました。

 

Lessons learned (学んだ教訓)

重要度: △

頻度: △

主旨:

MBAはどちらかというと成功している野心のある人間を好みますが、一方誰しも人生で全勝は無い、と客観的な見方も持っており、失敗から反省して学び将来に生かせる資質のある人間を求めています。

なお推薦状でも褒めるだけではなく、(改善可能な)欠けたる所・失敗も少し客観的に述べた方が良いとされていいます。

 

例:

Q: Tell me about a time you had to deal with conflict in the workplace.

職場で問題があった際どう解決したか教えて下さい。

 

A: Often times, budgets needed for development of such systems were rejected by the upper echelon, but I went convince officers by myself logically.

よくそのようなシステム開発に必要なバジェットが上層部から却下されましたが、自ら行って役員を論理的に説き伏せるということがありました。

 

Team environment (チームワーク)

重要度: 〇

頻度: △

主旨:

リーダーシップの項と同様で、チームワークが必須であるビジネス社会に合わせMBAではこの点を重視しています。

実際、他の修士コースと比べMBAプロラムでは「グループワーク」の割合(ペーパー・プレゼンを一緒にやる)が多く、この点を学ばせようとしています。

ちなみに私の経験ではグループワークで「ワリを食う」・「足を引っ張られる(一緒にやったせいでグレードが下がる)」ということがかなり御座いました・・・。罵り合いになることもあります。

 

例:

Q: How would you begin working with a new team?

新しいチームと協働を始める際、どう切り出しますか?

 

A: By getting personally closer to my team members by talking about and agreeing with their hobbies or what they love to do.

まずチームメンバーの趣味や好きな事について語り同調することで、個人的に親しくなることから始めます。

 

Challenging situation (危機に陥った際)

重要度: △

頻度: △

主旨:

教訓の項と同様です。ピンチに陥っても何とか切り抜ける逆境に強い人間か、見ています。

 

例:

Q: Tell me about a time you’ve received criticism.

批判を受けた場合があればお教え下さい。

 

A: That to be modest sometimes is to lead in development of systems, a great lesson to me which I keep mind.

出しゃばり過ぎないこともリーダーシップのうち、とシステム開発に際して言われたことがあります。以後念頭に置くようにしました。

 

Failure (失敗)

重要度: △

頻度: △

主旨:

上記と同様です。失敗は失敗と認め今後に生かせるポジティブな人間か、見ています。

 

例:

Q: Biggest failure?

これまでで一番大きな失敗は?

 

A: I took several days off when a client of mine which trusted me most and demanded that I answer not others for its complaint but couldn’t immediately answer for my high fever by flu.

私を一番信頼してくれているクライアントが、クレームに対し他の誰でもなく私から回答するように言ってきた時、運悪くインフルの高熱で数日休んでおりすぐに回答出来なかったことです。

 

Ethical decision (倫理的事項)

重要度: △

頻度: △

主旨:

ビジネスは戦いで、手段は問わずとにかく勝てばいいアメリカ・MBAながら、最低違法・卑怯なことはしない、フェアに争って勝つという精神もあり、そういう面を見ています。

 

例:

Q: When was your belief challenged?

どんな時に自身の信念がぐらつきましたか?

 

A: When a client of mine offered too high a fee for our services, and I wanted to take it for my record momentarily, but in the end offered to lower it, which it was very grateful for and continued to use ours.

あるクライアントが我が社のサービスに対して高過ぎの対価を提示してきた時、一瞬自分の実績のためにそれで受けようと思いましたが、結局下げる対案を出し、結果感謝されリピーターになってもらえました。

 

Other (その他)

重要度: △

頻度: △

主旨:

ともかくMBA / キャリアに関連する回答にします(無理にでも)。

 

例:

Q: What is your typical day like?

普段どんな感じで過ごしていますか。

 

A: Working hard, preparing for entering YOUR MBA program much harder, which uses up all of my time.

一生懸命働き、一方で貴校のMBAプログラムに入るためにもっと一生懸命準備することで、それ以外に割く時間は御座いません。

 

Closing (最後に)

重要度: △

頻度: △

主旨:

最後にそちらから何かあれば、的なものです。ここまでで十分に意を尽くしていれば、あまりに語りが多いと却ってお喋りと思われますので、御礼を中心に無難にまとめるのがいいと思います。

 

例:

Q: Is there anything you would like to say to / ask me?

最後に何か私に言いたい・聞きたいことはありますか?

 

A: Nothing particular, but I hope to see you there “face-on-face” in 4 months to thank you personally for your having spared your precious time to me today.

特にありませんが、そちらで4か月後直にお会いし今日貴重なお時間を割いて頂いた御礼を申し上げるのをただ楽しみにしております。

 

インタビュー対策のポイント

本稿では面接についてご説明しました。以下、箇条書きでポイントを整理します:

  • 面接は履歴書・志望動機エッセーでは全て分からない点をやり取りする、補完的な位置付けである。
  • 国際学生の場合、英語のオーラル能力も見られて(聞かれて)いる。
  • 近年では必須のところが多く、思ったより重要視されている。らしい。
  • 想定問答集を必ず作っておく。大学→職務経験→MBA→将来のキャリアという連鎖を常に意識。
  • そうすれば英語の発音面に本番でフォーカス出来る。但し読み上げてる感じにはならないように。ハキハキ話せば流暢でなくも通る。
  • 質問にストレートに答える / 簡潔に分かり易く常識的な内容とする / 奇をてらわない。
  • 面接で言えばいいや、というのは不可。

 

大切な点として、質問にストレートに答える / 簡潔に分かり易く常識的な内容とする、ということがあります(建前でも)。

MBAは大人の世界ですので・・・。逆に言うと、クリエイティブになったり奥深い人間だと思わせようとして奇をてらってはなりません。

 

私はどうしても真面目な事より面白い事を優先してしまう性質で、変なことを口走りそうになりましたが忍び難きを忍び、建前を言い続けてギリ受かりました。そういう方も多々あると思いますが、眼前の小利より未来の大利を優先下さい。

また、面接は述べたように「補完的」なものですので、面接で説明すればいいという態度はならず、最低特に肝要なことは必ず履歴書・志望動機エッセーに入れておきましょう。

 

にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。FacebookTwitterから、最新情報を受け取る事が可能だよ。シェアもよろしくね。
 

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。