何歳でも夢は叶う!アラサー女子の独学アメリカ留学 TOEFL編

study-abroad

私が海外留学を達成するまで

toefl-100

さて、簡単に自己紹介をしようかな。

年齢は教えないけど、まーみんなが海外留学したいなーって思うような年齢で勉強を初めて、TOEFLには相当苦労させられた。

最初に受けたTOEFLは79点だったけど、1年間で20回以上受験して、ちょうど1年後に100点取れたんだ。内訳は(R29 L28 S19 W24)。完全に独学だったから、SepakingとWritingが伸び悩んだのかな・・。

 

ま、独学でも100点は超えられるっていうことで参考にしてもらえると。

 

で、100点をとった2ヶ月後かな、最終スコアの104点(R29 L29 S18 W28)が出て、念願のUCLAへの留学を達成することができた。

 

TOEFLで100点を取る

TOEFLで100点というのは、一般的に「いい感じのスコア」の目安だよね。いわゆるトップスクールのMBAに合格できる最低ライン。

最近、こんな私にも「TOEFLってどういう風に勉強するんですか?」という質問投げかけてくれる後輩が現れた。

 

私のMBA受験のように、今の若い人たちも、自らの目標に向かってTOEFLを勉強したいんだね。

私、志の高いその姿に感服した。是非頑張って目標を達成してもらいたい!

ということで、「100点までならこうすれば取れる!」というテーマで、私の経験談を共有するね。参考にできる部分はしてみてね。

 

いつ試験を始めるか

when to start

iBTは、「よーいドン」で一斉に始まる試験ではない。ほとんどの受験会場では、到着した人から順に試験が始まる。これは、初めてTOEFLを受ける人はほとんど知らない事実だと思う。

だから、同じ空間で、皆が違う箇所を解いてるんだよね。

 

TOEFLは4セクションにわたる試験で、「Reading→Listening→休憩→Speaking→Writing」の流れで、様々なセクションを受験中の受験生がいる。

ここで問題になるのが、いつ頃、試験開始するのがベストか?ということ。

 

なぜかというと、iBTにはSpeakingセクションがあるよね。普通に考えて、集中してReadingの問題を解いている最中に、横の人が突然しゃべりだしたら殺意を覚えるでしょ?お前殺したろか!って。冗談冗談。

 

iBT試験で、人が喋り出すのは2回。

  1. Reading開始前のマイクチェック
  2. Speakingセクション開始

この2回をどう乗り越えるかが、鍵なのだ。

 

私からの質問は、「あなたなら早開始 or 遅開始のどっちを選ぶ?」ということ。

 

私は遅めに試験開始するのが好き。

理由は、①Reading中は静かでまだ集中力が高まりきっていないから、他の人のマイクチェックの声が異常に気になる、②Listening中であれば、ボリュームを上げることによって、他の受験生のSpeakingの声はあまり気にならない。

 

ただし、これは完全に個人の好みだから、メリット/デメリットを考えて自分なりのスタイルを作るのが良いと思う。

 

わからない問題をどうするか

これは、ReadingとListeingに関してなんだけど、「わからない問題を見切る自分ルールを作る」ことが重要。

ていうのは、本番ではわからない問題が出てくるのは当たり前。そういう時、パニックになると、いくら考え込んでも、かなりの確立で不正解。ここで考え込んで、他の問題にかかる時間を減らすのは、大きな点数ロスになる。

 

私は、「この問題難しい」と感じた瞬間に、「画面上の時計で残り○分の時点での判断でクリックする」というルールを作った。

パニックにならず、常に冷静でいられることが重要。

 

リーディング

リーディングは初めて受けた時は22点、1年後には29点と結構順調に伸びた。でも、簡単とは言わないよ。TOEFLは相当難しいと思う。

それに、受験経験が少ない人にとっては、トピックによっては「???」という状況に陥ることもあるでしょう。私は1回目の受験で、「メンデレーエフの周期表が・・・」という文章に当たった瞬間に目の前が真っ暗になったことがある・・

私の勉強内容は、主に26点以前と以後という2つの段階で分けられる。

26点以前

教材

①TOEFL テスト英単語3800(旺文社)

②Longman Preparation Course for the Toefl

③The Official Guide to the New Toefl Ibt(ETS)

④TOEFL TEST対策iBTリーディング(テイエス企画)

基本的に①と②を徹底的にやった。①はレベル3の単語を、電車の中で徹底的に覚えた。

②は、まずReading Sectionを一通り全てやって、その後は付属CD-ROMのMini Testを繰り返しやり続けた。本で基礎知識を入れて、CD-ROMは本番のタイムマネージメントも想定しながら知識を定着させる。

 

③は、試験直前の模試として使った。

④は、分野別に勉強できる点が便利。私は文系だから、化学とかの理系分野の文章のみ繰返し練習した。Amazonレビューはやけに低いけど、個人的には結構役に立った。

 

ここまでやって、26点くらい取れたと思うけど、本番の問題は紹介した教材より圧倒的に難易度が高い。だから、問題の相性によって点数がかなりブレてた。22~26点とかでさ。

 

26点以後

教材

①TOEFL テスト英単語3800(旺文社)

②GMAT Official Guide

Economist.com

Nature.com

ここからは、TOEFLのための勉強は、試験前日に模擬テストを1回やるだけにした。ていうか、GMAT対策に追われてTOEFLの教科書なんて見てる暇なかったよ。。

①は、レベル4にチャレンジ。今はほとんど忘れちゃったけど。

②はそんなに難易度も高くないよね。GMATに慣れてきたらTOEFL問題も結構余裕を持って回答できるようになった。

③、④は正直教科書ばっかり見ているのに飽きたから、少しでも面白い文章を読みたかった。特に④はTOEFLのTopicにも出題されることが多かったから、疲れた時にはこういうものを読んで、常に英語に触れることを意識した。

 

にゃんこ先生
独学で29点まで出せたのは相当素晴らしいよね。一言加えるとしたら、彼女はGMATのリーディングだけじゃなくて、Economist.comとかNature.comも合わせて読むようにしたのは、読解力に相当貢献したと思う。

にゃんこ先生
GMAT対策だけだと、読むというよりも、解くことに集中して、あんまり読解力つかない人が多い気がする。

にゃんこ先生
あと、紹介された教材の他に、中国TPOも試してみるといいかな。

 

試験中の心構え

最後に、試験中に心がけていたことを紹介する。「どうやって問題を読むのか、解くのか」決めておくと「どうしようどうしよう」ってパニックにならなくて済む。

  1. 必ず、「問題を読む→本文の該当箇所を読む」ことを繰り返す
  2. 単語の意味に関する問題は、わかってもわからなくても速攻で片付ける
  3. 各Passageの最終問題には、配点が多いから最低2分は時間を使う

自分に心地よい方法を模試をしながら見つけよう。

 

リスニング

実は、リスニングは受験初期の頃からまずまずのスコアが出ていた。初回受験時は26点で一年後28点という感じ。ただ、最初の頃は22点から26点をうろうろしていたけどさ。

26点以前

教材

①Longman Preparation Course for the Toefl

②The Official Guide to the New Toefl Ibt(ETS)

③TOEFL TEST対策iBTリスニング(テイエス企画)

初期は①を本を一通り片付けた後、CD-ROMの演習をひたすらこなした。そして、試験前だけ②で本番の感覚を掴むようにした。

③は本番のリスニングよりもすごく難しい。初期の頃は内容に全くついて行けなくて、「こんな難しくしなくても・・・」と思ったけど、これくらいやっておいた方が本番は気が楽になるかも。

 

「ある程度の点数でいいや」という人は、①と②で良いと思う。

 

26点以降

教材

①TOEFL TEST対策iBTリスニング(テイエス企画)

②Podcast

ここからは、特別に何かを勉強するより、とにかく英語を聞く機会を増やした。

①はiBTの関連トピックの力を定着させるため、②は生の英語に慣れて英語力のベースアップを図るために活用した。聞いたポットキャストは以下の通り。

BBC News

私はイギリス好きだからBBCを使ったけど、純粋なTOEFL対策であればCNNとかの方が良い気がする。

Stanford

Wharton

Stanford、Whartonのものは、好きなトピックを見つけてそれを通勤中に聞いていた。

Stanfordの方が幅広いジャンルのトピックがあり、音質も比較的キレイなので、こっちがメイン。例えば「日本のベンチャー育成環境について」といったトピックは、自分の興味分野でもあり、話しの背景もわかっているので、理解しやすい。

 

Listeningに関しては、「毎日5分でもいいからとにかく聞き続ける」ことが大事。定着すると安定してハイスコアが出やすいSectionだと思う。

 

にゃんこ先生
彼女は勉強始めのリスニング力の基礎がそこそこあったようだね。

にゃんこ先生
TOEFLの教材だけじゃなくて、「生の英語」を取り入れて、毎日英語を聞くのはすごく大事。

 

試験中の心構え

Readingと同じで、自分ルールを決めることで試験中に冷静でいられることを心がけた。

  • メモは自分の頭を整理するために取り、解答時に見返すことはしない。
  • 途中でついていけなくなっても、冷静に。
  • 解答は1問1分以上は絶対にかけない。

 

ライティング

ライティングは受験開始時17点から25点、それから27点ぐらいが安定して出るようになった。

特別なことはしていないけど、私の勉強法はこれ。

教材

①Longman Preparation Course for the Toefl

②TOEFL TEST対策iBTライティング(テイエス企画)

勉強法は、他のセクションと一緒だけど、②で基礎力養成、①のCD-ROMでひたすら問題演習を行った。

文字数

ライティングは1問目は150〜225words2問目は300words以上という文字数の目安が問題文中に示させる。

まずは、「いかに文字数を制限時間内に書けるか」が試験のポイントになる。私も最初は文字数を書ききれないことがよくあった。

私の上達のコツは、毎日1問は必ず問題を解いて書き慣れすること。25点を取れるようになった頃は、文書を書き出す前に、余裕を持って構成を考えていても、1問目は270words前後、2問目は350words前後の分量が書けた。

構成

文字数にこだわるうちは、以外とおろそかになりがちな構成。特にIndepentet Writingは構成が重要。始めの2〜3分でしっかりした構成が考えられた時は、必ずHighのスコアが出た。

自分の書くスピードを考えると、何分考える時間を使えるかを、予め決めておくことをオススメする。

 

Integrated Writing

Reading→Listening →Writing の流れで試験が進む。

参考書では色々な問題パターンが乗ってるけど、基本的には同じ問題パターンでしか問題は出されない。

Reading:あるトピックに対して3つの理由が説明される。

Listening:上記の3つの理由それぞれに対して、講師が反論・矛盾点の指摘を行う。

という構成だ。

この場合、Writingのお題は必ず「3つの論点をまとめろ」となる。

 

第1パラグラフ:全体のトピックの説明

第2〜4パラグラフ:1論点1パラグラフとして、「Reading Passageの主張はこう」→「Lecturerの反論はこう」という流れを3回繰り返せば完成。

 

ポイントはListeningパートで絶対に3つの論点を聞き逃さないこと。よくわからなくても、何か書ける材料を得ることができないと、3分の1を丸々無駄にしてしまう。

にゃんこ先生
Intergrated Writingはリスニングの試験。リスニングの詳しい勉強法はこちらを参考にしてみてね。

 

Independent Writing

私は、大体2〜3分程度をブレインストーミングの時間に使い、そこからは書きながら考えるというやり方をとった。私はこのスケジュール感で、約350wordsを書く。

ポイントは、本当のことを書くことにとらわれすぎないこと。

例えば、「架空の名古屋市のアンケート調査結果」、「架空の日本の伝統的なお祭り」など、論点を強化するための情報はやりすぎない程度であれば、点数にはポジティブ。難しいことはあまり考えずに「こうだったら回答が作りやすいな」という前提を想像した。

 

にゃんこ先生
テンプレートとかにこだわらず、内容がしっかりしていて具体性があれば(文法やスペルミスもなし)、350文字でもハイスコアは目指せる。

にゃんこ先生
ただ、文章の多さも採点基準の一つだから、400文字-450文字程度を目指すのがおすすめ。ライティングの具体的な対策はこちらの記事も見てみてね。

 

スピーキング

Speakingは、「攻略法」なんて言える点数ない・・・。最高20点から、全く点数が伸びず。。。

「こんな人でも100点は取れるんだ」という気持ちで読んでもらえると。

点数の推移は初回17点、3ヶ月後くらいに20点上がった後、19点と20点の間を行き来していた。

教材

①Longman Preparation Course for the Toefl

②TOEFL TEST対策iBTスピーキング(テイエス企画)

②の解答例を見ながら、自分なりの答えを作る練習、そして①のCD-ROMで繰り返し演習問題を行った。

単純にこの繰り返し。

英会話にも通ったけど、結局点数は伸びず。英語を喋る機会を増やすのは、私のように帰国子女でなく、仕事でも英語を使う機会の無い人にとっては良いと思う。

 

あと、心がけていたことは、「別に本当のことを言う必要はない」ということ。ストーリーのロジックは重要だけど、ストーリーの真偽は重要ではない。

 

にゃんこ先生
英語を喋るのがTOEFLが初めて!って言う人は、スピーキングに恐怖を覚えるよね。

にゃんこ先生
スピーキングの対策法はこちらにもまとめているから、参考にしてみてね。

 

※この記事は、こちらのブログを参考にしてアレンジしたものになります。

 

にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。FacebookTwitterから、最新情報を受け取る事が可能だよ。シェアもよろしくね。
 

コメントを残す