TOEFL知って驚くメモ取りの極意と5つのコツ

ねこ君
ふう、TOEFLのメモってどうやって取ったら効率的なんだろう・・・。

ねこ君
スピーキングのメモ取りって不可能じゃないのかな・・

にゃんこ先生
確かに、日本語でノートを取るのも難しいのに、英語でメモを取るのはチャレンジングなことだよね。

にゃんこ先生
今すぐに良いメモが取れるようになる魔法はないけど、メモを取る上で大切なポイントや、効率的にメモを取るコツはいくつかある。

にゃんこ先生
メモ取りができないとリスニングのスコアが安定しないし、ライティングやスピーキングにも影響するからしっかり練習したいところだね。

TOEFLメモ取りの必要性と注意点

toefl-memo

TOEFL iBTが難しい一つの理由に、IELTSと比較してメモ取りが非常に重要になってくることがある。

TOEFLでは、リスニング、スピーキング、ライティング、全てに置いてメモが必要だ。IELTSは、リスニングのみメモ取りが必要になってくるが、答えとなるワード以外のメモを取ることはかえって問題解答の妨げとなる。

 

  • 集中力維持・正解を導くためのメモ

TOEFL iBTのリスニングは4,5分と長いので、なんも書かずに聞き流すと、すぐ気が散ってしまう。書くことによって集中力が保てる。

ただ、そのメモの究極的な目的は正答を見つけるヒントになることなので、聞いたことをすべてメモする必要はない。だらだらメモしたら、逆に答えがどこにあるか見つからなくなることが多い。

 

  • 特別な人以外、メモ取りのスキルは高得点に必須

もちろん世の中、リスニングに集中するため一切メモを取らない人もいる。その中高得点を取った人もいる。そういう人たちは、高度なリスニング力、理解力と記憶力の持ち主だ。

リスニング力、理解力と記憶力、この三つの力にどれか若干自信がないとしたら、安定的に高得点を取るため、安易に「メモを取らない」作戦を取らず、きちんとメモ取りのスキルを磨こう。

 

  • リスニング力はメモ取りの根本

TOEFLのリスニングは、「聞く」力が最も重要で、メモはあくまで補助的な役割を担ってくれる。メモを見ながら、先ほど聞いた内容を短期的に記憶喚起して、正答を見つけていく。

もともと聞き取れていない内容、聞き間違えている内容に対して、いくらメモを見ても意味がない。

つまり、根本的には、リスニング力を磨くことが大事。リスニング力が付いている上、高得点を狙うにはメモ取りのトレーニングすべきである。

 

あなたのメモをチェックしてみよう

writing

TOEFL受験者は、誰もがどうやってメモを取ることが効率的なのか模索し、悩んでいるハズである。例えば、こんな悩みとか・・・

  • 書くことに精いっぱいでリスニングの内容に追い付かなくなった!

本当の良いメモはたくさんの文字数がいらず、数十ワードで十分内容を網羅することができる。

また、メモの際は英単語そのままではなく、自分が認識できるような記号や単語の省略等を極力使って、書く時間を短縮すべき。

 

  • たくさんメモしたのに問題は解けなかった!

これは、リスニング材料にある正しい情報を掴んでいないからだ。無駄な内容をメモしていたということ。

レクチャーの時、教授が喋り始めるとさっさと書き出す、という必要がない。メモするにはタイミングがあり、ヒントとなるキーワードもあるので、有用な情報と不要な情報を聞き分けてメモしよう。

 

もう一つの可能性は、メモから一つの単語を見かけて、「あ、選択肢Bにもこの単語がある!Bだ!」と安易に判断した結果間違った選択肢を選んでしまうこと。

多くの場合、正解はリスニングそのままではなく、ある程度パラフレーズしたものなので、きちんと内容を理解しよう。

 

  • メモ用紙足りなくなった!

同上。不要な情報を書きとりすぎではないか?

 

  • 自分で書いたメモが、自分で読めなかった!

メモは、別に綺麗な字で書く必要が全くないが、「自分だけ読める」というのは最低限だろう。

字が下手であれば、前述したように、自分で分かるような単語の省略や記号を代わりに使おう。

 

良いメモはどんなもの?

  • 会話/レクチャーの流れと一致していて、自分のメモを見ながら、会話/レクチャーを自分の言葉で復唱・再現できる。これができれば、内容が聞き取れた、しかも構造も把握しているという証拠だ。
  • 20-40単語程度で簡潔に。これぐらいは誰でも聞きながら書けるだろうし、問題を解く時も参考しやすい。
  • 必要な情報(質問に対する答え)が網羅され、瞬時で正解を特定できる。

 

会話のメモ例:TPO14- Conversation 2

 

レクチャーのメモ例:TPO50「The Classification of Creatures」

※いずれもTOEFL Listening 28+オンライン講座の講師Chaoyiの手書きメモ。

 

メモの取り方5つのコツ

では、メモ取りのスキルはどうやって磨けるの?学校で取るノートを想像して見よう。ノートの取り方、メモの仕方って100人いたら、100人異なる。人のノート見ても、ノートの取り方を聞いても、かえって混乱することが多いと思う。

予備校が教える、用紙に線を引いてReason1、Reason2….と分けるといった方法はテクニックでも何でもない。そもそも何をメモすべきか、というのを知らないと、メモ用紙を折ったり線を引いたりしても得点に結びつかない。

ここでは、効率的・効果的なメモの取り方を解説する。

 

キーワードをメモ

キーワードというのは、リスニングのトピック内容に関連している単語で、実際の意味を持っている単語、これらの単語をつなげば、センテンスは思い出せる。

前置詞とか冠詞とか書かなくてよい、或いは記号で表示する。主語は通常、トピック自体か前の文の目的語のことが多いので、特にメモする必要がない。

Student: Do you have any advice on how I should cover the story?

Advisor: Well, Max will want to talk to you but I am sure he will tell you to find out things like why the physics department’s worried about enrollment? Has the number of students been getting smaller in recent years? By how much? What kinds of plans are they considering to address this problem?

ここでAdvisorのアドバイスをメモすると、これだけのキーワードは必要:

why worried? # stu ⤵? %⤵? plan?

 

ロジック関係をメモ

リスニング会話もレクチャーも、センテンスの間、或いは段落の間にはすべてロジック関係が存在している。TOEFLで良く現れるロジック関係は下記いくつかある:

  • 定義を付ける
  • 例を挙げる
  • 分類/カテゴライズする
  • 比較/対比
  • 因果関係
  • 並列/順番付
  • 問題と解決策
  • 提案/評価

このような関係性を聞き取ってメモの中で反映しなければならない。

 

省略・記号・言い換え等を使ってメモを簡潔に

省略とは、例えば「oppotunity」を「opp.」に。「Increase」は「↑」、「Decrease」は「↓」にする。

また、簡単な例だと、よくロジック関係を反映する記号は以下のようなものがある。

≠ different, unlike, contradict, rather than

<> belong to, be part of

∵due to, because, reason

∧ but, however, yet, in fact, actually, while

これは100人100色のもので、それぞれの人が独自の慣れているやり方がある。原則は一つだけ:自分が分かる/読めること。

 

無駄な話しの時間を有効活用

例えば会話の中、トピックと関連性のないか、自分の意見を言っていないような「雑談」がちょこちょこある。前に書こうとしたけど書けなかったものがあれば、そういう雑談の時、メモを補完しよう。

つまり、もしメモする時少し漏れとかがあったら、慌てずに、まずその情報を頭の隅に置きながら、聞き続ける。会話やレクチャーのノンセンストークの隙間に、補足すれば大丈夫。

 

にゃんこ先生
あと、TOEFL(特にリスニング)では、問題として出題される大切な部分は、言葉を変えて2回ぐらい説明されることも多い。
にゃんこ先生
一度聞き逃したり、メモが書き切れなくても諦めない。

 

聞き取れていない単語や文にこだわらず、重要な情報をメモ・整理

リスニングの時、分からない単語やセンテンスに遭遇した場合、「あれ、さっき何言ったっけ?」とつい頭の中で考えてしまい、次の文を聞き逃してしまうことがある。

実は、あまり使われていない単語とかが出た場合、その後説明が付くことが多いので、落ち着いて聞き続ければわかるようになるかもしれない。その説明を聞いて重要な情報をメモしよう。

TOEFLのリスニングで繰り返し説明される内容は、必ず重要なものであり、メモに残そう。

 

例えば、下記のレクチャーの内容に、重要な情報はどれとどれ?

Ok, a lot of people think of earth’s orbit around the sun as being perfectly circular, as smooth and as regular as, say, the way that hands move on a well-made watch, but it just doesn’t work that way. You are probably aware that the earth’s orbit around the sun, it is not shaped like a perfect circle. It is more of an oval, it is elliptical. But the shape of this orbit isn’t consistent; it varies over time, over a period of about a thousand years. Sometimes it is a little more circular, sometimes it is more elliptical. And when earth’s orbit is more elliptical, earth is actually closer to the sun during part of the year. Which makes earth, and in particular, the northern hemisphere, warmer. And why is that important? Well, because most of the planet’s glaciers are in the northern hemisphere, and if it gets too warm, then glaciers will stop forming. And we’ve already talked about how that affects earth’s overall temperature。

大切なのは三つしかない。

一つは、「earth’s orbit around the sun is more like an oval」。このことについて三つの文を使って繰り返し説明した。「it is not shaped like a perfect circle.」「It is more of an oval,」「it is elliptical.」どれか聞き取れれば大丈夫だろう。

二つ目の重要情報、「shape of this orbit isn’t consistent」。これも繰り返し説明した。「it varies over time」「Sometimes it is a little more circular, sometimes it is more elliptical.」。

三つ目の重要情報、「この軌道の変化はglaciersの形成に影響する」。

聞きながらこういう重要情報を頭の中で整理して、メモに残そう。

 

終わりに

重要なのはとにかく実践問題を繰り返し行い、どのようにメモを取ればパフォーマンスが上がるのか自分で実験・模索することだ。そのための材料が中国TPOである。

また、繰り返しになるが、重要なのはメモ取りよりも、リスニング力の向上であることを忘れてはいけない。内容が理解できなければ、メモを取るのは100%不可能だ。

 

にゃんこ先生
今日は、「メモ取りの重要性」「効率的なメモ取りの方法があること」を認識して欲しかった。
にゃんこ先生
ただ、原則に帰り、読解力とリスニング力をつけることが重要。その上メモ取りのスキルを身につければ、TOEFL高得点は手に入る。
にゃんこ先生
効果的なメモ取り仕方をさらに深く学びたい人は、TOEFL Listening 28+オンライン講座の受講も検討してみてね!

 

 

ねこ君
この記事が気に入ったら「👍いいね」ちょうだい!ありがとう!!
にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
ねこ君
にゃんこ先生をTwitterでフォローしよう!!英語学習・留学に役立つ情報が満載だ!!
   

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。