TOEFLライティング対策 スコアアップに必要な3要素/勉強法

ねこ君
おかしいなぁ。TOEFlのwritingは日本人の得点源って聞いたんだけどなぁ。。

ねこ君
TOEFLって英語の試験だから、内容って関係ないんでしょ?

にゃんこ先生
だからそう言う話を信じるなって。

にゃんこ先生
TOEFLだって内容は大事だし、そんなうまい話あるわけないじゃん。努力しないと25点以上取るなんて不可能だよ。

 

巷では、TOEFLのWritingは簡単、コツを掴めば28点が安定して取れるといった、悪質な噂を流す予備校や輩が存在する。

確かに、20点を超えるまでは、他のセクションと比較すると、費用対効果は悪くない。

しかし、その先は、一向に上がらない点数。一体何が問題なのだろうか?

Writingの採点の3大要素

TOEFL Writingの採点は、大きく言うと以下の3つのポイントから採点される。

  1. 文法(+表現)
  2. 内容

そして、学習者は①文法と②量ばかりを重視し、③の、内容を軽視しがちである。特に、Independent Taskでは、自分の意見を表現するのが苦手な日本人にとって鬼門となる。

今日は、文法を多く書くポイントだけでなく、内容を充実させるためのちょっとしたコツと考え方も書いていきたい。

 

問題形式の理解

習うより慣れろ

まず、自分で一度問題を解いてみよう。問題形式を理解するために、自分で一通り解いてみるのが一番である。

中国TPOを使って、問題形式を確認してみよう。

 

 

Task1  Integrated Writing

まず、3分でReadingを読み、3分程度のリスニング。その後20分で回答をタイピング。

Readingでは、あるトピックに対して、3つのポイントを解説する。Listeingではその3つのポイントに対してそれぞれ反論する。

Reading内容とListeing内容を要約することが仕事。自分の意見は必要ない。目標文字数は300文字~350文字

 

Task 2 Independent Writing

短い問題文に対して、自分の意見30分でタイピング。目標文字数は400-450文字

問題例はこちらを参照しよう。

 

 

テンプレートは必要?

TOEFL Writingではテンプレートが使える。しかし、テンプレートには一切点数が配点されないため、長いテンプレートを覚えるだけでは20点を超えることはできない。

テンプレートはあくまでライティングの構成を整えるために利用し、最小限にしよう。

そして、内容を充実させ、それによって文章量を増やすことをことを意識しよう。

 

Integrated Task 勉強法

テンプレートに夢を見るのはもうやめよう。

Integrated Taskのテンプレートは100文字程度で十分。150文字程度のテンプレートも存在するが、たった20分しかないエッセイの時間を、テンプレートに使うのは無駄である。

テンプレを+50単語タイプするよりも、+50単語で内容を充実させることを考えよう。

テンプレート

導入

In the lecture, the lecturer casts doubt on the idea that (リーディングのメイントピック)

The lecturer insists that (リスニングのメイントピック、基本的にはリーディングへの反論)

 

ボディパラグラフ①

First of all, the author of the reading passage states that (リーディングのポイント1)

However, the lecturer contradicts this point by arguing that (リスニングのポイント1)

 

ボディパラグラフ②

Another point the author makes in the reading is that (リーディングのポイント2).

In contrast, this is challenged by the lecturer’s position that (リスニングのポイント2).

 

ボディパラグラフ③

Finally, it is maintained in the reading passage that (リーディングのポイント3).

On the contrary, this point is strongly rebutted by the lecturer’s claim that (リスニングのポイント3).

 

結論

In summary, the arguments presented by the lecturer challenge the claims stated in the reading passage.

TIPS for 3大要素

⑴ 文法(+表現)

スペルミス、単複、時制、冠詞等、基本的なミスを減らすことが重要。ここでは、ワードのスペル修正機能ではなく、grammarlyと言うサービスを利用することをおすすめする。

 

 

にゃんこ先生
本試験では、最後に3分くらい見直しの時間を用意したほうがいい。練習では、たっぷり時間を使って納得のいくエッセイを書くことを意識しよう。

 

⑵ 量

Intergrated Writingの目安は300-350文字程度。そのうち100文字はテンプレートだ。

ReadingとListening内容を要約する際に、分量はR : L=1 : 2を意識しよう。Reading要約は1~2センテンス、Listening要約は2センテンスを書くことを意識しよう。

 

⑶ 内容

自分で想像力を働かせる必要はない。全てはReadingとListening内にある。

Reading内容を要約する際には、そのままコピペをするのではなく、書き換えを意識しよう。

一番簡単な書き換えは、受動態を能動態に、能動態を受動態にし、単語を一つか二つ書き換える。関係代名詞を足したり減らしたりして、コピペをしていない感を出すのだ。

Listeningに関しては、聞けるか聞けないかでしかないため、Listening力とメモ取り力の向上に取り組む必要がある。

 

 

にゃんこ先生
シツコイようだけど、Reading内容は絶対書き換えてね。アメリカは盗作盗作ってうるさいみたいだからさ。

 

Independent Task勉強法

Independent Taskの問われ方は大きく2つ。Agree or Disagree(What do you think?) 又は Which do you prefer?である。

問われ方により、使うべきテンプレートが変わる。

テンプレート

Agree or Disagree (What do you think?)

この2つのタイプは、同じテンプレートで回答が可能である。

自分の意見を掲示し、その意見を3つの理由をあげてサポートする。

導入

Some people agree with the statement, “問題文の引用”. Others disagree. OR Some people think that (自分の意見と被らない適当なidea1). Other people think that (自分の意見と被らない適当なidea2).

If asked, both sides will provide logical reasons to support their stance.

I disagree/agree with the statement,”問題文の引用”.  OR  I think that (自分の意見)

Let me show you what I mean.

 

ボディパラグラフ①

トピックセンテンス(disagree/agree、自分の意見をサポートする理由)

理由の説明(3-5センテンス)。

ボディパラグラフ②

上に同じ

ボディパラグラフ③

上に同じ

 

結論

In conclusion, from the above reasons,  (※) I disagree/agree with the statement,”問題文の引用”. OR (自分の意見).

(※) 導入から自分のスタンスをコピーする。

 

Which do you prefer?

2つ以上のものから、どちらかを選べと言う問題には、こちらのテンプレートを使う。

ボディパラグラフで、自分の意見だけでなく、もう一方のスタンスに関する見解も述べる必要がある。

導入

Some people prefer (一つ目の見解). Other people prefer (もう一方の見解).

If asked, both sides will provide logical reasons to support their stance.

I prefer  (自分の見解)

Let me show you what I mean.

 

ボディパラグラフ①

トピックセンテンス(自分が選ばなかった見解に関するサポート)

理由の説明(3-5センテンス)。

ボディパラグラフ②

トピックセンテンス(自分が選んだ見解に関するサポート)

理由の説明(3-5センテンス)。

ボディパラグラフ③

上に同じ

 

結論

In conclusion, from the above reasons,  (※) I prefer  (自分の見解) .

(※) 導入から自分のスタンスをコピーする。

 

TIPS for 3大要素

⑴ 文法(+表現)

Integrated Writingと同様、grammarlyが使える。

にゃんこ先生
本試験では、最後に3分くらい見直しの時間を作ってね。練習では、たっぷり時間を使って納得のいくエッセイを書くこと。

 

⑵ 量 and ⑶ 内容

Independentタスクでは400-450文字を目安としよう。

Independent Taskは昨今難化傾向にあり、英語力+考える力をつけなれば、良いideaは出てこない。

そして、良いideaが出てこなければ、量も増やすことができないと言う悪循環に陥る。

 

内容と量を増やす方法としては、ボディパラグラフのセンテンスを、ジェネラルなアイディアを1-2文自分の経験談を2-3文にすることだ。

自分の経験談だけを描いても、説得力に掛けてしまう。

しかし、ジェネラルな話を4-5文書こうとすると、途中でネタが尽きてしまうだろう。

 

ボディパラグラフ例

質問例:ショッピングモールを近所に作るのに賛成反対?

意見:賛成

トピックセンテンス①: 地元のコミュニティに職を増やしてくれる

センテンス②:(ジェネラル) ショッピングモールには人手が必要

センテンス③:(ジェネラル) 建設のためのworkerだけでなく、レストランやショップんでのレジ打ちとかオーナーとかバイトとか色々仕事を生み出す。

センテンス④:(パーソナル) 自分が子供のころ、ショッピングモールが自分ちの近くに建設された

センテンス⑤:(パーソナル) お父さんは無職だったけど、そこでレストランの職を得ることができて・・・

にゃんこ先生
三つのトピックセンテンスは大切にする。自分の意見と、トピックセンテンス、結論を読めば、何を言いたいのか、読み手に伝わるように意識する

にゃんこ先生
あと、常にアイディア出しの練習をすること。以下のトピックと解答例も参考に。

 

 

Independent Task 実践編

テンプレートの使い方を例題を使って理解しよう。

実践編① What do you think?

実践編② Agree or Disagree?

実践編③ Which do you prefer?

 

本試験中の文章コピペの方法

文章をコピペしたくても「コピー」ボタンがない。そして、Control+Vも使えない。

コピペをする際は、一度「カット」、その場所に「ペースト」、最後にコピペしたい場所へ「ペースト」と、2回ペーストすることでコピペができる。

 

USキーボードの確認

TOEFLでは日本のキーボード配置ではなく、USのキーボード配置であり、アポストロフィーや引用マークのタイプ方法が異なるため、本番前にこちらを確認しておこう。

 

にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。Facebookから、最新情報を受け取る事が可能だよ。イイねくれると嬉しいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です