早稲田大学ビジネススクール(WBS MBA)を知る【日本人ブログ+留学情報まとめ】

waseda-business-school-wbs-mba_1
MBAイベント最新情報 in Tokyo
更新中
ねこ君
国内でファイナンスに強くて、英語で授業が行われるビジネススクールはあるかな?

にゃんこ先生
それなら早稲田ビジネススクールはどうかな?MSc in Financeコースは、2018年度Masters in Finance Rankingの世界ファイナンスプログラムで87位に選ばれた実績を持つ。日本で選出されたのはここだけだ。

にゃんこ先生
またコースは8種類に分かれているので、自分のライフスタイルに合ったコースを選択できる。全日制の日本語履修は4月から、英語履修は9月からと開始時期が異なる。

にゃんこ先生
このシリーズでは、海外MBAの情報をまとめていく。

にゃんこ先生
今日は、早稲田大学ビジネススクール(WBS)特集!

海外留学や海外MBAを目指すうえで重要なのは学校選び。

しかし、海外の学校を選ぶうえで、一つ大変なのは情報集めである。日本語の情報も少なく、イベントや学校説明会も気づいたら終わっていることも多い。

これは、そんな学校を選ぶうえで役に立つであろう情報、サイトを、学校ごとにまとめていくシリーズ第58段。今日は、早稲田大学ビジネススクール(WBS)。

WEBページを行ったり来たりする手間や、有用な情報を探す手間が省け、本来やらなければならないことに時間が使えるようになれば幸いだ。

また、ここのページに漏れており、役に立つ情報があれば、ドシドシコメント欄に共有してほしい。

早稲田大学ビジネススクール(WBS MBA)を知る

 

大学院の基本情報

wbs logo

早稲田大学ビジネススクール(わせだだいがくビジネススクール、英: Waseda Business School, WBS)は、東京都新宿区西早稲田にキャンパスを構える早稲田大学の経営大学院。

正式名称は、早稲田大学大学院経営管理研究科。通称は早稲田大学ビジネススクール(WBS、Waseda Business School)。

  • 「ビジネス」と「ファイナンス」の融合により、メーカー、通信、IT、広告、マスコミ、コンサルティング、金融等、幅広い業種で活躍するビジネスパーソンに幅広い教育「マネジメント・プログラム」を提供。
  • 全日制プログラムの他、常勤者として満3年以上の実務経験を有する者を対象とした夜間主(平日夜間・土曜日)プログラム(夜間主総合、夜間主プロフェッショナル)を提供。
  • 全日制マネジメント(2年制コース)と早稲田ナンヤンダブルMBAプログラムでは、英語での教育を実施(全日制マネジメントは日本語も選択可能)、英語のみのコースワーク、学位論文執筆による修了も可能。

英国のQS社による「経営学修士に関わるQS大学ランキング」の2019年版「Global MBA Ranking 2019」で、一橋ビジネススクールについで日本国内第2位。世界全体では名古屋商科大学ビジネススクールと並んで151位であった。

(wikiより抜粋)

にゃんこ先生
シンガポールのナンヤン工科大学ダブルディグリープログラムも行っていて、14ヶ月シンガポールと東京のキャンパスで学び、2つのMBAを取得することもできる。

 

ホームページ、公式ブログ

ホームページ

https://www.waseda.jp/fcom/wbs/

 

公式Facebook

https://www.facebook.com/wasedamba

 

MBAクラスプロフィル

https://www.waseda.jp/fcom/wbs/about/students

Class of2020
学生数(全日制グローバルMBA 9月入学)定員45名
プログラム期間2年
女性比率23%
留学生比率72.1%
平均GPA(又はレンジ)N/A
勤続年数最低要件3年
学費372万円/2年
GMAT平均スコア(又はレンジ)N/A
GRE平均スコアN/A
TOEFL iBT/IELTS最低要件N/A※TOEICスコアも認められる
直近卒業生年収の平均値(又は中間値)N/A
にゃんこ先生
日本のMBAは学費がめちゃくちゃ安いよね。海外のMBAは学費だけで1年600万〜+生活費がかかることも普通なので、 (パートタイムなら)2年間で仕事をしながら早稲田のMBAが取れるのは魅力的。
にゃんこ先生
早稲田にはフルタイムと夜間+休日のパートタイムのプログラムがあるのだけど、半分以上は夜間クラスで仕事をしながら通っている。
にゃんこ先生
フルタイムのプログラムには4月入学と9月入学があって、9月入学だと全て英語で履修ができる。とはいえ、日本語で受ける人が大多数と聞いてるよ。

 

プログラム別の学費

(参考:https://www.waseda.jp/fcom/wbs/applicants/tuition

にゃんこ先生
ナンヤンとのダブルディグリーはシンガポールドル80円で換算すると約440万で東京とシンガポールで学べるので、2年間全部日本で勉強するよりもお得感はあるね!

 

にゃんこ先生
入学の方法には一般入試(書類審査+小論文+面接)、AO入試(一般的なMBA出願のやり方:TOEFLやGMATのスコア提出、英語のインタビューなど)、企業派遣などがあるので、しっかり概要を把握しておこう。
にゃんこ先生
一般入試は過去問も公開しているので、入試対策に活用しよう!

 

倍率・入学者データ

倍率

にゃんこ先生
気になる倍率は大体2.0~3.0程度。つまり、合格率は30~50%ぐらいだね。難易度はそこまで高くない。

 

入学者

にゃんこ先生
全日制は早稲田から上がってきた社会人経験なしの学生が一定数いるけど、他のプログラムは基本社会人経験が必須となる。

 

にゃんこ先生
ここまで読んで、わざわざ学校に通い直すほどでもないかな・・と思った人は、WBSと日経ビジネススクールが共同でやっているMBA Essentialsを試してみては?
にゃんこ先生
MBAエッセンシャルでは、早稲田MBAのエッセンスを詰め込んだクラス(2時間×全8回)で5万円以下の破格で受けることができるんだ。
にゃんこ先生
少し授業を受けてみて、さらに深く学びたいと思った時に改めてMBAプログラムへの入学を検討してみても良い。

 

日本人ブログ一覧

にゃんこ先生
これで全てではないかもしれないけど、先輩たちが趣味、自己満足、後輩たちのために受験準備・合格体験談をブログに書いてくれている。
にゃんこ先生
西早稲田の生活とか、どんな授業があるのかみたいな記事も、参考になる。軽く読むと授業とか海外生活のイメージがわくよ。
にゃんこ先生
他にも発見したら、ぜひコメント欄で共有してほしい!

 

学校説明会・イベント情報

大学院、MBAイベント情報

https://www.waseda.jp/fcom/wbs/applicants/admission

にゃんこ先生
基本大学で学校説明会をやっているけど、最近はオンラインのイベントも多い。オンラインは交通費がかからないから、とりあえず出席しておこう。公式ページの他、日本人向けサイトもチェックしておこうね。

 

日本MBA特集

にゃんこ先生
日本で評判の高いビジネススクールは早稲田だけではない!慶應や一橋大学のプログラムもチェックしておこう。

慶応義塾大学ビジネススクール(KBS)

一橋大学ビジネススクール(HUB)

京都大学経営大学院

グロービス経営大学院

 

コラム:MBAはいらないのか?

ねこ君
MBAなんて無駄とか、いらないとか聞くこともあるけど、実際はどうなの?

にゃんこ先生
それって、そもそもMBAを持っていない人が言ってない?MBAを持っている人が言っているなら信憑性があるけど、そうでなければ聞く耳を持つ必要はないのではないかな。

にゃんこ先生
MBAを取得する目的としては、①学ぶ内容、②履歴書効果、③ネットワーク作りの3つがあり、卒業後の人生に一番影響するのは②の履歴書効果なんだよね。海外MBAの場合はさらに④英語上達や⑤人生経験もあるよね。

にゃんこ先生
もちろん、MBAを取得するだけで年収アップやキャリアチェンジができる訳ではなく、MBA前の職務経験とMBAでの学び、卒業後のキャリアへの繋がりやストーリーが大切になる。
にゃんこ先生
MBAは(キャリアに傷をつけずに)人生立ち止まって今後ややりたいことを深く考える機会にもなるし、早稲田という学歴をつければ日本の転職市場で評価されることは間違いないよ。

 

にゃんこ先生
そもそもどこの国でMBAを取るべきか?という疑問がある人は、MBAとは?米国MBA留学経験者が徹底解説!も目を通しておこう!

 

ねこ君
この記事が気に入ったら「👍いいね」ちょうだい!ありがとう!!
にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
ねこ君
にゃんこ先生をTwitterでフォローしよう!!英語学習・留学に役立つ情報が満載だ!!
   

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。