香港大学(HKU)MBAを知る【日本人ブログ+留学情報まとめ】

MBAイベント情報
情報収集中
ねこ君
MBA=アメリカというイメージが強いけれど、アジアでも有名な大学ってあるのかな?

にゃんこ先生
香港大学MBAは知ってる?EconomistのMBAランキングで10回以上アジア1位、世界ランキングも上位にランクインしている。香港はアジアの金融ハブとして有名だよね。

にゃんこ先生
フルタイムMBAは13カ月と短期間、アジアにフォーカスしており、将来的に中華圏やアジアで活躍しい人にはおすすめの学校。

にゃんこ先生
このシリーズでは、海外MBAの情報をまとめていく。

にゃんこ先生
今日は、香港大学MBA(HKU)特集!

海外留学や海外MBAを目指すうえで重要なのは学校選び。

しかし、海外の学校を選ぶうえで、一つ大変なのは情報集めである。日本語の情報も少なく、イベントや学校説明会も気づいたら終わっていることも多い。

これは、そんな学校を選ぶうえで役に立つであろう情報、サイトを、学校ごとにまとめていくシリーズ第46弾。今日は、香港大学MBA(HKU)。

香港大学(HKU)の基本情報

香港大学(HKU)は1911年に設立された、香港で一番古い歴史を持つ香港随一の名門校です

2024年QS世界大学ランキングで世界26位、アジアでは第2位にランキングされた、世界でもトップランクの大学です。このランキングは、日本の多くの有名大学よりも高い評価を受けています。

香港大学のMBAは比較的新しく2003年に開設されましたが、アジアのビジネスに焦点を当てた短期集中型1年プログラムでありながら、世界的な金融センターのロンドン、ニューヨークまたは上海で4か月過ごすことができるという、ユニークなMBAプログラムを展開しています。

  • 正式名称:香港大学 (HKU) Business School
  • 公式HP:https://mba.hkubs.hku.hk/
  • 所在地:Room 204, Block B, Cyberport 4, 100 Cyberport Road, Hong Kong
  • 提供プログラム:フルタイムMBA(1年)、パートタイムMBA(2年)、パートタイム香港ー深圳MBA(2年)

 

MBAプログラム

HKUには、フルタイムのMBAの他に、2つのパートタイムMBAがあります。フルタイムMBAは年間50名程度で、9割以上香港以外の方です。パートタイムMBAは香港現地の会社員や、香港駐在の外国人が多いです。

  • フルタイム(1年):8月入学
  • パートタイムMBA (2年):9月入学
  • パートタイム香港ー深圳MBA(2年):9月入学

《参照:MBAコース比較チャート

 

フルタイムMBAの概要

香港大学のフルタイムMBAの概要は下記のとおりです。

カリキュラム
  • プログラム期間:1年
  • 学費(2024年入学):HK$588,000 (約US$75000)
にゃんこ先生
アメリカのトップMBAの年間学費も7~8万ドル。一般的に2年制なのに対してHKUは1年制のため、おおよそ半分の費用でMBAが取得できるね!

 

学生構成
  • 2年間の学生数合計:99(毎年50~60名)
  • 女性比率:47%
  • 留学生比率:93%

《参照: MBA2023&2024 クラスプロファイル

にゃんこ先生
留学生の中、中国大陸・インドが約半数で、残りは日本を含む約20カ国から来ている学生がいるらしい。

 

出願関係
  • 最低語学要件:IELTS 6.5(各セクション5.5以上), TOEFLiBT 80
  • GMAT平均:650 (580+)

《参照:入学情報

にゃんこ先生
一般的に、グローバル上位のMBA校ではTOEFL100とIELTS7.0が基本で、GPAも3.5以上のなか、HKUのスコア要件は若干低め。
にゃんこ先生
語学のスコアやGPAよりも、仕事経験やインタビューにおけるパフォーマンスを重視するのでしっかり準備しよう!
にゃんこ先生
2025年のIntakeは8月下旬から9月上旬までに募集開始予定だよ!ホームページチェックしてね

 

平均給与
  • 卒業後の平均的な初任給:US$136,499
  • 卒業後3ヶ月雇用率:96%

《参照:FT Global MBA クラスプロファイル

 

HKU MBAのランキング

QSグローバルMBA及びファナンシャルタイムズのランキングで以下のようになっています。

QSグローバルMBAランキング 2024
  • 1位(香港)
  • 4位(アジア)
  • 35位(世界)
ファナンシャルタイムズ 2023
  • 1位(香港)
  • 45位(世界)
The Economist
  • アジア1位10回獲得(2010-2018 & 2022)

 

HKUフルタイムMBAカリキュラム

HKU フルタイムMBAは1年間の短期集中型です。

【8月から3月】

オリエンテーションの後、最初の8ヶ月は香港でケースベースの10の必須科目と6つの選択科目を学習します。

①必修科目
  • 事業決定のための会計
  • マネージャーのための分析
  • ビジネス倫理
  • 競争的戦略
  • 課題解決プロジェクト(キャップストーンプロジェクト)
  • コーポレートファイナンス
  • マクロ経済(グローバル視点)
  • デジタル革新の管理
  • 管理経理学
  • マーケティング戦略

選択科目は以下の5つテーマに分類されているため、選択しやすくなっています。

②選択科目
  • ビジネステクノロジーとイノベーション
  • 戦略とコンサルティング
  • マーケティングと総括経営
  • 財務
  • 中国とアジアでの経営
③中国没入型プログラム

中国没入型プログラムは、企業訪問、経営幹部の講演、中国本土での文化的経験などの体験学習を通じて、教室で学ぶ学術理論を強化するように設計されており、中国経済の広大な多様性や中国の南北の文化の違い等についての理解を深めることができます。

また、訪問ツアーや文化イベントを通じて、地域文化や中国独特の商習慣等について学ぶ機会も得られます。

 

【 4月から7・8月】

最後の4ヶ月は、提携校(パートナースクール)3校の中から学習する学校を選択することができます。(出願時に希望を伝える必要あり)

  • ロンドントラック:ロンドンビジネススクール
  • ニューヨークトラック:コロンビアビジネススクール
  • 中国トラック:復旦大学(上海)
  • 香港トラック:HKUで継続して学習することも可能

 

HKU MBAの特徴:なぜHKUのMBAなのか?

HKU MBA

HKUのフルタイムMBAの大きな特徴は3つです。

  • アジア太平洋地域にフォーカス
  • グローバルの視野・ネットワークも構築
  • 手厚いキャリアサポート

アジア太平洋地域にフォーカス

香港大学(HKU)のMBAプログラムの最大の特徴の一つは、そのアジア太平洋地域に対するフォーカスです。

多くのビジネススクールでは、ハーバードビジネススクールのケース(欧米企業中心)を利用するので、アジアの企業に関するケーススタディは相対的に少ないのが現状です。

HKUにはアジアケース研究センター(ACRC)が設けられており、アジア全域の企業や市場を対象としたケーススタディが豊富に用意されています。これにより、学生はアジア特有のビジネス問題に対する理解を深め、実際のビジネス環境で遭遇するであろう挑戦に備えることができます。

他には、中国没入型プログラムで現地訪問やワークショップ等を通じて、中国経済の多様性だけでなく、現地の商慣習や文化に深く潜り込む機会を得られます。

この地域特化型のアプローチは、グローバルな視野を持ちつつも、アジア地域に根差したビジネススキルを身につけたいと考える学生にとって、非常に魅力的な選択肢となっています。

実際も、アジア圏でのキャリア構築やビジネス展開に興味のある学生がほとんどなので、HKUのMBAクラスは貴重なネットワーキングになります。

 

グローバルの視野・ネットワークも構築

香港大学(HKU)のMBAプログラムは、アジアフォーカスでありながら、ロンドンやニューヨークで学ぶことでグローバルな視野とネットワークも築くことができる、ユニークなプログラムです。

冒頭で紹介した通り、プログラムの最初の8、9か月を香港で過ごし、その後の4ヶ月間で、学生はロンドンのロンドンビジネススクール、ニューヨークのコロンビアビジネススクール、上海の復旦大学、または香港に残ることを選択できます。

提携校では、それぞれの学生と同じ教室で同じ講義を受けることになります。交換留学と違って希望するキャンパスに必ず行けることが特徴です。

この国際的な学習環境は、グローバルな視野を広げるだけでなく、世界各地から集まる学生や専門家とのネットワーキングの機会も提供し、将来的なキャリア展開において非常に価値のあるものとなります。

 

手厚いキャリアサポート

HKU MBA Career

香港大学(HKU)のMBAプログラムでは、手厚いキャリアサポートが特徴の一つです。

入学前からのきめ細やかなコミュニケーションを通じて、学生一人ひとりのキャリア経験と目標を理解し、その上で多方面からのサポートを提供します。

 

個々人のニーズにあったキャリアマネージメント:

HKUのMBAプログラムでは、年間約50名の学生に対して、5名のキャリアマネージャーがおり、入学前から学生とのやり取りやCVチェック、8月入学後にすぐキャリア説明会(Info Session)、翌月の9月にキャリアフェアなどが行われ、プログラム通しでキャリアのサポートが充実されています。

これには、香港市場での競争優位性の分析、インターンシップや就職機会の提供、HKUの卒業生ネットワークを通じた企業紹介などが含まれます。

 

シニアメンタープログラム:

学生のキャリアプランに合わせて、シニアレベルのメンター(例えば、Alibabaの元COOなど)とペアを組み、月に一回のメンタリングセッションを提供します。

相性が良ければ、キャリア相談だけでなく人生のメンターになることもあります。

 

バディプログラム:

同じ業界で働くHKU卒業生を紹介して現役学生とペアを組み、業界知識の共有やキャリアアドバイスを直接得る機会になります。

留学生にとって、現地でキャリアのネットワークの構築が一大課題なので、HKUのMBAプログラムの面倒見の良さは感じます。

 

キャリアコーチ:

キャリアコーチは、スキルアップ、学生の強み分析、インタビュー練習など、個々のニーズに応じた支援を提供します。

ここでは、インターンシップの獲得やキャリアチェンジに成功した日本人卒業生の一部をご紹介します。

 

また、香港の就労ビザについても少し補足します。

香港の認定大学で学位プログラムを卒業した留学生は、他の滞在条件なしに卒業後最初の24ヶ月間香港に滞在でき、この期間中に就職活動や就労することが可能です。

仕事のオファーをもらったら、さらに滞在期間の延長を申請することができます。

詳しくは香港の移民局HPを確認してください。

 

にゃんこ先生
日本人卒業生や在校生が運営している、香港大学MBAの非公式サイト(https://hkumbajapan.wixsite.com/hkumba-jp) もあるよ!興味があれば読んでみてね。学校生活をイメージしてモチベーションを高めよう!

 

HKUのMBAへの進学

HKU MBA

出願要件と書類一覧

出願要件

  • 学士学位
  • 職務経験が2年以上
  • 最低語学要件:IELT: 6.5(各セクション5.5以上), TOEFLiBT: 80

 

書類一覧

  • 願書
  • CV(履歴書)
  • 大学成績書
  • 学位証書
  • 推薦状2通
  • TOEFL/IELTS
  • GAMT/GRE
  • パスポートコピー

《参照:出願要件

にゃんこ先生
受験準備では、スコアが全てではないにせよ、定量的に測れるGMAT/GRE、TOEFL/IELTSで高得点は稼ぎたいところ。
にゃんこ先生
英語試験対策は留学準備のファーストステップ!独学思考の方は下記も参考にしてね!
ねこ君
講師から教えてもらったり、相談もしながら進められた方が安心だなぁ。。添削とかも必要だよね?
にゃんこ先生
プロの講師からより効率的に学びたい!という方には、TOEFL・IELTSの学習コースも提供しているよ!

 

学費と奨学金

香港大学(HKU)のフルタイムMBA学費学費(2024年度)はHK$588,000(約1100万円、2024年4月レート)となり、決して安くはありませんが、大学からメリットベースの奨学金を提供しています。

奨学金の額は、HK$150,000からHK$350,000までで、通常学費の20%から60%をカバー、特に卓越した学生には、全額奨学金が授与されることもあります。

奨学金の申請は、MBAプログラムへのオンライン出願と同時に自動的に行われるため、個別の書類提出は必要ありません。

奨学金の選考は、入学選考と同じく、GMAT/GREスコア、学業成績などを参考しながら、候補者の職歴やインタビューでのパフォーマンスをより重視して審査されます。

奨学金の結果は、合格通知と共に発表されます。

 

出願の流れと合格通知

 出願の流れ

香港大学のMBAプログラムへの出願は、オンラインで行われます。

書類選考を通過しショートリストされた学生は、オンライン面接に招待されます。

他のMBAプログラムでは卒業生がインタビューを行うことや、外部の面接サービスを利用することが多いですが、香港大学では教員を中心としたアドミッション委員会が直接、全ての候補者の選考を手掛け、候補者一人ひとりのポテンシャルと適性を丁寧に評価します。

合格通知は、面接後2−4週間に届きます。

 

まとめ

HKUのMBAは、アジアの金融そして貿易の中心である香港のMBAプログラムらしく、アジア特に中国にフォーカスした短期集中型のプログラムを提供しています。

その上で、世界の金融センターのニューヨークまたはロンドンで4ヶ月で学習できるという、アジアだけでなくグローバルな視野も学習できるユニークなプログラムとなっています。

卒業後に、香港や中国を中心にビジネスをしたい方には特におすすめのMBAコースです。

 

にゃんこ先生
最後に、当サイトでは海外大学・大学院進学のサポートやTOEFL・IELTS対策専門のオンラインコースも提供しているよ!!留学準備や出願でお悩みの方は、遠慮なく連絡してね!

 

ねこ君
読んでくれてありがとう!!FacebookXのフォローもよろしくね!
にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。
にゃんこ先生
海外の大学・大学院進学に役に立つメールマガジンに登録しよう!おすすめ記事やイベント情報をいち早くお知らせするよ。

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です