慶応義塾大学院(KBS)MBAを知る【日本人ブログ+留学情報まとめ】

keio business school_1
MBAイベント最新情報 in Tokyo
更新中
ねこ君
今まで海外ビジネススクールでのMBA取得ばかり考えていたけれど、国内なんてどうかな?

にゃんこ先生
慶応ビジネススクール(KBS)のMBAはどう?定員は1学年100名で50人の2クラスに分かれて、授業は日本語で行われる(英語のクラスもある)。フルタイムは2年間全日制でビジネスの勉強に専念できるし、医療経済学や社会保障論、経営再建など珍しい科目もあるよ。

にゃんこ先生
2014年度には、Eduniversal Worldwideのビジネススクールランキング日本部門で1位に選ばれているよ。交換留学やダブルディグリープログラムなどもあるので、海外留学にも挑戦することができるのも魅力の一つ。

にゃんこ先生
このシリーズでは、海外MBAの情報をまとめていく。

にゃんこ先生
今日は、慶応義塾大学ビジネススクール(KBS)特集!

海外留学や海外MBAを目指すうえで重要なのは学校選び。

しかし、海外の学校を選ぶうえで、一つ大変なのは情報集めである。日本語の情報も少なく、イベントや学校説明会も気づいたら終わっていることも多い。

これは、そんな学校を選ぶうえで役に立つであろう情報、サイトを、学校ごとにまとめていくシリーズ第57段。今日は、慶応義塾大学ビジネススクール(KBS)。

WEBページを行ったり来たりする手間や、有用な情報を探す手間が省け、本来やらなければならないことに時間が使えるようになれば幸いだ。

また、ここのページに漏れており、役に立つ情報があれば、ドシドシコメント欄に共有してほしい。

慶応義塾大学大学院(KBS)MBAを知る

 

大学院の基本情報

慶應義塾大学大学院経営管理研究科は、慶應義塾大学日吉キャンパス(神奈川県横浜市港北区)に所在する、慶應義塾大学の経営学大学院(ビジネススクール)。

1年次後半から2年次にかけて、それぞれの教育領域ごとに専門科目が配置され、各学生は、自分に必要な科目を選択して履修する。

また、2年次にはいずれかの教員のゼミナールに所属し、1年間をかけて修士論文に取り組む。各ゼミナールの学生は4〜7名程度である。

修士課程に在籍するKBS生は選抜の上、2年次の2学期に提携先である世界のトップビジネススクールに留学することができる。毎年15~20名程度の生徒がこの制度によって留学している。

(wikiより抜粋)

にゃんこ先生
授業はケーススタディを中心に行われて、卒業までに500以上のケースに取り組む必要があるらしい。2年次はゼミ所属と修士論文が必須なので、研究したい分野を掘り下げて学べるね。

 

ホームページ、公式ブログ

ホームページ

http://www.kbs.keio.ac.jp/en/graduate/mba/

 

公式Facebook

https://www.facebook.com/KeioBusinessSchool1962

 

MBAクラスプロフィル(難易度の目安)

http://www.kbs.keio.ac.jp/graduate/mba/student-profile.html

学生数(Full-time MBA)定員140名
合格率37%
プログラム期間2年
女性比率N/A
留学生比率N/A
平均GPA(又はレンジ)N/A
年齢レンジ23歳~40歳
学費215万円/1年
GMAT平均スコア(又はレンジ)提出不要
GRE平均スコア提出不要
TOEFL iBT/IELTS最低要件TOEFL90 / IELTS 6.5 / TOEIC 860
直近卒業生年収の平均値(又は中間値)N/A

 

にゃんこ先生
クラスプロファイルで入学の難易度やレベル感がだいたいわかる。キャリアサポートのページで主な就職先や給料の情報が乗っていることも多い。
にゃんこ先生
受験準備では、スコアが全てではないにせよ、定量的に測れるGMAT、TOEFLで高得点は稼ぎたいところ。スコアが高いと合格だけでなく、奨学金の可能性も高くなるので、私費は特にこだわりたいね。
にゃんこ先生
TOEFLの勉強法なら100点突破続出!TOEFLおすすめ参考書と勉強法完全MAPを参考にしてね。

 

MBAプログラム概要

MBAプログラムには夜間クラスはなく、全てフルタイムのクラスになる。

一年時は週5日、朝9時から午後4時半までクラスがあり、下記の8領域に関してクラスに参加しディスカッションを中心に理解を深めていく。

  1. 会計管理
  2. マーケティング
  3. 経営科学
  4. 組織マネジメント
  5. 経済・社会・企業
  6. 財務管理
  7. 生産政策
  8. 総合経営

2年次はゼミに所属し、選択科目を履修しながら論文を書いて専門性を高めるプログラムだ。希望すれば2年次の3ヶ月を交換留学することも可能だ。

通常のMBAプログラムに加えて、エグゼキュティブ向けのEMBAも提供している。

 

日本人ブログ一覧

にゃんこ先生
これで全てではないかもしれないけど、日本人の私費や社費の先輩たちが、趣味、自己満足、後輩たちのために受験準備・合格体験談をブログに書いてくれている。
にゃんこ先生
日吉の生活とか、どんな授業があるのかみたいな記事も、参考になる。軽く読むと授業とか海外生活のイメージがわくよ。
にゃんこ先生
他にも発見したら、ぜひコメント欄で共有してほしい!

 

なぜ慶應ビジネススクールMBAで学ぶのか?

比較的低い難易度

アメリカやイギリスのMBAに留学しようとする場合、世界中の優秀な学生と英語で戦わなければならないため、競争率も高く、合格率も低い。

例えばアメリカのトップスクール、ハーバードのMBA合格率は約10%、スタンフォードは6%に対し、KBSの合格率は30%以上、3倍程度の倍率だ。

社会人として限られた時間の中でMBAの受験準備をする中で「受かりやすさ」は一つ考慮すべきポイントだろう。

ちなみに、一橋早稲田のMBAの合格率も約30%であり、大学受験よりも比較的難易度は低い。

 

慶應の知名度

慶應といえば、早稲田に並ぶ名門校であり、慶應大学ビジネススクールはレジュメでもキラリと光るワンポイントになる。

MBAのメリットといえば、一番大きいのはこの「レジュメ効果」のため、比較的安い学費で日本で通用する学歴が手に入るのは美味しい。

 

安い学費

社会人で大学院に進学するとなると、一番気になるのは学費だ。

海外の大学院に比べると、日本のMBAは学費がとてつもなく安い。アメリカでは600万〜800万円/年程度必要な学費が、慶應では3分の1の200万円/年程度で済む。

さらに、慶應で交換留学をする場合、海外の大学の高い学費は免除される。慶應大学の学費でコロンビアやシカゴ、ケロッグのMBAの授業が受けられるのは費用対効果が高い。

 

日本のMBA特集

一橋大学ビジネススクール(HUB)

早稲田大学ビジネススクール(WBS MBA)

京都大学経営大学院

 

にゃんこ先生
そもそもどこの国でMBAを取るべきか?という疑問がある人は、MBAとは?米国MBA留学経験者が徹底解説!も目を通しておこう!

 

学校説明会・イベント情報

大学院、MBAイベント情報

http://www.kbs.keio.ac.jp/news/event/

にゃんこ先生
基本大学で学校説明会をやっているけど、最近はオンラインのイベントも多い。オンラインは交通費がかからないから、とりあえず出席しておこう!

 

ねこ君
この記事が気に入ったら「👍いいね」ちょうだい!ありがとう!!
にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
ねこ君
にゃんこ先生をTwitterでフォローしよう!!英語学習・留学に役立つ情報が満載だ!!
   

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。