ヴァンダービルト大学 (Owen) MBAを知る【日本人ブログ+留学情報まとめ】

MBAイベント最新情報 in Tokyo
更新中
ねこ君
アメリカの中堅レベルの学校で、Healthcareや製薬関連に強いMBAプログラムはどこかな?

にゃんこ先生
ヴァンダービルト大学は知ってる?Owenは大学のメディカルセンターや地元ヘルスケア系企業と連携しており、Healthcareに特化したファイナンスやマーケーティングのプログラムを学べる。

にゃんこ先生
学校の所在地Nashvilleという町の主要産業は、音楽と医療(製薬・病院等)。それ以外、Healthcare ITも発展していて、業界リーダーのChange Healthcareのヘッドクオーターや、Philips HealthcareのIT部門はここにある。

にゃんこ先生
このシリーズでは、海外MBAの情報をまとめていく。

にゃんこ先生
今日は、ヴァンダービルト大学MBA特集!

海外留学や海外MBAを目指すうえで重要なのは学校選び。

しかし、海外の学校を選ぶうえで、一つ大変なのは情報集めである。日本語の情報も少なく、イベントや学校説明会も気づいたら終わっていることも多い。

これは、そんな学校を選ぶうえで役に立つであろう情報、サイトを、学校ごとにまとめていくシリーズ第48段。今日は、ヴァンダービルト大学MBA。

WEBページを行ったり来たりする手間や、有用な情報を探す手間が省け、本来やらなければならないことに時間が使えるようになれば幸いだ。

また、ここのページに漏れており、役に立つ情報があれば、ドシドシコメント欄に共有してほしい。

Vanderbilt University(Owen)MBAを知る

 

基本情報

ヴァンダービルト大学(Vanderbilt University)は、米国テネシー州ナッシュビル市に本部を置くアメリカ合衆国の私立大学である。1873年に設置された。

アメリカ屈指の名門校で最難関大学の一つであり、最先端の研究、勝れたリベラルアーツ教育、名の知れたメディカルセンターを兼ね備えた大学である。現在全米50州と世界90カ国から約12,000人の学生が、4つの学部と6つの研究大学院および専門職大学院に在籍している。

 

MBAプログラムは8モジュール(4セメスターと同じ)で構成されている。1年目はマネージメントの基盤となるコアコースが必修で、1年目の第2モジュールからはキャリアに合わせた選択科目を受講できる。

MBA、EMBAともに多くの称賛を得ている。

PublicationRanking (MBA)Ranking (EMBA)
Financial Times (US)40 (2017)15 (2015)
Bloomberg Businessweek34 (2015)35 (2014)
U.S. News and World Report25 (2017)N/A
Economist “Which MBA?”23 (2017)

(wikiより抜粋)

にゃんこ先生
アメリカTOP20以降の学校は、日本ではあまり馴染みがないよね。大体アメリカのTOP50のビジネススクールであれば、卒業3年後の平均年収は約12万ドル。ヴァンダービルト大学のMBAプログラムもそんな感じ。

 

にゃんこ先生
ちなみに、学校のランキングによって、合格率や必要なGMATのスコアは異なる。ランキングが高いと学費が高いなんて傾向もあるみたい。下記の記事も参考にしてみてね!

» アイビーリーグは合格率30%!?アメリカMBA合格率とランキング

» アメリカ留学に必要なGMATスコアは? ランキングとスコアの目安

» ランクが高いほど学費も高い!?MBAランキングと留学費用

 

ホームページ、公式ブログ

ホームページ

https://business.vanderbilt.edu/

 

公式Facebook

https://www.facebook.com/VanderbiltOwen/

 

公式Blog

https://business.vanderbilt.edu/our-school/newsroom/blogs/

 

MBAクラスプロフィル

https://business.vanderbilt.edu/mba/class-profile/

Class of 2020
学生数(2-year Full-time MBA)179名
合格率N/A
女性比率30%
留学生比率16.4%
平均GPA(又はレンジ)3.3
平均勤続年数/平均年齢5.4年/28歳
学費$58,400/年間
GMAT平均スコア(又はレンジ)680(630-730)
GRE平均スコアN/A
TOEFL iBT/IELTS平均スコアTOEFL 101
直近卒業生年収の平均値(又は中間値)$111,168

 

にゃんこ先生
クラスプロファイルで入学の難易度やレベル感がだいたいわかる。キャリアサポートのページで主な就職先や給料の情報が乗っていることも多い。
にゃんこ先生
受験準備では、スコアが全てではないにせよ、定量的に測れるGMAT、TOEFLで高得点は稼ぎたいところ。スコアが高いと合格だけでなく、奨学金の可能性も高くなるので、私費は特にこだわりたいね。
にゃんこ先生
TOEFLの勉強法なら100点突破続出!TOEFLおすすめ参考書と勉強法完全MAPを参考にしてね。

 

日本人向けサイト

旧サイト:http://www2.owen.vanderbilt.edu/owenclubs/japanese/jp/1_home.html

新サイト:https://owenjbc.wixsite.com/vanderbilt-mba-japan

にゃんこ先生
多くの海外MBAは日本人向けのアンオフィシャルサイトがある。学校の特色や合格体験記を目を通すと、どんな人がいるのか、どんなことに力を入れているのかがわかる。
にゃんこ先生
日本人向けサイトでは、学校説明会等のイベント情報も更新されるから、随時確認しておこう!

 

日本人ブログ一覧

にゃんこ先生
これで全てではないかもしれないけど、日本人の私費や社費の先輩たちが、趣味、自己満足、後輩たちのために受験準備・合格体験談をブログに書いてくれている。
にゃんこ先生
ナッシュビルの生活とか、どんな授業があるのかみたいな記事も、参考になる。軽く読むと授業とか海外生活のイメージがわくよ。
にゃんこ先生
他にも発見したら、ぜひコメント欄で共有してほしい!

 

なぜヴァンダービルト大学MBAで学ぶのか?

ヘルスケア・医療分野への強み

ヴァンダービルト大学MBAの一番の強みは、何と言ってもヘルスケアだろう。

学校のあるナッシュビルは、全米で最大規模の病院の一つであるヴァンダービルト大学のメディカルセンターがあり、1年で200万人以上の患者が訪れる。また、冒頭でも言及したが、ナッシュビルには500以上の医療関連企業が集まり、さらにそれをサポートする周辺サービスも豊富だ。

OwenのMBAでは、ビジネススクールでは珍しくヘルスケア専攻も提供しており、Healthcare Immersionをはじめ、その分野での選択科目が充実、卒業生の20%はヘルスケア産業で働いているという。

 

ヘルスケア産業は金融の次にお金が集まるビジネスであり、MBAのリーダーシッププログラムやインターンシップを提供しているのは、コンサル、投資銀行、一部の大手IT企業(AmazonやDell)を除くと医療関連の事業会社のみとなる。

MBA卒業後、ヘルスケア産業で働きたいと考えていれば、これ以上の選択肢はないだろう。

 

比較的安い生活費・住みやすい環境

あまり馴染みがないかもしれないが、ナッシュビルはアメリカ南部のテネシー州にある。

田舎すぎず都会でもない、暑すぎず寒すぎない、人もフレンドリーで治安も良いため、家族づれの日本人にとっても住みやすい環境だ。

また、生活費(特に家賃)は、物価の高いボストンやニューヨークと比較すると2/3程度で済むため、私費にとってはよりありがたい。

 

少人数のクラス

MBA全体の学生数は180人前後と少数精鋭だ。一つ一つのクラスサイズも25-30人程度と少人数で、生徒とfacultyの割合も1:10のため、学生同士の関係も構築しやすく、教授との距離も近い。

また、セメスター制(1年が2学期から構成)ではなく、モジュール制(1年が4学期から構成)のため、セメスター制の倍の数のクラスを取ることができ、多くの人と出会えるチャンスがある。

クラスサイズはMBAを選ぶ上で重要なポイントの一つとなるのではないだろうか?

 

少人数のアメリカMBA特集

100名以下

Ohio State University (Fisher) MBA

Purdue University (Krannert) MBA

Rice University (Jones) MBA

Wisconsin(Madison) MBA

 

150名以下

バブソン大学MBA

University of Washington MBA (Foster) 

Washington University in St. Louis (Olin) MBA

 

200名以下

Emory University (Goizueta) 

Vanderbilt University (Owen) MBA

Georgia Institute of Technology (Scheller) MBA

 

学校説明会・イベント情報

大学院、MBAイベント情報

https://business.vanderbilt.edu/calendar/

にゃんこ先生
基本大学で学校説明会をやっているけど、最近はオンラインのイベントも多い。オンラインは交通費がかからないから、とりあえず出席しておこう。公式ページの他、日本人向けサイトもチェックしておこうね。
にゃんこ先生
英語の説明会は、できない自分を見つめ直して、再度頑張るモチベーションを高めることができるから、おすすめだよ。

 

学校選びおすすめ記事

にゃんこ先生
学校選びは将来の道を決める大切なステップ。ポイントを下記にまとめたので参考にしてみてね!

» どの大学院に出願すべき?「スコア別」悔いのない留学・学校選び

» 1年 or 2年? MBAの期間は短い方が良い?

» ランキングとフィット感どっちが大事?MBA学校選びで大切なこと

 

にゃんこ先生
MBA学校紹介のコーナーでは、50校以上のMBAプログラムを紹介しているよ!色々と検討して、自分にあった学校を探しててね!!

 

ねこ君
この記事が気に入ったら「👍いいね」ちょうだい!ありがとう!!
にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
ねこ君
にゃんこ先生をTwitterでフォローしよう!!英語学習・留学に役立つ情報が満載だ!!
   

1 個のコメント

  • コメントを残す

    名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。