あなたもできるTOEFL Writing 26+ オンライン講座 生徒募集中!

かつてライブ講義として提供されていたこのクラスですが、クオリティはそのまま、よりお求めやすい価格でオンラインクラスとして生まれ変わりました。

このクラスがあなたのTOEFLスコア目標達成の一役となれば幸いです。

TOEFL Writing 26+オンライン講座の特徴

  • 効率的・効果的な学習スタイル
  • 高得点テンプレートでTask 1 GOOD確保
  • Topic/Question Type別のロジック強化
  • 直近の本番問題を使って練習・解説
  • 65.9%当たる予測問題を共有

※2017年度全TOEFL本番試験回数を、予測問題が当たる回数で割って計算

 

ライティングのスコアが安定しないのは何故?

TOEFLの採点基準を簡潔にまとめると、①構成、②内容、③ロジック、④表現力の4つがあります。

自分の得意なトピックが出てきた時は、上手な表現でロジック的で良い内容が書ける一方、苦手なジャンルが出題されると、内容や表現が幼稚になったり、ロジックがうまく成り立っていなかったりしませんか?これはすべてスコアに影響しています。

そのため、私たちのクラスは、トピック別に問題を分類し、クラスもとビック別に進んでいきます。今まで気づかなかった苦手分野や問題のタイプを発見し、トピック別の練習の中で苦手分野を強化することで、スコアを安定化させていきます。

 

ネット上ではさまざまなテンプレート(Integrated Task)があるけど、ここで教える高得点テンプレートはどう違う?

  • 構成

ネットでは4段落で結論がなくても良しとするものも多いですが、高得点を安定化させるためには結論も重要です。

  • 内容

例えば、イントロでカバーする内容として、ほとんどのテンプレートは下記のように、「リーディングは〇〇の意見で、レクチャーは△△とリーディングに反論している」と書いています。実はこれでは不十分です。

もちろん、語彙力が高く、表現力が優れている人であれば、その不十分さを補うことはできますが、そうでない人にとってはより完成度の高いテンプレートを使うことが高得点への近道です。

私たちのテンプレートを使うことで、誰でもIntegrated TaskでGoodが取れるようになります。もちろん、リーディングとレクチャーのリスニングの理解ができている前提です。

 

昔のライティング問題(TPO等)と直近1-2年の本番問題とは何が違うの?

問題のジャンル・問題タイプ、と問題の難易度が高くなり、より深い議論が必要になるトピックが多くなりました。

出題傾向についてはこちらの記事で詳しく分析しているので確認してみてください。

難化したIndependent Taskに対応するため、私たちのクラスでは直近の本番問題で練習と解説を行います。また、予測問題にも直近の本番問題が含まれているので、それを活用して練習するのがおすすめです。

 

TOEFL Writing 26+ 講師紹介

Chaoyi

Chaoyi(チャオイー)。アメリカでマーケティング修士号とMBAを取得。Forté Foundation奨学金獲得者。中国の大手塾でTOEFL講師として2年経験し、その後ラグジュアリホテルでマーケティングマネージャーとして勤務しながら、留学コンサルティング会社を起業し、3年間数十名の学生を100%の合格率でアメリカTOP50の大学に留学達成させた。

TOEFL(アメリカ留学前):107点。 IELTS(留学後):8.0

 

講義は英語で行われます。Chaoyiは、日本人と同じく英語は第二外国語であり、クラスではネイティブスピーカーより優しい英語ゆっくり話します。

 

授業構成・シラバス

一部の授業内容は無料公開中です。ぜひクリックしてご覧になってみてください。

 

受講の流れ

 

受講料

 

  • 添削の一例

 

こういう方におすすめ!

  • 独学(予備校)で勉強しているけど20点前後からスコアが上がらない
  • 一度ライティングで25、26点が取れたのに、その後点数が安定しない
  • ライティングの点数が安定すれば100点が取れたのに・・
  • 練習よりも本試験の難易度の方が高い気がする
  • テンプレートを暗記したのに高得点が取れない
  • 500文字以上書いているのに点数が上がらなかった/点数が下がった
  • 自分の書いたエッセイにフィードバックが欲しい
  • ライティングの効果的な勉強法がわからない
  • 一人だと中々ライティングを練習する気になれない
  • ライティングで20点後半を獲得したい

 

期待される効果

  • タスク1の高得点テンプレート、タスク2のQuestion Types別対策、直近の過去問による演習と10回の添削で、約二カ月で安定的に26点以上の高得点が取れるようになる!
  • 効果は元々の英語力、個人の努力によります

 

受講生の声/スコアアップのご報告

今まで受講したTOEFL講座では建前に基づいた授業が展開されていましたが、本講座は全て本音で語られていた点が良かったです。

期間は短期集中・スパルタという感じで自分には合っていました。

日本でよくあるアプローチとは少し異なった、とても魅力的なクラスだと感じました。

トーフルのライティングのテンプレに関して
-素晴らしいと思いました。ライティングが27、28くらいまでいったのはこのおかげだと思います。

(クラス購入時のコメント)

My best scoreは、R29 L28 W21 S20 の98です。W23で100を目標にしています。

(クラス購入1週間後)

Writingがどうしても苦手だったのですが、8月10日のTOEFLで、1週間でWritingが21点から25点まで伸び最高点となりました!

 

無料体験のご案内

入塾者専用の学習ページで、本クラスのビデオを一部無料公開しておりますので、ぜひご覧ください。

 

クラスへの申込

下記リンクより申込手続きをお願いいたします。

 

TOEFL Writing 関連記事

  1. 2018年TOEFLライティング出題傾向の分析と対策
  2. 例題から見る三択一問題の構成と書き方
  3. ロジック的に論点を支える書き方【Independent Task】
  4. TOEFLライティング無料添削企画 Independentエッセイ
  5. 高得点取得に必須!TOEFLライティング採点基準の分析と対策

 

よくあるQ&A

英語のリスニングに不安があるけど大丈夫かな?

私も英語を第二外国語として学習してきたためその気持ちはわかります。授業中はシンプルな英語でゆっくりはっきり話すことを心がけます。ビデオなので何度も見返すことができます。

 

ライティングの添削はどのようなタイミングで使えるの?

コース期間中に、いくつか宿題があるので、そのタイミングで使うことをおすすめします。残りの添削はコース終了後お好きなタイミングでご提出ください。提出後3日間以内にフィードバックいたします。

 

メモの取り方って、人それぞれ独自の方法があるのではないの?共通のスキルなんてあるの?

メモを取る際に使う記号等を見ると、確かにそれぞれ独自のものがあると思います。誰でも自分が一番速く書ける記号、マーク、アルファベット等を使ってメモを取ることができます。

しかし、メモの完全性、有効性を見ると、良いメモはみんな同じく、次の基準に合っていると思います。

①文の全体構造が反映され、②ロジックが明確で、③主要な内容と補助的な情報がはっきり分かれて、④必要なディテールも含まれているということです。

 

ライティングのIntegrated taskを含むTOEFLのリスニングは、文の構造は一定のルールに沿ったものなので、効率的で完成度の高いメモの取り方が分かれば正答率を大幅に上げることが可能です。

もちろん、まったくメモを取らずに安定的に高得点が取れるような方はいると思いますが、そうでない方にとって、効率的で完成度の高いメモの取り方は、高得点を達成するために必須のスキルと言えます。

 

ライティングは独学でやりたいけど、ダメなの?

もちろん、すでにある程度の英語力と文章力がある方にとっては、私の記事で言及した構成や内容等で組み立てれば、高得点が取れるのではないかと思います。

しかし、リーディング・リスニングという必ず正解のあるセクションと違い、多くの人にとってライティングはあまり独学に向いていません。

 

グラマリー等の添削ツールは文法ミス、句読点や言葉遣いを指摘してくれますが、エッセイ全体の構成、内容がトピックに合っているのか、ロジックが成り立っているのかについてはフィードバックが出来ません。

短期間でスコアを伸ばすには、やはり第三者からのフィードバックが重要になります。

 

お問合せ先

  • コース内容のご質問
  • 学習のご相談
  • その他お問い合わせ

など、お気軽に下記よりご連絡ください。

 

TOEFLは、エデュケーショナル・テスティング・サービス(ETS)の登録商標です。

 

ねこ君
この記事が気に入ったら「👍いいね」ちょうだい!ありがとう!!
にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
ねこ君
にゃんこ先生をTwitterでフォローしよう!!英語学習・留学に役立つ情報が満載だ!!
   

5 件のコメント

  • こんにちは!

    4日後にToefl iBTの試験を控えています。
    今持っている最高スコアが92(R29L25S18W20)です。(今返ってきました)
    目指している奨学金の要項には100点を取ることを推奨されていて、なんとかSpeakingとWritingを上げたいです。
    よかったら直前でできることを教えていただけませんか?
    7月20日と28日に受ける予定です。
    講座の申込ではいのですが、よかったらご返信ください。
    急に失礼しました!
    Michimon

    • Michimonさん

      質問ありがとう!

      正直にいうと、1週間で点数が急激に上がるような魔法はなかなかないね。あるとしたら当日の精神状況やコンディションを最大限整えることぐらいかな。

      https://www.path-to-success.net/toefl5

      ジェネラルなアドバイスとしては、100点まであと少し。リーディングとリスニングは28点以上を目指し、ライティングは25点〜、スピーキングは20点〜を目指すこと。

      ライティングはここで紹介している関連記事を読んで自分に取り入れられる部分を取り入れること、スピーキングも下記の記事でヒントがもらえるはず!

      https://www.path-to-success.net/?s=TOEFL+%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

      リスニングはコツを掴むと正答率が上げられることもあるので、下記の記事も読んで見てね!

      https://www.path-to-success.net/toefl-listening

      スコアの結果を見て、ライティングの受講が必要かどうかも検討してみてね!ライティングは実際に書くことが重要だし、添削やフィードバックを受けた方が上達は早くなるよ!

  • 追伸
    このThere is no magicで勉強していて、本当にためになります。
    ありがとうごさいます!

  • にゃんこ先生

    なるほど!
    先生がオススメしてくれた記事をもう一度読みました。
    そして、今からできることは公式の問題を解くことかなと思いました。

    今試験会場の近くのホテルをとって、明日の試験に備えています!
    ご返信ありがとうございました

    Michimon

  • コメントを残す

    名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。