中国人講師によるTOEFL Writing 26+を目指すオンライン講座

サイトのミッション

バブソン大学MBA Class of 2019の柴崎です。

僕は日本に生まれ、海外経験は一切なく、日本でTOEFLやGMATの準備をしてとても苦労をした経験があります。大手予備校から個人塾まで、たくさんのお金と時間を使いましたが、スコアは思ったように伸びませんでした。

 

僕も含め、日本人がTOEFLやGMATで良いスコアを取れないのは、頭が悪いとか、英語ができないからではなく、根本的な学習方法が良くないからだと思っています。英語学習は、海外経験のない日本人にとって未知の領域で、予備校や英語ビジネスが出す不確かな情報に惑わされことによって、正しい方法で学習ができていないことが、留学や英語上達の壁になっていると感じています。

 

その考えから、留学を達成した大先輩や、英語を上達させて自分の夢を叶えた人たちの学習法を一箇所に集めることで、成功体験をベースとした正しい勉強法がわかる場所、経験をシェアする場所を作るために、このサイトを立ち上げました。

 

 

本サービス開始にあたり

 

今回、私のこのTOEFLクラスを発表できることにものすごくワクワクしています。

 

中国と日本のTOEFLスコアには10点近くの差があり、ほとんどのTOEFL受験者は海外留学するまで中国から出たこともなく、YouTubeや一部の海外サイトが見れない等、インターネットが不自由な中で、高得点を輩出しております。中国では、この20-30年の中で英語教育ビジネスが急速に成熟し、メソッドが確立されているのです。

 

驚くべきことに、彼らは我々のようにTOEFLを20-30回受けるということはせず、多くても2-3回で目標点数を達成するのです。

 

日本中、世界中からベストプラクティスを集め、みなさんが夢を叶える一助になれたら幸いです。

 

Ryo

 

TOEFL Writing 26+ 講師紹介

Chaoyi

Chaoyi(チャオイー)。アメリカでマーケティング修士号とMBAを取得。Forté Foundation奨学金獲得者。中国の大手塾でTOEFL講師として2年経験し、その後ラグジュアリホテルでマーケティングマネージャーとして勤務しながら、留学コンサルティング会社を起業し、3年間数十名の学生を100%の合格率でアメリカTOP50の大学に留学達成させた。

TOEFL(アメリカ留学前):107点。 IELTS(留学後):8.5

 

クラスは英語で行われます。Chaoyiは、日本人と同じく英語は第二外国語であり、ネイティブスピーカより優しい英語で話します。

そして、授業中、常に日本語アシスタントが待機し、英語に質問等がある場合対応いたします。

 

クラスの詳細は下記にありますので、興味がありましたらご連絡よろしくお願いいたします。

 

TOEFL Writing 26+ クラス詳細

開講日

一期生:7月29日(日)より週二回(日曜日夜9時半、水曜日午前6時)

二期生以降の日程は確定次第ご案内いたします。

 

期間・時間

各回1時間×8回

  •  授業の長さは1時間を予定しており、生徒からの質問や理解度に合わせて終了時間は変わります。

 

講座の特徴

  • エッセンスを詰め込んだ短期集中の授業
  • 無料体験授業で、全体的な戦略とメモの取り方を伝授
  • Integrated taskについて、独自の高得点テンプレートを共有
  • Independent taskについて、全カテゴリーを分析
  • すぐ使える高得点センテンス集を解説し共有
  • ライティング問題予測(それぞれの受験者のTOEFL本番試験数日前に実施)
  • ライティング添削10回分を無料で提供

 

授業構成・シラバス

無料体験授業:ライティングの全体的な戦略及びメモの取り方

授業回数内容トピック
1回目
Integrated Writing
Intro + Trial lesson review + In class practices
2回目High Score Structure + Template A/B
3回目
Independent Writing
Intro + high score strategies + Topic: Education/ Work
4回目Topic: People/Society/Family
5回目Topic: Media/Lifestyle/Science/Government
6回目High Score Phrases & Sentences (Practice 1-25)
7回目High Score Phrases & Sentences (Practices 26-50)
8回目Prediction Class (< 1 week before test date)

 

受講料

100,000円(税込)

  • 振込手数料は受講者負担でお願いいたします。

 

募集人数

一クラス8名

  • クラスのクオリティ維持のため、定員8名の少人数クラスとさせて頂きます。
  • 定員を超えた場合、担当者よりWaiting listのご連絡を差し上げます。

 

クラス形式

オンライン

  •  必要なソフトウェアは申込後にご案内します。無料のソフトウェアを利用します。
  •  各週のクラス終了後、クラスの録画ビデオを共有します。受講期間中及び受講終了後3ヶ月間視聴可能です。復習にご活用ください。

 

言語

英語

  •  講師は海外経験のない日本人でも、理解しやすい英語で話します。クラスには日本語アシスタントが待機しておりますので、英語内容に質問がある場合は随時サポートいたします。

 

無料体験授業の申込

  • まずは無料体験授業を聞いてみましょう!以下のフォームから申込をお願いします。
  • 無料体験授業は、7月21日(土)より隔週の土曜日午前8:00~に開催されます。詳しい日程は、申込後担当者よりご案内いたします。
    • 例 7/21(土)、8/4(土)、8/18(土)、9/8(土)、9/22(土)
  • 参加者全員にTOEFL Official ライティングサンプル集をプレゼントいたします。

 

 

よくあるQ&A

メモの取り方って、人それぞれ独自の方法があるのではないの?共通のスキルなんてあるの?

Chaoyi
メモを取る際に使う記号等から見ると、確かにそれぞれ独自のものがあると思います。誰でも自分が一番速く書ける記号、マーク、アルファベット等を使ってメモを取ることができます。
Chaoyi
しかし、メモの完全性、有効性を見ると、良いメモはみんな同じく、次の基準に合っていると思います。文の全体構造が反映され、ロジックが明確で、主要な内容と補助的な情報がはっきり分かれて、必要なディテールも含まれているということです。
Chaoyi
TOEFLのリスニング(ライティングのintegrated taskを含む)は、文の構造は一定のルールに沿ったものなので、効率的で完成度の高いメモの取り方が分かれば、正答率を大幅に上げることは可能です。もちろん、まったくメモを取らずに安定的に28点以上取れるような方はいると思いますが、そうでない方にとって、効率的で完成度の高いメモの取り方は、高得点を達成するために必須のスキルと言えます。

カテゴリ別・トピック別に勉強するメリットは何?

Chaoyi
トピック別の学習は、今までさまざまな高得点取得者が実践の中でまとめてきた、短期間で点数を最大化できる方法です。いままで気づかなかった苦手分野や問題のタイプを、トピック別の練習の中で強化してくことができます。それぞれのタイプの問題、それぞれのトピックの問題に慣れたら、本番試験でどんなトピックが出てきても、すぐ文章の全体像と内容のアイディアが浮かんできます

英語のリスニングに不安があるけど大丈夫かな?

Chaoyi
私も、英語を第二外国語として学習してきたため、その気持ちはわかります。授業中はシンプルな英語でゆっくりはっきり話すことを心がけ、それでもわからない部分があれば日本語アシスタントが待機しているので安心してください。

ライティングの添削は無料で10回とのことだけど、どのようなタイミングで使えるの?

Chaoyi
コース期間中に、4回宿題があるので、そのタイミングで使うことをおすすめします。残りの6回に関してはコース終了後お好きなタイミングでご提出ください。Independent Taskでも、Intergrated Taskでも構いません。提出後3日間以内にフィードバックいたします。

 

 

にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。FacebookTwitterから、最新情報を受け取る事が可能だよ。シェアもよろしくね。
 

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。