TOEFLライティング無料添削企画 Independentエッセイ大公開

TOEFL-writing
Chaoyi
11月ににゃんこ先生のTwitterで「TOEFL iBTライティング無料添削キャンペーン」を行い、30名程の応募者のうち、3名の方が当選されました。

Chaoyi
提出されたエッセイの中から、一番典型的なエッセイを共有します。対策をする上で参考にしてみてくださいね。
Chaoyi
エッセイの提出基準は、Independent Taskで500文字以内のエッセイを書くこと。テーマは自由。TPOで練習した問題でも、最新のトピックから選んでも良いです。
Chaoyi
では行ってみましょう!

ライティングのトピック

この方は、次の例題を選びました。

Which one do you think is the most important factor for a student to success at college or university?

  1. Tutors in university.
  2. The encouragement from family and friends.
  3. High-quality education from high school.

 

提出されたエッセイ

エッセイは次の通りです。

The most important part for students to success at a university is always controversial. Some people say tutors is the most important, some believe that the encouragement from their family and friends are the most helpful, others think high-quality education from high school is the most important. In my opinion, the encouragement from family and friends is the most important factor to success at a university.

First, we can ask friends and family anything easily. When I was a university student, I made a lot of friends in the class I have taken. We talked everything in our free time because we have the similar hobbies and interests. Before the examination period, we helped and taught each other to pass the exam. My family also encouraged to me to focus on the examination. As a result, I passed all examination in the university.

Second, tutors in a university is also helpful, but sometimes this is not the case. In the university I graduated, there was no tutors for students, just tutoring department. Therefore, we had to ask something worrying a tutor whom I did not usually talk to. I could not talk to him what I was concerned, especially personal matters because I was a shy. As a result, my friend helped me to solve it.

Finally, high-quality education from high school is not helpful, because the education system is totally different. When I was a high school student, I scored high grade in an examination just to memorize technical words and important events which were written in the textbook. Oh the other hand, an examination in a university needs to answer my opinion logically, from the introduction to conclusion. The answer was not usually written in any textbook, I had to read books and articles, and summarized them.

Therefore, I strongly believe that the encouragement from family and friends is the most important to success at a university This is also important to success in our whole life events.(文字数 330ワード)

 

Chaoyi
皆さん、このエッセイを読む時、このエッセイのいいところと足りないところを自分なりに考えてみましたか?
Chaoyi
どんなエッセイがいいエッセイなのか、テストの採点基準を理解するため、学習専用ページで公開しているこのビデオを確認してみてくださいね。
Chaoyi
また、3択1のライティングエッセイの書き方についても、昔解説したことがありますので、読んでみてください。

 

添削エッセイ公開!段落別解説

では、一つひとつの段落を見ていきましょう。

イントロパラグラフ

イントロパラグラフの構成はとても良かったです。私が講義の中で、このような書き方を手本にしています。つまり、トピックに関する一言の背景紹介・問題提起(Background info+topic importance/why controversial)+お題をパラフレーズして様々な観点を紹介(Other people’s view)+あなたの観点を述べる(your opinion)。

ここで、さらによくするためには、この段落の最後に、自分の観点をサポートするmain ideas、つまりこの後のボディパラグラフで書こうとする論点(Main ideas/Topic Sentences)をまとめておいたらより良いと思います。

 

足りていないところとして、皆さん気づいたと思いますが、この数行の中で、most importantは4回も出てきましたね。これは言葉・表現の多様性に欠けていることです。どうしても同じ意味のことを何回も言わなければならない時、出来るだけ、類似語を入れ替えてみましょう

例えば、ここで最初にmost importantを使ったら、そのあとは、「key」,「significant」,「vital」,「critical」,「major」などに入れ替えたら、読み手は飽きずに読んでいくことができます。

 

ボディパラグラフ1

 

ボディパラグラフのロジックは作られています。自分の経験を使って、家族と友人の重要性を説明しました。ただ、最後に、main idea/topic sentence にうまく繋げるするような一言(tie-back)、つまり、このパラグラフで言いたいことをまとめるような一言があれば、完璧です。そのため、「Therefore…」を足しました。

 

ねこ君
ロジカルな文章を書くコツみたいなのってあるの?
Chaoyi
ボディパラグラフのロジック的な書き方について、こちらの記事で紹介してありますので、参考してみてくださいね。

 

ボディパラグラフ2

このボディパラグラフでも、自分の経験を使って、main ideaをサポートしています。ただ、言葉使い等はまだ洗練されていません。

例えば、「whom i did not usually talk to」を「unfamiliarity」という一言で説明できます。また、「there was no tutors for students, just tutoring department.」は口語化の表現なので、TOEFLライティングの中では避けた方がいいですね。

 

ボディパラグラフ3

ここでも最後に「tie-back」センテンスが必要なのと、文法・表現の改善が必要です。

 

一点、よく間違えやすいのは、「on the other hand」と「on the contrary」の使い方ですね。ここで作者は、「大学の教育は高校の教育と違うよ」という論点を支えるため、高校ではいっぱい暗記すればいい成績が取れるのに対して、(対比関係)大学は論理的に自分の意見を述べないとならない、という話をしました。こういう二つのことを対照的に見る時、「on the contrary」を使うべきです。

「on the other hand」は、一つの物事に関して、二つの視点から述べる時に使う表現です。例えば、「日本の教育システムには一貫性がない」という議論を展開すれば、「高校の教育ではいっぱい暗記すればいい成績が取れるが、on the other hand(別の方面から考えると)、大学の教育は論理的に意見を述べなければならない」、というのは成り立ちます。

 

ねこ君
文法や表現力のアップには何をすれば良いのかぁ・・?
Chaoyi
文法・表現力は短期間でつくものではありません。良い文章をたくさん読んで、表現を盗んで使ってみる、たくさん書いてフィードバックをもらうことも有効です。
Chaoyi
TOEFL Writing 26+の講座では、Language Buildingというセッションがあり、毎回の授業で少しづつ上級の表現をつけていくことを目的としています。

 

結論

最後の段落に、自分のmain ideasを再度まとめて、自分の意見を再度主張すれば良いです。余計なことをしているような感じですが、このconclusion paragraphの有無によって、やはりスコアの差が出ます。そのため、最後のひと段落は怠けずに書きましょう。

 

全体的には、このエッセイの構成はとても良かったです。改善点・今後の対策としては、①各ボディパラグラフの最後にtie-backセンテンスを入れること②言葉・表現の多様性を増やしていくこと、です。

 

Chaoyi
添削されたエッセイは、満点の模範解答になります。あなただけの解答例として、表現力アップや次回の練習の際にフィードバックを意識してみてください。
Chaoyi
ライティングクラスの学生には、サンプルエッセイ本を2冊(サンプルエッセイ200以上収録)を渡しています。また、この4 minute booksというサイトもおすすめです。毎日少しずつ上達していきましょう。

 

 

にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。FacebookTwitterから、最新情報を受け取る事が可能だよ。シェアもよろしくね。
 

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。