GMAT対策 AWAで5.0以上を取るライティング勉強法

ねこ君
・・ふふふ。

にゃんこ先生
ねこ君、どうしたの?

ねこ君
実は、おれ、VerbalもMathも苦手だけど、AWAだけは5.0以外とったことがない。

ねこ君
今日はおれがコツを教えてやるよ。へへへへ。

GMATってなに?

GMATはMBA留学を志すものにとっては、憎むべき最大の敵。切っても切り離せないものである。

 

 

GMAT AWAってなに?

AWAとは

今日の本題はここから。

AWAとは、Analytical Writing Assessmentの略で、与えられた文章を読んで、ツッコミどころを3つぐらい探してライティングするもの。

点数は0.5刻みで6.0満点。5.0前後取れればMBA出願には問題ない。

 

試験時間は文章を読む時間も入れて30分。文字数は300文字以上が高得点の目安。

テンプレートと反論の仕方を学べば文字数クリアは簡単である。本試験では文字数カウント機能がないため、これくらいで300文字かなと言う感覚でOK。

 

ねこ君
例えば、「ある街のステーキ店が繁盛しているから、俺がこの街に始めるステーキ店は絶対に繁盛するはず。」みたいな文章を想像して。

ねこ君
けど、いやいや、そんなの間違ってる。

ねこ君
隣のステーキ店は、人口の多いエリアにあるから儲かってるけど、あんたの街は人口少ないから同じようには売れないよ。と反論する

ねこ君
あるいは、隣のステーキ店はすんごいシェフがいてミディアムレアが看板メニューで人がすごく来るけど、あんたの所にはそんな凄腕シュフが雇えないかもしれない。みたいな反論をする

ねこ君
とにかく、何かしらのビジネスジャッジに対して、いちゃもんをつけて反論するのが仕事。

ねこ君
で、いちゃもんの付け方にコツがあるんだよな。へへへ。

 

採点の3大要素

AWAの採点は、大きく言うと以下の3つのポイントから採点される。そして、学習者は①と②ばかりを重視し、③の、内容を軽視しがちである。

  1. 文法(+表現)
  2. 内容

ねこ君
今日の目玉は③の内容だよ。ネタが思いつけば、量もかけるからね。

 

GMAT AWAのテンプレート

AWAのテンプレートは以下の通り。例題を利用しての解説は次回行いたい。

導入

The author’s conclusion that (A) is unpersuasive.

It rests more on unsupported assumptions than on evidence.

 

ボディパラグラフ①

To begin with, the author assumes that (B-1)

However, it could be that (B-2)

Another possibility is that (B-3)

Because the author does not provide any concrete evidence for the link he makes, I find the argument weak.

 

ボディパラグラフ②

In addition, the author makes the assumption that (C-1)

But is is also possible that (C-2)

To strengthen the conclusion, the author needs to provide more information describing (C-3)

 

ボディパラグラフ③

Finally, it is also assumed by the author that (D-1)

However, it might be that (D-2)

Because the author does not provide the evidence that (D-3)

 

結論

In conclusion, for the reasons pointed out above, the author’s argument is entirely unconvincing. If the author had provided better support and more evidence, his proposal might have been more convincing.

 

テンプレート説明

ねこ君
ステーキ店の例で説明するね。

問題例

隣街のステーキ店が繁盛しているから、俺がこの街に始めるステーキ店は絶対に繁盛するはず。

 

(A)

著者の結論コピペ。「隣街のステーキ店が繁盛しているから、俺がこの街に始めるステーキ店は絶対に繁盛する。」

ちなみに、どの文章が結論か判断するためには、so,thus,therefore,should,must〜等のキーワードも参考にする。

 

(B-1)

いちゃもんをつけるポイント1。著者は、自分の始める店も、同じぐらい売上が出ると仮定している。

(B-2)

いちゃもん①。しかし、隣街のステーキ店は、人口の多いエリアにあるから儲かってるかも、その場合、あんたの街は人口少ないから同じようには売れないかもしれない

(B-2)

いちゃもん②。それに、隣街のステーキ店は、すんごいシェフがいてミディアムレアが看板メニューで人気の可能性があるけど、あんたの所にはそんな凄腕シュフが雇えないかもしれない。

 

(C-1)(C-2)

いちゃもんをつけるポイント2(C-1)と、いちゃもん(C-2)。

(D-1)(D-2)

いちゃもんをつけるポイント3(D-1)と、いちゃもん(D-2)

 

(C-3)(D-3)

追加で何の情報があったら、いちゃもんが無くなるのか。メニューの情報とか、街の人口とか、ステーキ店に来る人たちの年齢層の情報ををしえてくれたら、著者の結論も説得力が増すだろうな。

ねこ君
でさでさ、難しいのは、”どうやっていちゃもんをつけるのか“、だよね。

 

TIPS for 3大要素

⑴ 文法(+表現)

スペルミス、単複、時制、冠詞等、基本的なミスを減らすことはAWAでも重要。

ここでは、ワードのスペル修正機能ではなく、grammarlyと言う添削サービスを利用することをおすすめする。

 

 

ねこ君
ふふふ。それで、AWAはIELTSやTOEFLと違って、パラフレーズは重要じゃない。

ねこ君
GMATは英語の試験じゃなくて、頭の試験だから、なんども同じ単語使ってもOK。

にゃんこ先生
けど、文法と単語のミスは減点されるから、そこはレベルアップが必要だよ。

 

⑵ 量

AWAの文字数の目安は300文字以上。テンプレートが100文字程度あるため、+200文字を書くハードルは高くない。

 

⑶ 内容

にゃんこ先生
ねこ君、出番だよー。

ねこ君
よっしゃ、おれ式いちゃもん講座始まるよ。

ねこ君
まずは、いちゃもんのポイントを探す。

ねこ君
専門用語でいうとAssumptionって言って、著者がどんなバカな仮定を置いているかを述べるってこと。

 

5大いちゃんぽんポイント

時間

ある時にこうだったから、今もこうだ。

(1990年にステーキが100万枚売れたから、今も100万枚売れるはず。)

 

原因と結果

AがBを引き起こした。

(街の人口が減ったから、ステーキの売上が減ったに違いない。)

 

母集団

◯人がこう言ってるから、今後こうなるはずだ。

(調査では全員がステーキが好きと言っているから、ステーキの売上は減らないだろう。)

 

統計

Aが原因で、Bに〜◯%の変化があった。

(ある街の失業率が増えたから、ステーキ店の売上が5%現象した。失業率はステーキ店の売上と関係している。)

 

類推

AがBだから、CはDになった。

(Aの街でステーキの売上が増えてるから、Cの街のステーキの売上も増える。)

ねこ君
いちゃもんのポイントわかった?そしたらいちゃもんをつけようぜ!!

 

いちゃもん

時間

ある時にこうだったから、今もこうだ。

(1990年にステーキが100万枚売れたから、今も100万枚売れるはず。)

いちゃもん

(いやいや1990年代は世界的に経済が成長してたからステーキが売れたけど、今は不況で失業率も高いから同じようには売れないよ。)

 

原因と結果

AがBを引き起こした。

(街の人口が減ったから、ステーキの売上が減ったに違いない。)

いちゃもん

(いや、ステーキをたくさん食べる20-30代はこの街から減っていない。人口が減ったのは子供が生まれないせい。そして、今は不況で20-30代の若者は給料が下がったからステーキを昔よりも食べられなくなったんだ。)

 

母集団

◯人がこう言ってるから、今後こうなるはずだ。

(調査では全員がステーキが好きと言っているから、ステーキの売上は減らないだろう。)

いちゃもん

(あんたバカ?その調査って何人が参加したの?たった5人のアンケートで全員好きって言ったて意味ないし。そのアンケートってステーキ店に週1でくる人が対象なんじゃないの?きちんとランダムに調査したら、ステーキ好きな人は少なくなっているはずだよ。)

 

統計

Aが原因で、Bに〜◯%の変化があった。

(ある街の失業率が増えたから、ステーキ店の売上が5%減少した。失業率はステーキ店の売上と関係している。)

いちゃもん

(違う違う、失業率とステーキの売上は関係ないよ。最近は健康志向が流行ってて、油っぽい食べ物をみんなが控えるようになったんだ、だからステーキの売上が減ったんだよ。)

 

類推

AがBだから、CはDになった。

(Aの街でステーキの売上が増えてるから、Cの街のステーキの売上も増える。)

いちゃもん

(さっきも言った通り、Aの街では人口がずっと伸びてるから、食べ物の消費量、ステーキの消費も増えている。しかし、Cの街は人口が外に流出して、今は年寄りしか残っていない。だからCの街にステーキ店を作るのは愚かなことだよ。)

ねこ君
いちゃもんのポイントを見つけたら、いちゃもんをつけるのはそう難しくない。

ねこ君
時間、母集団、統計は、比較的いちゃもんをつけやすい。

ねこ君
原因と結果、類推は、結果を起こした別の原因を考えて、「別の原因がその結果を引き起こしたのかもしれないじゃん」っていちゃもんつけんだよ。

GMAT AWA 問題演習

意外と知られていないのだが、AWAの問題は公式ホームページにて全て開示されている。PDFはここ

ここから本番の問題も出題される。

PDFやWEBページをKindleで読む場合は、ここ

ねこ君
事前に軽く読んでおけば、本番で焦らないし、練習するにも本当の問題を使った方がいい。
にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。Facebookから、最新情報を受け取る事が可能だよ。イイねくれると嬉しいな。

コメントを残す