どっちを受けるべき?GRE、GMAT徹底比較 

ねこ君
GMATなかなか点数上がらない・・ハァ・・
にゃんこ先生
GREを受けてみたらどう?

ねこ君
え、GREでMBAに行けるの・・?
にゃんこ先生
最近は、GMATだけじゃなくて、GREを受け入れるビジネススクールが多くなってきたよ。
にゃんこ先生
今日は、GMAT、GRE、どちらがあなたにとって得点しやすいのか、考えてみよう。

GREとは

GREとは、教育試験サービス(ETS)が実施する、アメリカ合衆国やカナダの大学院へ進学するのに必要な共通試験である。試験には、一般知識を問う General Test と、専門知識を問う Subject Test とがあるが、科学系専攻を志望するもの以外の出願には通常 General Test のスコアのみが必要である。

Wikiより引用

GREのジェネラルテストは、Analytical Writing -作文(0点~6点)、Verbal Reasoning – 英語(130点~170点)、Quantitative Reasoning – 数学(130点~170点)の3つのセクションから構成されている。

一般的に、理工学や社会科学の修士課程と博士課程(つまり、法学、商学、医学以外すべての分野)に出願するには、GREスコアを提出する必要があり、ビジネススクールはGMATのスコアが望ましい。 ここで注意してほしいのは、統計学と経済学はGREが必須となることだ。

 

一方で、最近のビジネススクールは、ほとんどGREのスコアを認めるようになってきた。GREを認めるMBAプログラムは下記ETSのHPで確認できる。

https://www.ets.org/gre/institutions/about/mba/programs/

にゃんこ先生
ハーバードだって、スタンフォードだって、GREを認めている。
にゃんこ先生
今日は、GREとGMATの両方のスコアを受け入大学や、MBAプログラムの申請者が、いかに自分に有利なスコアを手に入れるかとという話。

 

点数換算

GRE330点→GMAT750点相当

GRE325点→GMAT700点相当

GRE318点→GMAT650点相当

GRE310点→GMAT580点相当

参考:https://www.ets.org/gre/institutions/about/mba/comparison_tool/

にゃんこ先生
GMAT750点以上取った人より、GREで330点以上取った人のほうが多いらしい。

 

難易度比較

単語

にゃんこ先生
GREが難しい。実際、GREが求めている最低限の単語量は1万~1.2万。それ以上多ければ多いほど高得点に結びつけやすい。
にゃんこ先生
GREは相当マニアックな単語がいっぱい出るので、膨大な単語力がないと、問題さえ読めない。そのため、単語力はGREのキーとなる。
にゃんこ先生
GMATなら、たとえわからない単語があっても、ある程度の英語力(TOEFL95点~)があれば、問題は解ける。GREみたいのマニアックな単語をいっぱい覚えてもGMATの得点にプラスにはならない。もちろん、ある程度の英語力だと、Verbalでは高得点は望めないんだけどね・・。

 

リーディング

にゃんこ先生
GREのほうが難しい。GREの題材は幅広くて、自然科学の専門用語も大量にでる。
にゃんこ先生
GMATのリーディングは割と経済関連のものが多く、基本の文章構造を大体分かれば、大丈夫。

 

数学

にゃんこ先生
GMATのほうが難しい。GREは出題範囲が広いため、数学は中学レベルのベーシックな問題が中心。

 

ロジック

にゃんこ先生
GMATのほうが難しい。高度なロジックシンキング能力と分析能力を求めている。

 

GREが使える地域

にゃんこ先生
GMATとGREのどちらのスコアが必要かは、ビジネススクールのポリシーも確認してほしい。けど、全体的な感覚としては以下のようなイメージ。

北アメリカ

GREかGMATのスコア提出が必須。基本は両方とも認められる。

 

イギリス

TOP5校はGMATかGREスコアが必須、GMATのほうがより望ましい。

 

ヨーロッパ

フランスのHEC、イタリアのBocconi、スペインのIEなどいくつかヨーロッパのTOP校にとって、GMATは学校水準を反映するものため、非常に重要。これらの大学に申請するなら、GREも可能だが、GMATのほうが有利。極力高得点を目指そう。

一方、ヨーロッパはTOEFLやIELTSは最低ライン(TOEFL 100点/IELTS 7点)さえあれば十分。つまりIELTS7.5でも8点でも選考にプラスにならないが、6点だと減点になる。

 

GRE、GMATどっちを受けるべき?

  • 作文がどうしても苦手な人はGMATを受けよう
にゃんこ先生
GREとGMATとも作文は6点満点だけど、GREの作文はArgumentとIssue二つあり、GMATはArgumentのみ。基本的にGMATの作文の平均点はGREより1.5点ほど高くなる。
にゃんこ先生
言い換えると、GREで作文が3点しか取れない場合、GMATでは4.5ぐらいになる可能性がある。

 

 

  • 単語量に自信のない人、膨大な単語を覚える時間のない人はGMATを受けよう
にゃんこ先生
GMATが必要な単語量は、基本的にはTOEFLより少し多くなるだけ、GREよりは大幅に少ない

 

  • ロジックと数学が弱い人GREを受けよう
にゃんこ先生
GMATで高得点するため、高いレベルのロジックと文法力が必要。GREは基本ボキャブラリーが多ければ多いほど点数が取れるテスト。

 

  • 受験準備の時間に余裕があるが、専攻はまだ明確にしていない人は、まずGREを受けよう
  • GMATを何回受けても700点を超えられない人は、GREに変えよう
にゃんこ先生
GMATの難しさはロジック。GREの難しさは膨大な単語量。思考回路はなかなか変えられないけど、単語量は努力すれば誰でも増やせる

 

  • GMATの回数を使い切ってしまったら、GREを受けよう
にゃんこ先生
GMAT、GRE共に人生で7回まで受けられる。GMATで失敗しても、GREがある。

 

GMAT関連記事

5分でわかるGMAT概要とおすすめ教材/問題集

PREPだけではない! GMAT無料模試サイトBEST10

750点を取った僕が考える「GMATとは?」Verbal概論 前編

 

にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。FacebookTwitterから、最新情報を受け取る事が可能だよ。シェアもよろしくね。
 

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。