【初めてのGMAT】GMATとは?よくある質問集

GMATとは?

GMATはGraduate Management Admission Testの略であり、MBAプログラムに入学するため、ほとんどのビジネススクールにスコアを提出しなければいけない試験である。GMATは、約3時間に及ぶCAT(Computer adaptive test)である。

日本では、東京、大阪、名古屋、福岡の4箇所のテストセンターでしか受験することができない。

 

GMATでは何がテストされるの?

ライティング能力、中級レベルの数学(算数、代数、図形、統計、確率、数列等)及び、文法、論理的な思考能力や分析力、読解力が試される。

GMATのオフィシャルサイトのサンプル問題をやってみよう。

 

受験料は?

GMATの受験料は250ドル。詳細は公式ホームページを確認しよう。

 

受験料その他費用
受験料US$250
試験日の変更
試験日の8日以上前の変更
試験日の7日以内の変更
US$
US$60
US$250
試験のキャンセル
試験日の8日以上前の変更
試験日の7日以内の変更
US$
US$80返金
返金なし
追加のスコアレポート送付一つにきUS$35
詳細のスコア(enhanced score rport)入手US$24.95
スコアのキャンセル
(テストセンターを出た後)
US$25
キャンセルしたスコアの復活US$50
AWAの再採点US$45
GMAT Handbook無料
GMATPrep® Software無料

 

試験の内容は?どんな問題形式なの?

GMATは4つのセクションから構成され、2回の8分間の休憩を覗くと、約3時間の試験である。

 

セクション問題数問題のタイプ時間制限
Analytical Writing Assessment
(AWA)
1エッセイArgument Analysis30分
Integrated Reasoning12題Multi-Source Reasoning
Graphics and Table Interpretation
Two-Part Analysis
30分
Quantitative31題Data Sufficiency
Problem Solving
62分
Verbal36題Reading Comprehension
Critical Reasoning
Sentence Correction
65分
合計1エッセイ
90の選択問題
3時間7分

 

各セクションの概要・流れ

試験前:Pearsonの試験会場に入りパスポート以外の全ての持ち物をロッカーにしまう。コンピューターの前に座る。試験開始まで、いくつかの前置きの画面を見る。試験をスタートする。この時、試験の順番を選ぶ。順番は3通りある。ここでは、従来のクラシックな順番を元に流れを説明したい。

セクション1: Analytic Writing Assessment (30分) 、1つのエッセイ、 著者の主張の分析

セクション2: Integrated Reasoning(30分) 、12の選択問題、データの解釈やMathとVerbalが組み合わさった問題

休憩1: GMATの試験中、2回のオプショナルの8分間の休憩がある。8分は一瞬で過ぎてしまう。お菓子を食べたりトイレに行って来よう。遅刻をすると遅刻のぶんの時間が次回のセクションから控除される。

セクション3: Math(62分)、31の選択問題。Problem SolvingとData Sufficiency

休憩2: 2回目の休憩。8分間。休憩時間が終わる前に席に戻ろう。

セクション4: Verbal(65分)、36の選択問題。Reading Comprehension,、Critical ReasoningとSentence Correction。

終わり: 試験終了後にスコアがコンピューターに表示される。部屋を出た後、AWA以外の全てのスコアが記載されたレポートを受け取る。お疲れ様。

 

試験の順番

GMATでは、試験の順番を以下のオプションから選ぶことができる。学習を進めながら、自分にあった順番を見つけよう。

 

 

CATってなに?

GMATはCAT(computer adaptive test)を採用した試験である。中級レベルの難易度の問題からスタートし、受験者が正解を続けるごとに問題の難易度が上がっていく。不正解をすると、問題の難易度が下がる。受験者のパフォーマンスにより、出題される問題のレベルが変わるのだ。

 

満点は何点?どうやって採点されるの?

GMATのスコアは200〜800点だ。ほとんどの人は200や800点を取ることはなく、過半数は400~600点の間に入る。平均点は550点程度。

GMATのトータルスコアはMathとVerbalのスコアの組み合わせから計算される。

詳しくはこちらの記事を参考にしてみよう。

 

どうやって予約したら良い?

GMATのオフィシャルサイトにアカウントを作り、試験日、試験会場を選んだ上で予約をすることができる。

 

試験をキャンセルしたり試験日を変更したりできるの?

できる。試験日の7日より前にリスケジュールするには60ドルが必要。しかし、試験日の7日以内に変更する場合、受験料の250ドル全額が帰ってこなくなる。また、7日より前にキャンセルする場合は、80ドルが帰ってくる。

 

どの学校が入学審査にGMATを使っているの?

2300以上のビジネススクールで7,000以上のプログラムがGMATを入学審査に利用している。こちらから学校リストを確認しよう。

 

スコアは何年間有効?

GMATスコアは5年間有効

大学を卒業したばかりで、数学の知識はまだ衰えていないうちにGMATを受けてスコアを獲得しておけば、社会人になって数年間いつでも学校申請できる、そういう計画を立てている人もいる。

 

何回受けることができるの?

スコアについて満足していなければ、16日以降再度受験できる(昔は31日だった)。大学の出願締め切りが迫ってきた場合、このポリシーは相当助かる。

1年(12カ月)以内は、5回までGMATの受験ができる。

ただ、一生の中で、GMATは8回までしか受験できない。

 

受験した後どれくらいでスコアを手に入れることができるの?

AWA以外のスコアは、試験終了後すぐスクリーンで表示される。

オフィシャルスコアは受験後20日以内にインターネットで確認できる。その時、AWAのスコアが分かる。

 

スコアをキャンセルすることはできるの?

できる。試験終了直後、スコアが表示されるので、もしそのスコアについて納得できなければ、その場でスコアをキャンセルすることができる。試験センターでスコアをキャンセルするのは無料

キャンセルされたスコアは、将来のGMATスコアレポートの中に表示されず、申請する学校へは送られない。

 

もしその場でスコアをキャンセルしたほうがいいか決められない場合、試験後72時間以内であればキャンセル可能。ただ、その場合25ドルがかかる。

72時間以内に決定できなければ、その後はキャンセル不可。

 

キャンセルしたスコアを復活できるの?

試験日以降4年11カ月以内ならば、キャンセルしたスコアを50ドルで復活させることができる。

スコアが復活されたら、自動的に、当初の試験日に選んだ志望校まで送られる。

試験センターでスコア取り消し無料
72時間以内のスコア取り消し$25
72時間以降のスコア取り消し不可
キャンセルしたスコアの復旧$50; スコアを当初の志望校に送るには追加料金なし。

キャンセルされたスコアは学校へのスコアレポートに表示されないが、GMAT受験歴が確認できるように、あなたの手元のGMATスコアカードに「C」と記載される。

2015年7月19日以前にキャンセルしてスコアを学校に送付していた場合、学校側はキャンセルの事実を把握することができるが、それ以降のキャンセルは把握できなくなっている。

 

学校へどうやってスコアを送付したら良いの?

試験当日に、スコア送付先(志望校)を5校まで入力できる。受験日から20日以内に、GMACよりこの5校へ自動的にスコアレポートを送付される。試験日までに志望校を5校選定しておこう。

志望校が6校以上の場合、スコアを追加送付してもらうことも可能。一校につき35ドルだ。

 

試験日に持って行かないといけないものは何?

パスポート!パスポート!パスポート!重要なことなので三回言った。

パスポートを忘れたら、会場に入れない。

他には、水やチョコレートバー等も持っていきロッカーにしまっておけば、休憩時に少しエネルギーや水分補給ができる。

 

スコアの読み方は?

スコアレポートにはVerbalとMathのRawスコアが表示されている。レンジは0~51。ちなみにGMATの公式サイトでは満点は60点と記載されているが、実際、Verbalもマスも52点以上取れた話は、誰も聞いたことがない。特にVerbalで50点以上取れる人は極まれだ。

Rawスコア以外、それぞれのセクションのパーセンタイルも表示される。このパーセンタイルから、すべての受験者の中、あなたのパフォーマンスは上位どれぐらい、ということが見れる。例えば、パーセンタイルは65%であれば、65%の受験者を上回っていることだ。

また、MathとVerbal、Totalスコアの他、IR(1~8)、AWA(0-6)のスコアも表示される。

 

参考記事

気になるGMATスコア 計算方法を理解する

 

MBAプログラムに進学するためにはGMATを受けないといけないの?

実は、必ずしもGMATのスコアが必要な訳ではない。

GMATを受けたくなければ、GREを受けるのも選択肢の一つ。志望校がGREのスコアを認めるかどうか事前に確認したほうが良い。

GREを受け入れているビジネススクール一覧はこちら。GMATはこちら

 

GMATはGREより簡単?

GREのMathにはData Sufficiencyの問題がないため、GREのほうが簡単と思っている人はいる。しかし、これはあくまで個人の好みだ。GREはGMATよりも膨大な単語量が必要になる。

もしGMATを準備してどうしても点数が伸びないなら、GREを試してもいいかもしれない。

 

参考記事

どっちを受けるべき?GRE、GMAT徹底比較

今から始めるGRE対策 テスト概要とスコアの決まり方

 

にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。FacebookTwitterから、最新情報を受け取る事が可能だよ。シェアもよろしくね。
 

2 件のコメント

  • 質問がございます。GMATを2018年の9月に一度受けまして、当日会場でスコアキャンセルをしました。会場でテスト結果の紙をもらえると思っていましたが、もらえませんでした。これはもらえないのが普通なのでしょうか?(色々な人のブログにはもらえるという情報もあったりします。昔の話でしょうか。)
    もう一点、AWAのスコアは会場でキャンセルしてしまうと復活しない限りわからないままになってしまうのでしょうか?(Enhance Reportにも含まれないので)

    変な質問で申し訳ないのですが、教えていただけると幸いです。

    • コメントありがとう。
      スコアキャンセルしたら、紙のスコアレポートはもらえないことだよ。下記公式サイトの情報を確認してね!
      https://www.mba.com/exams/gmat/after-the-exam/gmat-scores-and-score-reports/cancelling-reinstating-gmat-score
      What happens when you cancel your scores?
      Your scores will not be sent to any of the schools you selected.
      You will not receive a printed copy of your unofficial scores at the test center.
      You will not be able to access your official score report.

      最後の段落にある通り、キャンセルするとオフィシャルレポートはもらえないから、AWAはスコアは確認できなくなる。もちろん、復活すると見れるようになるけどね。

  • コメントを残す

    名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。