GMAT何点取れば良いスコア?MBA留学を達成するために

ねこ君
GMATは生涯で8回、1年間に5回しか受けられないから、闇雲に受けて回数を無題にすることはできない・・。
ねこ君
今まで三回受けたGMAT、650点しか取れなかった。ハァ・・。
にゃんこ先生
ねこ君の進学したいスクールはどんなGMATスコアを求めているの?
ねこ君
よく知らないけど、世の中では700点が良いスコアと言ってるから、目標は700点。
にゃんこ先生
上を目指すのはいいことだけど、GMATの良いスコアという明確なラインはあるのかな?今日は、あなたに取って良いスコアとはなんなのか、どのように決定すべきなのかを考えよう。

良いGMATスコアとは?

競争力のあるGMATスコアを取ることは、特にトップスクールに進みたいのであれば重要だ。トップ10のアメリカのMBAであれば、少なくとも700点以上は他の優秀な出願者と戦うために必要になってくる。

GMAT満点は800点だ。VerbalとMathのセクションのスコアの組み合わせにより、スコアは最大で800点となる。スコアは本試験を受けた後すぐに確認することができる。

理想的には、700点以上がトップスクール合格のために必要だが、上位のMBAでも、それ以下のスコアで合格している人はいる。そして、学校のGMATスコアの基準は、申請者の質によっても毎年若干異なってくる。

 

では、一体何点が良いGMATスコアなのだろうか?良いGMATスコアと、GMATの平均点は、どれほど差があるのだろうか?ビジネススクールは、ある統一された良いスコアの基準を持っているのだろうか?

 

結論として、良いGMATスコアは、人によって異なる。君の目標スコアは、友達や同僚の目標スコアより10点低いかも、高いかもしれない。

では、あなたにとって良いGMATスコアとはなんのだろうか?

 

GMATスコアを知る

あなた自身のGMATスコア目標を決める前に、GMATのスコアの概略をおさらいしよう。

 

パーセンタイルとスコア

GMATのスコアは、200〜800点の間で決定される。約半分の受験者のスコアは400〜600点だ。GMATの制作会社のGMACによれば、パーセンタイルによってGMATのスコアは決定される。パーセンタイルとスコアの関係は以下の通り。

 

データの期間: 2015 – 2017

 

パーセンタイルとは?

小さいほうから順番に並べ、何パーセント目にあたるかを示す言い方。88%のパーセンタイルであれば、88%の受験者よりも高い点数を持っているということだ。つまり、上位12%に入る。

 

もし、600点を取ったとしたら、パーセンタイル57%で過半数のGMAT受験者よりは良いスコアを持っていることがわかる。全体の平均点よりも高いが、良いスコアとは言えないだろう。スコアが650点以上あれば、比較的良い学校に入るには十分だ。

しかし、多くの人はもっと高い目標を持っているはずだ!

 

トップスクールのGMATスコア

US Newsは、毎年ビジネススクールランキングを発表しており、登録すると学校の学費、入学者数、GMAT平均点、GPA平均点、合格率や卒業率を調べることができる。ハーバードやスタンフォードは決まってランキングのトップに君臨する。2017年のGMAT平均点は、ハーバード730点、スタンフォードは737点だった。

しかし、平均のGMATスコアはあくまで平均だ。つまり、合格者のスコアは、平均点より高いこともあるし、低いこともある。

 

GMAT740点は、世界中どこのビジネススクールの平均点よりも高い点数だ。

トップ10スクールの平均点は、715点〜730点程度になる。

GMAT710点は、トップ10以下の、どこのスクールでも競争力のあるスコアだ。

 

 

GMAT以外の要素

ビジネススクールは、受験者を選考する際に、仕事の経験や、インタビュー、エッセイ、そして推薦状等、GMAT以外の他の要素も検討する。高いGMATスコアがあったとしても、価値のある仕事経験がなかった場合、説得力のあるストーリーを作るのは難しい。

アメリカのトップスクールのGMAT平均点の推移に関しては、こちらの記事に詳細があるため、参考にしてみよう。

 

何点を目指すべき?

目標として、志望校の提示した入学者平均スコアより若干高めのGMAT点数を目指したい。それぐらいがあれば、GMATの点数で落とされることがない、と一安心はできる。ただ、限られている時間の中、目標点数に到達できない場合はどうする?

もし、現時点のGMATスコアが600点であれば、650点を獲得するのは大きなステップとなる。57%のパーセンタイルから、一気に75%まで上がるのだ。つまり、上位43%から25%までジャンプする。

650点から700点への上昇も、大きなステップだ。上位25%から、12%にジャンプする。

もし、すでに710点や750点を持っているのであれば、さらにGMATを受けて高得点をとっても、アプリケーションに大きな違いはもたらさないだろう。GMATに費やすさらなる時間を、インタビューやエッセイの準備に使う方がよっぽど効率的だ。

 

簡単に言うと、一度GMATを受けて700点以上が取れたのあれば、学校側の選考基準の一つである、Academic Achievemtの項目にチェックが入る。もう、学校は、その候補者がMBAの学業を十分にこなせると判断する。720点でも、770点でもそれは同じだ。

GMATで良いスコアを取った後に必要なのは、その他の申請書類の完成度をあげること。学校へのフィット感を出すことだったり、アドミッションにリーダーシップの能力があることを示すことも必要だ。

 

もし、他の要素で十分にアピールする要素があるのであれば、必要なGMATスコアは700点以上あれば十分だ。つまり、当初の目標が何点であれれ、GMATで700点以上を獲得できたら、それ以上の時間をGMATに費やすのは得策ではない。

総合力の高い候補者になるため、その他の要素を強化しよう。GMATで770点を持っていたとしても、他の書類の中に目立つものが一切ない候補者は、ビジネススクールが求めるバランス力が必要なエリートになることはできないからだ。

 

あなたにとって、良いGMATスコアとは?

それぞれの個人によって、良いGMATスコアは異なってくる。まず初めにしないといけないのは、目標とするMBAプログラムを決めて、その学校のGMATスコアのレンジを知ることだ。

多くの受験者は、ドリーム校、チャレンジ校、安全校に出願する。少なくとも、現在のGMATスコアで、合格可能性が高いプログラムに何校か出願すべきだ。

一度、出願したい学校のリストを作れば、あなたに取って良いスコアとは何か見えてくる。

 

目標スコア決定のプロセス

  • 志望校を選定しよう

興味のあるプログラムを調べて、出願したい学校の一覧を作ろう

 

  • それぞれのプログラムの要件を確認しよう

学校のアドミッションのサイトに行けば、申請書類に何が必要なのかがわかる。デッドラインを確認し、GMATの準備や他の書類を完成させるため、どれぐらい時間が使えるか確認しよう。

 

  • 直近の入学者の統計を確認しよう

GMATのスコアレンジは学校によって大きく異なる。ほとんどの学校は、直近の入学者のGMATの平均点をを公開しており、いくつかの学校はGMATスコアのパーセンタイルを公開している場合もある。学校のホームページでClass Profileを調べてみよう。他の無料のソースからそれらの情報が手に入らない場合、US Newsに登録すればスコアの詳細情報を得ることができる。

 

  • MBAの現役生やアドミッションオフィスに連絡しよう

学校の雰囲気やプログラム内容を知ることに加えて、現役の学生やアドミッションのスタッフと話すことは、選考プロセスに関する情報を得ることにも繋がる。おそらく、その学校はエッセイや推薦状をGMATのスコアより重視しているかもしれないし、本当に710点を取る必要があるのかもしれない。いずれにせよ、選考プロセスの詳細を知ることは準備を進める上で役に立つ。

 

  • GMATの目標スコアを立てよう

合格の可能性をあげるために、目標とする学校の直近の平均点よりも高いGMATスコアを取りたいと思うだろう。仮に、あるプログラムの75%パーセンタイルのスコアを取れれば、競争力のあるGMATスコアとなる。仮に、50%のパーセンタイルだったとしたら、もう少しGMATを点数をあげるか、他の申請書類の完成度をあげる必要がある。

 

まとめ

さて、あなたに取って良いGMATスコアは何点か、どのように設定すれば良いのか、理解することができただろうか?あなたの目標とするプログラムや、GMATスコアを立てるのに役に立てば幸いだ。

 

 

どんな質問でも、いつでもコメント欄から連絡してほしい!

 

にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。FacebookTwitterから、最新情報を受け取る事が可能だよ。シェアもよろしくね。
 

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。