GMAT Math概論① 「Mathに時間をかけるべき?」の判断基準

Masa
初めまして。俺の名前はMasa。今日から、GMATのMath対策について、俺が思うこと、考えたことを伝えていきたい。
Masa
GMATの受験経験から、Mathを甘く見て、痛い目を見た仲間をたくさん見てきた。Mathで50点を目指すととなると、現在の自分の実力を把握することがとても大切だ。
Masa
今回は、Mathの勉強に時間をかけるべき人、比較的攻略に時間がかからない人を定量的、定性的に分類したい。
Masa
自分がどちらに分類されるのか知ることで、これからの対策・戦略の立て方が大きく異なってくる。

この記事の著者

Masa

京都大学大学院卒。有名進学塾で中学受験の数学講師を約6年務め、多くの受験生を有名進学校に送り込む。不動産ベンチャーで不動産ファイナンスを経験した後、現在、アメリカにてMBA取得中。

日本人にとってのGMAT Math

GMATで700点を超えるために

多くの日本人は、Verbalの点が中々上がらないので、Mathは49点~51点を目指している。特に、700点以上を目指す場合は、よほどのことがない限り、Math50点以上はマストだ。

GMATの受験回数は限られている&GMATの勉強にかけれる時間は限られているので、Mathで安定的に50点以上が取れる状態に早期に持って行き、Verbalが(誤解を恐れずに言うとまぐれでもよいので)良い点が取れるのを待つ、というのがベーシックな戦略になる。

逆に言うと、Verbalで折角良い点を取ったとしても、Mathでコケると、本当につらい。Verbalの点数はブレることが多く、次回の本試験で同じ良い点数が取れるとは限らないからだ。

 

受験生の多くは、Mathの勉強に割ける時間が圧倒的に少ないが、Mathの点数が安定しない人(=Mathで安定的に49点以上が取れない人)ほど、「まず、Mathを完成させるべし」というのが、GMATで700点を超えるための王道の成功法となる。

 

問題点

しかし、ここで問題なのは、Mathで安定的に49点以上を取るということは、ある人にとっては、予想以上に簡単ではないことだ。

インターネットでよく見かけるGMAT700点を超えた人のMathスコアは49~51点であり、「Math対策はマスアカを数回やった程度」の人も多い。そのため、「Mathは簡単なんだ」という意識で勉強をおろそかにしてしまう人が多いはずだ。その結果、Mathの点数が伸び悩み、折角Verbalでそれないの点数が取れても、トータルで高得点を狙うのが難しくなる。

 

Mathは効率良く、手軽にぱぱっと終わらせたい、と皆思うものだが、そう簡単にはいかないケースもあることを念頭に入れておこう。

特に、「ぱぱっと終わらせる」ことに成功した人ほど、海外MBAに行ける可能性が高まるため、ネット上には「苦労した」人の情報が少ない。ネット情報の裏には、「苦労して諦めた」人が多数いることにもっと注意を払うべし。そういう人の情報はネットには出てこないのだ。

 

GREという選択肢

話はそれるが、どうしてもMathができないなら、早々にGREに路線変更するというのもアリだ。

GREのMathはGMATよりも格段に優しくなる。一方で、単語の暗記量が多くなるなど、GREにはGRE特有の難点があるため、どちらが自分に合っているのかの見極めが大事になってくる。以下の記事が参考になるだろう。

 

関連記事

どっちを受けるべき?GRE、GMAT徹底比較

 

Mathに時間をかけて対策すべき人、そうでない人

定量的な判断軸

Prepで点数が取れない人

ほとんどMathの対策をせず、又は、マスアカをざっと1周した程度で、Prepで47点・48点が取れる人は、Mathに苦労しない可能性が高い。

逆に、この状態で45点程度しか取れないような人は、Mathに想像以上に苦労する可能性がある。Verbalに本格的に取り組む前に、まずMathに集中するくらいのタイムスケジュールと時間の投資が必要だ。

 

本番で点数が取れない人

既にGMATの受験経験者で、Mathの点数が伸びていない人は注意が必要。特に、「Prepはそこそこできる(難しいとは思わないor良い点数が取れる)が、本番では点数が取れない」と思っている人や、良かれと思って友達に「本番はPrepより難しいよ」とアドバイスしている人などは要注意!

 

本番とPrepはほぼ同じレベルと言って良い。

本番とPrepにレベルの違いを感じるなら、別のところに根本的な点数が上がらない理由があって、その根本原因を見逃している可能性がある。

 

定性的な判断軸

中学受験の経験

中学受験で難関校に受験経験がある人、小学生の時に塾で算数にがっつり取り組んでいた人は、Mathで高得点を取る可能性が高い。

中学受験の算数の範囲とGMATのMathの範囲は、不等式や絶対値などの中学受験の範囲内の部分は除いて、一致する範囲も多い。また、一致する場合は、中学受験の方がはるかにレベルが高く、中学受験の経験者は数学的に考える訓練が十分できている。解き方の引き出しをたくさん持っており、GMATのMathに比較的たやすく順応できる。

 

理系又は二次試験で数学を受験した人

大学受験で理系だった、又は二次試験で数学を受験した人も比較的、Mathで高得点を取る可能性が高い。

しかし、人によってはもちろん苦労する場合もあるため、自分が苦労する側の人間なのか、そうではないのか、早急に見極める必要がある。

 

帰国子女

帰国子女者は要注意。アメリカ人がGMATで700点を取るためのMathの目標は47点と聞いており、アメリカ式の数学教育を受けた人にはMathができない人が多数いる。一方、英語はできるため、Verbalで点数を稼ぐことはできるかもしれない。

 

総括

Masa
さて、GMATの勉強を開始した際に、「自分はMathで苦労する人間なのか?しない人間なのか?」を早期に見極めることの重要性はわかってもらえただろうか?
Masa
これができないと、受験スケジュールが後伸ばしになり、いつまでたっても志望校にアプライできないという状況に陥ってしまう。
Masa
いつまでもMathの点数が安定しない人は、「Verbalの勉強を休止し、Mathに集中する」くらいの思い切った勉強戦略が必要と認識しよう。
Masa
敵を知る前に自分を知ることは、どんな状況においても重要だ。
Masa
ここまで読んでくれてありがとう。
Masa
次回は、「なぜGMAT Mathで目標点が取れないのか?」をテーマに、点数が上がらない原因を分析していく。

 

にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。FacebookTwitterから、最新情報を受け取る事が可能だよ。シェアもよろしくね。
 

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。