秒速でスコア1.0アップ!IELTS対策リスニング勉強法 

IELTSリスニング 勉強法
ねこ君
IELTSはTOEFLより簡単ってよく聞くけど、リスニングそうでもないぞ。。
ねこ君
特に、書き取り問題は細かすぎるよ。

ねこ君
あと、厄介なのは、大文字・小文字の使い分け。これで結構間違えるんだよね。。

にゃんこ先生
IELTSって、全部大文字(又は小文字)で書いても良いって知ってた?

ねこ君
え・・・?

 

IELTSリスニングの極意

秒速で1.0スコアアップする方法?

私は、英語学習で急激に実力がついたり、点数がグンと上がる魔法のような勉強法は存在しないと思っている。しかし、IELTSのリスニングに関しては、一つだけできるアドバイスがある。

 

単語は全部大文字(又は小文字)で書け

 

もちろん、大文字、小文字を区別して正確に使い分けられるのが一番良いが、英語学習者としてその感覚を養うのは困難である。

そして、大文字小文字の使い分けの間違いで、5問程度は平気でケアレスミスが発生する。

全て大文字(又は小文字)で書き、+5問正解すれば、簡単にスコアが1.0アップするのだ。※正解不正解とスコアの関係はこちら

 

にゃんこ先生
本当に大文字(又は小文字)で良いの?って思う人は、googleで検索してみよう。
にゃんこ先生
英検のサイトでも、全て大文字・小文字で書いても採点に影響しないと明記しているよ。

参考:アイエルツ 日本版受験者向け情報

にゃんこ先生
あと、全部大文字で書くとスペルミスしやすいから、そこだけ注意しよう。

にゃんこ先生
こんなくだらないところで点数を落とさないようにしようね!

 

本質的な英語力が勝負!IELTSリスニング勉強法

IELTSリスニング勉強法4ステップ

もちろん、肝心の答えが聞き取れなければ、全て大文字で描いても意味はない

ここでは、シンプルかつ英語力アップに直結する勉強法を紹介する。

  1. 問題を解く
  2. 音源を聞く
  3. スクリプトを読む
  4. ②/③を繰り返す

以上である。

 

ねこ君
・・・へ??

ねこ君
巷でよく聞く、ディクテーションとか、シャドウイングとか、そう言うやつはやらなくてもいいの??

にゃんこ先生
音読とか、ディクテーションとかの勉強法って、それを10回やって満足しちゃうみたいな傾向があると思う。

にゃんこ先生
けど、本来の目的は、聞いた英語を理解すること。

 

4ステップ勉強法の詳細

①問題を解く

IELTSの公式問題集又はIELTS中国問題を利用して問題を解こう。

IELTSのリスニングは比較的短く、合計4セクション30分程度のリスニングで、転記時間10分をもらえる。

毎日2セクション、または過去問1回分を勉強するのはどうだろうか。

 

②音源を聞く

①でミスがあった問題を中心に音源を聞こう。

目標は90%以上の理解。勉強を始めたばかりの人は、全ての問題でミスがあり、英語が宇宙語の様に思えると思う。

軽く1〜2回聞いて③に進もう。

 

にゃんこ先生
意味を理解することに重点を置こう。

 

③スクリプトを読む

②で挫折してはいけない。聞いてわからなければ、スクリプトを読めばいいじゃない。

スクリプトを読んで、文章を100%理解しよう。そして、②に戻ろう。

 

ねこ君
そんな簡単に「100%理解する」なんて言わないでよ!!読むこと自体が苦痛なんだよ!

にゃんこ先生
そういう人はKindleを活用することをオススメする。

にゃんこ先生
中国サイトのWEBページをKindleに送って、辞書機能を活用すると超時間節約できるよ。

にゃんこ先生
下記リンクの「(5) WEBページをKindleで」をチェック!!!

 

 

④ ②/③を繰り返す

②、③を繰り返して行うことで、自分の聞き取れない部分/聞いて理解できない部分を洗い出そう。

そして、その苦手部分だけにフォーカスして音源を聞き倒そう。

 

1日ですべて理解できる様になる必要なんてない。次の日、来週、来月、時間を置いてまた聞いて、理解度を少しづつ深めよう。

わからなければスクリプトを確認して意味を理解しよう。そして、また音源を聞こう。完璧に理解したと思った音源も、継続的に聞くことをお勧めする。

 

IELTSリスニング対策3つのTIPS

スコアの自己採点

IELTS リスニング ミス

IELTSリスニングの目標点に対して、1パッセージあたり何問間違えられるのかを把握しておくことが重要。

間違えて良い問題数を把握することにより、パート別に勉強をしていても、現時点の実力と、目標スコアまでの距離を把握しやすくなる。

スコアの決まり方については、こちらの記事を参考にして欲しい。

 

 

頻度は、短く、多く

リスニング

机に座って1時間リスニングをするよりも、1回10~20分のリスク二ングを一日3~5回やったほうが効果がある。

イメージは、日本語から英語に切り替える瞬間をたくさん作る感じ。

トイレの中で、風呂の中で、ストレッチ中、食事中、電車の中、リスニングは隙間時間の強い味方である。

 

にゃんこ先生
時間のある時に、意味を考えながら、軽く聞くことをずっと続けるの。それがKEY。

 

ワイヤレススピーカーのススメ

ねこ君
けどさー、お風呂の中とか、家の中ってなかなか隙間時間活用できないんだよね。

ねこ君
携帯のスピーカーって音小さいし、イヤフォンもPCも家では持ち歩かないよ。

ねこ君
第一、お風呂じゃ携帯壊れるよ。

にゃんこ先生
言い訳考えるのだけは得意だよね、ねこ君。

 

意思の弱いあなたにおすすめするのは防水ワイヤレススピーカー

なにそれ高そう?いや時代は進歩した。

今は小型持ち運び可能防水かつ10時間以上連続再生可能なワイヤスピーカーが3000円以下で手に入る時代になったんだ。

 

本来の用途はアウトドアで利用するもののため、丈夫で音量も大きくできる。。

にゃんこ先生
ねこ君、これでいつでもどこでも風呂の中でも、大音量でリスニング力を鍛えられるよ♪

 

さらにスコアアップ!解き方3つのコツ

本質的なリスニング力がついてくれば、あとはIELTSの問題に慣れていくことが重要。

ここでは、問題に取り組むにあたり意識したい3つのことを紹介する。

 

  • 凡ミスを減らす
  • 質問を分析する
  • 答えを予測する

 

凡ミスを減らす

記号選択系の問題でよくある間違いは、記号を書けと指示されているのに、番号を書いてしまうこと。しっかり問題文を読むようにしよう。

他の凡ミスとして、大文字、小文字がはっきりしていないだとか、名前なのに全部小文字などのスペリングミスが挙げることができる。

上述した通り、IELTSのリスニングテストでは、すべての回答、すべての文字を、大文字書くことが許されているため、全部大文字作戦は効果的

 

また、文字制限付きで答えるショートアンサーと言われる問題がある、これは空欄補充問題に応用される。

You may not use [MORE THAN TWO WORDS and/ or A NUMBER]

もしこれが問題文内にあるとしたら、この制限の中で3文字以上または2つ以上の数を記入した場合は、正解だとしても即失点となる非常にシンプルなルールであるため、文字数制限を気にかけて、問題を解くようにしよう。

 

質問を分析する

IELTSでは、全セクションで音声が再生される前に、問題を読む時間が30秒から40秒与えられる。

この30―40秒を全力で、次の問題に目を通す時間として活用し、何を問われているのかを理解しよう。

 

以下の点が、目を通すべき重要なポイントだ。

  • どのタイプの質問か(正誤問題か記述問題かなど)
  • どう答えるか(記号問題か番号記入か単語記入かなど)
  • キーワードは何か

 

素早くキーワードに下線を引くなど目立たせることで、聞かなくてはいけない最重要な単語は何かが判別され、耳もその単語をキャッチしやすくなる。

また、もし音声がどの問いについて話しているのか、分からなくなってしまった時の目印になってくれる。

 

例えば以下のような場合、下線部がキーワードになっていて、この単語を意識する。

例(引用元

After the exam, Marcus scheduled a meeting with________________.

 

この問題に対する音声の一節がこちら

Marcus: “I feel so disappointed about the test yesterday. I met regularly with a study group to help me prepare and I thought I was ready. But I’ve decided to make an appointment with a tutor since I got such a poor grade. I guess I need more help.”

このように、事前に下線を引いたキーワードが出てきた。何が答えになるか発見しやすいのではないだろうか?

 

答えを予測する

質問に目を通した時点で答えをある程度絞ることができ、聞かなくてはいけない情報を少なくする。

30−40秒で全問完璧に予測することは簡単ではないが、問題演習を繰り返すうちに慣れてくるはずだ。

 

After the exam, Marcus scheduled a meeting with _______.

ここではwithの後に空欄がくる。前置詞の後は名詞か人名がくるはずだ!と予測するのだ。After examとscheduled meeting から、勉強に関する人や勉強を手助けする人物と会うでは?という感じだ。

予測感次第では問題が非常に簡単になる。予測の大切さを頭に置いてテスト対策することで予測力が身につくはずだ。

 

にゃんこ先生
質問の分析や答えの予測は無意識的にやっているだろうけど、これを意識的にやるだけでも効果が出るはず!

 

TOEFLからIELTSに移行する方へ

TOEFL vs IELTS

IELTSのリスニング自体はTOEFLより簡単である。
講義よりも会話形式が多く、アカデミックな内容が少ないからだ。

しかし、問題形式はTOEFLよりややこしい。大文字や小文字の使い分けや、文章を読みながらリスニング、そして単純な選択式ではなく、多くの形式で問題が出題される。

過去問を10-20セットぐらい解き、問題形式に慣れるための、問題演習をする必要がある。

 

にゃんこ先生
いくつかIELTS対策に役立つ記事をピックアップしたので、ついでにチェックしてみてね!
にゃんこ先生
最後に、当サイトではTOEFL・IELTS対策専門のオンラインコースも提供しているよ!英語対策でお悩みがあれば、遠慮なく連絡してね!

 

ねこ君
読んでくれてありがとう!!
にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。
にゃんこ先生
There is no Magic!!のメールマガジンに登録しよう!英語学習や留学に役立つ最新の記事、イベント情報やTIPSをいち早くお知らせするよ。

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です