無料でできるIETLS対策。中国教材活用法(PC編)

IELTSは過去問題も多く販売しており、TOEFLと比べると日本では比較的学習しやすい。

また、紙の試験のため、問題集を紙で解くことで十分対策になる。

しかし、紙教材での学習は、一見効率が良さそうにも見えるが、意外と落とし穴があったりする。

にゃんこ先生
今日はTOEFLに続いて、中国のIELTSサイトを使って、なぜ効率的に勉強ができるのかを伝えたい。

IELTSを紙の教材で学習するメリット / デメリット

メリット

  1. 紙で勉強できる

ねこ君
そうそう、だからIELTSってPCのTOEFLよりも、勉強しやすいってイメージなんだよね。

デメリット

  1. 教材は自分で用意
  2. タイムマネジメントがしづらい
  3. 自分で採点しなければならない

 

にゃんこ先生

人間は自分に甘い生き物だから、紙で勉強すると時計をよく見なかったり、リスニング中、音源の再生のタイミングとかが甘くなる。私猫だけど。

ねこ君
たしかに、紙の教材で勉強すると、いちいち自分で音源再生しなければいけないんだよね。それ、本番と違うや。。

 

 

IELTSをPCで学習するメリット / デメリット

メリット

  1. 無料
  2. 時間測定をPCがやってくれる
  3. PCが採点してくれる

デメリット

  1. PCだと難易度があがる

 

にゃんこ先生
個人的には、PCでIELTSを勉強するのはありだと思う。

にゃんこ先生

PCなら、時間測定/採点も勝手にやってくれる。PCで問題が解ければ、紙で行う本試験はもっと簡単に思えるよ。

にゃんこ先生
IELTSをPCで勉強することで、自分に厳しく、甘えを無くすことができる。これって重要。

IELTS中国教材利用方法

WEBサイトへの登録

http://ielts.kmf.com/へアクセスし、新規登録ボタン(赤枠)を押す。

あなたの情報を入力。

登録完了!登録後のTop Page。から問題演習へ。

IELTS リスニング

メニューからリスニングの問題演習を選択。ここのリンクからでもOK。

受けたい過去問を選択して、個別又は1回分まとめて受講。

画像あり画面に切り替え可能。

Start→Continueで問題開始。

 

IELTS リーディング

メニューからリーディングの問題演習を選択。ここのリンクからでもOK。

受けたい過去問を選択して、個別に受講。

画像あり画面に切り替え可能。

 

IELTS Writing

メニューからライティングの問題演習を選択。ここのリンクからでもOK。

受けたい過去問を選択して、個別に受講。

問題演習画面。Startで開始。

 

IELTS スピーキング

メニューからスピーキングの演習問題を選択。ここのリンクからでもOK。

受けたい過去問を選択して、1パッセージごと受講。Chorme推奨。

Startで開始。

 

IETLS リーディング/ リスニングの自己採点

IELTSを1パッセージずつ問題演習をする場合、目標点に対して1パッセージ/1パートあたり何問間違えられるのかを把握しておくことが重要である。こちらの記事を参考にして欲しい。

 

終わりに

IELTSの中国教材を活用することで、自分に負荷をかけて勉強を進めることができる。本試験では逃げられないストレスを自宅で感じなら、問題演習をすることは重要である。

にゃんこ先生
IELTSのリーディングとリスニングは、PCで学習をする方が効率的にスコアアップを測れる。

にゃんこ先生
多くの問題をこなして問題形式に慣れよう。

にゃんこ先生
けど、IELTSのスピーキングとライティングはPCでやるメリットは少ないよ。

にゃんこ先生
PCでタイピングするのと、紙に書くこと、PCに向かって喋ると、人に話すのは随分違う能力だからさ。過去にどんな問題が出たのか確認するぐらいだね。

にゃんこ先生
一緒に日本の英語教育を変えていかない?広告なしでサイト運営を続けるため、寄付を募集しているよ。PaypalBaseでご飯代をくれると嬉しいな。
にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。Facebookから、最新情報を受け取る事が可能だよ。応援よろしくね。

コメントを残す