初心者のためのSAT攻略ガイド part 3【受験編】

ねこ君
しっかり勉強したし、SAT対策はもう万全だ。おれのアメリカ留学への道もあと少し!!
ねこ君
でも、SATってどうやって受験するんだろう?
にゃんこ先生
え?まだ申し込みしてなかったの??
にゃんこ先生
SATの申し込みは早めに済ませとかないと後々大変なんだ。
ねこ君
そうなのか!じゃあやばいぞ!助けて先生!

 

著者について

こんにちは。現役大学生のHidekiです。高校生の時に英語を本格的に勉強し始めて、卒業前にアメリカの大学を受験し、合格しました。やはり、幼い頃に特別な英語教育を受けていたわけでもないので、受験は結構大変でした。しかし、同時に挑戦したからこそ経験できたことも多々あります。私はそのような経験を通して、みなさんの英語学習や大学受験に少しでも役立つような情報を発信していきたい思っています。合格体験談

SATの申し込み方

SATの申し込みはオンラインで、全て英語で行う。英語を勉強中の高校生にとってはかなり複雑な作業だ。しかし、この記事を読めば迷うことはない。途中で中断し保存することもできるため、焦らずやっていこう。

 

用意する物

  • パソコン
  • メールアドレス
  • 自分の顔写真のデータ(規定はウェブサイトで後ほど確認し、用意する)
  • クレジットカード

 

申し込みまでの流れ

1. College Boardのアカウントを作る(無料)

まずはCollege Boardのホームページに行く。そこで「Sign Up」をクリックして「Create Your Student Account」というページに飛び、名前、性別、生年月日、住所などの個人情報を打ち込む。

このとき、メールアドレスは今後も使用するものを使うこと。両親の情報に関しては任意(optional)であるため、飛ばしても構わない。

最後に「I agree with the Terms & Conditions」というチェックボックスをクリックして完了だ。

 

2. SATのページへ移行する

College BoardはSAT以外にも複数のテストを運営している。まずはSATのページに移動し、「SAT Registration」をクリック。パスワードの確認ページへ移行するので、先ほど作ったCollege Boardのパスワードを入力する。

 

3. 個人情報の欄を埋める

基本的には、College Boardのアカウントを作った際の情報が自動的に入力されるので、確認して次に進む。

 

4. 自分の高校を見つける

「Find Your School」をクリックし、自分の高校を見つける。自分の高校が候補にない場合は自分で入力することになる。

 

5. 自分と家族に関する質問に答える

次のページに移行すると、自分や自分の家族に関する質問のページにたどり着く。いくつかの選択肢から答えを選ぶ形式になっていて、答えたくない問題に対しては、「I do not wish to respond」という選択肢を選ぶことができる。

この後のページではもっと詳しい質問が用意されているが、スキップすることもできる。最後に「I agree to the SAT Terms and Conditions」をクリックして完了だ。

 

6. SATの試験日と試験会場を選択する

次のページには「Select your test」という項目があるので、SATを選ぶ。

その下の欄には試験日が数回分表示されている。自分が受験したい日程を選択する。Part 1で紹介した通り、試験会場は福岡や東京などいくつかの地域に存在する。検索しても候補として現れない会場は、その試験では使われない可能性が高い。

さらに次のページに移行すると試験会場の候補が出てくるので、受験したい会場を選択する。候補に受けたい会場がない場合は自分で検索することもできる。

 

7. 顔写真をアップロードする

顔写真は申し込みに必須だ。見本の写真が現れるので、それを確認して自分の顔写真を撮ろう。顔写真をアップロードしたら、いよいよ最後のステップだ。

 

8. 受験料を払う

次のページは確認ページとなっている。入力した情報に間違いがないか確認したら、「Make a payment」をクリックだ。

ここでクレジットカードの情報を入力し、受験料を支払う。以上で申し込みは完了だ。

 

にゃんこ先生
クレカは使えないものもあるので注意しよう。

 

受験前日までの準備

申し込みを済ませたからといって安心してはならない。しっかりと準備をしてこそSATで勝利できるのだ。

 

チケット(受験票)の印刷

受験料を支払った後、チケットの印刷ページへと移行するので、チケットを印刷する。これは、一度ログアウトした後でも印刷が可能だ。

 

必要な物の準備と確認

受験日の数週間前から必要なものを確認しておこう。SATの受験では、他の試験でいらない物が必要だったり、普段使用可能な物が使用できなかったりする。詳しくは、チケットの裏面を確認。

 

筆記用具

筆記用具に関しては、シャープペンシルの使用が禁止されている。鉛筆と鉛筆削りを用意しておき、試験前には鉛筆が適当に削られていることを確認しておこう。

 

身分証明書

加えて身分証明書も忘れてはならない。この身分証明書だが、日本語で明記されているものは認められない可能性がある。一番安全な方法はパスポートを持っていくことだ。

 

交通手段と宿泊先の確保

受験の申し込みが済んだら、すぐに試験会場にへ向かう交通手段と所要時間を調べておこう。また、試験会場が自宅から遠い場合、宿泊先をあらかじめ見つけておく必要があるかもしれない。試験時間に間に合う交通手段がない場合は、前日から現地入りし、会場近くの宿泊地から向かうことをお勧めする。

 

軽食の準備

最後に、軽食の準備も忘れてはならない。SATは3時間以上かかる試験のため、脳が糖分を使い果たし、集中力が持たないことも。休憩中は軽食を取ることが可能な会場も多いので、チョコレートなど、何か短時間で糖分を摂取できるものを用意しておこう。

 

ねこ君
申し込みが終わっても気を抜けないな。

 

受験当日の流れ

受付の流れ

試験会場には受付があり、そこでチケットと身分証明書を提出し、身分証明を行う。ここで携帯電話などの電子機器は回収される。

その場でスタッフが、受験する部屋を指定するので、それを聞いて、その部屋へ移動する。

部屋に着いたら、チケットと身分証明書、そして筆記用具を残し、残りは全てカバンに入れる。荷物を置く場所は、試験官の指示通りにする。

 

試験の流れ

回答用紙が配られたら、試験官の指示に従って個人情報を埋めていく。最後に署名して終わり。

試験は各科目のセクションごとに行われ、セクションとセクションの間には休憩時間が設けられている。トイレや軽食はこの時間で済ませておく。会場を離れる場合は、チケットと身分証明書を持っていくこと。再入室する際に確認される場合がある。

試験終了後、回答用紙と問題用紙が回収される。これで全ての工程が終了したことになる。

 

ねこ君
流れがわかっていれば当日は安心だ。

 

注意点

 

最後に、いくつか注意点を確認しておこう。

 

遅刻厳禁

試験時間に少しでも遅刻してしまうと、会場によっては試験を受けられなくなってしまう。余裕を持って会場に向かおう。

 

忘れ物をしない

チケットや身分証明書を忘れてしまうと、試験が受けられず、それまでの準備が全て水の泡となってしまうこともある。その他にも筆記用具や財布など、必要な物を確認し、当日用にチェックリストを作っておくと安心だ。

 

時間制限厳守

試験は試験官の合図で終了する。試験官が鉛筆を置くように指示したら、すぐに鉛筆を置くこと。厳しい試験官だと、少しでも回答を書き続けた場合、不正行為とみなされ、その試験が無効化されることもある。

 

にゃんこ先生
受験料を無駄にしないためにも、不正行為は絶対に行わないこと。

 

まとめ

これで『初心者のためのSAT攻略ガイド』は完結となる。SATを受験するためには、これまで紹介してきた様に、様々なことを知り、準備しておかなければならない。今回の記事は、SATの受験に最低限必要な情報を網羅している。まずはこの三本の記事でSATがなんたるかを理解し、後の本格的な受験の参考としてほしい。

 

関連記事

初心者のためのSAT攻略ガイド Part1【基礎知識編】

初心者のためのSAT攻略ガイド Part2【対策編】

 

にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。FacebookTwitterから、最新情報を受け取る事が可能だよ。シェアもよろしくね。
 

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。