80点?100点?TOEFL目標別セクションスコアと勉強法

TOEFL iBTの利用目的は人によって異なり、その目的により目標点は異なってくる。

交換留学や大学出願で80点が必要な人、大学院やMBA留学で100点以上を狙っている人もいるはずだ。

今日は、それぞれの目標スコアに合わせて、どのような点数の分散が望ましく、取りやすいか、勉強方法と合わせて考えたい。

TOEFL目標別セクションスコア

海外留学や海外経験が全くない日本人のセクション別スコアは、以下が取りやすいと考える。

 

 

1年以上の留学や、仕事で英語を話す機会が多い人は、Speakingの最高点を23点と考えても良い。その場合、ライティングまたはリスニングの点数が若干落ちても大丈夫。

リーディングとリスニングは選択式の試験なので、センスとか関係なく英語力がつけば誰でも取れる。だからこそ高得点を目指す。

 

にゃんこ先生
100点目標でリスニング23-25点でOKっていう人がいるけど、ダメ。スピーキング、ライティングのintegrated taskが聞き取れない。
にゃんこ先生
リスニングで27-8点レベルの英語力がなければ、全体のスコアが落ちる。
にゃんこ先生
スピーキングの点数は、100点目標なら23点とする塾や先生が多いけど、ここでは低め。
にゃんこ先生
2-3年前と比べるとスピーキングは格段に難しくなった。23点を基準にすると、純ドメには運試しの要素が増えてくる。
にゃんこ先生
リーディングは頑張れ、できるから。

 

各セクション・点数別勉強法

にゃんこ先生
ここで一つアドバイス。目標点数より下の勉強方法はみるな。最終ゴールの点数だけをみろ。
にゃんこ先生
2つ目のアドバイス。目標点数の次のレンジを狙え。80点欲しいなら、100点目指すつもりで勉強しろ。
ねこ君
3つ目のアドバイスは、「できるできないを決めるのは自分だ!」。やると決めたら、やるしかない。。
にゃんこ先生
ちなみに、基本的な勉強方法は、目標点数が違っても全部一緒だよ。最終ゴールが違うと心構えが変わってくる。

 

リーディング対策

17点は、45問中20問ミスしても取れる。3800パート3までざっくり覚えて試験の傾向を理解してTPOを10セット回してみれば取れるレベル。時間が許すようであればレベルにあった洋書2-3冊読みたいところ。

 

24点は、45問中12問ミスしても取れる。3800パート3までしっかり覚えて試験の傾向を理解してTPOを20セット回してみれば取れるだろう。時間が許すようであればレベルにあった洋書3-5冊読みたいところ。

 

28点は、45問中6問ミスしても取れる。3800パート4までしっかり覚えて試験の傾向を理解してTPOを全て回して体で正解の感覚を覚える。時間を見つけてレベルにあった洋書5-8冊読む。

 

29点は、45問中3問ミスしても取れる。3800パート4までしっかり覚えて試験の傾向を理解してTPOを全て回して体で正解の感覚を覚える。時間を見つけてレベルにあった洋書5-10冊読む。

 

リスニング対策

10点は34問中23問ミスしても取れる。何言っているかほとんどわからないレベルだが、試験の傾向を理解をしてTPOを5セットぐらいしっかり勉強すればいけるだろう。

 

13点は34問中20問ミスしても取れる。何言っているかほとんどわからないレベルだが、試験の傾向を理解をしてTPOを5-10セットぐらいしっかり勉強すればいけるだろう。

 

20点は34問中9問ミスしても取れる。4割ぐらいはぼんやりとしか理解できないが、試験の傾向を理解をしてTPOを10-20セットほどしっかり勉強すればいけるだろう。

 

27点は34問中3問ミスしても取れる。8割ぐらいは理解できている。試験の傾向を理解をして、TPOを全部しっかり勉強しリスニングの実力アップする必要がある。2択に絞れた後が勝負。この正解の感覚を掴む。

 

28点34問中2問ミスしても取れる。8割-9割ぐらいは理解できている。試験の傾向を理解をして、TPOを全部しっかり勉強しリスニングの実力アップする必要がある。2択に絞れた後が勝負。この正解の感覚を掴む。

 

スピーキング対策

まったく英語が喋れない、あるいは単語は出てきても文章は作れないという人は、瞬間英作文1冊やることをおすすめする。慣れてきたら、イントネーション発音も意識して勉強しよう。

 

13点までは、スピーキングの問題形式を理解し、independent taskの練習そこそこ行い、intgrated taskもテンプレートを使いこなす。TPO週2-3セットやってみる。試験対策をするよりもスカイプ英会話で英語を話す練習を毎日行い、試験中に黙らないことを心がければいける。

 

15点は上記に加えて6問中4問程度満足感が欲しい。よくわからなかった2問も、黙らないで健闘する。

 

18点は、スピーキングの問題形式を理解し、independent taskの練習毎日5問は行い、intgrated taskも構成を意識して毎日TPO1セット練習したい。スカイプ英会話でスピーキング問題を出してもらう。6問中5問満足感。よくできなかった1-2問健闘する。

 

20点は、スピーキングの問題形式を理解し、independent taskの練習毎日5-10問は行い、intgrated taskも構成を意識して毎日TPO1セット練習したい。スカイプ英会話でスピーキング問題を出してもらう。6問中6問で満足感が必要。

 

 

ライティング対策

12点Independent Taskの構成を理解し、実践問題でテンプレートの使い方をマスターする。自分で5-10エッセイぐらい書く。300単語でもOK。Integrated Taskは3つのポイントのうち2つがざっくり聞き取れれば取れるだろう。文法/スペルミス減らしたい

 

17点Independent Taskの構成を理解し、実践問題でテンプレートの使い方をマスターする。自分で10エッセイぐらい書く。350単語目指したい。Integrated Taskは3つのポイントのうち3つがざっくり聞き取れれば取れるだろう。文法/スペルミス減らすべき

 

21点Independent Taskの構成を理解し、実践問題でテンプレートの使い方をマスターする。自分で10-20エッセイぐらい書く。350単語目指したい。内容を意識する。Integrated Taskは3つのポイントのうち2つがしっかり、1つはざっくり聞き取れれば取れるだろう。文法/スペルミス減らすべき

 

27点Independent Taskの構成を理解し、実践問題でテンプレートの使い方をマスターする。自分で20-30エッセイぐらい書く。内容がマジで大事400-450単語Integrated Taskは3つのポイントのうち、3つがしっかり聞き取れないとダメ。文法/スペルミスは各3-5個以内

 

28点Independent Taskの構成を理解し、実践問題でテンプレートの使い方をマスターする。自分で20-40エッセイぐらい書く。内容がマジで大事400-450単語Integrated Taskは3つのポイントのうち3つがしっかり聞き取れないとダメ。文法/スペルミスは各0-3個以内

 

にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。FacebookTwitterから、最新情報を受け取る事が可能だよ。シェアもよろしくね。
 

22 件のコメント

  • いつも為になる記事を更新して頂きありがとうございます。留学に必要な61点を目指して約5ヶ月間このサイトを使って31点から53点まで上げる事が出来ました。とても感謝しています。本当にありがとうございます。しかし、そこから点数が伸びず落ち込んでしまい、2週間後にもう一度受けるtoeflに向けて短い期間ですがあと8点上げる為にどのような準備をしていけばよいか悩んでます。可能であればアドバイス頂けないでしょうか?
    点数配分はR15L10S14W14です。単語は3800のrank2までほぼ完璧にrank3はざっくり覚えました。リーディングは毎日一題問題を解いて解き直しをして音読したりしてます。リスニングは毎日聞いてますが苦手意識があります。スピーキングは1.2はサイト見ながら時間内に答える練習してます。3〜6の問題はあまり対策してません。ライティングはずっとindependent の練習をしてて300は超えるようになったところです。integratedはまだあまり対策できていません。

  • こんにちは!コメントありがとう。まず、31点というゼロに近いレベルから、22点もスコアをあげることができておめでとう!

    点数配分はR15L10S14W14ということで、あと8点を伸ばすためにはリーディングとリスニングを伸ばしたい。リスニング力がないと、スピーキングもライティングも点数が伸ばせないよね。しかし、2週間という短期間ではどこまで「本質的な英語力」を伸ばせるかはわからない。あと1、2ヶ月あれば英語力を伸ばす方法を提案できるのだけど、、。なので、もし時間が許せばもう少し長い目で見た方が良いかもしれない。

    Readingで単語はそこそこ覚えたようだから、足りないのは読解力。読解力は、一日1パッセージTOEFLを解いたり、同じ問題を何回も音読したりしてもあまり伸びない。読解力をあげるためには、「もっと英語を読むこと」が必要。これから毎日1時間ぐらい、TOEFLの勉強以外に英語を読むことを習慣付けてみよう。単語は引き続き覚えていることを確認しよう。問題を解くのは週末にいつもより時間がある時、問題形式を確認するぐらいで良い。

    読解力をあげるためにどんなものを読んだら良いのかは、こちらの記事の「読解力の強化」で紹介しているサイトは参考になると思う。
    https://www.path-to-success.net/stanford-toefl-yuta#i-4

    リスニングはTOEFLの教材だと少し難しすぎるかもしれないね。10点だとほとんど聞き取れないと思うので、レベルのあった教材で学習してみると良いかもしれない。こちらのサイト(http://www.manythings.org/voa/scripts/)はおすすめ。音源もTOEFLよりゆっくりでスクリプトもあるので学習しやすい。机に座った勉強と、隙間時間に音源を聞く勉強を組み合わせて、英語を集中して聞く時間を増やそう。

    リスニングの学習方法はこちらの記事も参考にしてみよう。なぎささんと似たような状況にある方からのコメントもあるので、どのように勉強したら良いのか研究してみよう。

    https://www.path-to-success.net/listening-worst

    近道を探したくなる気持ちもわかるけど、このような地道な英語力の向上が、本当は目標スコア達成の一番の近道なんだ。

    スピーキングとライティングは今まで程度の学習にとどめ、リーディングとリスニングの基礎力をあげることにフォーカスしてみよう。リーディングとリスニング力が上がれば、スピーキングとライティングの相乗効果も狙えるよね。

    実は、リーディングとリスニングは、確実な正解がわからない時や、選択肢を2つに絞れた時に、正答率をあげることもできる。しかし、これに頼ろうとすると、スコアが安定しなかったりするので、英語力の基礎ができていない人にはあまりおすすめできない。

    こちらの記事を読んで、本番で使えそうと思えば、問題演習をする時に意識してみると、スコアが少し上がるかもしれない。

    https://www.path-to-success.net/toefl-reading-kotsu

    https://www.path-to-success.net/toefl-listening-kotsu

    しかし、先ほど言った通り、これらのコツ使いこなすには「英語力」が必要なので、あまり役に立たなそうと思えば、「基礎的な英語力」を伸ばすための学習を中心に行った方が、スコアは上がるのではないかと考えている。

  • アドバイス本当にありがとうございます。ずっと悩みながら勉強していたので、もっと早く質問しておくべきでした。多読は全くしていなくて、問題解いて答え合わせして、英文解釈して音読という勉強法だったので試験まではなるべく多くの文章読むことに焦点を当てて問題解くのは週末にしようと思います。リスニングはサイトを使って練習して、聞き取れなかった所はスクリプトを確認してどんどん聞いていこうと思います。今回で目標点に届くのは難しいかもしれませんが、今やれることをやって長期的に本質的な英語力を身につけられるよう地道に努力していきたいと思います。

    • なぎささん
      また悩んだ時にはいつでもコメントしてほしい!
      目標達成応援しているよ!

  • おはようございます。
    定期的に記事を読み、勉強の指針にしております。

    私は社会人で、2020年秋留学を目指しています。
    10月末、初めて受けたTOEFLのスコアが出ました。
    R19、L21、S18、W21です。
    英語は、英検準1、TOEIC835で、語学研修を2回(高校と大学、各1ヶ月)行っていたので、そんなに困らないだろうと思ってました。
    しかし、9月上旬にアメリカに留学中の知人に会いに行き、このままのろのろ勉強してたらマズイ、と思い、頑張った2ヶ月の結果です。

    あと、21点は欲しいところですが、おすすめの勉強法があれば教えていただけると幸いです。

  • こんにちは!ご質問ありがとう。

    まず、最初のTOEFLで79点が取れたのは素晴らしいと思う。この2ヶ月の学習法は絶対に間違っていなかったはず。

    100点を取るためには、リーディング28点、リスニングも27点は欲しい。スピーキングは18~20点ぐらいで、ライティングは25~27点ぐらいを目指すと良いと思う。

    2020年の留学であれば、3ヶ月〜半年はTOEFLに集中できるね。リーディングは単語力、読解力をつけること、リスニングも根本的なリスニング力をつけるための訓練が大切。学習方法は全て下記のページにまとめているので参考にしてみよう。

    https://www.path-to-success.net/toefl-map

    TPOを活用して自分の実力を随時把握するようにしよう。リスニング力が付いてきたら(TOEFL23~26点程度が目安)、TOEFL以外の音源も積極的に聞く時間を増やすと良い。

    リスニング力が上がれば、スピーキングとライティングにも相乗効果が見込めるよね。ライティングのノビシロがあると思うので、他の人の学習法も参考にしてみて欲しい。

    https://www.path-to-success.net/toefl-independent-task-100

    https://www.path-to-success.net/toefl-integrated-task-100

    https://www.path-to-success.net/toefl-writing-100

    また、ライティングはやはりフィードバックを通じた改善が重要だと思うので、必要があればNo Magicのライティングクラスの受講も検討してみよう!

    https://www.path-to-success.net/toefl-writing-online-school

    また質問があれば是非コメントしてね!勉強頑張って!

  • にゃんこ先生

    ご無沙汰しております。先日はアドバイスをありがとうございます。
    先日のアドバイスを踏まえ、現在下記のように勉強しております。
    次の試験は12/15です。あと20日間勉強するにあたって、改善点があれば教えていただけると幸甚です。

    平日は、勉強時間6時間前後とっています。
    朝5時半に起きて2時間半勉強してから出勤。通勤往復2時間。昼休み1時間。その他1時間~3時間。
    帰宅が21時頃で、朝の勉強時間を確保することを考えると23時には寝たい、となると夜は勉強時間が取れないな、というところです。

    平日の朝は、Z会のアカデミック英文・単語教材(https://www.amazon.co.jp/dp/4862900259/ref=cm_sw_r_cp_api_SzY-Bb80WGX89)に30分、リスニング教材(https://www.amazon.co.jp/dp/4862902022/ref=cm_sw_r_cp_api_oAY-BbAZAJE46)に50分、TOEFL公式問題集のReadingを50分(20分で解いて、30分見直し・精読に使っています)、Speakingのindependent taskを30分ほどこなしています。余裕があれば、Barronsの発音の教科書を10分ほど音読しています。
    通勤中、NHKのラジオ英会話(文法)をおさらいがてら10分聞いて、残りはZ会の英文とリスニングをシャドーイングしています。

    昼休みは、英単語3,800と同シリーズの英熟語700の復習をしています。

    その他の時間は、writingのindependent taskを1日2題、TPOでreadingの過去問を1題以上解くようにしています。

    休日(土日祝)は、勉強時間7時間前後取っています。
    Z会のアカデミック英文の復習に50分、リスニング教材に50分、TOEFL公式問題集のReadingを50分ほど使ってウォームアップした後、TPOでreading、listening、speakingをこなしています。余裕があれば、writingを解いています。

    最近は、reading、listeningともに25-27/30取れる感じです。
    writingのindependent taskは30分で構成・タイピング・見直しをして、500-600字は書けるようになりました。
    Listeningは自然科学が弱いので、もう少し補強したいところです。
    周りで風邪が流行っており、私自身も風邪気味になることが度々あるので、平日は睡眠時間を取るためにもう少し勉強時間を減らそうかと悩んでいます。

    お忙しいところ恐縮ですが、アドバイスくださりますようお願いいたします。

  • ゆうこさん

    コメントありがとう!毎日、四セクションの勉強をバランスよく継続してやっているのは素晴らしい、努力家だね!正しい方向に進んでいると思う!

    リーディング・リスニングの伸びはいい感じで、この二つのセクションで合計55~58点、スピーキングは20点前後で、ライティングは25点前後を目指そう。

    リスニングに関して、自分の弱点分野も把握しているから、関連トピックの内容をもっと聞き、またTOEFL以外の音源も聞いてみよう。よく薦めているのはこれ。音源も短めだし、トピックでソートもできるので、忙しい社会人にもおすすめ。

    https://www.scientificamerican.com/podcast/60-second-science/

    また、TPOのアプリを携帯に入れて入れば、苦手なジャンルでソートもできるはずなので、自然科学系のものを通勤時間に聴き込むのもありだと思う。

    https://www.path-to-success.net/bbs/topic/%E4%B8%AD%E5%9B%BDtpo%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E7%B7%A8%E7%84%A1%E6%96%99%E5%85%AC%E9%96%8B?part=1#postid-264

    ライティングについて、30分で500文字書けるのはいいけど、構成と内容、表現も工夫が必要だよ!ゆうこさんのライティングを見ていないのでなんとも言えないけど、次回のTOEFLのスコアから今後の対策を考えることもできるね。構成はこちらも参考になるのではないかな。

    https://www.path-to-success.net/toefl-writing-3-choices

    なにより、体が一番大事なので、きちんと睡眠時間が取れるようにしよう!せっかく実力がついてきているので本試験の前に倒れたらもったいないからね!

    またスコアが出たらぜひここで共有してくれればと思う!応援しているよ!!!

  • にゃんこ先生

    ご多忙のところすぐにアドバイス下さり、ありがとうございます。
    アドバイスも踏まえて、学習計画を修正しようと思います。

    実は、教えていただきました「Scientific American」のリンクが切れております。
    教えていただいたサイトに飛んで、Podcastsのページに飛ぶということでよろしいでしょうか。

    また、中国版TPOのアプリですが、iTunesではダウンロードできないようです。
    他に代替のアプリ等はありますでしょうか。
    (iTunesでTPOやkmfで検索してみたのですが、中国語でよくわからず…。申し訳ございません)

    お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

  • ゆうこさん
    コメントありがとう!
    「Scientific American」のリンクにスペースが入っていて、リンク切れになってしまっていたようだ。先ほど直したので確認して見てね。

    中国TPOのアプリ版、現在もしかしたらダウンロードできなくなっているかもしれない。

    全部ではないけど、TPOのリスニング音源はこちらのページでKMFからダウンロード(右クリックから保存できるはず)できるようになっているので、苦手だと感じた音源を中心に聴きこむことはできるのではないかな。

    https://www.path-to-success.net/toefl-listening-tpo-download

    あと、こちらのページでもTOEFL関連で使える他のアプリを紹介しているので、もしアプリが使いたければ確認してみよう。アプリはスクリプトの確認とかもスムーズにできるので、結構効率が良いんだよね。

    https://www.path-to-success.net/toefl-free-apps

  • にゃんこ先生

    ご多忙のところご連絡ありがとうございます。
    両方とも、リンク大丈夫でした。ご教示ありがとうございます。

    さっそく、ご紹介いただいたアプリを使用しました(PLAN TOEFLとMagoosh TOEFL Speaking Prep)。
    両方とも、とても便利です! ありがとうございました。

    また質問やアドバイスの際には、よろしくお願いいたします。

  • にゃんこ先生

    おはようございます。嬉しい報告です!!!
    1/12のTOEFLで、103点取りました!!
    内訳は、R27、L29、S22、W25です。
    たった4か月独学で勉強しただけで、100超えられるなんて、と驚いております。
    勉強方法は、こちらのサイト通りです。
    本当にありがとうございます。

    実は、職場の留学の選考、2019年12月に受けることにし、
    大学院の申込は2020年、留学は2021年の夏になります。
    なので、まだTOEFLの勉強は1年くらいできそうです。

    実は、大学院で公共政策を勉強したいと思っており、本命はハーバード(4技能すべてで25が要求される鬼)です。
    これからの勉強方法に悩んでいるのですが、アドバイスいただけると幸甚です。

    • ゆうこさん

      嬉しい報告、ありがとう!!!おめでとう!!

      正しい方法で努力すれば、独学で100点超えは全然可能、ということを証明してくれて本当に嬉しい!

      スコアから見れば、リーディングとリスニングはおそらく安定的に高得点(27、28以上)できているので、心配なし。

      ライティングのスコアは常に25以上で安定させるため、今までの練習を引き続きしていこう。(頻度を少し落としても構わないのではないかな)

      問題はスピーキングだね。純ジャパの私たちが25以上をとるのは、なかなか難しい!ゆうこさんの、詳しいスコアレポートを見たり、実際のスピーキングを聞いていないので、具体的な対策は提案できないけど、基本的な考え方は「自分の足りないところを見つけてそれを強化していく」しかない。では、自分の足りないところはどうやって見つければ良いのか?

      ①採点基準から見る。これはスコアレポートを読めば大体わかると思う。

      ー 「発音・イントネーション(クリアで流暢に話しているのか)」

      ー 「文法・単語(文法ミスが多いのか、単語のバラエティがあるのか)」

      ー 「構成・内容(Independent taskであれば具体性のあるのか、integrated taskであれば重要な情報が漏れたり間違ったりしていないのか)」

      具体的な採点基準や構成のテンプレートはこの記事にあるので参考してみてね。

      https://www.path-to-success.net/toefl-speaking-template

      ②タスクジャンルから見て自分に足りないのは何?

      Independent:自分の話がお題からそれやすい?アイディアが浮かばない?

      Integrated:重要な情報を聞き取れていない?メモがきちんと取れてない?(「良いメモ」とは、15–30単語程度で、そのメモを見て大体さっきの会話/レクチャーの内容(ポイントが漏れずに)を説明できるレベル)

      こうやって自分の不足を分析したら、その対策方法を探そう。

      最近の記事で24点以上を取った人のスピーキング勉強法はこちら、参考にしてみて欲しい!IELTSスピーキング7.0の記事も参考になると思う。現在メモ取りに特化したクラスを開発中なので、メモ取りに課題を感じていたら、是非受講を検討してみてね!

      https://www.path-to-success.net/toefl-speaking-24

      https://www.path-to-success.net/toefl-ibt-99-to-109#i-3

      https://www.path-to-success.net/ielts-speaking-7

  • 初めまして、ニャンコさん!

    僕は、独学でTOEFLを勉強しています。18,19,20,20ぐらいで半年ぐらい停滞しています。今年の9月からコミュカレに行くのですが90点以上を取って留学に行きたいです。

    特にリーディング、リスニングが全然上がらない状況が続いています。

    勉強法に関しては、同じリーディング、リスニング教材を何周も繰り返してパーフェクトを取ること、背景知識のTOEFL教材と3800ランク3まで。隙間時間に好きな動画を見る、洋書を読むことをしています。

    僕としては、単語がなんとなくわかっても文章1文が分からないことがあります。あと、学術系のリスニングが圧倒的に弱いです。

    アドバイスお願いします。

    • 耕平さん、
      コメントありがとう!
      90点が目標なら、リーディング、リスニング、ライティングをそれぞれ 5点アップを目指したいところだね。

      点数はここでコメントをしてくれているゆうこさんの最初のスコアとほぼ同じだね。基本的にできるアドバイスは同じなのだけど、勉強法が良くなかったかもしれないね。

      「同じ問題を何度も繰り返してパーフェクトを取ること」はあまり良い方法ではないんだ。何度も同じ問題を繰り返すと内容を覚えてしまうし、正答率が上がるのは当たり前。英語力も伸びずらい。さらに、TOEFLの本番では毎回新しい問題を解かないといけない。

      なので、基本的に問題は一、二回解いて、なぜ間違えたのか分析し、どうやったら正解することができたのか?を考えたら終わりで良い。時間が空いたらもう一度ぐらい解いても良いよ。

      問題を何度も解くよりも、根本的な読解力、リスニング力を上げる努力をしよう。やり方は全てサイトで公開しているし、ここの過去のコメントも参考になるはず!

      単語がなんとなくわかっても文章1文が分からないことに関しては、こちらの長文の読み方も参考にしてみよう。
      https://www.path-to-success.net/toefl-gmat-gre-reading

      学術系のリスニングが弱いのであれば、その分野の単語を強化して、苦手意識のある音源を中心に聴き倒すのが王道だよ。何度も同じ問題を解くのではなくて、音源を聞いて理解できるようになるまでやり込むのが重要。

      9月までまだ時間があるので、絶対にできるはず!応援しているよ!

  • にゃんこさん

    ( 2017/06/03 ) R13, L12, S11, W10, total 46
    ( 2017/07/29 ) R20, L14, S17, W14, total 65
    ( 2018/12/16 ) R15, L12, S18, W15, total 60
    ( 2018/01/28 ) R18, L17, S20, W17, total 72
    (2018/06/28 ) R18, L19, S17, W20, total 74
    ( 2018/09/02 ) R16, L16, S20, W20, total 72
    ( 2019/01/26 ) R16, L23, S22, W19, total 80

    TOEFL80点を達成しました。ずっと伸びなくてTOEFLを受けるのが怖くなりましたが、続けていて良かったです。TOEIC400点からのスタートだったので2年以上掛かりました。

    特にアドバイスで頂いた英語で理解をする点を意識し続けていたので上手くいったと思います。

    ただほとんどの時間をリーディングに掛けていたにも関わらず伸びていなかったのでまだまだ課題があります。

    とにかく本当にありがとうございます。

  • TOEIC400点から、TOEFL80点は素晴らしいよ!これから90点を目指すのであれば、やはり課題はリーディングとリスニングだから、問題をたくさん解くよりも、英語力をアップするための学習を忘れずにね。リーディングは単語と多読(もっと読む)、リスニングはやはり「もっと聞く」しか方法はないんだよね。

    2年頑張って来たんだから、もうあと少しだね。耕平さんは必ずできると思う!なぜなら、2年前はこのサイトはなくて非効率な勉強法をしてしまっていたかもしれないけど、今は「正しい勉強法」が何かはわかるよね。「正しい勉強法」と「個人の努力」があれば、英語は誰でもできるようになるんだ。

    そして、耕平さんは「努力」ができる人だということを知っている!引き続き頑張ってね!

  • ニャンコ先生初めまして。
    私は現在海外在住で、2020年夏に高校を卒業しその秋から冬にかけて帰国枠で受験をする予定です。目指す大学が100点以上ないと難しいと言われていることもあり100点越えを目指しています。
    2018年夏ごろの時点では70点前後、70を超えても71点くらいだったと思うのですが夏休み明けから本格的に勉強を始め、2018年末には89点(25、21、20、23)まで伸びました。しかし、その後は自分の思うように勉強ができず、1月終わりに受けた時のスコアは86点(24、24、19、19)でした。
    Reading、Listeningは回によって波があるのですがSpeakingとWritingはしばらく横ばいの状態で、自分でも改善点が見つけられず悩んでいます。おそらく、Independent Taskでideaを出すのが苦手なことと、WritingではCoherenceが苦手なのが一番の弱点ではないかと自負しています。
    今はReadingはひたすらOfficialガイドを解き、精読するのに加えて、洋書という意味では学校の課題でだいたい随時2冊の洋書を平行して読んでいますが、学校の課題の方は精読というより流し読み状態だと思います。初めて受けた時(2017年末か2018年初め)にReadingが5点で、その後もReadingが低かったのでとにかくReadingを伸ばす勉強をしてきたので他3セクションは時間にかなり余裕がある時に少しやる程度です。先ほど、ニャンコ先生の記事を拝読させていただき、TOEFL PLANとTOEFL Speaking Prep.はダウンロードしました。
    できれば5月までに100点越えを目指したいのですが何かアドバイスをいただけますでしょうか。

    • まみさん

      質問ありがとう!

      100点を達成するため、まずはセクション別の目標点を明確にしよう。各セクションの目標点数から見ると、今まみさんはRとL合計で48、49ぐらい取れているから、それをもう少し伸ばして合計55ぐらいに持って行こう。SはTOEFL speaking prepを使って20ー22ぐらいに安定させれば十分。Wはあと2、3点伸ばせば良い。この意味で、100点はとても現実的なスコアだと思うよ。

      5月までスコアアップには、下記の学習をおすすめする。

      ① RとLはすでに正しい学習方法を実践して効果も出てきたので、それを引き続きやっていこう。英語力が付いてきたので、正答率をあげるための対策もしてみると良いかもしれない。

      R:
      https://www.path-to-success.net/toefl-reading-kotsu

      L:
      https://www.path-to-success.net/toefl-listening-kotsu

      ② Official Guideが一旦終わったら、TPOで問題演習しよう。問題演習だけで終わるのではなく、間違い分析をして、なぜ間違えたのか、どうやったら正解することができたのか考えることが重要。TPOの最新問題から古い問題に遡っていくと良い。

      TPO:
      https://www.path-to-success.net/china-tpo-pc

      ③ ライティングのコツは、ここにある記事を参考にしてね。

      https://www.path-to-success.net/toefl-writing-online-school#TOEFL_Writing 

      ライティングは第三者のフィードバックがないと、自分で改善するのがなかなか難しい。まみさんの今の英語力のレベルでは、Writing 26+クラス受講に問題ないと思う。必要と感じる時、上記のサービスを活用してね!

  • ニャンコ先生。初めまして。
    私は現在大学に通っており、今年の8月から英語圏の大学に1年間の交換留学が決まっています。

    しかし、5月中旬頃までにTOEFL全セクション20点以上合計80点以上を出さなければ授業を受けられず焦りを感じております。全セクション19点以下合計79点以下だと強制的に語学学校に行かなければなりません。そこで学部生の授業を受けるために絶対に全20点以上で合計80点以上を出したいです!

    現時点でのスコアはR 17,L 18, S 21, W 17の計73点です。 どのような勉強法が必要でしょうか?具体的に教えていただけると助かります。

    よろしくお願いします。

    • あきらさん

      質問ありがとう!R、L、Wそれぞれ20点まではあと一踏ん張りだね!残り2ヶ月という限られている時間の中、最大限にスコアを伸ばすには、TPOを中心に問題演習、間違い分析、模擬テストを繰り返し、隙間時間を単語の記憶と、多読多聴(気分転換用)に使い、この2ヶ月完全に英語の世界に入り込む覚悟でやっていこう!

      アドバイスとしては下記のいくつかのことかな。

      1. 単語力

      R・Lは17、18であれば、必要な単語をマスターするだけでもまだ伸びる余裕がある。お手持ちの単語帳を一冊マスターしよう。

      2. TPO演習と間違い分析のやり方

      リーディング2つ、リスニング2つ演習。

      演習後、スコアや答え合わせの詳細を見ずに、R・L素材を全部読み返して、知らない単語を調べて覚える、分からない長文をじっくり分解して読む(Rであれば、何で一目で読めなかったのかを自分で分析する。主語を間違えたのか?倒置の文の意味が読み取れないのか?Lの場合は聞き取れていない箇所はどんな箇所なのか?等々)

      一回全部理解した上、再度問題を解く。その後、答え合わせ。内容を理解していないから間違えた問題はどれ?内容を理解した上でも間違えたのはどんな問題?なぜ?と間違えた理由を分析し、次回同じような間違いをしないためには何をしたらよいのか考えよう。これで1日少なくとも2-3時間はかかる。

      3. 週一でTPOで模擬テスト
      週末に、予約したテストと同じ時間帯で、R・L一気にやる。模擬テストとしては、最新のTPO54からやっていくのがおススメ。普段の問題演習は古いやつからやっていく。模擬テスト後も上記2と同じく自己分析を行う。

      上記のことを3-4週間やったら、徐々に点数の伸びは感じるはず。例えば、安定に19ー21点になったとか。もし普段の演習が安定していて、模擬テストでは落ちたり伸びたりしたら、テスト中の状態や集中力の問題になる。

      4. 最後にライティング。

      ライティング対策の基礎は、全てこちらの記事に含まれているので、参考にしてみてね。

      https://www.path-to-success.net/toefl-writing-online-school#TOEFL_Writing

      上記の記事が難しすぎると感じたら、下記のライティング対策を参考にしても十分に20点越えは目指せるはずだよ!

      https://www.path-to-success.net/toefl-map#i-4

  • コメントを残す

    名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。