TOEFL対策リーディング勉強法 9つの問題形式理解と正解を狩るコツ

ねこ君
おれ、リーディング力の向上のため、多読の重要性を感じて、洋書も3-4冊は読破した。

ねこ君
最近、読むことに対して抵抗感が減ってきてるのは、すごい実感する。

ねこ君
そろそろTOEFLのリーディングで使える魔法も教えてくれたっていんじゃない?

にゃんこ先生
ねこ君もリーディング卒業まじかになってきたか・・。

 

 

TOEFLリーディング ✖️ 正解を獲るテクニック

英語のリーディング力をあげれば、TOEFLの点数は上がる。これは、ホント

選択肢を切るテクニックを学べば、TOEFLの点数は上がる。これは、ウソ

英語のリーディング力向上 + 選択肢を見るポイントを学べば、TOEFLの点数は飛躍的に上がる。これは、割と本当だ。

 

 

にゃんこ先生
テクニックだけでも、TOEFLリーディングの点数を15点から20点前後にすることはできるけど、その先に到達したいなら本質的なリーディング力が大事になってくる。

 

TOEFLリーディング試験概要と問題形式の理解

習うより慣れろ

3つ程TOEFLリーディングの過去問をやれば、問題形式の概要が掴めると思う。

中国TPOを使って、問題形式を確認してみよう。その後、下記の記事を読むことをおすすめする。

 

 

試験概要

600-700単語の文章を3つ読み、それぞれ12-14問の問題を解く。時間は1時間。ごく稀に4パッセージ1時間20分の時もある。

内容はアカデミック、教育、生物、化学、原子、そして石器時代の話までジャンルの幅は読みきれない。

TOEFLリーディングの問題形式は、大きく以下の9つに分類される。形式ごとのポイントは次項で確認しよう。

  1. 語彙問題(Vocabulary)
  2. 代名詞置き換え問題(Reference)
  3. 文挿入問題(Text Insert)
  4. 一文要約問題(Sentence Simplification)
  5. 事実正誤問題(Negative Factual)
  6. 事実正誤問題(Factual)
  7. 推測問題(Inference)
  8. 著者の意図についての問い(Rhetorical)
  9. 文章要約問題(Summary)

 

にゃんこ先生
ちなみに、トピック慣れトピック慣れってよく聞くけど、根本的な解決にはなってないからね。

にゃんこ先生
だって、何のトピックが本試験で出るかわかんないし、GETした専門知識がちょうど本試験で出るなんて限らないから。

にゃんこ先生
トピック慣れのためのトピック慣れは無駄。リーディング力の向上を伴うトピック慣れは、無駄にはならない。

にゃんこ先生
トピック慣れ用の英語を探すにはこっち。私は、つまらない文章はTOEFL以外は読みたいくないけどw

 

TOEFL リーディング問題形式の解説 回答のポイントと心構え

語彙問題(Vocabulary)

説明は不要。とにかく単語を覚えること。

にゃんこ先生
基本1秒で解く。わからなかったら文脈を見ても良いけど、最後は”えいやっ”で覚悟を決める。

 

代名詞置き換え問題(Reference)

最近あまり出てこない、itやtheyがどの単語を出しているのかを問う問題。

にゃんこ先生
itは単数、theyは複数であることに注意しよう。

にゃんこ先生
っていうのクソアドバイスで、これを読もう。びっくりるするぞ。

 

 

文挿入問題(Text Insert)

文章から抜き出されたセンテンスを、どこの場所に入れるのか問われる問題。慣れるまでは嫌いな人が多いはずだ。

thisやtheseなどの代名詞、afterやbefore、howeverなどの副詞はヒントにはなるが、そればかり注目しても意味はない。これは、読解力の問題なのだ。

 

にゃんこ先生
基本リーディング力。もう一つ言えるのは、英語は「結論→具体例又は理由」の順に話が進む。

にゃんこ先生
日本語的感覚だと、「起承転結」で、具体例をいくつかあげた後に、まとめのセンテンスを入れことが良いと思うかもしれないけど、英語は逆。

 

一文要約問題(Sentence Simplification)

マーカーが引いてある長文から、別の表現で言い換えしている選択肢を選ぶ。

これも結構難しい。読解力がものを言う。

 

にゃんこ先生
この言い換え問題は、文法をややこしくしてることが多くて結構てごわいの。まず、文法シリーズを読む価値はある。

にゃんこ先生
特に長い文章では、何が何を引き起こしたのか原因と結果)を、理解することが重要。

にゃんこ先生
下の例題を見てみて。

http://toefl.kmf.comより

にゃんこ先生
マーカー文、長すぎてやっかいにみえるでしょ。

にゃんこ先生
これを「コマース→産業化のためのコンディション→色んな領域の成長」って何が何を起こしたのかメモしてみる。

にゃんこ先生
そうすると、A、B、Dは原因と結果が違うじゃん?で、Cだけ、commerceをtradeに、”色んな領域の成長”をdevelopmentに言い換えてるけど、原因と結果が一致してる。

にゃんこ先生
Cだけをみると、うーん、あってるかなって思うけど、他は全部違うから、消去法でも◎。

 

 

事実正誤問題(Negative Factual)

選択肢の中から、本文にない、または間違っている選択肢を探す。

探すの大変。3つの〇を探しあてる方法と、1つの×を狙い撃ちする方法がある。

 

にゃんこ先生
間違っている選択肢は、本文に書かれていないというより、あきらかに本文で逆のことを言っていることが多い

にゃんこ先生
〇を3つ探しだす前に×が見つかればうれしい。

 

事実正誤問題(Factual)

本文中に書かれている情報を探す問題。

キーワードは、メイントピック

メイントピックは、各段落の最初と最後のセンテンスを読む。最初のセンテンスで一番大事な結論、中のセンテンスは具体例、そして最後はもう一度まとめを言うことがある(言わない時もある)。

 

にゃんこ先生
下の例題を見てみて。

にゃんこ先生
いい?これは2つの文章にまたがってるけど、最初の段落の最初と最後のセンテンスみてみてね。他は読まないでいい。

にゃんこ先生
人口増加は、普通貿易の増加を伴う。けど中国では産業化しなかったけど人口増加したってあるでしょ。

にゃんこ先生
すると、同じことをいってるのはDだけ。それだけでDを選べる。

にゃんこ先生
TOEFLReadingは全部読む必要はない。ほとんどはメイントピックに関係するものが答えになる。

 

推測問題(Inference)

本文中にはっきり書かれてはいないが、本文中の情報から答えが推測できる問題。と皆説明するが、これはミスリーディング。

どんな時にも、答えは本文にしかない。つまり、あなたの思い込みや、推測はすべて排除する必要がある。

キーワードは、メイントピック

メイントピックは、各段落の最初と最後のセンテンスを読む。最初のセンテンスで一番大事な結論、中のセンテンスは具体例。そして、最後はもう一度まとめを言うことがある(言わない時もある)。

 

にゃんこ先生
下の例題を見てみて。

にゃんこ先生
いい?最初の段落の、最初と最後のセンテンスみてみてね。他は読まないでいい。

にゃんこ先生
テクノロジーはいろいろな形をとるよ。スイートポテトは同じ土地でも多くの果実が収穫できるし、中国の貧しい地域で主な食糧になったよ。

にゃんこ先生
答えはCしかないでしょ?

にゃんこ先生
fact問題と、infer問題の解き方を区別するのはナンセンス。だって、本試験中にこれはfactだから、inferだから・・って考えてられないから。

にゃんこ先生
TOEFLはメイントピックがすべて。

 

著者の意図についての問い(Rhetorical)

これは最近あんまりでない。著者はこの段落で何をいいたいの?とか、なんでこの単語をここで出したの?みたいな問題。

にゃんこ先生
出たときは完全にメイントピックに集中すればいい。

にゃんこ先生
各段落の、最初と最後に、著者の言いたいことが載っている。

 

文章要約問題(Summary)

みんなの大敵、Summary問題。6つのセンテンスから3つのセンテンスを選んで文章を要約する。

 

にゃんこ先生
アドバイスは何個かある。

にゃんこ先生
  1. メイントピックに集中する(本文に書かれてても、細かすぎるものは正解にならない)
  2. 抽象的な議論をしているもののほうが、具体的なものより答えになりやすい

にゃんこ先生
②は、①の裏返しだよね。メイントピックは細かい具体例というより、ざっくりしていることが多い。

にゃんこ先生
結構2個は正解できるんだけど、最後の1個が難しいことが多いよね。その時は、メイントピック+ざっくりしている選択肢を選んで次に進んじゃおう。

にゃんこ先生
本文には戻らなくていいと思う。そんな簡単に答え見つからないし、時間が過ぎてくしさ。

 

にゃんこ先生
最後に言い忘れた。メイントピック戦略は有効だけど、本文が3段落しかなくて、1段落がすごく長いやつは、諦めてうえから読んでいくしかないよ。

 

TOEFL リーディングの自己採点

リーディングの目標点に対して、1パッセージあたり何問間違えられるのかを把握しておくことが重要である。こちらの記事を参考にして欲しい。

 

 

今後の勉強法

上記ポイントを意識しながら、数多くの問題をこなし、正解となる選択肢の感覚や、メイントピックから選んだ選択肢の正答率を体で覚える。

しかし、テクニックだけでは、スコアにバラつきがでるのと、リーディング力がついてこないと、実力勝負の25点以上は無理。

下記のおすすめ勉強法と合わせてTOEFLリーディングの勉強をしよう。

 

 

にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。Facebookから、最新情報を受け取る事が可能だよ。イイねくれると嬉しいな。

コメントを残す