TOEFLリーディング完全対策|正答率を上げる9つのコツと勉強法

ねこ君
リーディングって、日本人の得点源じゃなかったのか?簡単じゃなかったのか!?
ねこ君
単語も覚えたし、問題もたくさん解いてるのに、なかなか点数が上がらない・・。

にゃんこ先生
・・・

にゃんこ先生
単語を覚えるのも重要。問題を解くのも重要。

にゃんこ先生
けど、本当の英語力をつけない限り、20点代後半を狙うのは難しいよ。
にゃんこ先生
今日はリスニング力アップの方法と、正答率をあげるためのちょっとしたコツを解説していくね。

TOEFLリーディング対策の本質

純粋なリーディング力をあげれば、スコアは上がる。これは、ホント

選択肢を切るテクニックを学べば、スコアは上がる。これは、ウソ

リーディング力向上 + 選択肢を見るポイントを学べば、スコアは飛躍的に上がる。これは、割と本当だ。

 

にゃんこ先生
テクニックだけでも、TOEFLリーディングのスコアを15点を20点前後にすることはできるけど、その先に到達したいなら本質的な英語力が大事になってくる。

 

TOEFLリーディング勉強法:本当の英語力をつける3ステップ

今回は、最もシンプルで、英語力+リーディング力アップに直結する勉強法を紹介する。

  1. 単語を覚える
  2. 洋書を読む
  3. 問題演習をする

以上である。

 

ねこ君
・・・へ??

ねこ君
1ヶ月で10点アップする攻略法とか、そういうやつ、ないの??

にゃんこ先生
心を入れ替えよう、ねこ君。そんな魔法みたいなものあるわけない。そういう話って、全部ウソだからね。

 

多読の重要性

多くの人が、①単語を覚えること、③問題演習をすることを重視し、②洋書を読むことを怠りがちである。

では、なぜ洋書を読むことが必要なのだろうか?

 

我々は、帰国子女や交換留学生の英語力と戦えるレベルの読解力をつけなくてはならない。彼らは英語で授業を受け、英語のテキストを読み、新聞や本に触れてきた。

彼らの実力を、小手先のテクニックや単語力だけで超えられるだろうか?答えは否だ。

 

本試験の100倍以上の分量の洋書を読むことで、英語に対する抵抗感が減り自信がつきスムーズに読む力がついて来る。

 

にゃんこ先生
洋書を読みたくない気持ちは、すごーくわかる。私も、かつて、読むのが嫌だった。逃げていた。

にゃんこ先生
しかも、本を英語で読むのってストレスじゃん。単語わかんないからフラストレーションたまるし。

にゃんこ先生
私の師匠は、「とにかくやってみろ、やったらわかる。」としか言わなかった。それが私の再スタートだったよ。

 

3ステップ詳細

  • 単語を覚える

これ以外はやる必要がない。やる気を出してTOEFL TEST 必須英単語5600を買っても良いが、周りの人たちは皆3800を利用しているため、不安になることも多いだろう。

暗記には単語カードがクラシックではあるが最も効果的だろう。

覚えられなかった単語カードを入れ替えて、シャッフルして、1日1束終わらせよう。忘れたっていんだよ、人は忘れるものだから。10回でも、100回でも、瞬時に意味を思い出せるまで繰り返そう。

 

にゃんこ先生
ここでアンケート!!あなたは単語をどう覚える?
あなたは単語をどう覚える?もっとも効率的な方法はどーれ?
  • Add your answer

 

にゃんこ先生
どんな点数を目指すにしろ、できればRNAK3、100点以上を目指したい場合は、RANK4まで覚えることが望ましい。単語問題で落とすのは勿体無いからね。
にゃんこ先生
ちなみに、3800はアプリ版もあるんだよ。ちょっと高いけど、アプリを使えばもっと効率的に勉強できるのでは?英単語アプリmikanでも3800を使うことができる。

 

  • 洋書を読む

単語を覚えたら、アウトプットの機会を作ろう。

問題を解くだけでは足りない。生きた英語を読もう。そのためのツールがKindleだ。

 

  • 問題演習をする

①、②に合わせて公式問題集又はTPOを回そう。一日1~2パッセージ、間違えた箇所は納得するまで文章から答えを探そう。

答えが探せなければ、英語力が足りないことになる。

無理しなくていい、焦らなくていい。①と②を続けよう。3ヶ月後に同じ問題を解けば、英語力の変化に気づくはずである。

 

にゃんこ先生
問題演習には復習はほとんど必要ない。復習をしすぎると、答えを覚えてしまって次に解いた時に実力を把握できなくなる。
にゃんこ先生
一度間違えた徹底的に問題を分析したらそれでOK。次の問題に進もう。

 

リーディングのおすすめ教材

book-library-for-beginner
にゃんこ先生
リーディングで必要な教材はすごく少ない。基本は単語帳一冊とETS公式の参考書を使う。それ以外は多読だね。多読にはニュースも良いけど、洋書がおすすめだよ!

公式問題集・TPO

基本は公式問題集TPOの過去問演習を通じて、リーディングの問題形式に慣れよう。特にPCで英文を読むことに慣れていない人は、TPOを活用してパソコン上での問題演習を繰り返し行おう。

ETS以外が作成した参考書や教材はTOEFL本試験の傾向を反映できていないことが多いためおすすめしない。

問題を解くだけでなく、間違えた問題を分析して、なぜ間違えたのか、どうすれば次に正解できるのかを考えることも重要だ。

 

洋書

洋書を読むと言っても、どこから始めたら良いかわからない人のためにおすすめ洋書シリーズを紹介しておきたい。

1冊読めば 英語に慣れる、3冊読めば自信がつく、10冊読んだ頃には目標点も達成できる。そういうものだ。

» 英語多読のためのおすすめ洋書10選【初級編】

» 英語学習の強い味方!Kindle多読。おすすめ洋書10選【難易度別】

 

にゃんこ先生
TOEFL100点越を目指すのであればリーディングは28-30点を目指したい。80点目標でもでも23-25点は取りたいところ。
にゃんこ先生
単語と問題演習ばかりやって点数が伸び悩んでいる人、読解力がなく時間が足りなくなる人をたくさん見てきた。高得点を安定させるためにも多読は重要。
にゃんこ先生
机の前に座っての勉強ではなく、休み時間や隙間時間に毎日30分-1時間読むぐらいで大丈夫!

 

リーディング問題形式の理解

TOEFLリーディングで高得点を獲得する上で、問題形式の理解と、それぞれの回答のポイントを把握することは大切である。

どうしても正解がわからない時に、正答率を高めるコツを問題形式別に記載したので、是非参考にしてほしい。

 

リーディングの試験の流れ

600-700単語の文章を3つ読み、それぞれ12-14問の問題を解く。時間は1時間。ごく稀に4パッセージ1時間20分の時もある。

内容はアカデミック、教育、生物、化学、原子、そして石器時代の話までジャンルの幅は読みきれない。

問題形式は、大きく以下の9つに分類される。形式ごとのポイントは次項で確認しよう。

  1. 語彙(Vocabulary)
  2. 代名詞置き換え(Reference)
  3. 文挿入(Text Insert)
  4. 一文要約(Sentence Simplification)
  5. 事実正誤(Negative Factual)
  6. 事実正誤(Factual)
  7. 推測(Inference)
  8. 著者の意図についての問い(Rhetorical)
  9. 文章要約(Summary)

 

にゃんこ先生
ちなみに、トピック慣れトピック慣れってよく聞くけど、根本的な解決にはなってないからね。

にゃんこ先生
だって、何のトピックが本試験で出るかわかんないし、GETした専門知識がちょうど本試験で出るなんて限らないから。

にゃんこ先生
トピック慣れのためのトピック慣れは無駄。英語力の向上を伴うトピック慣れは、無駄にはならない。

にゃんこ先生
トピック慣れ用の題材を探すにはこっち。私は、つまらない文章はTOEFL以外は読みたいくないけどw

 

ダミー問題は?

実はほとんどのダミー問題はリスニングに出題される。リスニングが3セットの場合は1セットがダミー。リーディングが4パッセージの場合は1パッセージがダミーだ。

以前からリーディングは最後のパッセージがダミーという噂があり、何度も受けていると同じ問題を見かけることもあった。

しかし、2018年以降ダミー問題が変わったことにより、2019年現在どれがダミーかを判断することはできない。全ての問題を全力で解くようにしよう。

 

問題文は本文より先に読む?

これは個人の好みにもよるのだが、問題の解き方として以下の2通りのやり方がある。

  1. 本文を全て読んでから問題を解く
  2. 問題文を読んでから本文で答えを探す

これに関しては、どちらかという2がおすすめだ。

最初に本文を全て読んでから問題文に行くと、すでに本文の最初の方は内容を忘れていて再度本文を読まなければならなくなってしまい、時間が足りなくなることが多い。

よっぽどの読解力や記憶力がない限り、問題文からスタートすることをおすすめする。

 

問題形式別:回答のコツと攻略のポイント

語彙(Vocabulary)

説明は不要。とにかく単語を覚えること。

 

にゃんこ先生
基本1秒で解く。わからなかったら文脈を見ても良いけど、最後は”えいやっ”で覚悟を決める。

 

代名詞置き換え(Reference)

最近あまり出てこない、itやtheyがどの単語を出しているのかを問う問題。

 

にゃんこ先生
itは単数、theyは複数であることに注意しよう。

にゃんこ先生
っていうのクソアドバイスで、これを読もう。びっくりるするぞ。

 

文挿入(Text Insert)

文章から抜き出されたセンテンスを、どこの場所に入れるのか問われる。慣れるまでは嫌いな人が多いはずだ。

thisやtheseなどの代名詞、afterやbefore、howeverなどの副詞はヒントにはなるが、そればかり注目しても意味はない。これは、読解力の問題なのだ。

 

にゃんこ先生
基本リーディング力。もう一つ言えるのは、英語は「結論→具体例又は理由」の順に話が進む。

にゃんこ先生
日本語的感覚だと、「起承転結」で、具体例をいくつかあげた後に、まとめのセンテンスを入れことが良いと思うかもしれないけど、英語は逆。

 

一文要約(Sentence Simplification)

マーカーが引いてある長文から、別の表現で言い換えしている選択肢を選ぶ。

これも結構難しい。読解力がものを言う。

 

にゃんこ先生
この言い換え問題は、文法をややこしくしてることが多くて結構てごわいの。まず、文法シリーズを読む価値はある。

にゃんこ先生
特に長い文章では、何が何を引き起こしたのか原因と結果)を理解することが重要。

にゃんこ先生
下の例題を見てみて。

http://toefl.kmf.comより

にゃんこ先生
マーカー文、長すぎてやっかいにみえるでしょ。

にゃんこ先生
これを「コマース→産業化のためのコンディション→色んな領域の成長」って何が何を起こしたのかメモしてみる。

にゃんこ先生
そうすると、A、B、Dは原因と結果が違うじゃん?で、Cだけ、commerceをtradeに、”色んな領域の成長”をdevelopmentに言い換えてるけど、原因と結果が一致してる。

にゃんこ先生
Cだけをみると、うーん、あってるかなって思うけど、他は全部違うから、消去法でも◎。因果関係をメモすることで思考が整理できる。

 

事実正誤(Negative Factual)

選択肢の中から、本文にない、または間違っている選択肢を探す。

探すの大変。3つの〇を探しあてる方法と、1つの×を狙い撃ちする方法がある。

 

にゃんこ先生
間違っている選択肢は、本文に書かれていないというより、あきらかに本文で逆のことを言っていることが多い

にゃんこ先生
〇を3つ探しだす前に×が見つかればうれしい。

 

事実正誤(Factual)

本文中に書かれている情報を探す問題。

キーワードは、メイントピック

メイントピックは、各段落の最初と最後のセンテンスを読む。最初のセンテンスで一番大事な結論、中のセンテンスは具体例、そして最後はもう一度まとめを言うことがある(言わない時もある)。

 

にゃんこ先生
下の例題を見てみて。

にゃんこ先生
いい?これは2つの文章にまたがってるけど、最初の段落の最初と最後のセンテンスみてみてね。他は読まないでいい。

にゃんこ先生
人口増加は、普通貿易の増加を伴う。けど中国では産業化しなかったけど人口増加したってあるでしょ。

にゃんこ先生
すると、同じことをいってるのはDだけ。それだけでDを選べる。

にゃんこ先生
本文を全部読む必要はない。ほとんどはメイントピックに関係するものが答えになる。

 

推測(Inference)

本文中にはっきり書かれてはいないが、本文中の情報から答えが推測できる問題。と皆説明するが、これはミスリーディング。

どんな時にも、答えは本文にしかない。つまり、あなたの思い込みや、推測はすべて排除する必要がある。

キーワードは、メイントピック

メイントピックは、各段落の最初と最後のセンテンスを読む。最初のセンテンスで一番大事な結論、中のセンテンスは具体例。そして、最後はもう一度まとめを言うことがある(言わない時もある)。

 

にゃんこ先生
下の例題を見てみて。

にゃんこ先生
いい?最初の段落の、最初と最後のセンテンスみてみてね。他は読まないでいい。

にゃんこ先生
テクノロジーはいろいろな形をとるよ。スイートポテトは同じ土地でも多くの果実が収穫できるし、中国の貧しい地域で主な食糧になったよ。

にゃんこ先生
答えはCしかないでしょ?

にゃんこ先生
fact問題と、infer問題の解き方を区別するのはナンセンス。だって、本試験中にこれはfactだから、inferだから・・って考えてられないから。

にゃんこ先生
メイントピックがすべて。

 

著者の意図についての問い(Rhetorical)

これは最近あんまりでない。著者はこの段落で何をいいたいの?とか、なんでこの単語をここで出したの?みたいな問題。

にゃんこ先生
出たときは完全にメイントピックに集中すればいい。

にゃんこ先生
各段落の、最初と最後に、著者の言いたいことが載っている。

 

文章要約(Summary)

みんなの大敵、要約問題。6つのセンテンスから3つのセンテンスを選んで文章を要約する。

 

にゃんこ先生
アドバイスは何個かある。

にゃんこ先生
  1. メイントピックに集中する(本文に書かれてても、細かすぎるものは正解にならない)
  2. 抽象的な議論をしているもののほうが、具体的なものより答えになりやすい

にゃんこ先生
②は、①の裏返しだよね。メイントピックは細かい具体例というより、ざっくりしていることが多い。

にゃんこ先生
結構2個は正解できるんだけど、最後の1個が難しいことが多いよね。その時は、メイントピック+ざっくりしている選択肢を選んで次に進んじゃおう。

にゃんこ先生
本文には戻らなくていい。そんな簡単に答え見つからないし、時間が過ぎてくしさ。

 

にゃんこ先生
最後に言い忘れた。メイントピック戦略は有効だけど、本文が3段落しかなくて、1段落がすごく長いやつは、諦めてうえから読んでいくしかないよ。
にゃんこ先生
全般的な学習法として、ETSのImproving Your Reading Skillsは参考になるよ。日本語版はこの記事で。

 

リーディングスコアの自己採点

リーディングの目標点に対して、1パッセージあたり何問間違えられるのかを把握しておくことが重要。

例えば、28点を目指したければ、5-6問は間違えても取ることができる。つまり、3パッセージ中平均2問程度間違えても28点を取ることができるのだ。

一度の問題演習で3パッセージ全て解くことはあまりないことが想定されるため、一題ごとの演習で合計点をイメージできると実力の把握にも役に立つ。

 

 

TOEFLリーディングの問題傾向と厳選過去問

2017年上半期すべてのTOEFL試験の問題を分析した団体からの情報によると、2017年3月4日以降、TOEFLのReadingは新しい傾向を示している。

3月以降、TOEFLのリーディングは一回のテストで、多いときは20個ぐらいの文章が用意され、同じ日に受験してもそれぞれの受験者のリーディング問題文は若干違うようになった。

 

TOEFLのリーディングは、直近2年の主要なトピックを繰り返し出題されている。最もよく出題される分野は生物学であり、全体の1/3を占めている。

地質学、考古学、社会的、歴史的、経済的およびその他の科目も重点トピック。普段からこれらのトピックと関連する記事や本を幅広く触れ合うのがおすすめだ。

 

直近のTOEFL iBTのリーディングの過去問から、以下の分野別に40〜の問題を用意した。より最近の出題傾向を反映した過去問となる。

  1. 地理学・地質学
  2. 環境
  3. 経済
  4. 考古学
  5. 科学
  6. 農業
  7. 社会
  8. 生物
  9. 天文学
  10. 文化芸術

特に苦手だと思う分野を練習することで、どんな問題が出題されても安定的に点数を取れるようにしよう。

にゃんこ先生
リーディング問題の他、TOEFLやIELTS、GMATからGRE、留学準備で使える資料集を全部一つにしたよ!これがなんと無料!下記からダウンロードして使ってね!

メールアドレス

 

今後のリーディング対策

上記ポイントを意識しながら、数多くの問題をこなし、正解となる選択肢の感覚や、メイントピックから選んだ選択肢の正答率を体で覚える。

しかし、テクニックだけでは、スコアにバラつきがでるのと、英語力がついてこないと、実力勝負の25点以上は無理。

純粋なリーディング力をアップすることを意識しながらTOEFL対策を進めよう。

 

ねこ君
この記事が気に入ったら「👍いいね」ちょうだい!ありがとう!!
にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
ねこ君
にゃんこ先生をTwitterでフォローしよう!!英語学習・留学に役立つ情報が満載だ!!
   

20 件のコメント

  • この過去問ファイルはすごいですね!オフラインでも使いやすいので、是非利用させていただきます。ありがとうございます

  • Kurtさん、コメントありがとう!!

    最近更新できていなくて申し訳ないけど、

    また近日中整理してアップロードしていくね!

  • この厳選過去問というのは中国TPOの中から,例えば生物学に関するパッセージを全部集めたという事ですか?

    • これはTPOと違う問題。直近数年に出た本番試験の中から集めてきた学科別の問題集だよ。練習に活用してね。

  • 厳選過去問の生物の一番最初「extinction at the end of the Cretaceous」の問5と問12を間違えたのですが,何度読み返しても本文のどこがアンサーキーになっているのか分からないのですが,教えてくれませんか?
    あと最後の問14のBとCも正解ですが,本文のどこに書いてあるのか教えてくれませんか?

    • ゆうゆうさん

      質問ありがとう。ここで解説と訂正をするね。

      問5の正解はA. To help explain why insects were less likely to go extinct than other species

      アンサーキーはどこに書いてあるかというより、まず第二段落の内容をまとめてみよう。

      メイントピックは、陸上の生物の絶滅。
      1.大きい動物だけでなく、35%の哺乳類(Mammal)も絶滅。
      2.植物の絶滅。しかもその絶滅により、一つ重要なfood chainが崩壊した(植物/葉っぱが減少⇒草食の哺乳類や恐竜が減少⇒草食動物を食べる肉食恐竜が減少)
      3.四つの生物( Crocodiles, tortoises, birds, insects)が生き残った。それぞれの理由は:
      – Crocodiles, tortoises:腐肉を食う動物だから。
      – insects:一部は死んだものを食べる。ほとんどの昆虫は、外部のダメージに抵抗できる休眠状態に入る⇒望ましくない環境の中では長い期間をかけて成長・発達していく。例えばあるbeetleの幼虫……【Many insects feed on dead material; furthermore, most have at least one resting stage in which they are very resistant to damage. In unfavorable conditions some may take a long time to develop: there is a record of a beetle larva living in dead wood for over 40 years before becoming an adult.】
      – birds:一部は腐肉を食う。他の鳥の生き残った理由はまだ謎。

      問題文の例は、昆虫類が絶滅していない理由を検証するため挙げられたから、正解はA。
      この段落は何を中心に議論を展開しているかを理解しないと、CかDを選んでしまう可能性が高い。

      問12:B(もとの解答ファイルにCと書いている)
      このセンテンスより答えが分かる。
      Iridium occurs in meteorites and volcanic material, but in the latter case it is accompanied by elevated levels of nickel and chromium. These other metals are not especially abundant at the K/T boundary.

      問14:CEF(もとの解答ファイルにBCFと書いている)
      選択肢Cを反映するセンテンスは下記にある。
      一段落目: The foundation of the major marine food chain that led from the minute plankton to shelled animals to large marine reptiles had collapsed.
      二段落目:As in the sea, it seems that on the land one key food chain collapsed: the one with leaves as its basic raw material. These leaves were the food of some of the mammals and of the herbivorous dinosaurs, which in turn were fed on by the carnivorous dinosaurs.

  • こんばんは。現在TOEFL92点で短期留学の基準点である100点を目指して来月再チャレンジする予定のものです。リーディング問題、ありがとうございます。活用させていただいています。

    さて、農業の1の問題を解いていたのですが、
    11番の「burdensome」の意味を問う問題の答えがなぜA「frequently」になるのでしょうか…。

    もしお時間があれば教えていただけると有難く思います。
    よろしくお願い申し上げます。

    • Nickyさん

      質問ありがとう!最後の段落を一緒に見てみよう。

      Wherever they took up farming, northern cultivators engaged in agricultural work routines that were far less intense than in the south.⇨北の人たちのワーキングルーチンは南よりずっと「less intense」。

      The growing season was much shorter, and the cultivation of cereal crops required incessant labor only during spring planting and autumn harvesting.⇨具体的には、成長期が短いし、繁忙期が春と秋のみ。

      This less burdensome work rhythm let many northern cultivators to fill out their calendars with intermittent work as clockmakers, shoemakers, carpenters, and weavers.⇨このような「less burdensome」(負担が少ない)ワーキングリズムだからこそ、北の人たちは閑散期に別の職業に従事できる。

      ここの「負担が少ない」(This less burdensome work rhythm)とは、前の一文にあったように、(穀物の)成長期が短く、春(種蒔き)と秋(収穫)だけ忙しいということだね。逆に考えると、南の人たちは、長い成長期において頻繁に作物の面倒を見たり、年に二、三回種を蒔いて収穫することもあるはず`。

      つまり、ここの「less burdensome」とは、冒頭にあった「less intense」のことでもあり、「less frequent」と解釈しても良い。

      これで答えが「frequent」になるがけど、決めつける前に、他の選択肢を見てみよう。難しい問題は消去法が大切。

      B) productive 生産的。北の人たちのワーキングリズムは、生産性が低いという話はどこにも出てきていないから、×。
      C) difficult 難しい。多くの人はこの選択肢に引っかかりそうだね。北の人たちのワーキングリズムは「less difficult」(より簡単)?種蒔きや収穫等は同じ作業だけど、北の人たちは年一回やる、南の人たちは年2ー3回やる。同じ作業を3回やるのは、1回だけやるのより難しいと言える?違いは頻度だけで、作業自体の難しさではないだろう。
      D) well-paid 報酬が高い。Bと同じく、原文に言及されていないことで×。

      なので、正解はAだ。理解できたかな?どこの辞書を調べても、「burdensome」が「frequent」と同じ意味というのは出てこないから、この文脈の中では、この意味合いになる。単語の問題は簡単そうに見えるけど、単語自体の意味だけで判断するのではなく、文脈からその意味を判断してね!

      100点頑張ってね!応援しているよ!

  • にゃんこ先生様

    こんばんは。お忙しい中、丁寧に教えていただきありがとうございます。

    「less intense」の言い換え、「 incessant」との対比の言葉として「less burdensome」 が用いられていたのですね。

    おかげさまで理解できました。

    あと1か月ほど、頑張ります!ありがとうございました。

  • 生物のリーディング問題の

    How Plants and Animals Arrived in the Hawaiian Islands

    の7番の答えがどうしても理解できません。

    教えていただけると嬉しいです。

    宜しくお願いします。

    • regionさん

      答えが理解できないということなので、本文は理解できている前提で説明するね。

      A 本文で議論しているのはこれらの植物/種がどうやって「reach the islands」のこと、「 grow in the islands」について何の記述もないため、×

      こうやって一見正しそうで、こっそり概念や主要動詞を変えた選択肢は気をつけよう。

      B many plants that succeeded in reaching the islands are those that… bear fleshy fruits instead of dry seeds, such as… つまり、これらの植物の中、それぞれ「fleshy fruits」を持つ品種と、「dry seeds」を持つ品種があり、ハワイにたどり着いたたくさんの植物は「fleshy fruits」を持つ品種だ(なぜならその前文にあったように、鳥が果実を食べる⇨鳥の消化器に種が残る⇨鳥が島まで種を持ってきた)。逆に言うと、もしこれらの植物が「fleshy fruits」(言い換えれば「edible fruits」)を持っていないと、鳥に食べてもらえず、種が島まで持ってこられる可能性がある、ということ。○

      C この選択肢は、この段落の前後の文の関係(構成)に対する分析で、この分析自体(意味も)は正しい。「これらの植物は、前文にあった話のさらなる証拠を提供した」。ただ、問題文は「what point is the author making」だから、作者の主張/意見を聞いている。作者の主張ではないため、×。

      D そもそも選択肢の内容自体は文の内容と食い違っているため、×。

      結構難易度が高いのでこれは間違えてもそんなに気にしないでよいと思うよ!何が問われているかにはいつも注意しよう。

  • toefl itpの為の勉強としてibtの問題や情報を使って勉強するのは効果があるかどうかお聞きしたいです。出回っている情報や過去問等についても圧倒的にibtに関連するものが多いので、それを使っても効果があるなら便利で少しでも勉強しやすくなるのではないかと思い、質問させてもらいました。

    • itpはTOEFL PBT(iBTより前のペーパー版)の問題プールを使っているらしい。内容や難易度はTOEICとiBTの間ぐらい。

      目標がitpのスコアを上げたいだけであれば、古いTPO(1ー15あたり)やTOEFLiBT公式問題集のリスニングとリーディングは参考になると思う。一方、基本はITP専用の問題集を使ったほうがおすすめ。

      もし将来海外の大学に入ることも視野に入れているなら、iBTの対策法や過去問は今からやる価値がある。

      基本、どんなテストを受けるとしても、英語の学習方法には共通の部分があるので、ぜひ他の方の経験談から、自身にとって参考できるものを吸収しつつ受験対策していこう。頑張ってね!

  • にゃんこ先生様

    素晴らしいファイルのご提供、ありがとうございます!

    生物の1題目 Extinctions at the End of the Cretaceousの問題3についてご質問です。

    私はDを選択したのですが、回答ではCが正解となっており、なぜCが正解なのか、お手数ですがご教示いただけませんでしょうか?

    私の読み方が間違っている可能性も十分あり、お手隙の際にご返信いただけると幸いです。

    <理解に苦しんでいる理由>

    問題3は、extinctions at the end of the Cretaceousについて文中でサポートされていない選択肢を選ぶ問題で、回答はC.「Most birds, tortoises, and crocodiles escaped extinction」となっております。

    確かにCの選択肢は、鳥たちなど生き残った生物もいる、という主張なので、extinctionをサポートする内容ではありません。しかし、一応問題文中には「Crocodiles, tortoises, birds, and insects seem to have been little affected.」(2パラ9行目)とあるので、事実としては正しい内容です。

    一方で、選択肢D.「Deciduous trees were especially likely to go extinct.」については、文章中に「it has been noted that the survivors were often deciduous they could…」(2パラ3行目)とあり、要するにdeciduous treeは生存できた、つまり、選択肢Dとは逆の内容が書かれています。

    よって、本問の正解は、Dではないでしょうか?

    • CHOMOさん

      質問ありがとう!

      問題3はChomoさんが理解している通り、正解はDとなる。

      このファイルは完璧ではないので、また疑問があればいつでも聞いてね。

  • にゃんこ先生様

    早速のご返信ありがとうございました!

    引き続きこちらの過去問を使って精進していきたいと思います。

  • にゃんこ先生

    地理学・地質学の最初の問題の5番の答えがなぜDになるのかわかりません。

    • これは単語問題だね。意味もややこしくないので、辞書で調べればわかるはずだよ。

      もしそれでもわからないのであれば、Maoさんがどうやって解いたのか、どこがわからないのか、解く際の思考回路も一緒に共有してくれないかな?

  • 選択肢に紛らわしいものが多い問題などで間違えていた時、toeflのリーディングの解答を見てもいまいち納得しきれない時があります。(このようにも受け取れるのではないのかなど)
    自分はリーディングの勉強を始めたばかりなのですが慣れで見えてくるものなのでしょうか。
    KMFのコメント欄を翻訳してみているのですがでもオプションCは詳細情報ですなどがあったりはするのですが、、、
    間違えた問題の分析方法などがまだ自分の中でしっくりきていないです。

    長文失礼します

    • toefl頑張郎さん

      質問ありがとう!

      リーディングの独学の方は解答の解説がほしいんだよね。KMFの解説も完全ではないし、ネット上の答えもたまに間違えがある。個人的には、どうしてもわからない問題がそこまで多くはない場合には、あまり気にしないというのもありだと思う。

      一方で、わからない問題が多ければ、根本的なリーディング力が足りないのかもしれない。慣れもあるけど、読解力や単語力が上がると、文章が正しく読めるようになり、答えを見つけたり分析力が上がったりするはずだよ!

  • コメントを残す

    名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。