【図解】初めてでも簡単!TOEFL申し込み徹底ガイド

ねこ君
おれ、TOEFLってのを受けてみようと思うんだ。英語はそんなに得意じゃないけど、留学にはTOEFLが必要らしい。おれ、世界が見たいんだ。
ねこ君
。。。
ねこ君
英語ばっかりで。。どうやって申し込んだら良いかわからない。。

にゃんこ先生
そう来たか、ねこ君。ETSの申し込みサイトは全部英語だから、これから初めてTOEFLを受ける!みたいな人には、それだけでアレルギーがでる可能性はある。
にゃんこ先生
今日は、そんな人のために、TOEFL申し込み方法を日本一わかりやすく解説したい。

今までにTOEFLという言葉を聞いた事はあるだろうか。

また「受験してみたいけど、英語で書いてあると分かりにくい…」「難しい操作は苦手」など、申し込み手順が分からず悩んでいる方も多いはず。

ここでは、そんな方たちのためにTOEFLの申し込み方の手順について解説する。

そもそもTOEFLとは?

ここではTOEFLについて簡単に説明する。TOEFLの公式サイト日本事務局では、TOEFLについてこのように述べられている。

TOEFL® テスト(Test of English as a Foreign Language)は、1964年に英語を母語としない人々の英語コミュニケーション能力を測るテストとして、米国非営利教育団体であるEducational Testing Service(ETS)により開発されました。大学のキャンパスや教室といった実生活でのコミュニケーションに必要な、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つの技能を総合的に測定します。

つまりTOEFLとは、「英語を母国語としない人」が対象のテストであり、主に大学でのクラス分けや海外の大学へ入学・卒業する審査基準として用いられる。

また試験時間は約4時間半で、その内訳はリーディングが60~80分で、リスニングが60~90分。10分の休憩を挟んでから、スピーキングが20分、最後にライティングが50分だ。TOEICや英検などと比べるととても長いことが分かる。

英語の「読む」「聞く」「話す」「書く」という総合的な技能はもちろん、長時間問題に取り組む集中力も必要だ。

 

TOEFL オンライン手続きについて

TOEFLテストを受験するにはアカウント登録が必要であり、登録をすると”My Home Page”が作成される。TOEFLテストの申し込みやスコアの確認方法、スコアの郵送手続きなどがオンラインでできるようになる。

 

このアカウント登録の際には、氏名や住所、国籍などの入力が必要である。実際にTOEFLテストを受験する際にはID(身分証明書)が必要となるので、IDと一致している氏名と生年月日を間違えないようにすることが求められる。

また、この受験可能なIDは、日本では原則パスポートである。パスポートの作成には2週間程度かかるので、TOEFLテスト受験を考えるなら、早めに用意しておくことを勧める。

 

ここからアカウント登録、申し込み方法について詳しく説明する。

 

アカウントの登録

HPへアクセス

TOEFLの公式サイトへアクセスする。

上記の図の赤丸で囲まれている”My TOEFL IBT Account”をクリック。すると、下記のページが表示されるので、アカウント登録の際に使用する言語を選択する。

 

ここでは”English”を選択した場合について紹介する。”Japanese”を選択すると日本語で表示されるので、英語での登録に不安を感じる方はこちらを選ぶのもいいと思われる。ただし、日本語表示を設定していても、必要事項を入力するときは英語で入力することが必要である。

 

にゃんこ先生
ちなみに、MacやiPhoneのSafariだと下記の手続きがうまくできないことがある。Chromeをインストールしてみよう。詳しくはこちら

 

プロフィール入力

ここからはアカウント登録に必要な情報の入力の仕方について説明する

*マークがついている個所は入力が必須である。

 

入力事項については下記の画像を参考にしていただきたい。

 

 

“Phone number”では、日本とは違い、最初の0を抜いてから入力すること。たとえば090-1234-5678という番号なら、9012345678という風になる。

“Email”では、登録しておくとスコアを閲覧できたり、重要な連絡事項、役立つ情報をメールで受け取ることができる。登録は必須ではないが、”Yes”で登録しておくとのちのち便利である。

 

にゃんこ先生
インターネットでスコアが確認できた方が圧倒的に便利なので、Emailの登録はしておこう。

 

 

 

プロフィールを一通り入力すると、”Create A Profile”が表示されるので、プロフィール内容を最終確認する。

 

修正したい箇所がある場合は”Edit”をクリックして訂正すること。

 

プロフィールの確認が全て済んだら、□にチェックを入れてから、”Confirm”をクリック

 

※注意すること

  • ”Cancel”をクリックすると、今まで入力した情報は破棄されLog In画面に戻る
  • 氏名および生年月日は一度登録すると、変更・訂正はできない。IDと同じ氏名、生年月日、またスペルにミスはないかを今一度確認してから登録すること。ちなみに当日IDと登録内容が一致しない場合は受験できず、受験料も返金されない。

 

プロフィール入力が完成し、アカウント登録が済むと”My Home Page”が表示される。これからTOEFLを受験するにあたって欠かせないページであるので、次項から詳しく説明する。

 

 

TOEFLの申し込み

規約への合意

前項の手続きが完了すると”My Home Page”が表示されるので、そのままオンライン手続きに進めるが、もしログアウトしてしまった場合は、TOEFLの公式サイトからログインし、表示する言語を選び、”My Home Page”へアクセスしよう。

アカウント登録時と同じように日本語表示を選択できるが、ここでは英語表示での説明を行う。

 

  1. “My HomePage”内の”Register for a test”という項目をクリック
  2. “TOEFL Test”を選択し、”Continue”をクリック
  3. ここではTOEFLテストについての注意が記されている。

 

特に”Consent”には

・ここで入力する氏名と生年月日は必ずIDと一致しているものを使うこと。一致していない場合は受験資格を失い、払い戻しされない

・TOEFLサイトで入力した氏名、住所、電話番号などの個人情報をTOEFLサイトに提供することへの同意。また個人情報はTOEFLのサービス向上や改善に使用される

などの重要事項が書かれているので確認し、同意する場合は□にチェックを入れて”continue”をクリックしよう。

 

受験するテストセンター・日時

“Register for a Test”では、受験するテストセンターや日時を選択できる。

① “Choose a location to take the test”では受験する国、”Region”では地方、”Select from available test dates”ではカレンダーマークをクリックして希望する開始日と終了日を選択し”search”をクリック

② “Select a Test Center”に検索した時点で申し込み可能なテストセンターの候補地が表示されるので、所在地や日時を確認する。テストセンターが決まったら、その会場をクリック

③ “Reservation Summary”では選択したテストセンターの詳細が表示されるので確認し、問題がなければ”Continue”をクリック

 

にゃんこ先生
ちなみに、会場によって受験環境が大きく異なることがある。初めて申し込みをする人は、こちらの人気受験会場を予約するコツを読んでみよう。

 

IDの入力

“Enter Identification (ID) Informationでは、パスポート番号の入力が必要である。”Passport”の”country”で”Japan”を選択し、6桁のパスポート番号を入力する。

 

スコアの確認・送付先

“Score Reporting Preferences “では受験後のスコア確認方法が選択できる。オンライン確認のみか、オンライン確認と郵送での確認が選べるので、ここでは後方を紹介する。

 

“Select Score Recipients: Part 1 of 2″ではTOEFLテストのスコアの郵送先を選択できるので、送付先が決まっている場は”Institution Code”や所在地から入力する。”Institution Code”とは大学などの団体がETSに登録している4桁の英数字であり、大学などから伝えられることもある。

 

なお、ここで申し込むと無料で4校分まで送付できるが、TOEFLテスト後に送付手続きすると有料になるので注意すること。(1団体に、$20)またTOEFLテスト受験日から約2週間後に発行される。

また、送付先が決まっていない場合は”Skip”を選択する。

 

アンケート

簡単なアンケートがあるので、必須項目のTOEFLスコアの送付先の国名、TOEFLテストを受験する理由は必ず選択する。その他の項目では、入学予定期間や英語の学習期間を入力する。

 

TOEFL検索サービス

TOEFL検索サービスに参加すると、TOEFLスコアなどあなたの個人情報がデータベースに加えられる。このサービスに登録している大学や大学院の条件と合っている場合、そこから奨学金などの情報が送付される。このTOEFL検索サービスに加入する場合は”Yes”、しない場合は”No”を選択

 

TOEFL受験料の支払い

① TOEFLテストの申し込みとともに”TOEFL Value Pack”という準備資料を追加できるので、必要な場合は○にチェックを入れる。必要でない場合は、”Skip”をクリック

 

② “Skip”を選択するとTOEFLテストの申し込み内容が表示されるので確認する

 

③ 修正したい箇所があれば、各項目ごとの”Modify”を選択し訂正する

 

④ すべての内容を確認し、間違いなければ”Confirm Order”をクリック(※”Value Pack”を購入する場合は、必要項目を入力し終えたら上記のページが表示される。)

 

⑤ “Amount due”に支払い総額が表示されるので、クレジットカード払いは”Electronic Payment”を選択

⑥ クレジットカード払いの選択

 

⑦ クレジットカードの情報を間違わないように入力する。受験者とクレジットカード所有者の情報が同じ場合は□にチェック。異なる場合は正しい情報を入力。すべての内容を確認し間違いがなければ、”Buy”をクリック

 

⑧ 何も触らずにページが切り替わるのを待つ

 

⑨ “Thank You For Your Order”が表示されると申し込み完了

 

TOEFLテストの受験料

申し込み期限7日前まで4日前まで
受験料$235$235+$40(手数料)

 

よくある質問

  • TOEFLテストを受験した後、プロフィールを変更できる?

できない。一度登録した氏名・生年月日の変更はできないので、必ずIDと一致しているか確認する

 

  • TOEFLテストの日程や場所の変更はできる?

できる。TOEFLアカウントで”My Home Page”にアクセスし、”View Orders”をクリックし”Order Summary Page”の”Modify”をクリックし日程や場所を変更。追加費用で$60かかる。

 

  • TOEFLテストのキャンセルはできる?

TOEFLテスト4日前までならできる。2と同じように”View Order”をクリックし、”Cancel”をクリック。TOEFLテストの受験料の半分が払い戻しされる。

 

  • TOEFLテストを再受験したい

何度でも受験可能だが、TOEFLテストを受験した日から次回受験までは12日間あけないといけない

 

まとめ

  • TOEFLとは英語の「読む」「聞く」 「話す」「書く」という総合的技能を試すものである
  • TOEFLテストを受験するにはアカウント登録が必要不可欠で、必ずIDと一致している氏名・生年月日を入力する
  • アカウント登録をすれば、TOEFLテストの申し込み、変更、キャンセルがオンラインで手続きできる
  • 日本国でTOEFLテストを受験する場合の受験料は、7日前までは$235、4日前からは$275である

 

にゃんこ先生
おめでとう!君は留学への第一歩を踏み出した。
にゃんこ先生
しかし、TOEFLに申込だけで満足してはいけない。一番重要なのは、しっかり対策をして最低限の受験回数で目標スコアを達成することだ。
にゃんこ先生
このサイトでは、TOEFLや英語学習の勉強法をたくさん紹介している。自分にあったものを探し、効率的に学習を進めよう!

 

にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
にゃんこ先生
読んでくれてありがと。FacebookTwitterから、最新情報を受け取る事が可能だよ。シェアもよろしくね。
 

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。